キリスト教用語集

【重要行事】”イースター”の意味とは?イエスの復活を祝う日!?

ジーザス、エブリワン!キートンです。

最近、日本でも浸透してきてる”イースター”ってどんな日なの?

いつ行われるのか、何をするのかなどについても知りたい!

こういった疑問にお答えします。

 

突然ですが、皆さんに質問です!

キリスト教において最も大切な行事はなんだと思いますか?

えー、そりゃあクリスマスじゃないの??

あれだけ毎年盛り上がるし!!

 

はい、ぶっぶー!!

そう来ると思ってましたよ!!(ってか皆クリスマスしか知らない説)

 

もちろん、クリスマスもとっても大切な日ですよ!

イエスキリストの生誕をお祝いする日ですからね。

 

しかし、キリスト教ではクリスマスを上回る重要なイベントがあります!

それがイエスキリストの復活をお祝いする“イースター”です。

 

最近、日本でも知名度が上がってきましたが、まだどういう行事なのか理解していない方も多いでしょう。

そこで今回は、クリスチャンの僕が、

  • イースターの意味とは
  • イースターはいつなのか
  • イースターでは具体的に何をするのか

などについてお送りいたします!

“イースター”の意味とは?

“イースター”は、クリスマスやペンテコステと並び、キリスト教の大切な行事の1つで、

イエスキリストの復活をお祝いする日のことです。

 

そのため、”復活祭”とも呼ばれます。

今から2000年以上前、神の子イエスは私たち人間の罪を背負うために地上に来られ、十字架で死なれました。

 

そして、3日目に復活されたのです!

聖書には、このように書かれています。

「さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリアともう一人のマリアが、墓を見に行った。すると、大きな地震が起こった。主の天使が天から降って近寄り、石をわきへ転がし、その上に座ったのである。その姿は稲妻のように輝き、衣は雪のように白かった。番兵たちは、恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。天使は婦人たちに言った。『恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。」

(マタイによる福音書28章1~6節)

このイエスの復活をお祝いするのが、イースターというわけですね。

 

そして、イエスの復活は、キリスト教において最も重要なものです。

なぜなら、この復活によって、イエスが人類を救いに導くキリスト(救い主)だということが証明されたからです。

 

つまり、キリスト教とは、イエスの復活を信じる宗教とも言えるんですね。

だからこそ、イースターは超重要なんだにゃ~。

 

イエスキリストに関しては、【完全版】イエス・キリストとはどんな人物?その生涯をまとめてみた【5分で分かる】をどうぞ

イースターの日にちはいつ?

イースターは、春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日にお祝いされます。(ややこしい)

春分の日は移動祝祭日なので、イースターの日にちも毎年変わるということですね!

 

ただし、イースターの日にちは、

  • 東方教会(正教会など)
  • 西方教会(カトリック、プロテスタントなど)

で異なります。

なぜなら、それぞれで使用している暦(こよみ)が違うからです。

 

具体的に言うと、西方教会はグレゴリオ暦、東方教会はユリウス暦ですね。

ちなみに、私たちが普段使っているのは、グレゴリオ暦のほうです。

キートン
キートン
この暦の差が、イースターの日にちの差になっているんですね!

 

以下に、東方教会と西方教会のイースターの日にちを2025年までまとめたので、ご参照ください。

西方教会 東方教会
2021年 4月4日 5月2日
2022年 4月17日 4月24日
2023年 4月9日 4月16日
2024年 3月31日 5月5日
2025年 4月20日 4月20日

 

キリスト教の主な宗派については、【解説】キリスト教にはどんな宗派がある?3つの主な宗派をまとめてみたをどうぞ

イースターの日には何をするの?

イースターの日には、各宗派はそれぞれのやり方で、

イエスキリストの復活をお祝いする礼拝や儀式を行います。

 

また、一部の宗派では、イースターまでの一定期間、

  • 乳製品

などが禁止されるので、イースター当日はそれらを中心としたごちそうを家族で食べたりもします。

我慢した分、さぞおいしいでしょうね!

 

そして、イースターといえば外せないのが、イースターエッグです。

イースターエッグとは、イースターの日に出される、色や装飾などでデザインされたおっしゃれなゆで卵のこと。

 

もちろん、このデザインは教会のメンバーで行い、これだけでも楽しいんですが、このエッグの快進撃はここから。

完成したイースターエッグは、

  • 飾り付けで使う
  • 教会で配る
  • ゲームやレクリエーションで使う

などイースターの日に大活躍するのです!

 

特に、レクリエーションでいうと、隠された卵を皆で探す“エッグハント”なんかはお馴染みで、

僕の教会でも毎年のように行われています。

キートン
キートン
スプーンで卵を運ぶ速さを競う、”エッグレース”というゲームも定番ですね!

 

ただ、アメリカなどのキリスト教圏に比べると、日本ではそこまで盛大にお祝いされることは少ないです。

なぜイースターの象徴は”卵”と”ウサギ”!?

イースターの象徴と言えば、やはり卵とウサギです。

イースターのときには、それぞれ、

  • イースターエッグ
  • イースターバニー

なんて呼ばれます。

 

市販で売られているイースターのお菓子にも、この2つがデザインされていることが多いですよね。

では、なぜ卵とウサギはイースターの象徴となっているんでしょうか?

 

それぞれ、理由を見てみましょう!

卵(イースターエッグ)

 

卵からは生き物が誕生するため、生命力や命を感じさせます。

そのため、生命を象徴する卵は、イエスの復活のイメージとピッタリなんです。

 

ここには、鳥が卵の殻を破って出てくるように、イエスも死の殻を破って復活したという意味が込められているんですね。

確かに、そう言われると、イメージしやすいですよね!

 

ちなみに、近年では、卵アレルギーの人のことを考慮してか、ゆで卵ではなく、

チョコレートやプラスチックの卵を使うことも増えてきているんだとか。

キートン
キートン
僕の教会では普通にゆで卵ですけどね。。!

ウサギ(イースターバニ―)

 

ウサギは、たくさんの子供を高い頻度で生む、多産の動物として知られています。

 

そのため、繁栄や豊穣のシンボルとなっており、イースターのイメージと合致したんですね。

ちなみに、イースターバニーは、服を着た姿で描かれ、イースターエッグを運んでくるとされています。

 

ただし、うさぎが象徴となっているのは、西方教会(カトリック、プロテスタントなど)のみで、

東方教会(正教会など)ではイースターバニーの考え方はありません。

まとめ:イースターはキリスト教最大の超重要イベント!

イースターがキリスト教にとっていかに重要か、お分かりいただけましたか??

最近では、日本でもイースターの知名度が上がってきています。

 

イースター製品が出たり、ディズニーでイースターイベントが行われたりしている影響でしょうね。

ですが、それらを見ても本来のイースターの意味は分かりません。

 

ぜひ真のイースターの意味を理解しつつ、楽しんでみてくださいね!

ではまた!

【Q&A】キリスト教の主な行事って?三大行事をご紹介しますジーザス、エブリワン!キートンです。 お正月、節分、ひな祭り、七夕、ハロウィン。。日本には様々な行事がありますよね。 でも、その...
【完全版】主なキリスト教用語をまとめてみたジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、 と感じたことはありませんか? 試しに聖書を読んでみた...

 

☟イエスキリストの復活については、こちらの映画がおすすめ!


ABOUT ME
キートン
月間8万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です