聖書物語シリーズ

【聖書】”サムソンとデリラ”のあらすじを簡単にまとめてみた

まとめ:サムソンとデリラを読んでみよう!

ジーザス、エブリワン!キートンです。

旧約聖書に出てくる、サムソンとデリラのお話ってどんなあらすじなの?

分かりやすく教えて欲しいなあ。。!

こういった疑問にお答えします。

 

聖書の中には、印象的なお話がいくつもありますが、その中の1つにサムソンとデリラがあります。

皆さんも、もしかしたら名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし、詳しい内容は知らないという方も、多いのではないでしょうか。

かと言って、聖書を持ち出して読むのも面倒くさいですよね?

 

そこでそんなわがままなあなたのために、今回は、クリスチャンの僕が、

  • サムソンとデリラとは
  • サムソンとデリラのあらすじ
  • サムソンとデリラを描いた映画

などについてご紹介します!

キートン
キートン
この記事を読めば、サムソンとデリラの大まかな内容が分かりますよ!

サムソンとデリラとは?

サムソンとデリラとは?

サムソンとデリラは、旧約聖書の”士師記”に書かれた、士師サムソンと女性デリラのお話です。

 

その内容は、力持ちのサムソンが女性デリラに力の秘密を話してしまい、敵のペリシテ人に捕まってしまうというもの。

最後は一矢報いるものの、最終的にサムソンは命を落とすことになります。

 

そのドラマチックな内容から、オペラや映画など、様々な芸術作品のモチーフとなっていますね。

絵画もたくさん描かれているにゃ~。

士師って何者!?という方は、“士師”とはどんな人?イスラエルを救った英雄たち!?【3分で分かるをどうぞ

サムソンとデリラの主な登場人物

では、まずはこのお話の主な登場人物たちをご紹介しましょう!

サムソン

サムソン

とんでもない怪力を持ったイスラエルの士師。

(本当はこんなに髪は短くないですが、そこはおゆるしを。。)

 

そのパワーで敵のペリシテ人たちを圧倒していましたが、デリラという女性に惚れてしまい。。?

サムソンについては、“サムソン”とは?聖書1の怪力の持ち主!?【3分で分かる】をどうぞ

デリラ

デリラ

サムソンが惚れている女性。

ペリシテ人たちに依頼されて、サムソンの力の秘密を聞き出そうとします。

ペリシテ人たち

ペリシテ人たち

イスラエルの宿敵。(画像のモブキャラ感よ)

サムソンには散々痛い目にあわされていましたが、デリラを利用してサムソンの弱点を聞き出そうとします。

サムソンとデリラのあらすじ

サムソンとデリラのあらすじ

それでは、サムソンとデリラの始まり始まり~!

ペリシテ人の依頼

 

「5ペリシテびとの君たちはその女のところにきて言った、「あなたはサムソンを説きすすめて、彼の大力はどこにあるのか、またわれわれはどうすれば彼に勝って、彼を縛り苦しめることができるかを見つけなさい。そうすればわれわれはおのおの銀千百枚ずつをあなたにさしあげましょう」。」

(士師記16章5節)

昔々あるところに、サムソンというとんでもない力持ちの士師がいました。

サムソンの手にかかれば、凶暴なライオンだってあっという間に引き裂いてしまいます。

 

そして、そんなサムソンに手を焼いていたのは、イスラエルの宿敵であるペリシテ人たち。

ペリシテ人たちは、サムソンの圧倒的なパワーを前に、何度も痛い目にあわされていたのです。

 

しかし、あるとき、そんなペリシテ人に、サムソンを倒すチャンスがやって来ました。

どうやら、サムソンはデリラという女性に惚れているようなのです。

 

そこで、ペリシテ人たちは、デリラにこんな依頼をしました。

ペリシテ人
ペリシテ人
サムソンを捕まえたいから、奴の怪力の秘密を聞き出してくれ!

うまくいけば、私たちは1人につき、お前に銀1100枚を与えよう。

デリラの誘惑

 

「10デリラはサムソンに言った、「あなたはわたしを欺いて、うそを言いました。どうしたらあなたを縛ることができるか、どうぞ今わたしに聞かせてください」。」

(士師記16章10節)

デリラは、お金に目がくらんだのでしょう。

この依頼を受け入れると、早速サムソンに言いました。

デリラ
デリラ
ねえ〜サムソン、あなたの怪力の秘密を教えてちょうだい。

すると、サムソンは答えました。

サムソン
サムソン
そうだなあ、7本の新しい弓弦で縛られたら、私の力は弱まるだろう。

そこで、デリラはペリシテ人から7本の新しい弓弦を受け取ると、それでサムソンを縛りました。

 

そして、デリラはペリシテ人が来た!と告げましたが、その瞬間、

サムソンは弓弦をいとも簡単に断ち切ってしまいました。

 

サムソンは、嘘をついていたのです。

デリラは、サムソンに言いました。

デリラ
デリラ
サムソン、嘘をついたわね。。!

今度こそ、あなたの怪力の秘密を教えてちょうだい!

サムソンは答えました。

サムソン
サムソン
えーとだな、まだ使われていない新しい綱(つな)で縛られたら、さすがの私も力を失うだろう。

すると、デリラは新しい綱でサムソンを縛ると、ペリシテ人が来たと告げました。

 

ところが、サムソンはその綱をいとも簡単に腕から外して見せました。

その後、もう1度デリラがサムソンに怪力の秘密を尋ねると、サムソンは答えました。

サムソン
サムソン
そうだそうだ、髪の毛7ふさを機の縦糸と一緒に織って、くぎでそれを留めておくと私の力は弱まるのだったよ。

ところが、デリラがサムソンにそのようにすると、

サムソンはくぎと機と縦糸とを引き抜いてしまいました。

サムソン、秘密を打ち明ける

 

「17彼はついにその心をことごとく打ち明けて女に言った、「わたしの頭にはかみそりを当てたことがありません。わたしは生れた時から神にささげられたナジルびとだからです。もし髪をそり落されたなら、わたしの力は去って弱くなり、ほかの人のようになるでしょう」。」

(士師記16章17節)

こうして、3回も嘘をつかれたデリラは、いよいよ泣き出しそうな声で言いました。

デリラ
デリラ
サムソン、あなた、私を3回もだますなんてひど過ぎるわ。。!

それでよく愛してるなんて言えるわね!!

どうして、私に本当のことを教えてくれないの?

このように、デリラは毎日のようにサムソンに迫り続けました。

 

こうなってくると、苦しいのはサムソンです。

何しろ、相手は自分が惚れた女。

 

いよいよ死ぬほど辛くなって、サムソンはついに自分の怪力の秘密を打ち明けてしまいました。

サムソン
サムソン
分かった、本当のことを言おう。。

実は、私は、生まれてから1度も頭にカミソリを当てられたことがない。

そして、もし髪をそられてしまったら、私は力を失うだろう。

ついに、サムソンはデリラの誘惑に屈してしまったのです。

 

それを聞いたデリラは、ひざ枕でサムソンを眠らせ、人を呼ぶとその髪をそらせました。

すると、どうでしょう。

 

サムソンの体から、力が抜けていってしまいました。

こうして、力を失ったサムソンは両目をえぐられ、ペリシテ人たちに捕らえられてしまったのです。

やっちまったな。。

サムソンの復活と最期

 

「28サムソンは主に呼ばわって言った、「ああ、主なる神よ、どうぞ、わたしを覚えてください。ああ、神よ、どうぞもう一度、わたしを強くして、わたしの二つの目の一つのためにでもペリシテびとにあだを報いさせてください」。」

(士師記16章28節)

サムソンは、ペリシテ人たちに捕まった後、ガザという場所に連れて行かれました。

そして、そこで青銅の足かせをはめられたうえに牢(ろう)に入れられ、臼(うす)を引かされていたのです。

 

ただし、そられていたサムソンの髪は、徐々に伸び始めていました。(伏線)

一方その頃、ペリシテ人たちは強敵サムソンをついに捕まえられたことで喜び、盛大なお祭りが開催されていました。

 

そして、自分たちの神様ダゴンにいけにえを捧げ、感謝を込めて熱くほめたたえました。

さて、ペリシテ人たちが酔っぱらってきた頃、彼らの中からこんな声が上がりました。

ペリシテ人
ペリシテ人
サムソンを連れ出して、見せ物にして楽しもうではないか!

こうして、サムソンは牢から出され、たくさんの人で埋め尽くされている神殿で見せ物にされました。

 

その後、神殿の柱の間に立たされたサムソンは、自分の手を引いている若者に言いました。

サムソン
サムソン
どうか私を、この神殿を支えている柱に寄りかからせてください。

すると、サムソンは神様に祈りました。

サムソン
サムソン
神様、どうか私にもう1度だけ力をお与えください。

そして、私の目をえぐったペリシテ人たちに復讐をさせてください!

祈り終えると、サムソンは、

サムソン
サムソン
私はペリシテ人と共に死のう!!

と叫んで、神殿を支えている2本の柱に思いっきり力を込めました。

 

すると、どうでしょう。

神殿は崩れ落ち、その神殿にいた全ての人たちは下敷きになって、死んでしまいました。

 

こうして、サムソンは、宿敵のペリシテ人たちを道連れにして命を落としましたとさ。

めでたしめでた。。しとはあんまり言い切れないですね。はい。

サムソンとデリラを描いた映画【サムソンとデリラ】

かなり昔の作品ですが、このサムソンとデリラのお話をモチーフにした作品があります。

その作品の名は“サムソンとデリラ”です。(そのまんま)

 

その名の通り、”サムソンとデリラ”のエピソードが中心になっている映画ですね。

聖書の内容に脚色が加わってはいますが、ポイントは外しておらず、サムソンの生涯を大まかに知るには持って来いの作品です。

 

また、サムソンがよりヒーロー的に、デリラがより悪女的に描かれており、エンターテイメント性も高め。

聖書を読んだことがない人でも楽しめる作品になっています!

 

☟ちなみに、Amazonプライム会員になれば、無料で観れますよ。

Amazon%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E4%BC%9A%E5%93%A1

キートン
キートン
興味のある方は、ご覧あれ!

聖書関連のおすすめ映画に関しては、【おすすめ】聖書が学べるキリスト教映画7選まとめ【動画あり】もご参照ください。

まとめ:サムソンとデリラを読んでみよう!

まとめ:サムソンとデリラを読んでみよう!

無敵の怪力男が、女に溺れてダメになる。

サムソンとデリラ、芸術のモチーフになるのも分かる印象的なストーリーでしたね!

 

短くてすぐに読める内容なので、ぜひ聖書でも読んでみてください。

☟アプリなら、無料で読めます

聖書
聖書
開発元:Life.Church
無料
posted withアプリーチ
キートンでした。

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です