キートン(本名:辻 勇輝)のプロフィール

皆さん、初めまして!

 

僕は、このブログを運営している”クソ真面目系クリスチャンブロガー”キートンと申します。

僕は生まれてから28年間、毎週日曜日に教会に通い続けているプロテスタントのクリスチャンです。

 

そして、このブログは主にキリスト教をよく知らない方に向けて、

面白~く分かりやす~くキリスト教の情報をお届けする“キリスト教講座ブログ”です。

キートン
キートン
このブログを見れば、キリスト教に関する情報は全てまるわかり!

というブログ作りを心掛けております。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします!!

【徹底解説】"プロテスタント教会"とは?その8つの特徴をご紹介ジーザスエブリワン!キートンです。 今回は、キリスト教の3大宗派の1つ、"プロテスタント教会"についてご紹介したいと思いま...

当ブログの目的

僕がこの”キリスト教講座ブログ”を運営する主な目的は以下の通りです。

  • キリスト教に対する誤解や偏見をなくすこと
  • ノンクリスチャンの方にキリスト教の面白さを伝えて興味を持ってもらうこと
  • クリスチャンの方にとっても学びになる記事を届けること

日本には、クリスチャンがわずかに1%程度しかいません。

そのせいか、日本人のキリスト教に関する理解は世界的にも見ても、かなり低いと言えるでしょう。

 

下手すると、キリスト教への理解が、

教会!マリア像!ステンドグラス!

とか

イエス・キリストが十字架にかかったんだっけ?

くらいの認識で止まっている可能性もあります。

 

そして、こうした知識の不足は、数々の偏見や誤解を生むことになります。

例えば、

  • 献金は強制
  • 教会に行ったら洗脳される
  • 聖書は説教臭い書物

などなど。

キートン
キートン
実際は、そんなことないんですが。。!

 

ところが、世界に目を向けてみてください。

キリスト教って実は凄いんですよ。

  • 世界人口の約3分の1(約22億人)が信仰している世界最大の宗教
  • 絵画、音楽、映画、文学、建築など多方面に多大な影響を与える
  • キリスト教のマストアイテム”聖書”は、未だに毎年数億冊以上発行される永遠のベストセラー
  • キリスト教が信仰する”イエス・キリスト”は、西暦やクリスマス、イースターなどでも知られている史上最強の有名人

などなど。

 

個人的に、キリスト教は世界的にはもはや一般常識と呼べるレベルだと思います。

僕は何もこのブログを見て、

キリスト教の信者になれ!!

と言っているわけではありません。(もちろんなってくれたらうれしいけど!)

 

宗教という偏見の枠を超えて、

キリスト教ってこんなに面白いんだよ!

教養として知っておくと、世界が広がるよ!

ということを知って欲しいのです。

 

このブログが、皆さんのキリスト教学習の入り口になればこれほどうれしい事はありません。

僕もまだまだ勉強中の身ですが、共に楽しくキリスト教を学んで行きましょう!

【振り返り】クリスチャンの僕がブログを始めて変わった4つのことクリスチャンの僕がこの"キリスト教講座ブログ"を始めてから約1年半。ブログを始めた動機やそれによって起こった変化などを振り返りたいと思います!...
【疑問】なぜ宗教は怖いと思われがちなのか?その理由を4つ考えてみたジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、"宗教"に対してどのようなイメージを持っていますか? 恐らく、日本人...

当ブログの実績

当ブログは、開始から1年4ヵ月経った2021年2月現在、月間8万PVを超え、

日本のキリスト教個人メディアとしては最大級のアクセスを誇るほどになりました。

 

いつも当ブログの記事を読んでいただきありがとうございます!

キートン
キートン
ありがたや。。!

 

また、2020年10月14日に、月間40万PVを誇る日本最大級のキリスト教オンラインメディアである

“クリスチャントゥデイ”様に、当ブログをご紹介いだきました!

しかも、それが全記事の月間アクセスランキングで5位!

ありがとうございます!

とは言え、当ブログはまだまだ発展途上中。

今後も、皆さんのお役に立てる記事をお届けしていきたいのでよろしくお願いします!!

 

さて、ここまで見てきて、

いやいや、そもそもキートンって何者やねん!?

と思った方もいるかもしれません。

 

そこで、ここからは僕のクリスチャンとしての歩みをざっと振り返っていきたいと思います。

興味のある方だけご覧ください!

幼少期:クリスチャンホームに生まれた悪ガキ

⬆父親との写真

僕は、クリスチャンホーム、つまり、キリスト教徒の両親のもとに生まれ育ちました。

ですから、母のお腹の中にいる頃から教会に通っていたのです。

 

ここだけ聞くと、すごく品行方正で立派な子供をイメージしますよね?

いえいえ、とんでもない。

 

僕は、中学に入ってしばらく経つまでは“超”が付く悪ガキでした。

どれくらい悪ガキだったかというと、

  • 友達の家の庭をとりあえず荒らす
  • ゴキブリ団子を給食に混ぜてクラスメイトを殺しかける
  • 小・中学で合計7回骨折する
  • 理由もなく異性を2段ベッドから叩き落す

とまあこんな感じですね。(完全な危険人物)

 

ちなみに、僕は最初ミッション系の保育園に通っていたのですが、

僕のあまりの暴れん坊ぶりが手に余ったのか、途中で保育園を追い出されます。

凄まじい。。!

まあ、その保育園に大人しくてきちんとした子が集まり過ぎていたというのもありますが。

 

当然、この頃はキリスト教のこともよく分かっておらず、信仰もありませんでした。

まあ、信仰があったらこんな子供にはならないでしょうけどね。。

 

この幼少期に、一生分の罪を犯したんじゃないかと思うことがあります。

ごめんなさい、神様。。

【伝説】7度の骨折を経験した僕の"骨折伝説"をまとめてみた【アホ過ぎ注意】〜これは、1人の男の骨折の記録である〜 私はキートン。 今回は少し昔話をしようかと思う。 私は、小学生、中学生...
【悪ガキ事件簿】ゴキブリ団子で危うく友人を殺しかけた男の物話〜これは、1人の男の殺人未遂の記録である〜 やあ、キートンだ。 今回は、私の数ある悪ガキエピソードの中で、"ゴキブリ...

高校生時代:洗礼を受ける

しかし、悪ガキは卒業し、精神的にも落ち着いた僕は高校生の頃に洗礼を受けます。

つまり、正式なクリスチャンとしての儀式を受けたということですね。

 

しかし、さあこれでもう1人前のクリスチャン。。とはなりませんでした。

当時の僕には、まだまだ神様への立派な信仰というものはなかったのです。

 

教会に関しても、習慣で何となく通っているという感は否めませんでした。

【完全解説】"洗礼式"とは?クリスチャンが分かりやすくご紹介【3分で分かる】"洗礼式"は、キリスト教にとって特に重要な儀式です。洗礼式がどのような儀式なのか、またその手順や受け方までクリスチャンが全て解説します!...

大学受験時代:牧師さんとの再会

☝今通っている教会の野田牧師先生。

それまでは、なんとなーく遊びに行くような感覚で教会に行っていた僕ですが、

大学を受験しようという頃に大きな転機が訪れます。

 

なんと

幼いころにお世話になった野田牧師先生が、うちの近くにある教会(ひばりが丘バイブルチャーチ)にやって来る

というのです。

 

これは、もはや奇跡という他ない出来事でした。

なぜなら、僕が当時行っていた教会には大学生以上のグループがなく、僕は

丁度今後の教会生活をどうしようか迷っていた時期だったからです。

 

しかも、野田牧師先生が元々おられたのは、京都の教会。

京都にいる知り合いの牧師先生が、今後の教会生活に悩んでいる僕が住んでいるひばりが丘の教会にピンポイントでやって来る。

いやいや、どんな天文学的確率やねん!

って話ですよね。

もちろん、野田牧師先生自身がひばりが丘を選んで来られたわけではありません。

 

そう、僕と野田牧師先生は神様の不思議なお導きにより、ひばりが丘の教会で再会を果たしたのでした。

そして、ここからようやく僕の信仰生活が本格的に始まっていきます。

【完全公開】クリスチャンの僕が教会生活を全て暴露しますジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は、クリスチャンの僕が、日曜日の教会での1日をご紹介したいと思います。 教...

現在まで:たくさんの奉仕活動を経験する

☝賛美の奉仕中。右後ろでエレキギターを弾いているのがキートン。

僕は、野田牧師先生と再会し、ひばりが丘バイブルチャーチに通うようになってからそれまでの信仰生活が一変しました。

教会の若者の中で最年長というのもあり、たくさんの教会の奉仕を任されるようになったのです。

例えば、

  • 賛美のリードボーカルやギター
  • 教会学校の先生
  • ユース(若者のグループ)のリーダー
  • 賛美の曲作り
  • お笑い

などです。

1つおかしいのが混ざってる。。!

 

様々な奉仕を経験する中で僕の信仰も少しずつ成長し、教会のメンバーも増えていきました。

そして、今こうして書いているブログも神様への奉仕の1つ

 

このブログがどのような形で神様に用いられていくのか、今から楽しみです!

【完全公開】僕の教会でよく歌われる賛美歌たちをご紹介します※動画ありジーザス、エブリワン!キートンです。 僕の教会のメンバーは、みんなワーシップが大好き。 礼拝のときのみならず、教会が...

所属教会

僕が普段通っているのは、日本福音ペンテコステ教団“ひばりが丘バイブルチャーチ”という教会です。

見た目はあまり教会っぽくないですが、

  • 全体の三分の一を若者が占める
  • フィリピン人や韓国人などが多く、国際色豊か
  • 毎週色んな世代100人程度が教会に訪れる

などの特徴があり、いつも活発に活動しています!

 

人数も増えてきているので、そろそろ礼拝堂がパンクしそうですが。。

もちろん、教会はいつでもウェルカムなので、お気軽にお越しください!

☟”ひばりが丘バイブルチャーチ”のホームページ

https://www.hibari-bible.org/

☟僕の教会については、これらの記事に詳しく書いています。

【完全公開】クリスチャンの僕が教会生活を全て暴露しますジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は、クリスチャンの僕が、日曜日の教会での1日をご紹介したいと思います。 教...
【完全公開】僕の教会の主なイベントを月ごとに全てご紹介します※動画ありジーザス、エブリワン!キートンです。 僕の教会では、1年を通してたくさんのイベントが行われています。 バーベキューに...

キリスト教を効率よく学べる当ブログ記事の読み方

当ブログには、キリスト教を学ぶのに必要な記事を取り揃えています。

そして、今からご紹介する順に記事を読んでいただければ、キリスト教の大枠はバッチリ理解できるはずです!

キリスト教とは?

【初学者向け】キリスト教とは何か?その全てを超分かりやす〜くご紹介します!【これで完璧!】ジーザス、エブリワン!キートンです。 僕は28年間教会に通い続けている、プロテスタントのクリスチャン(キリスト教信者のこと...

キリスト教の概要や、よくある質問への回答をざっとまとめた記事。

ぶっちゃけ、この記事さえ読んでもらえればキリスト教の全体像はほぼ分かるはずです。

 

ですから、この記事を起点にして、興味ある記事に飛んでいただけるといいと思います!

キリスト教の誤解まとめ

キリスト教のよくある誤解を解きまくってみたジーザス、エブリワン!キートンです。 信徒数は20億人を優に超え、世界一有名な宗教であるキリスト教。 しかし、キリス...

キリスト教に関するよくある誤解をまとめて解いていく記事。

まずは、キリスト教に関する間違った情報を修正しましょう!

イエスキリストとは?

【完全版】イエス・キリストとはどんな人物?その生涯をまとめてみた【5分で分かる】キリスト教を代表する人物である"イエス"の全てを、信仰歴28年のクリスチャンがご紹介します!わずか33年ほどの人生でしたが、あまりにも濃いです。生涯についても、聖書の記述に沿って分かりやすく辿っていきますね。...

キリスト教の中心人物、”イエスキリスト”についてまとめられた記事。

イエスキリストを知ること=キリスト教を知ることと言っても過言じゃないですからね。

 

人類史上最強の有名人なので、常識として知っておいて損はありません!

聖書とは?

【最強の書物】キリスト教の"聖書"とは?未だに売れ続ける永遠のベストセラー!?ジーザス、エブリワン!キートンです。 さて、今回は、クリスチャンの代表的アイテム"聖書"についてお話したいと思います。 皆さんは...

キリスト教の教典であり、永遠のベストセラーでもある“聖書”についてまとめた記事。

聖書も、キリスト教を知る上で外せないものですね。

教会とはどんな場所?

キリスト教の"教会"ってどんな場所?誰でも行っていいの?ジーザス、エブリワン!キートンです。 僕は毎週日曜日に教会に通うクリスチャンなんですが、皆さんは、教会にどんなイメージを持...

クリスチャンが毎週通う、“教会”という場所についてまとめた記事。

一般の方からすれば、どんな場所なのか気になりませんか??

 

皆さんの偏見がなくなるように書いています!

聖書の歴史年表まとめ

【完全版】聖書の歴史年表をまとめてみた【これで聖書の全体像は完璧!】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さん、 聖書って難しいですよね。(唐突) だって、聖書全体を通...

聖書に書かれた歴史の年表をまとめた記事。

聖書は量が膨大なので、全体像を把握するのが中々難しいです。

 

この記事を読んでから聖書を読むと、ぐっと理解しやすくなると思いますよ!

その他のキートン情報

名前 キートン(本名:辻 勇輝)
性別 男性
年齢 28歳
出身 東京都
趣味 読書、映画鑑賞、散歩、筋トレ、銭湯巡りなど
所属教派 プロテスタント
好きな御言葉 「わたしの恵みはあなたに対して十分である。
わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」。
それだから、キリストの力がわたしに宿るように、
むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう。
(コリント人へ第二の手紙12章9節)
好きな聖書人物 ギデオン(臆病なところが自分と似ているから)
好きな聖書のお話 ヨセフ物語
嫁にしたい聖書人物 エステル