聖書人物シリーズ

【解説】ヨブ記の”ヨブ”ってどんな人物?分かりやすくまとめてみた

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

さて、今回は旧約聖書の書物“ヨブ記”の主人公ヨブさんについてご紹介したいと思います。

聖書の中にはたくさんの苦労人がいますが、このヨブさんはその中でもずば抜けた”キングオブ苦労人”です。

 

何しろ、息子や娘、財産を全て失った上に皮膚病にもおかされているんですから。(むごい)

一体なぜそんなことになったのでしょうか?

 

この記事では、

  • ヨブはどのような人物か
  • ヨブの生涯とは?

などについてご紹介しますね!

【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...

“ヨブ”とは?

ヨブは、旧約聖書の“ヨブ記”という書物における主人公で、

同じく旧約聖書に登場するノアやダニエルと並んで、“3大※義人”の1人と言われています。

 

悪魔によって様々な災いが降り注ぎますが、どんなに苦しみの中にあっても神様を信じ続けた人物として有名ですね。

その結果、ヨブは、神様から以前よりも大きな祝福をいただくことができました。

 

※義人➡聖人の称号の1つ。信仰によって、堅く正義を守る人のこと。

ヨブの生涯

それでは、聖書の記述をもとにその苦難に満ちた人生を見ていきましょう。

サタンの災い①

「ウヅの地にヨブという名の人があった。そのひととなりは全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかった。」

(ヨブ記1章1節)

昔々あるところにヨブという人がいました。

ヨブは神に忠実で、悪を避ける正しき人でした。

 

また、彼は7人の息子と3人の娘の他にも、たくさんの家畜や財産を持っている東の国1番のお金持ちでした。

まさに、全てがそろった完璧な人生です。

 

そんなある日、神様の元に神の使いたちが集まっていました。

しかし、そこに紛れ込んでいたのは何とサタンでした。

 

今まで、ずっと地上をさまよっていたのです。

神様はサタンに言われました。

神様
神様
お前は、私のしもべであるヨブという男を知っているか?

地上で彼ほど正しく神を敬(うやま)い、悪を行わない人間はいない。

すると、サタンは答えました。

サタン
サタン
ええ、ええ、知っていますとも。

しかし、彼があなたを敬うのは、財産や家畜に恵まれているからではないでしょうか?

それらを失えば、ヨブもたちまちあなたのことを呪い始めるでしょう!キッキッキッキ。

神様は言われました。

神様
神様
そんなに言うなら、ヨブのものをお前の好きなようにしてみるといい。

ただし、彼自身には決して手を出すな。

これを聞くと、サタンは飛び出していってヨブに以下の4つの災いを下しました。

◎サタンが下した4つの災い

  1. 牛とロバをシェバ人に切り殺される
  2. 羊と羊飼いが神の火によって焼き殺される
  3. ラクダがカルデア人に切り殺される
  4. 大風によって家が倒れ、7人の息子と3人の娘が死ぬ
エグすぎる。。!

 

ヨブはこのことを召使いたちから聞くと、地面にひれ伏して叫びました。

ヨブ
ヨブ
私は裸で母親から生まれてきた。だから、裸でそこに帰るのだ。

主は与えて、奪われる方。主をほめたたえます!!

これだけの災いを受けてもヨブは決して神様を責めず、悪を行わなかったのです。

【悪魔】"サタン"って何者?キリスト教における悪の大ボス!?サタン(悪魔)について知りたい方は必見!この記事では、聖書に登場する悪の親玉、サタンがどういう存在なのかについてクリスチャンが解説しています。実は、サタンは実際に存在して、この世界のあらゆるところで働いているんです。この記事を読めば、サタンについての概要が分かりますよ。...

サタンの災い②

「サタンは主の前から出て行って、ヨブを撃ち、その足の裏から頭の頂まで、いやな腫物をもって彼を悩ました。 8ヨブは陶器の破片を取り、それで自分の身をかき、灰の中にすわった。」

(ヨブ記2章7、8節)

そして、またある日、再び神様の前に神の使いたちが集まると、またしてもサタンがやってきました。

神様はサタンに言われました。

神様
神様
これで、分かったか?

お前はヨブを破滅させようとしたが、彼は決して罪を犯さなかった。

サタンは答えました。

サタン
サタン
いやいや、まだそう判断されるのは早いのではないでしょうか、神様?

今度は、ヨブの肉体に災いを下せばきっと今度こそあなたを呪うでしょう!キヒヒヒヒ。

神様は言われました。

神様
神様
そんなに言うなら、お前の好きにするがいい。

ただし、命だけは奪うな。

神様はヨブのことを信頼していたのです。

 

サタンは飛び出していくと、ヨブをひどい皮膚病にかからせました。

ヨブは、あまりのかゆさにのたうち回って体をかきむしりました。

 

これを見たヨブの妻は言いました。

ヨブの妻
ヨブの妻
どうしてあなたは神を責めないのですか?

こんな目にあうなら、神を呪って死んだほうがましでしょう!

ヨブは答えました。

ヨブ
ヨブ
何をバカなことを言うんだ!私たちは神様から幸福を頂いているんだ。

それなら、不幸だって頂こうではないか!

こうして、この災いに対してもヨブは神様を責めませんでした。

立派な人ね~!

 

しかし、あまりの苦しみにヨブは神様にではなく、自分が生まれてきたことを呪い始めました。

友人たちとの議論

「時に、ヨブの三人の友がこのすべての災のヨブに臨んだのを聞いて、めいめい自分の所から尋ねて来た。すなわちテマンびとエリパズ、シュヒびとビルダデ、ナアマびとゾパルである。彼らはヨブをいたわり、慰めようとして、たがいに約束してきたのである。」

(ヨブ記2章11節)

すると、そこにやってきたのはヨブの3人の友人たち。

ヨブをなぐさめにやって来たのです。

 

ところが、友人たちはヨブの変わり果てた姿にショックを受け、7日間もの間声をかけられずにいました。(長すぎ)

しかし、ついに友人の1人エリファズはヨブに語りかけました。

エリファズ
エリファズ
神様は、弱っている人も必ず助け出してくださるお方だよ。

何度災いが襲って来ても、いつか手を差し伸べてくれる。

そう信じようじゃないか!

しかし、ヨブは言いました。

ヨブ
ヨブ
おー、主よ、どうかいっそのこと私を死なせてください!

私はこの苦しみにいつまで耐えなければならないのだろう。

私にはもう何の力もない。

神様、なぜ私をこのような目に合わせるのでしょうか?

すると、今後は2人目の友人ビルダドが出て来て言いました。

ビルダド
ビルダド
いつまでそんなことを言っているんだ!

お前の子供が罪を犯したから、神様はお前に罰を下したんじゃないのか?

お前が神様に赦(ゆる)しを求めれば、きっと全て元通りにしてくださるはずだ。

(もはやなぐさめる気ない)

ヨブは答えました。

ヨブ
ヨブ
神様はいつも正しいお方だということは分かっている。

だが、私は悪いことなど何もしていない。

ああ、神様は、きっと神に逆らう者も従う者も、どちらも滅ぼされるお方なのだ。

主よ、なぜ私は生まれて来たのでしょうか?

私の人生に価値などありません。

今度は、3人目の友人ツォファルが出てきて言いました。

ツォファル
ツォファル
お前は口がうまければ、正しいと認められるとでも思っているのか?

いくら隠しても、神様は、誰が罪を犯しているかなんて全部お見通しなんだぞ!

(もはや、責め立ててますやん)

 

ヨブは答えました。

ヨブ
ヨブ
うるさい、うるさ〜い!!

お前たちは、神の代わりに私を責めるのか!

私が話したいのは神様なのだ。だから、どうか黙っててくれ!

こうして一歩も引かないヨブに友人たちが言葉を失っていると、そこに1人の男が現れました。

エリフです。(急に誰だ)

 

エリフは、友人たちがヨブに言い返せなくなっていることにあきれながら、ヨブにも怒って言いました。

エリフ
エリフ
ヨブさん、あなたは自分が本当に罪を犯しておらず、正しいと思っているのですか?

あなたに罪があるかどうかは、神様が判断されること。

それに神様は、この苦しみを通してあなたを試しておられるのかもしれないでしょう!

ヨブ、神様から祝福を受ける

「主はヨブの終りを初めよりも多く恵まれた。彼は羊一万四千頭、らくだ六千頭、牛一千くびき、雌ろば一千頭をもった。 13また彼は男の子七人、女の子三人をもった。」

(ヨブ記42章12、13節)

するとその時、嵐の中から突然神様が現れます。(ようやく)

そして、ヨブに言われました。

神様
神様
誰だ私を責め立てる者は。

ヨブよ、お前は自分の苦しみを私のせいにするつもりか?

お前は神にでもなったつもりか?この世界の何を知っているのだ。

(厳しい。。)

 

神様は、ヨブが自分中心に物事を考え、神さえも批判の目で見ようとしていたヨブに強く語られたのです。

ヨブははっとして答えました。

ヨブ
ヨブ
も、申し訳ありません!

私は軽々しいことを言ってしまいました。

悔い改めます。。

しかし、その後神様はヨブに以前よりもさらに大きな恵みをお与えになりました。

ヨブが苦しみながらも神様を信じ続けたことを、喜ばれたからです。

 

財産は以前の2倍になり、家畜も前よりも増え、7人の息子と3人の娘も与えられました。

こうして、ヨブはその後幸せに暮らしましたとさ。

 

めでたしめでたし。

ハッピーエンドで良かった。。

ヨブはなぜ正しい人なのに災いを与えられた!?

皆さんは普段、

なんで神様がいるのにこの世界には災害や犯罪、病気や戦争などがあるんだろう?

と思ったことはありませんか?

 

これって恐らく、昔から人間が抱き続けてきた普遍的な疑問だと思うんです。

そして、このヨブさんのお話はその疑問に対する1つのヒントを与えてくれています。

 

ヨブは神の前に正しい人だったにも関わらず、数々の災いに襲われました。

つまり、災いが起きたのは、決してヨブが罪を犯したからではありません。

 

神様(今回はサタンも)が、ヨブの信仰が本物かを試すためでした。

「主はサタンに言われた、「見よ、彼のすべての所有物をあなたの手にまかせる。ただ彼の身に手をつけてはならない」。サタンは主の前から出て行った。」

(ヨブ記1章12節)

どんな災いの中にあっても、神様のことを信じ続けられるかということですね。

災い怖い。。

 

さて、ここから分かることは何でしょうか?

それは、神様は私たちの信仰を試すためにあえて苦難をお与えになることがあるということです。

 

もちろん、これはこの世の全ての災いに当てはまる理由とは言えませんが、1つのヒントにはなると思います。

この世界で起こる悪い出来事にも、私たちには知り得ない神様のご計画や目的があるのかもしれません。

 

私たちにできるのは、そんな苦しみの中でも主を賛美し忍耐し続けること。

そうすれば、神様は以前よりも更に大きな祝福と恵みを与えてくださいます!

まとめ:ヨブ以上の苦労人は存在しない!

今回のお話は少しテーマが深くて、難しかったかもしれませんね。

実際、ヨブ記は聖書の中でも解釈が難しくて読むのが大変な箇所。

 

皆さんもぜひご自身で読んでみてください!

それにしても、後半では少しヤケになりかけていたとはいえ最後まで信仰を貫いたヨブは立派ですね。

 

僕だったら少なくとも、

3人の友人たちは引っぱたいていたと思います。(真顔)

 

キートンでした。

【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です