悪ガキ事件簿

【伝説】7度の骨折を経験した僕の”骨折伝説”をまとめてみた【アホ過ぎ注意】

〜これは、1人の男の骨折の記録である〜

私はキートン。

 

今回は少し昔話をしようかと思う。

私は、小学生、中学生の間に7度骨折している。(内小学生だけで6回)

 

あ、今、

骨弱っ!!

とか思ったな?

 

周りからもしばしばそう指摘されるが、これは大きな間違いだ。

骨を折りまくっていたのは、決して私の骨が弱いからではない。

 

私のアグレッシブかつ無邪気な精神に骨が付いてこれなかっただけの話である。(どーん)

 

そう、私は幼少期とてつもない悪ガキだったのだ。

例えば、

  • 理由もなく異性を二段ベッドから突き落とす
  • やんちゃ過ぎて保育園を追い出される
  • 突然友人宅の庭を荒らす
  • ゴキブリ団子で友人を殺しかける などなど
犯罪すれすれ。。

 

私の悪ガキエピソードには事欠かないが、今回はそのうちの1つ、骨折伝説”についてお話ししよう。

私がどんな奇想天外な骨折ライフを歩んできたのかを、骨折とは無縁で健全な皆さんに向けてつづっていこうと思う。

 

自戒の意味も込めて。。

◎キートンの骨折年表

時期 体の部位 症状 全治 経緯
小1 右肩 ひび 1ヶ月半 坂を急降下して自転車ごと転倒
小2 左手親指 ひび 1ヶ月 ドッジボールで突き指
小3 右足首 ひび 1ヶ月 走っていたらなぜか折れてた
小4 左足首 はく離 2ヶ月 走っていたらなぜか折れてた
小5 右足首 はく離 3ヶ月 階段を上ったら足をひねった
小5 左足首 ひび 1ヶ月半 右足をかばった疲労により
中1 右手首 ひび 4ヶ月 サッカーで転んだ
ほぼ毎年骨折してるにゃ〜。

①はじめての骨折

「はじめてのおつかい」的な感じで書いているが、骨折デビューはもちろんそんな感動的なものではない。

あれは忘れもしない、私が小学1年生の時だった。

 

私の実家の近所には、かなり長く急な坂がある。

たったこの一文だけで何やら香ばしい骨折の香りがしてこないだろうか?(早い)

 

そんないかにも面白そうな坂を悪ガキだった私が見たら何をするか、賢い皆さんならある程度ご想像頂けるだろう。

そう、自転車でその坂を全速力に駆け下りたのだ。

 

しかも、ブレーキを使ってはいけないというルールを付けて。

良い子は真似しちゃだめだにゃ〜。

 

最初は一緒にいた友人とゲーム感覚で坂を駆け下りていたのだが、途中になって友人がもうやめとこうぜ的なことを言い出した。

恐らく、彼も危険な骨折の香りを嗅ぎつけたのだろう。これが正常な人間の判断である。

 

しかし、当時の私は理性を失ったサルに近い生命体で、頭にリミッターというものが存在しなかった。

あるのは、目の前に広がる快楽に身をまかせるという飽くなき欲望だけである

 

つまり、私は友人の声を無視して、再び坂を駆け下りていったのだ。

最初は順調だった。しかし、途中で異変に気付いた。

 

ハンドルのコントロールが利かない。

 

スピードを出しすぎたのか、乗り手の言うことを聞かない暴れ馬のように自転車はフラフラと左右に揺れ始めたのだ。

小学生キートン
小学生キートン
これはやばい。。!

と思い、必死でブレーキをかけるが、既にスピードが出きっているためすぐには速度が落ちない。

 

私を乗せた自転車はそこそこのスピードを維持したまま平らな道へと突入し、私の右半身を下にしてがしゃんと音を立てて倒れた。

人は危機に陥ると全てがスローモーションに見えるというが、私はこれを6歳にして体験した。

 

それくらい、倒れるまでの光景を鮮明に覚えている。

何が起きたか分からず頭が真っ白になっている私に、心配して後を追ってきた友人が大丈夫かと叫んだ。

 

不思議と痛みは感じなかった。

しかし、体の下敷きになった右肩はマヒして全く動かず、左足のヒザの肉は親指サイズくらいえぐれて取れかかっていた。

グロい。。!

 

何とも鮮烈な骨折デビューである。

このレベルの怪我なんて、普通の人なら一生に一度すれば充分だろう。

 

ところがどっこい、これが骨折伝説のほんの入り口に過ぎないとはこの時のキートン少年には知る由もなかったのである。

私は友人に肩を貸してもらいながら坂を上っている間に、大事なことを思い出した。

 

その日、私は家族で野球観戦に行く予定だったのだ。

この状態では、野球ではなくまず自分の骨を観戦しなくてはならない。

 

ああ、これが本当の骨折り損ってやつか。。(うまくない)

 

こうして私は病院に行き、私の骨折ライフには欠かせない3大アイテムの1つ、“ギプス”との運命的な出会いを果たすことになる。

足の膝は縫うことになり、肩にはヒビが入っていたため腕は三角巾で吊るされた。

 

しかし、まさかその後も幾度となくギプスのお世話になるとは。。人生とは分からないものである。

②ドッジボールで骨折〜ギプスとの早すぎる再会〜

鮮烈な骨折デビューを果たした私だが、2回目の骨折は何とも地味である。

時は、前回の骨折から1年後の“小学2年生”の頃。(間隔短い)

 

私は、小学生の頃に流行った、”ドッジボール”で骨折したのだ。

そう、「男子は歓喜し、女子は逃げ惑う」でおなじみのあのスポーツだ。(聞いたことない)

ドッジボールで骨折ってどんだけ下手だったのー?

と思うかもしれないが、私は学年でトップを争うくらいドッジボールが強かった。

 

元々運動神経の良かった私は、投げる、取る、避けるという能力をどれもかなりのクオリティで持ち合わせていたのである。

だからいつも率先してドッジボールを仕切っていたのだが、そのうぬぼれが命取りになったようだ。

 

ある日、いつものようにドッジボールをしていて、相手チームのそこそこ投げるのが早い生徒にボールが渡った。

そして、私に目掛けてボールを思い切り投げてきた。

小学生キートン
小学生キートン
クックック。。この私に挑むとはバカなやつだ。。!

 

不敵な笑みを浮かべて、いつものように華麗なキャッチを決めようとしたのだが、予想外のことがおきた。

ボールが微妙にカーブしたのだ。

 

きっと強烈なスピンがかけられていたのだろう。

私の胸に収まるはずのボールは、軌道を変えて私の左手親指に激突した。

小学生キートン
小学生キートン
グォおおおお。。!

長年の眠りから目覚めた魔王のような野太い声を発し、私はたまらずうずくまった。

 

これはそう、ドッジボールで気をつけるべき怪我ランキングがあればぶっちぎりで殿堂入りを果たしているであろう、“突き指”である。

ちなみにこれ、ドッジボールでやるととってもカッコ悪い。

 

ウサギさながらぴょんぴょん飛び跳ねて痛がっている姿は、まぬけそのものである。

しかし、突き指は確かに痛かったが、まさか骨が折れているとは思わなかった。

 

それに、その時の私には指のことなどどうでも良かったのだ。

実際のところ指より重傷だったのは、

あんなボールもキャッチ出来なかったという

不甲斐なさと恥ずかしさによって傷ついた私のちっぽけなプライドだったのかもしれない。(やかましい)

 

ちなみに、その後指は大きく腫れ上がり、再びギプスとの感動の再会を果たしたのは言うまでもない。

③左足と④右足の骨折〜松葉杖のプロへ〜

さて、ここからはしばらく下半身の骨折が続く。

それもほぼ1年おきに右足と左足を交互に骨折するという謎の安定感だ。

 

もしこれらの骨折が全て治験のアルバイトだったなら、

好きなお菓子を根こそぎ買えるくらい稼げていたはずだが、実際に得たものは笑えるネタと骨折の教訓くらいのものである。

 

3度目の骨折は、”小学3年生”の頃だ。運動会の時期が迫っていた。

小学生にとっての運動会。

 

それがどのような意味を持つのか皆さんは覚えておられるだろうか

小学生にとっての人気者はどんなやつか。それは勉強ができるやつでも性格が良いやつでもない。

足が速いやつなのだ!

足が速い男子は女子にもモテたにゃ〜。

 

そして、運動会というのは、全校生徒の前で足の速さを見せつけてスターへの階段を駆け上るための絶好のステージなのである。

負けられない戦いがそこにはある。

 

何としてもスターへの切符を手にしたい見栄っ張りな私は、運動会直前に走る練習を始めた。

付け焼き刃で足が速くなるほど甘くはないが、私は毎日走り込んでいた。

 

しかし、普段走り慣れていない人間が急に走りまくったらどうなるか。

そう、骨折するのだ。(普通はしない)

 

この骨折に関しては正直あまり覚えていない。疲労骨折なのか、気づいたら折れていたという感覚だ。

ちなみに、同じ流れで私は1年後にも足を骨折している。

学習能力ゼロか。。!

 

さて、こうして足を骨折した私だが、今までの骨折とは生活に及ぼす影響が明らかに違っていた。

簡単に言うと、足を骨折するとメチャクチャ不便なのである。

 

もちろん、肩や指の骨折だって充分に不便だ。

しかし、足の骨折はレベルが違う。

 

片足が使えないということは、普通に歩けないということで、この苦しさは経験者にしか分からないだろう。

そこで、私がギプスに続いて新しく出会うことなったのが、3大アイテムの2つ目、“松葉杖”だ。

 

私の小学生時代は松葉杖無しには語れない。(なにこの悲しい文面)

私は骨折以外にも“単純股関節炎(たんじゅんこかんせつえん)”という股関節が炎症を起こす症状にも悩まされたことがあり、

その時にも松葉杖にお世話になった。

怪我しすぎだろ!!

 

合計4回以上松葉杖を使うことになった私は、いつのまにか松葉杖を巧みに操る達人になっていた。

方向転換もバック歩行もお手の物。

 

誰かにバカにされたら、松葉杖は立派な武器にもなる。絶対ダメです)

もはや体の一部と化した松葉杖によって、私は普通の歩行よりもはるかにスムーズに歩くことができるようになったのだ。

 

魔法使いならぬ、“松葉使い”の誕生である。(一瞬カッコイイ)

 

もし、あのまま骨折が治らず松葉杖を使い続けていたら、

私は伝説の松葉使いになり、何人かの弟子を引き連れて東南アジアの方へ更なる修行の旅に出ていたかもしれない。

 

そのせいか、最後に松葉杖にお別れをした際は一抹の寂しさを覚え、

小学生キートン
小学生キートン
いっそのことまた骨折しようかなー。

なんて考えたものである。(目を覚ませ)

⑤人生最大の骨折〜”ボーンブレイカー”の誕生〜

時は”小学5年生”。ここにきて人生で最大の骨折をすることになる。

というと、とんでもない事故に巻き込まれたのかと思うだろう。

 

しかし、それは全く違う。

この時骨折した理由のアホさも人生で最大だ。

 

なんと階段をただ上っただけで骨折したのである。

老人レベル。。

 

階段を転げ落ちて骨折ならまだ分かる。

しかし、普通に足を踏み出しただけで骨が折れるのだから笑うしかない。

 

ここまでくるともはや何らかの才能なのではないだろうか。

しかし、これにはちゃんとした理由がある。

 

私は、歩き方が変なのだ。

簡単に言うと、かなりの”ガニ股”なのである。

 

ガニ股で足が外側に出ることで、足首をひねりやすい。

その状態で思いっきり階段に踏み出し足をひねってしまったのである。

 

その時に、私は今までに聞いたことのない不気味な音を聞いた。

プチプチッと何かひものようなものが切れる音がしたのである。

怖っっ!

 

後から聞いたらこれは足関節にある靭帯(じんたい)のうち2本が切れた音だったそうだ。

どおりでメチャクチャ痛かったわけだ。(思い出すだけで痛い)

 

幸いにも近くに保健室があったので貞子さながら自力で這(は)って保健室まで行くことができた。

しかし、本当にきつかったのはこの後だ。

 

病院で私の足を見たお医者さんは、

お医者さん
お医者さん
あー、こりゃ内出血してるね〜。

とかのんきな声で言いながらぶっとい注射器を取り出した。

そして、私の足の血を吸い取り始めたのだ。

 

しかも、麻酔もしないものだからこれが痛いのなんの。

それは、痛みに慣れっ子で滅多なことでは泣き言を言わない私が、思わずうめき声を上げるほど。

 

骨折したときよりも血を抜くときのほうがはるかに痛かったのである。

7度も骨折を経験している私が、人生で1番痛かった経験は何かと聞かれて

小学生キートン
小学生キートン
足の血を抜かれたこと!

と答えるのは何とも不思議なものだ

 

ちなみに、この時の骨折は靭帯のケガもあり、完治までに3ヶ月以かかった。

またまた、ギプス・松葉杖コンビと再会である。

 

確かこの頃だっただろうか。

骨を折りまくっている伝説の男”ボーンブレイカー”がいるという都市伝説が学校中を駆け巡るようになったのは。

⑥両足が不自由に〜車イスとの出会い〜

さて、5回目の骨折を治療している時のこと。

悲劇は起きた。(さっきからずっと悲劇だが)

 

片方の足だけで生活をするということは、その足にいつも以上の大きな負担がかかるということ。

まだ右足が治りきらない間に今度は左足も骨折してしまったのだ。(折りすぎ)

 

明らかな疲労骨折である。

もはや骨折しても、ああ、またかくらいのメンタルを身につけていた私だったが、ふとある事実に気づく。

小学生キートン
小学生キートン
あれ、俺歩けなくね?

そう、どちらの足も骨折したことでついに私は両足が不自由になってしまったのだ。

 

そこで登場するのが、ギプス、松葉杖に続く新アイテム“車イス”である。

骨を折りすぎて車イスにまで至った小学生が果たして全国にどれくらいいるのか。

 

統計を取ってみたいところだが、みじめになりそうなのでやめておこう。

松葉杖も充分に不便だったが、車イスは不便どころの騒ぎじゃない。

そりゃそうだにゃ〜。

松葉杖の場合は頑張れば自分のことは何とか自分でできる。

 

しかし、車イスの場合は周りのサポートが不可欠だ。

階段を下りるにも誰かに持ってもらわないといけないし、どこかの道を進むにも誰かの付き添いがないと厳しい。

 

当時やりたい放題生きていた私だが、

皮肉にも、その時に初めて人は1人では生きていけないのだという人類の普遍的な真理にたどり着いた。

その意味では、骨折ライフも無駄ではなかったのかもしれない。

 

ま、もう骨折は2度ゴメンだけども!!(台無し)

⑦ラスト骨折〜骨折との決別〜

さて、こうして健全な(?)骨折ライフを歩んできた私だが、ついに骨折伝説にも終わりの時が訪れる。

これは、私が無事に小学校を卒業し、骨折のない新たな人生を歩みだそうと中学に入学して少し経った頃だった。

 

手首を骨折したのである。(バリエーションの豊富さよ)

小学校は卒業できても、骨折ライフからの卒業はまださせてくれないようだ。

 

記念すべきラストの骨折は、”サッカー”で遊んでいる時に起きた。

これも相当マヌケなエピソードなのだが、今更、恥も外聞も無かろう。

 

私の当時のサッカースタイルは、一言で言うと猪突猛進(ちょとつもうしん)”である。

つまり、ただがむしゃらにボールを追いかけるというまさに野生児にふさわしいスタイルだった。

既に骨折フラグが。。

 

体力やエネルギーが有り余っていた私にはぴったりの戦い方だったのかもしれないが。

しかし、猪突猛進スタイルは理性が吹っ飛びリミッターを持ち合わせていない私に取っては、あまりにもリスキーだったのだ。

 

事故は、ボールが外に飛び出しそうになった時に起こった。

私は基本的にボールしか見ていないため、マタドールに突撃する闘牛みたく、そのボールだけをがむしゃらに追いかけて走り出した。

そこまでは良かった。

 

しかし、ボールに追いつこうかという瞬間、私の足がもつれてしまったのだ。

あ、やばい。

そう思った瞬間、ここで私は人生で2度目のスローモーション体験をした。

 

小学生キートン
小学生キートン
世界がゆっくりに動いてら〜!あははははは!

そんなことを考えていたところで私の記憶は途切れた。

そして、気がついたらフェンスの前に横たわっていた。

 

後で友人に聞いたら、

足がもつれた私はその勢いのままでんぐり返しを2回ほどした後、フェンスに激突したらしい。(どんな動きだ)

 

その時は寒さとマヒのせいか大した痛みは感じなかったが、見事に右手首が折れていた。

またしても、私の精神に肉体が付いてこなかったようだ。やれやれ。

 

足の骨折ほどではないが、右手首の骨折というのも中々の不便さだ。

なぜなら、携帯をいじるのも、文字を書くのも、ご飯を食べるのもすべて左手で行わなくてはならない。

これはしんどい。。

 

結構なストレスだ。

松葉杖にはすぐに慣れた私でも、左手の生活にはなかなか慣れなかった。

右手を使っていいのは、腹いせにギプスで誰かの頭を殴る時くらいのものである。(※絶対ダメです)

 

それにしても、この骨折はラストにふさわしく治るのに時間がかかった。

全治4ヶ月くらいだろうか。

 

だが、こうして私の長きに渡る骨折ライフは終わりを告げたのだった。(再び始まらないことを祈る)

まとめ〜骨折から学んだ2つの教訓〜

◎キートンの骨折年表

時期 体の部位 症状 全治 経緯
小1 右肩 ひび 1ヶ月半 坂を急降下して自転車ごと転倒
小2 左手親指 ひび 1ヶ月 ドッジボールで突き指
小3 右足首 ひび 1ヶ月 走っていたらなぜか折れてた
小4 左足首 はく離 2ヶ月 走っていたらなぜか折れてた
小5 右足首 はく離 3ヶ月 階段を上ったら足をひねった
小5 左足首 ひび 1ヶ月半 右足をかばった疲労により
中1 右手首 ひび 4ヶ月 サッカーで転んだ

 

いかがだっただろうか?

 

何とも痛々しくまぬけなエピソードばかりだが、

私はこれらの骨折を誇りに思っている。(どーん)

 

なぜなら、これだけの経験をできる人間はそう多くないからだ。

当時は大変だったが、今では私だけの貴重な体験談になっている。

 

最後に、私が骨折ライフを経験して学んだ”2つの大きな教訓”をご紹介してこの物語を締めるとしよう。

教訓①人間って1人じゃ生きられないよね

先程も軽く述べたし、死ぬほど手垢の付いた言葉で申し訳ないが、やはり人は1人では生きていけない。

聖書にもこう書かれている。

「また主なる神は言われた、「人がひとりでいるのは良くない。彼のために、ふさわしい助け手を造ろう」。」

(創世記2章18節)

そう私たち人間は、お互いに助け合うように造られたのだ。

 

皆さんもこんな月並みなことは、色んな人に言われてうんざりしているかもしれないが、

頭で分かっているのと体験を通して理解するのでは雲泥の差がある。

 

頭で分かっているだけでは、本当の理解とは言えないのだ。

私は、骨折を経験するたびに周りの人間に助けられ、支えてもらった。

  • 右手が使えずに左手でノートを書いている私を見て、代わりにノートを書いてくれた隣の席の女の子
  • 車イスだった私のために、車で学校まで送り迎えしてくれた両親
  • 階段を降りるときに、車イスを両脇から支えて降りてくれたクラスメイト

その温もりは未だに私の中に残っているし、思い出すだけで目頭が熱くなる。

当時はまだ小学生、中学生だったが未熟なりにありがたさはいつも感じていた。

 

骨折は確かに辛い経験だったが、

まだ幼い内に、周りに対して感謝することと人が支え合うことの大切さを学べた私はきっと恵まれていたのだろうと思う。

 

聖書にはこうも書いてある。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。」

(テサロニケへの第一の手紙5章16~18節)

これからも、自分を支えてくれている人たちへの感謝を絶えず忘れずにいたい。

教訓②人間って理性を無くしちゃダメだよね

2つ目の教訓は、人間の理性って超大事ってこと。

恐れずに何かに挑戦するのは大事だが、リミッター無しで突っ走りすぎると痛い目を見ることになる。

すごい説得力。。!

 

聖書界のブレーン、ソロモンは聖書でこんなことを言っている。

「自分の心を制しない人は、城壁のない破れた城のようだ。」

(箴言25章28節)

私は、自分の体のキャパを考えずに暴れてしまった結果、骨折を繰り返した。

人間、ちゃんと身の程をわきまえた上で暴れるくらいがちょうどいいのだ。

 

だから、みんな、

理性的に骨を折ろう!!(違うだろ)

 

では、またどこかでお会いしよう!


ABOUT ME
キートン
月間8万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です