聖書物語シリーズ

“エルサレム入城”とは?イエスキリスト復活の1週間前!?【3分で分かる】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

今回は、クリスチャンにとって大切な出来事、エルサレム入城”についてご紹介します。

一般の方には馴染みがないかと思いますが、キリスト教では、各宗派が記念日としている重要な日。

 

この記事では、

  • エルサレム入城とは?
  • エルサレム入城の内容
  • エルサレム入城がお祝いされる理由

などをご紹介します!

聖書の主な物語をまとめてみた【傑作ぞろい】ジーザス、エブリワン!キートンです。 聖書という書物の中には、禁断の果実を食べてしまった最初の人類"アダムとエバ"や ...

“エルサレム入城”とは?

“エルサレム入城”とは、イエス・キリストがロバに乗り、エルサレムに入城された出来事のことをいい、

イエス・キリストが、十字架の死から蘇られた日(イースター)の1週間前に祝われます。

 

なので、毎年日付が変わりますね。

宗派によって呼び方が異なり、カトリックでは”枝の主日”、プロテスタントでは”棕櫚(しゅろ)の主日”、正教会では”聖枝(せいし)祭”と呼ばれます。

呼び方バラバラ。。

「イエスがエルサレムにはいって行かれたとき、町中がこぞって騒ぎ立ち、「これは、いったい、どなただろう」と言った。 11そこで群衆は、「この人はガリラヤのナザレから出た預言者イエスである」と言った。

(マタイによる福音書21章10、11節)

イエス・キリストとはどんな人物?その短くも濃い人生をまとめてみた【5分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです! 皆さんは、人類史上最も有名な人物は誰だと思いますか? アインシュタイン?レオナルド...

“エルサレム入城”の登場人物

さあ、登場人物たちの入場です!

イエス・キリスト

人類の罪を背負うために地上に来られた人の子であり神の子。

弟子たちとともに、エルサレムにやって来られます。

イエス・キリストとはどんな人物?その短くも濃い人生をまとめてみた【5分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです! 皆さんは、人類史上最も有名な人物は誰だと思いますか? アインシュタイン?レオナルド...

12弟子

イエス・キリストの弟子たち。

イエス様から、子供のロバを連れてくるように言われます。

【完全版】イエスの12使徒(弟子)って誰がいるの?超個性派集団!?ジーザス、エブリワン!キートンです。 救い主であるイエスキリストはその生涯の中でたくさんの人々と出会い、教えを語り、大きな...

“エルサレム入城”の内容

ある時、イエスは弟子たちとともにエルサレムに近づいて来られました。

すると、イエスは2人の弟子に言われました。

イエス・キリスト
イエス・キリスト
向こうの村に行きなさい。

そうすれば、繋がれているロバのそばに、誰も乗ったことのない子供のロバがいるのを見つけるだろう。

それをほどいて、私のところに連れてきなさい。

もし、誰かが”なぜそんなことをするのか”と言ったら、”主がお入り用なのです。すぐにお返ししますから。”と言いなさい。

 

弟子たちが言われた通りにし、子ロバを連れてくると、イエスはそれに服をかけてお乗りになりました。

すると、どうでしょう。

 

それを見た群衆が、自分の服や野原の木の枝を道に敷(し)き始めたではありませんか。

そして、群衆たちは叫びました。

群衆
群衆
ダビデの子にホサナ!主の名によって来られる方に、祝福があるように!

いと高きところにホサナ!!

 

イエスがその道の上を通ってエルサレムに入られると、都の人々は、

エルサレムの人々
エルサレムの人々
おいおい、これは一体どんな人物が来たんだ!?

と騒ぎました。

 

すると、イエスについて来ていた群衆は、

群衆
群衆
この方は、ガリラヤのナザレから来られた預言者イエスだ。

と答えました。

"預言者"とは?神の言葉を伝える人たち!?【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、"預言者"という人たちのことを知っていますか? これは、 ...

なぜ”エルサレム入城”の日はお祝いされる!?

さて、先程このエルサレム入城の日は祝われるというお話をしましたが、なぜこれほどエルサレム入城がお祝いされるのでしょうか?

それは、エルサレム入城の日は、“受難週”の始まりの日だからです。

 

“受難週”というのは、エルサレム入城から復活祭(イースター)の前日までの一週間のこと。

この期間に、信徒はイエスキリストの苦しみに寄り添って断食やお祈りなどをして過ごすのです。

 

しかも、この受難週にはイエスキリストと弟子たちの最後の晩餐をお祝いする“聖木曜日”

イエスキリストが十字架で死なれた日を記念する“聖金曜日”も含まれています。

 

このように、エルサレム入城の日にはいくつかの記念日が関係しているんですね。

そりゃあお祝いされますわ!

【Q&A】キリスト教の主な行事って?三大行事をご紹介しますジーザス、エブリワン!キートンです。 お正月、節分、ひな祭り、七夕、ハロウィン。。日本には様々な行事がありますよね。 でも、その...

“エルサレム入城”の日にはどんなお祝いをする!?

このエルサレム入城の日には、各宗派で様々なお祝いがされますが、一体どんなお祝いが行われるのでしょうか?

宗派ごとに見ていきましょう!

【徹底比較】キリスト教の三大宗派をまとめてみた【分かりやすい比較表付き】ジーザス、エブリワン!キートンです。 数ある宗教の中でも、世界で最も信仰されているキリスト教。 しかし、キリスト教と...

カトリック

カトリックでは、“枝の主日”と呼ばれ、ナツメヤシなどのヤシ科植物を使ってお祝いします。

ただし、ナツメヤシがない地域もあるので、その地域にある枝葉が代わりに使われるのが一般的になっているんだとか。

 

例えば、

  • 西ヨーロッパ       ➡️ツゲ
  • 北ヨーロッパ・東ヨーロッパ➡️ネコヤナギ
  • 西南日本         ➡️ソテツ
  • 北日本          ➡️ネコヤナギ

 

といった感じですね。

 

地域によっては、枝を編んで使うこともあるそうです!

おしゃれね〜!
【徹底解説】"カトリック教会"とは?その13の特徴をご紹介しますども!キートンです。 今回は、キリスト教の3大宗派(カトリック、プロテスタント、正教会)の1つ、"ローマ・カトリック教会"...

プロテスタント

プロテスタントでは、“棕櫚(しゅろ)の主日”と呼ばれますが、特に特別な儀式が行われるわけではありません。

ただし、牧師さんが、エルサレム入城を説教のテーマとしてお話しすることはあります。

【徹底解説】"プロテスタント教会"とは?その8つの特徴をご紹介ジーザスエブリワン!キートンです。 今回は、キリスト教の3大宗派の1つ、"プロテスタント教会"についてご紹介したいと思いま...

正教会

正教会では、“聖枝祭”以外にも、”主のエルサレム入城”、”花の主日”、”パームサンデー”と様々な呼ばれ方をします。

正教会で重要視されている、”12大祭”の1つです。

 

エルサレム入城の様子が描かれているイコンも、教会内にあったりします。

信者が枝を持参して、お祈りをするという形で儀式が行われるのが一般的です。

 

枝に関しては、オリーブやナツメヤシ、シュロなどが使われることが多いですが、特に決まりはありません。

ただし、ロシア正教会や日本正教会では、ネコヤナギが使われることが多いようです。

何だか親近感のわく名前だにゃ〜。
【徹底解説】"正教会"とは?その9の特徴をご紹介ジーザスエブリワン!キートンです。 今回は、キリスト教三大宗派の1つ、"正教会"についてご紹介したいと思います。 恐...

なぜイエス・キリストは子ロバに乗った!?

このエルサレム入城のお話を聞いて、

イエス・キリストは、何で馬じゃなくてわざわざロバ、それも子ロバに乗ったの?

と思う方もいるかもしれません。

 

だって、普通に考えたら馬のほうが立派で、救い主であるイエス・キリストにふさわしいではありませんか!

これには、主に2つの理由があります。

理由①平和を示すため

ロバというのは馬とは違い、戦争などの争いの場では役に立ちません。

代わりに、日常のささいな仕事などで使われることが多い、庶民的な動物でした。

 

つまり、イエス・キリストはこれによって、平和を表現したかったのではないかと言われています。

自分は武力などの争いを起こすためではなく、平和をもたらすためにやってきたのだと。

 

他にも、

  • ロバは足が遅い➡️歩みが遅く、弱い立場の人にも寄り添える
  • ロバは背が低い➡️上から見下すのではなく、私たちと同じ目線に立てる

 

などのメッセージを受け取ることができます。

 

また、子ロバを選んだというのも、イエス様の弱い者への愛を感じることができるでしょう。

このように、イエス様はロバに乗ってくることで、他の王様とは全く違う王様だということを示されたのです!

 

わざわざ弟子たちに子ロバを連れて来させたのは、これらの理由があったんですね!

理由②預言されていたから

実は、イエス・キリストがエルサレムに入城することは、この500年ほど前から預言されていました。

それは、”ゼカリヤ”という預言者によるものです。

 

聖書には、

「シオンの娘よ、大いに喜べ、エルサレムの娘よ、呼ばわれ。見よ、あなたの王はあなたの所に来る。彼は義なる者であって勝利を得、柔和であって、ろばに乗る。すなわち、ろばの子である子馬に乗る。

(ゼカリヤ書9章9節)

 

と書かれています。

 

もちろん、イエス様はこのことをご存知だったので、意識的にロバに乗ってきたということですね。

群衆が大騒ぎしたのも、この預言があったからだったのです!

 

そりゃあ500年前の預言が、目の前で実現したら興奮もしますわ!

【最強の書物】キリスト教の"聖書"ってどんな本?未だに売れ続ける永遠のベストセラー!?ジーザス、エブリワン!キートンです。 さて、今回は、クリスチャンの代表的アイテム"聖書"についてお話したいと思います。 皆さんは...

まとめ:エルサレム入城から”受難週”が始まる!

いかがでしたか?

エルサレム入城が、キリスト教にとって特別な日だということがお分かりいただけたでしょうか?

 

それにしても、生まれた日や復活した日だけでなく、エルサレムに入城した日までもが記念日になるって、やはりイエス様は凄いですね!

んー、偉大!

 

ではまた!

聖書の主な物語をまとめてみた【傑作ぞろい】ジーザス、エブリワン!キートンです。 聖書という書物の中には、禁断の果実を食べてしまった最初の人類"アダムとエバ"や ...

ABOUT ME
キートン
月間4万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です