聖書物語シリーズ

【解説】”エルサレム入城”とは?イエスキリスト復活の1週間前!?

ジーザス、エブリワン!キートンです。

聖書にも書かれている”エルサレム入城”ってどんな出来事?

記念日にもなっているらしいけど、詳しく教えて!

こういった疑問にお答えします。

 

今回は、クリスチャンにとって大切な出来事、エルサレム入城”についてご紹介します。

一般の方には馴染みがないかと思いますが、キリスト教では各宗派が記念日としている重要な日。

 

聖書にもバッチリ書かれていますが、どういう出来事なのかよく知らない方もいますよね??

そこでこの記事では、クリスチャンの僕が、

  • エルサレム入城とは?
  • エルサレム入城の内容
  • エルサレム入城がお祝いされる理由

などをご紹介します!

“エルサレム入城”とは?

“エルサレム入城”とは、イエスキリストがロバに乗り、エルサレムに入城された出来事のことをいいます。

新約聖書のマタイ、マルコ、ヨハネの福音書にそれぞれ書かれており、イエスが十字架に架かられる1週間前の出来事です。

 

そのため、この日には宗派によって様々な習慣がありますね!(後述)

聖書には、エルサレム入城についてこのように書かれています。

「イエスがエルサレムにはいって行かれたとき、町中がこぞって騒ぎ立ち、「これは、いったい、どなただろう」と言った。 11そこで群衆は、「この人はガリラヤのナザレから出た預言者イエスである」と言った。

(マタイによる福音書21章10、11節)

イエスが、十字架の死から蘇られた日(イースター)の1週間前に祝われますね。

 

なので、毎年日付が変わります。

宗派によって呼び方が異なり、

  • カトリック  ➡枝の主日
  • プロテスタント➡棕櫚(しゅろ)の主日
  • 正教会    ➡聖枝(せいし)

とそれぞれ呼ばれます。

呼び方バラバラ。。

“エルサレム入城”の登場人物

さあ、まずは登場人物たちの入場です!

イエス・キリスト

人類の罪を背負うために地上に来られた人の子であり神の子。

弟子たちとともに、エルサレムにやって来られます。

 

詳しくは、【完全版】イエス・キリストとはどんな人物?その生涯をまとめてみた【5分で分かる】をどうぞ

12弟子

イエスキリストの弟子たち。

イエスから、子供のロバを連れてくるように言われます。

 

詳しくは、【完全版】イエスの12使徒(弟子)って誰がいるの?超個性派集団!?
をどうぞ

“エルサレム入城”の内容

「さて、彼らがエルサレムに近づき、オリブ山沿いのベテパゲに着いたとき、イエスはふたりの弟子をつかわして言われた、 2「向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつながれていて、子ろばがそばにいるのを見るであろう。それを解いてわたしのところに引いてきなさい。 3もしだれかが、あなたがたに何か言ったなら、主がお入り用なのです、と言いなさい。そう言えば、すぐ渡してくれるであろう」。」

(マタイによる福音書21章1~3節)

ある時、イエスは弟子たちとともにエルサレムに近づいて来られました。

すると、イエスは2人の弟子に言われました。

イエス・キリスト
イエス・キリスト
向こうの村に行きなさい。

そうすれば、繋がれているロバのそばに、誰も乗ったことのない子供のロバがいるのを見つけるだろう。

それをほどいて、私のところに連れてきなさい。

もし、誰かが”なぜそんなことをするのか”と言ったら、”主がお入り用なのです。すぐにお返ししますから。”と言いなさい。

弟子たちが言われた通りにし、子ロバを連れてくると、イエスはそれに服をかけてお乗りになりました。

すると、どうでしょう。

 

それを見た群衆が、自分の服や野原の木の枝を道に敷(し)き始めたではありませんか。

これは、群衆がイエスを王であるメシア(救い主)として迎えたからです。

 

そして、群衆たちは叫びました。

群衆
群衆
ダビデの子にホサナ!主の名によって来られる方に、祝福があるように!

いと高きところにホサナ!!

※ホサナ

➡”どうか、救ってください”という意味。

後に神をたたえたり、喜びを表すときに使われる言葉になりました。

イエスがその道の上を通ってエルサレムに入られると、都の人々は、

エルサレムの人々
エルサレムの人々
おいおい、これは一体どんな人物が来たんだ!?

と騒ぎました。

 

すると、イエスについて来ていた群衆は、

群衆
群衆
この方は、ガリラヤのナザレから来られた預言者イエスだ。

と答えました。

なぜ”エルサレム入城”の日はお祝いされる!?

さて、先程このエルサレム入城の日は祝われるというお話をしましたが、なぜこれほどエルサレム入城がお祝いされるのでしょうか?

それは、エルサレム入城の日は、“受難週”の始まりの日だからです。

 

“受難週”というのは、エルサレム入城から復活祭(イースター)の前日までの一週間のこと。

この期間に、信徒はイエスキリストの苦しみに寄り添って断食やお祈りなどをして過ごすのです。

 

しかも、この受難週には、

  • 聖木曜日➡イエスと弟子たちの最後の晩餐を記念する
  • 聖金曜日➡イエスが十字架で死なれた日を記念する
  • 聖土曜日➡葬られたイエスを記念する

も含まれています。

 

このように、エルサレム入城の日にはいくつかの記念日が関係しているんですね。

そりゃあお祝いされるわ。。!

“エルサレム入城”の日にはどんなお祝いをする!?

このエルサレム入城の日には、各宗派で様々なお祝いがされますが、一体どんなお祝いが行われるのでしょうか?

宗派ごとに見ていきましょう!

 

各宗派に関しては、【解説】キリスト教にはどんな宗派がある?3つの主な宗派をまとめてみたをどうぞ

カトリック

カトリックでは、“枝の主日”と呼ばれ、ナツメヤシなどのヤシ科植物の枝を使ってお祝いします。

ただし、ナツメヤシがない地域もあるので、その地域にある枝葉が代わりに使われるのが一般的になっているんだとか。

 

例えば、

  • 西ヨーロッパ       ➡️ツゲ
  • 北ヨーロッパ・東ヨーロッパ➡️ネコヤナギ
  • 西南日本         ➡️ソテツ
  • 北日本          ➡️ネコヤナギ

といった感じですね。(例外あり)

 

地域によっては、枝を編んで使うこともあるそうです!

おしゃれね〜!

プロテスタント

プロテスタントでは、“棕櫚(しゅろ)の主日”と呼ばれますが、特に特別な儀式が行われるわけではありません。

僕の教会でも祝われているのは、見たことがありませんね。。!

 

ただし、牧師さんが、エルサレム入城を説教のテーマとしてお話しすることはあります。

正教会

正教会では、“聖枝祭”以外にも、

  • 主のエルサレム入城
  • 花の主日
  • パームサンデー

と様々な呼ばれ方をします。

正教会で重要視されている、”12大祭”の1つです。

 

エルサレム入城の様子が描かれているイコンも、教会内にあったりします。

信者が枝を持参してお祈りをするという形で儀式が行われるのが一般的です。

 

枝に関しては、オリーブやナツメヤシ、シュロなどが使われることが多いですが、特に決まりはありません。

ただし、ロシア正教会や日本正教会では、ネコヤナギが使われることが多いようです。

何だか親近感のわく名前だにゃ〜。

なぜイエス・キリストは子ロバに乗った!?

このエルサレム入城のお話を聞いて、

イエス・キリストは、何で馬じゃなくてわざわざロバ、それも子ロバに乗ったの?

と思う方もいるかもしれません。

 

だって、普通に考えたら馬のほうが立派で、救い主であるイエス・キリストにふさわしいではありませんか!

これには、主に2つの理由があります。

理由①平和を示すため

ロバというのは馬とは違い、戦争などの争いの場では役に立ちません。

代わりに、日常のささいな仕事などで使われることが多い、庶民的な動物でした。

 

つまり、イエス・キリストはこれによって、平和を表現したかったのではないかと言われています。

自分は武力などの争いを起こすためではなく、平和をもたらすためにやってきたのだと。

 

実際、イエスはご自身でこのように語られました。

「わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。」

(マタイによる福音書11章29節)

そう、イエスは柔和でへりくだったお方です。

 

つまり、イエスは子ロバに乗ってくることで、他の王様とは違う柔和で謙遜な王様だということを示されたのです!

他にも、ロバを選んだのは、

  • ロバは足が遅い➡️歩みが遅く、弱い立場の人にも寄り添える
  • ロバは背が低い➡️上から見下すのではなく、私たちと同じ目線に立てる

といった意味にとることもできます。

 

わざわざ弟子たちに子ロバを連れて来させたのは、このような理由があったんですね!

理由②預言されていたから

実は、イエスがエルサレムに入城することは、この500年ほど前から預言されていました。

それは、”ゼカリヤ”という預言者によるものです。

 

具体的には、以下の箇所ですね。

「シオンの娘よ、大いに喜べ、エルサレムの娘よ、呼ばわれ。見よ、あなたの王はあなたの所に来る。彼は義なる者であって勝利を得、柔和であって、ろばに乗る。すなわち、ろばの子である子馬に乗る。

(ゼカリヤ書9章9節)

もちろん、イエスはこのことをご存知だったので、意識的にロバに乗ってきたということですね。

 

群衆が大騒ぎしたのも、この預言があったからだったのです!

つまり、

旧約聖書に預言されていたメシア(救い主)がついに現われた!!

と。

 

これは興奮するのも無理はないですね!

“エルサレム入城”を描いた絵画

では、最後にエルサレム入城を描いた絵画をいくつか見てみましょう!

【まとめ】有名な西洋の絵画12点から見るキリスト教【解説付き】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは絵画が好きですか? 僕はたまに美術館に行って鑑賞する程度には好きです。...

『キリストのエルサレム入城』(アンソニー・ヴァン・ダイク)

かなり近い距離から描かれた、イエスのエルサレム入城シーン。

周りには弟子たちらしき人たちがいますね。

 

他にも、木の枝を置こうとしている人、手を挙げてイエスをたたえている人などがいるのが分かります。

『エルサレム入城』(ヒポリット・フランドリン)

こちらは、より全体の様子が分かりやすい作品です。

色合いはやや暗めですが、イエスの姿がとても凛々しくてかっこいいですね!

威風堂々。。

『キリストのエルサレム入城』(シャルル・ル・ブラン)

個人的には、この作品が最も人々の歓喜具合が伝わってきて好きですね。

木に登っている人もいたりして、人々が生き生きと描かれています。

色合いもカラフルだにゃ~。

まとめ:エルサレム入城から”受難週”が始まる!

いかがでしたか?

エルサレム入城が、キリスト教にとって特別な日だということがお分かりいただけたでしょうか?

 

それにしても、生まれた日や復活した日だけでなく、エルサレムに入城した日までもが記念日になるって、やはりイエスは凄いですね!

んー、偉大!

 

ではまた!

【完全版】聖書の主な物語をまとめてみた【有名な傑作ぞろい】聖書の主な物語をクリスチャンがざっくりまとめてみました!個別の記事リンクに飛べば、もっと詳しい物語のストーリーが見れますよ。...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です