キリスト教用語集

“クリスマス”の意味とは?イエスキリストの誕生日じゃない!?

ジーザス、エブリワン!キートンです。

クリスマスってどういう由来や意味があるの?

イエスキリストの誕生日なんだっけ?

こういった疑問にお答えします。

 

日本には季節によって様々な行事がありますが、中でも特に盛り上がるのが“クリスマス”。

冬の一大イベントとして楽しみにしている人も多いはず!

 

しかし、皆さん。

まさかとは思いますが、クリスマスはリア充のための嬉し楽し恥ずかしイベントだとか思ってないですよね??

 

ね?

ね??

。。。ね???(不安になってきた)

 

もしクリスマスに対して、そんな認識を持っている人がいるなら今すぐ改めてください。

クリスマスは決して、リア充のために用意されたベリーハッピーイベントではありません。

クリスマスはキリスト教にとって非常に重要な記念日なんです!!

というわけでこの記事では、

  • クリスマスとはどのような日か
  • なぜクリスマスは12月25日に祝われるのか
  • クリスマスとキリスト教にまつわる雑学

などについてご紹介します!

クリスマスとは?

クリスマスは、

と並んでキリスト教三大祝日の1つで、イエスキリストの誕生をお祝いする日のことです。

 

“Xmas”と表記されることもありますが、

このXはギリシア語でキリストを意味する”Χριστός” の頭文字からきています。

 

クリスマスを直訳すると”キリストのミサ”となり、キリストを礼拝するという意味になります。

さあ、これでクリスマスがただのリア充イベントじゃないことがお分かりいただけましたか??

 

日本では12月25日にお祝いされますね!

聖書にもイエスキリスト誕生の瞬間が書かれています。

「ヨセフは眠りから覚めると、主の天使が命じたとおり、妻を迎え入れ、 男の子が生まれるまでマリアと関係することはなかった。そして、その子をイエスと名付けた。」

(マタイによる福音書1章24、25節)

これは今からおよそ2000年前に実際に起こった、ヨセフマリアの間にイエスキリストがお生まれになるシーン。

 

その誕生をマリアやヨセフに天使ガブリエルが予告する受胎告知も有名ですね!

クリスマスにはクリスマスツリーに飾り付けをしたり、プレゼントを贈り合ったりして盛り上がるのが一般的。

 

ただし、聖書にクリスマスというワードは出てきません。

イエスキリストについては、【完全版】イエス・キリストとはどんな人物?その生涯をまとめてみた【5分で分かる】で詳しく解説しています。

クリスマスはイエスキリストの誕生日じゃない!?【根拠あり】

毎年12月25日にお祝いされるクリスマス。

しかし、実はこの日、イエスキリストの誕生日ではないって知っていますか?

 

これは非常によくある誤解で、中にはクリスチャンでも分かっていない人がいるくらいです。

先ほども言いましたが、クリスマスというのはイエスキリストの誕生日ではなくて、あくまでもイエスキリストの誕生をお祝いする日。

 

聖書には日にちが詳しく書かれていないため、イエスキリストの正確な誕生日は分かっていないのです!

むしろ、イエスキリストが生まれたのは少なくとも12月のような寒い季節ではないだろうとさえ言われているくらいです。

 

その根拠をいくつか見てみましょう!

  • 根拠①住民登録は真冬には行われないから
  • 根拠②羊飼いたちが野宿をしていたから
  • 根拠③イエスキリストが馬小屋でお生まれになったから

根拠①住民登録は、真冬には行われないから

聖書には、イエスがお生まれになった頃のことが詳しく書かれています。

それが以下の箇所です。

「そのころ、全世界の人口調査をせよとの勅令が、皇帝アウグストから出た。これは、クレニオがシリヤの総督であった時に行われた最初の人口調査であった。人々はみな登録をするために、それぞれ自分の町へ帰って行った。」

(ルカによる福音書2章1節〜3節)

この住民登録をするために、イエスの母マリアは夫のヨセフと共に、ベツレヘムに向けて長い旅に出かけました。

は?これがイエス・キリストの誕生日と何の関係があるの?

と思うかもしれませんが、実は、

この住民登録というのは、12月25日のような寒い時期にはまず行われないものなんです。

 

なぜなら、移動が大変だから。

実際、マリアとヨセフは住民登録のために、150kmもの長旅をしたと言われています。

 

真冬に行くには、あまりも厳しすぎますよね?

まあ、冬じゃなくてもきついですが。。

 

そのため、イエスキリストがお生まれになったのは少なくとも、12月25日のような寒い時期ではないだろうということです。

根拠②羊飼いたちが、野宿をしていたから

マリアがイエスを産んだとき、その知らせを1番最初に聞いたのは羊飼いたちでした。

そして、その羊飼いたちの生活の様子が聖書には書かれています。

「さて、この地方で羊飼たちが夜、野宿しながら羊の群れの番をしていた」

(ルカの福音書2章8節)

ここで、羊飼いたちは野宿をしたと書いてありますが、

これは基本的には4月〜10月までの温かい時期にしか行われず、11月以降の寒くて雨が多い時期には行われないのです。

 

当然ですよね、羊飼いたちが凍えてしまいますから。

ここからも、イエスキリストがお生まれになったのは、12月25日ではないと言うことができます。

根拠③イエスキリストが、馬小屋でお生まれになったから

イエスキリストは、ベツレヘムの馬小屋でお生まれになったと言われています(諸説あり)が、

この点からも冬の寒い時期だとは考えにくいです。

「ところが、彼らがベツレヘムに滞在している間に、マリヤは月が満ちて、 7初子を産み、布にくるんで、飼葉おけの中に寝かせた。客間には彼らのいる余地がなかったからである。」

(ルカによる福音書2章6、7節)

なぜなら、ベツレヘムの冬は非常に寒く、雨も多いので、冬に馬小屋で生まれたというのはあまりにも不自然だからです。

 

まあ、イエスなら寒さなど吹き飛ばしてしまいそうではありますが。。

キートン
キートン
結局のところ、イエスがお生まれになったのがいつかは不明なんですね。。!

クリスマスが12月25日に祝われる由来

さて、イエスキリストが冬に生まれたのではないということは分かってきましたが、今度は

え、じゃあなんでクリスマスは12月25日になったの??

という疑問が湧いてきますよね。

 

実は、12月25日というのは元々、当時ローマ帝国で信仰されていた太陽神ミトラスの”光の祭り”の日でした。

そして、光の祭りは1年で最も日が短い冬至の日に行われ、このお祭りでは太陽の復活がお祝いされていました。

そんなお祭りに目を付けたのが、当時のローマ皇帝。

当時のローマ帝国でキリスト教は国教になっていましたが、イマイチ国民には浸透していませんでした。

 

そこでローマ皇帝は政治的理由でキリスト教を広めるために、イエスキリストが光や太陽にたとえられることを上手く利用して

そうだ、この日をイエスキリストの生誕日にしちゃえ!

という感じでミトラの”光の祭り”の日をイエスキリストの生誕祭として取り入れてしまったのです。

しかも、元々ローマ帝国には12月25日あたりに農耕の儀式も行われていたので、色々と都合が良かったんですね。

 

この作戦は見事に成功し、キリスト教がより広まるきっかけになったと言われています。

ちなみに、ミトラ教はキリスト教に迫害されて5世紀頃に消えてしまったんだとか。。

ミトラ教かわいそう。。!

クリスマスは12月24日から始まっている!?

一般的にはクリスマス前日の12月24日がクリスマス・イヴで、12月25日がクリスマスだと認識されています。

しかし、本当のクリスマスは12月24日から始まっているって知ってましたか??

まじか。。

 

日本ではクリスマス・イヴは”クリスマス前夜”と訳されますが、

実際は”Christmas Evening(クリスマスの夜)”を意味する言葉。

 

つまり、クリスマスは12月24日の夜から始まっているということです。

もっと正確に言うなら、

12月24日の日没~12月25日の日没まで

がクリスマスですね!

 

なぜ日没からかというと、ユダヤ暦や教会暦では日没が一日の境目とされているからです。

現在一般的に使われている暦とは違うんですね。

 

日本ではクリスマスよりもクリスマス・イヴの日が盛り上がりますが、これはある意味で正しいのかもしれません。

実際、キリスト教の主な宗派ではクリスマス・イヴに夜の礼拝が行われます。

 

僕の教会でも、毎年イヴ礼拝がありますね!

ただし、この解釈はキリスト教の宗派によっても異なり、

いやいや、普通に12月25日からがクリスマスだろ!

と主張する宗派もあるので一概には言えません。

 

キリスト教の主な宗派については、【解説】キリスト教にはどんな宗派がある?3つの主な宗派をまとめてみたをどうぞ

クリスマスツリーのモデルはアダムとエバに出てくるあの木!?

独特の形をしており、クリスマスのシンボルと言っても過言ではないクリスマスツリー。

これを見ただけでクリスマスが来たって感じがしますよね!

 

しかし、実はこのクリスマスツリーにもモデルがあるという説があります。

それが初の人類アダムとエバのお話に登場する“善悪の知識の木”です。

 

善悪の知識の木とは、神様がアダムとエバに食べてはいけないと禁じられた実がなっている木のこと。

『神である主は、人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。」』

(創世記2章16、17節)

エデンの園にある他の木の実はどれを食べても良かったのですが、この善悪の知識の実だけはダメだと釘を刺されていたのです。

 

しかし、あるときずる賢い蛇に

この木の実を食べたら神様のように賢くなれるんだよ~?うへへへへ!

と誘惑された結果、2人ともこの木の実を食べてしまいエデンの園を追い出されることになってしまいました。

 

人類が初めて罪を犯すきっかけとなったと考えると、何とも縁起の悪い木のようにも思えますが。。

クリスマスツリーには赤い実のようなものが付いていますが、

あれもアダムとエバが食べてしまった禁断の果実とされているリンゴを表しているのです。

 

まあ実際、禁断の果実がリンゴかどうかは、聖書に明言されておらず分かっていないんですけどね。。

「6女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。」

(創世記3章6節)

また、クリスマスツリーには、日本ではモミの木あるいはエゾマツやトドマツが使われるのが一般的です。

 

ちなみに、クリスマスツリーのてっぺんに付ける星は、

イエスキリストが生まれた場所へ東方の三博士を導いたと言われる“ベツレヘムの星”を表しているんだとか。

「彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。」

(マタイによる福音書2章9、10節)

アダムとエバについては、【聖書物語】人間の始まり!?”アダムとエバ(イヴ)”のお話とは?をどうぞ

クリスマスカラーの由来って??

クリスマスといえば、良く使われる色がありますよね。

例えば、赤や緑、白や金などがそうです。

 

これらの色のことを”クリスマスカラー”なんて呼んだりしますが、もちろんこれらの色にもキリスト教的な意味があります。

まとめると、以下の通りです。

◎クリスマスカラーの意味一覧

  • 赤➡”愛”や”寛大さ”を表す。キリスト教のイメージカラー。
  • 緑➡”永遠の命”や”強い生命力”を表す。
  • 白➡”純白”や”潔白”を表す。
  • 金➡”高貴さ”や”希望”を表す。
クリスマスカラーにそんな深い意味が。。!

まずサンタクロースやヒイラギの実に代表される赤ですが、これはキリスト教のシンボルカラーであり最も重要な色。

 

なぜなら、赤はイエスキリストが私たちの罪のために十字架で流された血を表しているから。

「そこで、ピラトはバラバをゆるしてやり、イエスをむち打ったのち、十字架につけるために引きわたした。」

(マタイによる福音書27章26節)

そこから転じて、赤は愛や寛大さを表します。

 

何の罪もないのに人間のために十字架に架かるというのは、これ以上ないほどの愛ですからね。

また、クリスマスツリーに代表される緑も重要な色で、永遠の命や強い生命力を表しています。

 

聖書には、イエスキリストを信じる者は永遠の命が与えられると書かれています。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。 」

(ヨハネによる福音書3章16節)

クリスマスツリーに決して枯れないモミの木やヒイラギといった常緑樹が使われていることからも、それがよく分かりますね!

 

そして、雪などに代表される白は純白や潔白を表します。

これは一切の罪の汚れがないイエスキリストのことを表しているのです。

「22キリストは罪を犯さず、その口には偽りがなかった。」

(ペテロの第一の手紙2章22節)

イエスは決して罪を犯さない完全なお方ですからね。(人間は罪だらけですが。。)

 

最後に、クリスマスツリーの星に代表される金は高貴さや希望を表します。

イエスキリストは高貴で王なるお方であり、私たちに希望を与えてくださるお方です。

 

十字架の死から復活されたのが、まさにその証明ですね!

「女たちは驚き恐れて、顔を地に伏せていると、このふたりの者が言った、「あなたがたは、なぜ生きた方を死人の中にたずねているのか。 6そのかたは、ここにはおられない。よみがえられたのだ。」

(ルカによる福音書24章5、6節)

このように、クリスマスの色にも全てちゃんと意味があるんです!

クリスマスの見方が変わるにゃ~。

クリスマス前には”アドベント”という期間がある!?

クリスマスは誰もが知る一大イベントですが、その少し前から始まる“アドベント”という期間を知っていますか?

アドベントというのは、”キリストの到来”を意味する言葉で、クリスマスを待ち望む期間のことです。

 

日本語だと、

  • 待降節(たいこうせつ)
  • 降臨節(こうりんせつ)
  • 待誕節(たいたんせつ)

などと呼ばれます。

キートン
キートン
クリスマスに比べるとなじみのない言葉かもしれませんが。。

 

具体的な期間は、”聖アンデレの日”である

11月30日に最も近い日曜日からクリスマスイブまでのおよそ4週間。

 

そして、このアドベントの期間には4本のろうそくを毎週1本ずつ灯していくという習慣があります。

また、子供が大好きな“アドベントカレンダー”というものもあり、

それぞれの日にちにポケットや窓が付いていて中にはお菓子やイラストなどが入っています。

 

☟こんなイメージ。こりゃあワクワクしますわ。

こうして、イエスキリストがお生まれになったクリスマスが来るのを皆で胸を膨らませて待つわけですね!

素敵な習慣ね~!

 

ちなみに、正教会にはアドベントという概念はなく、

近い概念にクリスマスイブまでの40日間を指す「使徒聖フィリポの斎」というものがあります。

サンタクロースのモデルは、聖人ニコラウス!?

サンタクロースのモデルは、聖人ニコラウス!?

クリスマスといえば、こちらも外せないのがサンタクロースです。

そうです、トナカイのそりに乗ってプレゼントを配りまくる、気のいい白ひげおじさんのことですね。

いや言い方。。!

 

でも、サンタクロースにもモデルがいるって知ってましたか?

その人物の名前は、聖ニコラウスです。

 

ニコラウスは、小アジアのミュラ(現在のトルコ)の司教だった人物で、様々な奇跡で人々を起こした立派な人物だったんだとか。

そのため、カトリック教会ではニコラウスを聖人としています。

サンタクロースという名前は、”セント(聖)・ニコラウス”のオランダ語(シンター・クラース)の英語なまりです。

また、ニコラウスには、”貧しい家族のために窓から金貨を投げ入れ、それが暖炉にぶら下げてあった靴下の中に入った”という逸話があり、

ここから、“夜中に家に入り靴下にプレゼントを入れる”という現在のサンタクロース像が生まれました。

キートン
キートン
まさに聖人にふさわしい人物ですね。。!

 

他にも、聖ニコラウスには、無実の罪に問われた死刑囚を救ったという伝承もあります。

良い人過ぎるだろ、おい!!

 

このように、サンタクロースにもキリスト教は関係しているんですね!

まとめ:クリスマスの本当の意味を知って楽しもう!

クリスマスが単なる楽しい日ではないことがお分かりいただけましたか??

そう、クリスマスというのはイエスキリストの生誕をお祝いする特別な日。

 

ぜひクリスチャンでない方も、その意味を感じながらクリスマスを楽しんでみてください!

それと、クリスマスにも教会はウェルカムなので寂しくクリスマスを迎えそうな方は立ち寄ってみてね!

 

ではまた!

【Q&A】キリスト教の主な行事って?三大行事をご紹介しますキリスト教の行事を知りたい方は必見!この記事では、クリスチャンの僕がキリスト教の主な行事をまとめています。実は、クリスマス以外にもキリスト教の行事はあるのです。この記事を読めば、キリスト教の主要な行事は丸わかりですよ。...
【完全版】イエス・キリストとは?その生涯を簡単にまとめてみたキリスト教を代表する人物である"イエス"の全てを、信仰歴28年のクリスチャンがご紹介します!わずか33年ほどの人生でしたが、あまりにも濃いです。生涯についても、聖書の記述に沿って分かりやすく辿っていきますね。...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です