聖書を学ぶ

【おすすめ】聖書が学べるキリスト教映画7選まとめ【動画あり】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

皆さんは聖書の学習、進んでいますか??

いやー、聖書って分厚いし、難しいし、中々内容が頭に入ってこないよ~。

という方もいるかもしれませんね。

 

うんうん、その気持ちはとてもよく分かります。

むしろ、最初から聖書をスムーズに読み通せる人のほうがまれでしょう。

 

そんな皆さんにおすすめしたいのが、聖書の内容を描いた映画を観ることです。

映画なら見やすくて頭に残りやすいですし、コンパクトに内容がまとめられているので、勉強にもなります。

 

そこで、今回はクリスチャンで映画マニアの僕が、聖書学習にピッタリな映画を本気で厳選してご紹介します!

どの作品も僕が実際に鑑賞したことがあるものなので、どうぞご安心ください!

キートン
キートン
聖書関連の映画はほぼ全て観ているので、参考になるかと思います!

 

聖書がどういう書物かは、【最強の書物】キリスト教の”聖書”とは?永遠のベストセラー!?でまとめています。

聖書が学べるキリスト教映画を7つご紹介します

それでは、聖書の学習が進むキリスト教映画を7つご紹介していきますよ~!

聖書の時系列順に見ていきましょう。

◎聖書が学べるキリスト教映画7選

  1. 天地創造(1966年)
  2. ヨセフ物語〜夢の力〜(2000年)
  3. 十戒(1956年)
  4. サムソンとデリラ(1949年)
  5. ジーザス(1979年)
  6. パッション(2004年)
  7. 復活(2016年)

①天地創造(1966年)

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

1966年のアメリカ・イタリア合作映画。

本作のタイトルを見ると、創世記の“天地創造”がテーマの映画だと思ってしまいますが、それだけではありません。

 

本作の大きな特徴は、その聖書範囲のえげつなさにあります。

本作ではなんと、旧約聖書の“創世記”の大部分が描かれており、

までが全て詰め込まれているという、超欲張りかつ贅沢な作品なのです!

創世記ほぼ全部網羅してるにゃ~。

 

ですから、本作はいわば“創世記のダイジェスト映画”と言えるかもしれませんね。

ただし、だからといって、雑な内容になっているかと言われたらそうではありません。

 

むしろ、50年以上前の映画とは思えないくらい完成度が高いです!

特にノアの方舟なんかは、CGのない時代によくここまで表現できたなあと感動を覚えるほど。

 

聖書の内容にもかなり忠実なので、勉強になるかと思います!

欠点を挙げるとすれば、聖書に忠実がゆえにちょっと単調に思えることくらいですかね。。

 

また、さらっと”ピーター・オトゥール”や”エヴァ・ガードナー”といった豪華な俳優陣が出演しているのもポイントです!

創世記については、【聖書】”創世記”とは?あらすじを分かりやすくまとめてみたをどうぞ

②ヨセフ物語〜夢の力〜(2000年)

2000年にアメリカで上映されたアニメーション映画。

“創世記”に書かれている大サクセスストーリーヨセフ物語を描いた作品ですね。

 

本作の魅力は何と言っても、アニメーションであるがゆえの取っつきやすさです。

ミュージカル調で美しい音楽を楽しみながらヨセフ物語が学べるため、お子さんにもおすすめですね!

 

上映時間も77分とコンパクトで、観終わるのがあっという間です。

特に、ラストシーンは感動ものなので、ぜひご覧あれ!

キートン
キートン
全体的に、ディ〇ニー映画感がかなり強い気もしますが。。!

 

ヨセフ物語については、“ヨセフ物語”ってどんなお話?No. 1サクセスストーリー!?【5分で分かる】をどうぞ

③十戒(1956年)

1956年のアメリカ映画。

旧約聖書の出エジプト記を描いており、預言者のモーセが主人公となっています。

 

これまた随分と古い映画ですが、侮るなかれ!

圧倒的なスケールで描かれている本作は、観る者を圧倒し、出エジプトという巨大な世界観を見事に表現しているのです!

 

今見てもかなりの迫力なので、当時本作を観た人たちは腰を抜かしたのではないでしょうか。

また、上映時間のスケールも大きく、なんと合計4時間近くあります!!

 

。。。はい、皆さん、帰ってきてくださいねー!全力で逃げないで!!

これは長い。。

確かに、上映時間だけ聞くとビビりますが、観てみるとあっという間です。

 

特に、ラストのモーセが海を割るシーンは、個人的に映画史に残る名シーンだと思います。

あの時代に、ここまで出エジプトをリアルに映像化できるとは。。脱帽ですね。

出エジプトについては、【要約】”出エジプト記”とは?あらすじを簡単にまとめてみたをどうぞ

④サムソンとデリラ(1949年)

1949年のアメリカ映画。

旧約聖書の“士師記”に登場する士師サムソンと娼婦デリラを描いた作品です。

 

何だか古い映画が続いている気がしますが、名作が多いのだから仕方ありません。

キートン
キートン
というか、近年は聖書をもとにした映画自体が少ないんです。。!

本作を観ると、士師記のサムソンのことが大体分かるようになっていますが、

ちょくちょくエンターテイメント性を強めるための脚色が加わっています。

 

例えば、

  • サムソンがかなりのナイスガイで、ヒーローっぽさが強い(聖書ではもっと荒くれ者)
  • デリラの悪女感がより強め
  • 三角関係など恋愛要素が中心に描かれている

などですね。

ですから、キリスト映画というよりは、1つのエンタメ作品として楽しめます!

 

もちろん、聖書のポイントはきちんと押さえているので、勉強にもなりますよ。

いやー、それにしても本作のデリラが本当に美しく、目を奪われますね。。

サムソンが秘密を話してしまうのも無理ないにゃ~。

 

サムソンとデリラについては、【聖書】サムソンとデリラのあらすじをクリスチャンがまとめてみたをどうぞ

⑤ジーザス(1979年)

(本作のDVDは現在販売されていないので、youtubeの動画をどうぞ!)

1979年のアメリカ映画。

新約聖書の”ルカによる福音書”をもとに、イエスキリストの生涯を描いた作品です。

 

イエスキリストを描いた映画は、他にも、

  • キング・オブ・キングス(1927年)
  • 奇跡の丘(1964年)
  • 偉大な生涯の物語(1965年)
  • ジーザス・クライスト・スーパースター(1973年)
  • 最後の誘惑(1988年)

などたくさんあるのですが、僕が本作を推す理由は、本作が最も聖書に忠実な作品だと思うからです。

 

それもそのはずで、本作は聖書や史実に忠実であることを目指しており、聖書学者や考古学者約200名も動員されたんだとか。

いやー、気合の入れ方が半端じゃないですね!

キートン
キートン
他の作品だと、余計な解釈や脚色を加えてたりしますからね。。!

 

ですから、イエスキリストの生涯をざっくりと知りたい方は、本作を1本観れば充分だと思います。

強いエンタメ性はありませんが、イエスキリストの勉強という意味ではこれ以上ない作品と言えるでしょう。

 

ちなみに、本作は世界70以上の言語に翻訳され、全世界で58億人以上(!)が鑑賞したと言われています。

イエス・キリストについては、【完全版】イエス・キリストとはどんな人物?その生涯をまとめてみた【5分で分かる】をどうぞ

⑥パッション(2004年)

2004年のアメリカ映画。

イエスキリストが十字架で処刑されるまでの12時間を描いた問題作です。

 

先ほどご紹介した『ジーザス』ではイエスキリストの生涯全体が描かれていましたが、

本作では、特に重要な”十字架刑”にフォーカスが当たっています。

 

本作の何が問題作なのかというと、処刑までの描写がめちゃくちゃリアルなんです。

様々な器具で拷問を受けまくり、イエスキリストが血だらけになる姿は思わず目を覆いたくなります。

 

実際、アメリカでは本作を観た女性が、あまりのショックで心臓発作を起こして死亡した例もあったんだとか。。

どんだけ過激なんだ。。!

 

あまりにも残酷な描写が多いため、上映当時から、

ユダヤ人を悪く描いている反ユダヤ映画だ!

などの批判が飛び交っていたそう(イエスを処刑したのはユダヤ人だから)ですが、

イエスキリストが背負ってくださった苦しみを知るには良い映画だと思います。

 

特に、クリスチャンは涙なしでは見れない作品ではないでしょうか!

ただし、グロイのが苦手な人は閲覧注意です。。

 

十字架刑の残酷さは、【閲覧注意】十字架刑がいかに残酷で苦痛な刑なのかまとめてみた【キリストの愛を知れ】でまとめています。

⑦復活(2016年)

2016年のアメリカ映画。

こちらは、“イエスキリストの復活”に焦点を当てた作品です。

 

イエスキリストの復活にフォーカスした作品は意外と他にないので、とても貴重ですね。

そして、本作の特徴は、ローマ軍の百人隊長クラヴィアスの視点からキリストの復活を描いていること。

クラヴィアスは架空の人物だにゃ~。

クラヴィアスはイエスキリストの処刑に関わりましたが、キリストの復活を目の当たりにして少しずつ心に変化が訪れていきます。

 

12弟子たちもがっつり出ており、とても面白いです。

イエスの復活はキリスト教における最も重要な出来事なので、知っておくと聖書の理解も進みますよ!

 

ちなみに、先ほど紹介した『パッション』がかなり重い作品なので、

『パッション』鑑賞後に観ると中和されて丁度いいかもしれません!

キートン
キートン
ストーリー的にも繋がっていますし。。!

まとめ:映画を観て聖書を楽しく学ぼう!

◎聖書が学べるキリスト教映画7選

  1. 天地創造(1966年)
  2. ヨセフ物語〜夢の力〜(2000年)
  3. 十戒(1956年)
  4. サムソンとデリラ(1949年)
  5. ジーザス(1979年)
  6. パッション(2004年)
  7. 復活(2016年)

いかがでしたか?

どれもとっても面白そうでしょう??

 

聖書の学習というのは一筋縄ではいきません。

だからこそ、映画という素晴らしいサポーターを利用して楽しく聖書を学んでいきましょう!

 

ずっと聖書とにらめっこしているのも、疲れてしまいますからね。

映画を観たら、ぜひ感想をお聞かせくださいな!

 

キートンでした。

【教養】聖書学習におすすめのキリスト教系本を9冊ご紹介します初学者にとって、聖書を読むというのはかなりハードルが髙いです。そこで役立つのは、聖書勉強をサポートしてくれる優秀な本たち。この記事では、クリスチャンの僕が、実際に聖書学習に役立ったキリスト教系の本をまとめています。...
聖書を学ぶための5つのコツとは?【クリスチャンがご紹介】聖書をもっと効率よく学びたいと思う方は必見!この記事では、クリスチャンの僕が聖書を学ぶためのコツをご紹介しています。実は、聖書を学ぶというのはかなりの長期戦なんです。この記事を読めば、聖書をスムーズに学ぶことができますよ。...

 

☟映画を観るならAmazonプライムがおすすめ!

Amazon%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E4%BC%9A%E5%93%A1

 


ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

POSTED COMMENT

  1. レベッカ より:

    こんにちは。私は日本語勉強中のクリスチャンです。「十戒」と「復活」と「ジョセフ〜夢の力」を見たことがあります。映画はいい勉強になります。

    • キートン より:

      レベッカさん、コメントありがとうございます!

      おお、かなりご覧になっていますね。映画でのキリスト教や聖書の勉強は、とてもはかどりますよね!

      日本でも、聖書関連の映画がもっと増えてくれるいいのですが。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です