聖書人物シリーズ

【聖書】東方の三博士って?贈り物の意味もそれぞれ解説します

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

今回は、クリスマスのお話に登場することでもおなじみの“東方の三博士”をご紹介します。

聖書の登場箇所が少なく謎が多い彼らですが、どんな人たちだったのでしょうか?

 

わたくし名探偵キートンは、謎を謎のままで終わらせませんよ!!

いや、いつから探偵になった。。!

この記事では、

  • “東方の三博士”とはどのような人たちか
  • “東方の三博士”が登場する聖書内容

などの情報をお届けします!

【完全版】聖書の主な登場人物をクリスチャンがまとめてみたジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...

“東方の三博士”とは?

“東方の三博士”は、新約聖書の”マタイによる福音書”に登場する人物たちで、

“東方の三賢者”、”東方の三賢人”などとも呼ばれます。

 

イエス・キリストがお生まれになったことを知り、拝みに来たことで知られていますね。

また、イエス・キリストに贈り物として

  1. 黄金
  2. 乳香
  3. 没薬

を贈ったことから、3人であるとされていますが、実際の人数は分かっていません。

 

加えて、彼らの名前も聖書には書かれていません。

ただし、民間伝承によると以下のような名前を付けられています。

  1. メルキオール(青年の姿)
  2. バルタザール(壮年の姿)
  3. カスパール(老人の姿)
ミステリアスだにゃ〜。
【完全版】イエス・キリストとはどんな人?その生涯を簡単にまとめてみたキリスト教を代表する人物である"イエス"の全てを、信仰歴28年のクリスチャンがご紹介します!わずか33年ほどの人生でしたが、あまりにも濃いです。生涯についても、聖書の記述に沿って分かりやすく辿っていきますね。...

“東方の三博士”が登場する聖書内容

それでは、東方の三博士が聖書に登場する有名なシーンを見ていきましょう!

東方の三博士現る

「イエスがヘロデ王の代に、ユダヤのベツレヘムでお生れになったとき、見よ、東からきた博士たちがエルサレムに着いて言った、 2「ユダヤ人の王としてお生れになったかたは、どこにおられますか。わたしたちは東の方でその星を見たので、そのかたを拝みにきました」。」

(マタイによる福音書2章1、2節)

これは、イエス・キリストがユダヤのベツレヘムにお生まれになった頃のこと。

博士たちが、星に導かれて東の方からエルサレムにやって来ました。

 

そして、彼らは当時の王様であるヘロデ王に言いました。

三博士
三博士
ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこでしょうか。

私たちは、東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。

これを聞いたヘロデ王や他のエルサレムの人々は、不安になりました。

自分たちの地位が脅かされるかもしれないと感じたからです。

 

そこで、ヘロデ王は、祭司長や律法学者たちを集めて、イエスがどこに生まれるのかを問いただしました。

彼らは答えました。

ユダヤのベツレヘムです。

これを聞いたヘロデは、博士たちに星の現れた時期を確かめたうえで、言いました。

ヘロデ王
ヘロデ王
行って、その子のことを詳しく調べて、見つかったら知らせてくれ。

私も行って拝みたいから。

しかし、これは大ウソでした。

ヘロデは、自分の地位を脅(おびや)かしかねない救い主イエスを、殺そうとしていたのです。

ファリサイ派?サドカイ派?聖書時代の主なユダヤ教宗派4選【まとめ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 こういった疑問にお答えします。 今回は、聖書の時代に存在したユダヤ教の...

幼子イエスとの対面と3つの贈り物

「彼らは王の言うことを聞いて出かけると、見よ、彼らが東方で見た星が、彼らより先に進んで、幼な子のいる所まで行き、その上にとどまった。 10彼らはその星を見て、非常な喜びにあふれた。 11そして、家にはいって、母マリヤのそばにいる幼な子に会い、ひれ伏して拝み、また、宝の箱をあけて、黄金・乳香・没薬などの贈り物をささげた。」

(マタイによる福音書2章9~11節)

王の言葉を聞いた博士たちが出かけると、東方で見た星が先に進み、幼子イエスのいる場所の上で止まりました。

博士たちが喜んで家に入ると、中には母のマリアと共に幼子イエスがおられました。

 

博士たちは、ひれ伏して幼子イエスを拝むと、宝物を開けて、黄金と乳香、そして没薬を贈り物として献(ささ)げました。

しかし、その後、

ヘロデのところへ帰ってはいけない。

と夢のお告げがあったので、彼らは別の道を通って自分たちの国へ帰っていきました。

イエス、間一髪。。!
聖母マリアとはどんな人?その生涯をご紹介します【イエスの母】ジーザス、エブリワン!キートンです。 こういった疑問にお答えします。 皆さんは、"マリア"と聞いて誰を思い浮...

“東方の三博士”の贈り物のそれぞれの意味って!?

博士たちは、幼子イエスに黄金、乳香、没薬という3つの贈り物をしました。

しかし、果たしてこれらの贈り物には、どのような意味が込められているのでしょうか?

黄金(おうごん)

黄金は、“王位”を象徴しています。

黄金は、産出量も少なく、錆びず、美しい最も価値の高い金属。

 

また、当時の王様の器具や装身具としても使われていました。

つまり、イエス・キリストが”世界の王”であるということを表しているのです。

 

博士たち自身も、

三博士
三博士
ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこでしょうか。

とヘロデ王に聞いていましたよね。

決して、金目のものだからあげた、というわけではないんですね!

当たり前。。

乳香(にゅうこう)

乳香は、“祈り”を象徴しています。

乳香というのは、カラン科である乳香機の樹液で、当時は金と同等の非常に高価なものでした。

 

エジプトでは、神に捧げる薫香として使われていたほどです。

つまり、乳香は、イエス・キリストが“人々からお祈りを捧げられる神”であることを表しているんですね。

 

私たちがお祈りを捧げるべき相手は、神様ただ1人しかおられませんからね!

他の神を拝んじゃダメなんだにゃ〜。
【疑問】神に祈る意味って何?クリスチャンが5つの理由をご紹介神に祈る意味を知りたい方は必見!この記事では、クリスチャンの僕が、神様にお祈りする意味や理由などについて解説しています。実は、お祈りは神様との大切なコミュニケーションなのです。この記事を読めば、お祈りをすることの大切さが分かりますよ。...

没薬(もつやく)

没薬は、“死”を象徴しています。

没薬というのは、”ミルラ”とも呼ばれ、本来は死者の体に防腐剤として塗られるものです。

 

また、エジプトのミイラを作る時にも使われ、黄金や乳香と同じく、高価なものでした。

他にも、胃薬やうがい薬、麻酔薬、化粧品などにも使われていたそうな。

え、生まれてきたばかりの赤ちゃんにそんなものをあげるなんて、縁起悪すぎない!?

と思うかもしれませんが、そうではありません。

 

これは、後にイエス・キリストが私たちの罪のために十字架で死なれる救世主であることを表しているのです。

まさに、イエスがキリストであることの表明ですね!

 

ちなみに、イエスの死後に、ニコデモという人物がその埋葬のために30キロもの没薬を持参したと聖書に書かれています。

「また、前に、夜、イエスのみもとに行ったニコデモも、没薬と沈香とをまぜたものを百斤ほど持ってきた。」

(ヨハネによる福音書19章39節)

30キロって。。!
【苦痛】十字架刑の残酷さまとめ!イエスキリストの死因は?十字架刑について知りたい方は必見!この記事では、イエスキリストが架かられたことで知られる十字架刑の内容や手順について、クリスチャンが具体的に解説しています。実は、十字架刑というのは想像以上に恐ろしく残酷な処刑方法なのです。この記事を読めば、十字架刑の恐ろしさがよく分かりますよ。...

“東方の三博士”の贈り物がクリスマスプレゼントの由来!?【諸説あります】

皆さんは、クリスマスが好きですか?

恐らく、クリスチャンでなくてもクリスマスが好きな方はたくさんいるのではないでしょうか。

 

そして、クリスマスといえば、クリスマスプレゼントですよね。

実はこの東方の三博士のエピソードがクリスマスプレゼントの由来になっているという説があります。

 

具体的に言うと、先ほどご紹介した幼子イエスに贈り物をするシーンです。

「彼らは王の言うことを聞いて出かけると、見よ、彼らが東方で見た星が、彼らより先に進んで、幼な子のいる所まで行き、その上にとどまった。 10彼らはその星を見て、非常な喜びにあふれた。 11そして、家にはいって、母マリヤのそばにいる幼な子に会い、ひれ伏して拝み、また、宝の箱をあけて、黄金・乳香・没薬などの贈り物をささげた。」

(マタイによる福音書2章9~11節)

ここから、クリスマスにプレゼントを贈る習慣ができたのではないかということですね。

 

とはいえ、他にもいくつかの説があるようなので、絶対にこれが由来とは言えませんが。。!

【キリストの生誕祭】クリスマスの意味とは?クリスチャンが解説しますクリスマスの意味について知りたい方は必見!この記事では、クリスマスの意味や由来などについてクリスチャンがご紹介しています。実は、クリスマスはイエスキリストの生誕祭なんです。この記事を読めば、クリスマスの本当の意味が分かりますよ。...

“東方の三博士”たちは、占星術師だった!?

“東方の三博士”と言われる彼らですが、聖書の訳によっては、“占星術師”だったと書かれています。

 

では、占星術師はどんなことをするのかというと、

太陽や月などの位置や動きを見て世界の情勢などを占うのです。

あれ、もしかして博士たちが言ってた星のことって。。?

そうです、博士たちは、

占星術をしていたからこそ、星を見てイエス・キリストの誕生を知ることができたんです!

 

彼らには、神様の大きなお導きがあったんですね!

いやー、イエスの誕生に立ち会えるとは、なんともうらやましい。。!

聖書とはどのような書物か?簡単にまとめてみた【永遠のベストセラー】聖書がどういう書物かを知りたい方は必見!この記事では、クリスチャンの僕が、聖書がどのような書物でどんなことが書かれているのかなどについて具体的に解説しています。実は、聖書は世界一売れ続けている最強の書物なんです。この記事を読めば、聖書の凄さが分かりますよ。...

“東方の三博士”を描いた絵画

実は、東方の三博士たちを描いた絵画がいくつかあるので、その一部をご紹介しましょう!

『キリストの降誕』(N・C・ワイエス)

イエスキリストの生誕が描かれた絵画。

どれが博士たちなのかがイマイチ分かりにくいですが、恐らく手前にいる男たちでしょう。

 

イエスキリストがめちゃくちゃ神々しく輝いており、博士たちもあっけにとられていますね。

隣にいる母のマリアも、幼子イエスを見守っています。

聖母マリアとはどんな人?その生涯をご紹介します【イエスの母】ジーザス、エブリワン!キートンです。 こういった疑問にお答えします。 皆さんは、"マリア"と聞いて誰を思い浮...

『東方三博士の礼拝』(ピーテル・パウル・ルーベンス)

様々なジャンルの絵画を残した画家ルーベンスによって描かれた作品。

こちらもたくさんの人物が描かれており中々カオスですが、今まさにイエスに贈り物をしているのは博士の1人でしょう。

 

その後ろにいる男性も贈り物を持って順番を待っていますね。

そして、その右側にいる黒人の男性が、最後の博士の1人だと推測できます。

 

こうして見ると、博士たちは明らかに服装が華やかですよね!

上には天使も描かれているにゃ~。

まとめ:”東方の三博士”には謎が多い!

いかがでしたか?

博士たちは聖書のほんの1部分にしか登場しないので、謎が多いですが、とても印象に残りますね!

 

クリスマスのお話としても、定番の場面ですから。

でも、確かに、”東方の三博士”って何か響きがカッコ良いですよね。

 

1場面しか登場しないのに、有名で、インパクトもちゃんと残していくって。。

名脇役か!(どんなツッコミだ)

 

ではまた!

【完全版】聖書の主な登場人物をクリスチャンがまとめてみたジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...
ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。