キリスト教用語集

【聖書】”天使”の意味とは?その種類から役割までわかりやすく解説

ジーザス、エブリワン!キートンです。

聖書に出てくる”天使”ってどんな存在なの?

種類とか役割について分かりやすく教えて!

こういった疑問にお答えします。

 

今回は、聖書にも何度か登場する“天使”についてご紹介します。

天使と言えば、アニメや小説などにも登場する、私たち人間にとってもおなじみの存在。

 

しかし、その割には、私たちはあまりにも彼らについて何も知らないのではないでしょうか?

実は、一般的なイメージの天使は間違っていることも少なくないんですよね。

 

そこで今回は、クリスチャンの僕が、

  • キリスト教における”天使”とは?
  • 主な天使の種類
  • 宗派ごとの天使の扱い
  • 聖書の天使登場シーン

などをご紹介します!

“天使”とは?

天使は聖書に登場する、神の使いです。

“御使い”などと呼ばれることもあります。

 

聖書の中では主に、人間に神のお告げを知らせるという役目で登場することが多いです

有名な天使としては、

  • ガブリエル
  • ミカエル

などがいますね。

キートン
キートン
一度は聞いたことのある名前ですよね!

主な天使の種類

では、キリスト教の主な天使をご紹介しましょう!

  • ガブリエル
  • ミカエル
  • ラファエル
  • ウリエル

ガブリエル

キリスト教を代表する天使の1人。

などメッセンジャー的な役割で登場することが多いです。

 

聖書の正典にはっきりと名前が書かれており、自らを”神のみまえに立つ”と語っているなど、

天使の中でも別格の存在だと言えます。

「御使が答えて言った、「わたしは神のみまえに立つガブリエルであって、この喜ばしい知らせをあなたに語り伝えるために、つかわされたものである。」

(ルカによる福音書1章19節)

詳しくは、【大天使】”ガブリエル”とは?神の言葉を伝えるメッセンジャー!?をどうぞ

ミカエル

ガブリエルと並んで、キリスト教を代表する天使。

その役職は“大天使長“であり、甲冑や剣を身につけた戦士のような姿で描かれることが多いです。

「ペルシャの国の君が、二十一日の間わたしの前に立ちふさがったが、天使の長のひとりであるミカエルがきて、わたしを助けたので、わたしは、彼をペルシャの国の君と共に、そこに残しておき、」

‭‭(ダニエル書‬ ‭10:13‬)

実際、新約聖書の”ヨハネの黙示録”には、ミカエルが龍(サタン)を倒している描写が出てきます。(後述)

 

ミカエルもガブリエルと同じく、他の天使たちとは一線画す別格な天使と言えるでしょう。

ミカエルは、“神に似たる者は誰か”という意味。。

 

詳しくは、【大天使】”ミカエル”とは?天の軍を率いる戦士!?をどうぞ

ラファエル

旧約聖書外典の”トビト記”に登場する天使。

カトリックでは、ガブリエルとミカエルを含めて“三大天使”とされていますね。(後述)

 

“トビト記”では人間の姿で現れ、目が見えなかったトビトの目を癒します。

ラファエルはヘブライ語で「神は癒される」という意味であり、伝統的に“癒しを司(つかさど)る天使”だとされていますね。

 

ちなみに、新約聖書にラファエルの名前は登場しませんが、

以下の聖書箇所の天使はラファエルのことだと言われることがあります。

「それは、時々、主の御使がこの池に降りてきて水を動かすことがあるが、水が動いた時まっ先にはいる者は、どんな病気にかかっていても、いやされたからである。」

(ヨハネによる福音書5章4節)

キートン
キートン
今や、某人気ユーチューバーのほうが有名かもしれませんが。。!

ウリエル

外典の”エチオピア語エノク書”や”第四エズラ書”、”ペトロの黙示録”に登場する天使。

外典によると、

  • エノクという人物を天に引き上げる
  • ノアに洪水が起こることを知らせた
  • 預言者のエズラが見た幻視の説明をする

などの行為をしたんだとか。

 

また、”ペトロの黙示録”では、罪人たちに裁きを下す“懺悔(ざんげ)の天使”として描かれています。

宗派ごとの天使の扱い

天使と一言に言っても、キリスト教の宗派によってその扱いは様々です。

それぞれ見てみましょう。

【解説】キリスト教の主な宗派は?3つをわかりやすくまとめてみたジーザス、エブリワン!キートンです。 こういった疑問にお答えします。 数ある宗教の中でも、世界で最も信仰され...

カトリック

カトリックでは、天使は神が造られた最も優れたものと考えており、大天使である

◎カトリックの3大天使

  • ミカエル
  • ガブリエル
  • ラファエル

3大天使として特に崇敬しています。

 

そのせいか、この3人の天使以外には名前をつけるべきではないという考えもあるようです。

【解説】カトリック教会とは?12の特徴をわかりやすくご紹介しますジーザス、エブリワン!キートンです。 こういった疑問にお答えします。 今回は、キリスト教の3大宗派(カトリッ...

正教会

正教会の聖伝によると、大天使は1000人(!)いると言われていますが、中でも

ミカエルとガブリエルの2大天使を中心とした“7大天使”を崇敬しています。

 

そのリストは以下の通り。

◎正教会の7大天使

  • ミカエル
  • ガブリエル
  • ラファエル
  • ウリエル
  • セラフィエル
  • イェグディエル
  • バラキエル
カトリックより多い。。!

 

ちなみに、これはカトリックもそうですが、正教会でも大天使(ミカエル中心)のための祝祭日というものがあるそうですよ。

【徹底解説】"正教会"とは?その8の特徴をクリスチャンがご紹介!ジーザスエブリワン!キートンです。 こういった疑問にお答えします。 今回は、キリスト教三大宗派の1つ、"正教...

プロテスタント

プロテスタントは、崇拝するのは唯一神のみという考えなので、天使崇敬はありません。

また、聖書の外典にしか書かれていない、ラファエルやウリエルといった天使の存在にも否定的です。

 

ですから、プロテスタントが認めているのは、聖書の正典にはっきりと存在が明記されている、

  • ミカエル
  • ガブリエル

くらいではないでしょうか。

 

プロテスタントには、聖書を重視する“聖書のみ”という考え方がありますからね。

ちなみに、ガブリエルは大天使ではなく天使という扱いになっているにゃ~。
【解説】プロテスタント教会とは?その意味と7つの特徴を信徒がご紹介プロテスタント教会について知りたい方は必見!この記事では、プロテスタント教会の歴史や特徴などについてプロテスタント信徒の僕が具体的にご紹介しています。実は、プロテスタントはカトリックとは色んな違いがあるのです。この記事を読めば、プロテスタント教会についてざっくりと理解できるようになりますよ。...

天使の聖書の主な登場シーン

それでは、具体的な天使の登場シーンを聖書から見ていきましょう!

ガブリエルが、”洗礼者ヨハネ”の誕生を告げるシーン

「そこで御使が彼に言った、「恐れるな、ザカリヤよ、あなたの祈が聞きいれられたのだ。あなたの妻エリサベツは男の子を産むであろう。その子をヨハネと名づけなさい。

(中略)

御使が答えて言った、「わたしは神のみまえに立つガブリエルであって、この喜ばしい知らせをあなたに語り伝えるために、つかわされたものである。

(ルカによる福音書1章13節〜19節)

これは、ガブリエルが祭司のザカリアの前に現れるシーンです。

ガブリエルはザカリアに、洗礼者ヨハネが生まれることを告げますが、夫婦とも高齢だったのでザカリアはこれを疑います。

 

そのせいで、ザカリアはヨハネが生まれるまで口がきけなくなってしまいました。

しかし、エリサベトから無事に洗礼者ヨハネが生まれると、ザカリアは話せるようになりました。

 

詳しくは、“洗礼者ヨハネ”とは?イエスキリストに洗礼を授けた!?をどうぞ

ガブリエルが、”イエス・キリスト”の誕生を告げるシーン(”受胎告知”)

六か月目に、御使ガブリエルが、神からつかわされて、ナザレというガリラヤの町の一処女のもとにきた。

(中略)

すると御使が言った、「恐れるな、マリヤよ、あなたは神から恵みをいただいているのです。 31見よ、あなたはみごもって男の子を産むでしょう。その子をイエスと名づけなさい。

(ルカによる福音書1章26節〜31節)

こちらは、ガブリエルがマリアに”イエス・キリスト”の誕生を知らせるシーンです。

 

このシーンは“受胎告知”と呼ばれ、天使と言えばこれ!というくらい有名な場面ですね!

最初は戸惑ったマリアですが、神を信じてこのガブリエルの言葉を受け入れます。

ザカリアとの差が浮き彫りに。。!

 

ザカリアのシーンと同じく、ガブリエルはメッセンジャーの役割を果たしていますね。

詳しくは、【解説】”受胎告知”の意味とは?天使によるキリストの誕生予告!?をどうぞ

ミカエル軍VSサタン軍

「さて、天では戦いが起った。ミカエルとその御使たちとが、龍と戦ったのである。龍もその使たちも応戦したが、 8勝てなかった。そして、もはや天には彼らのおる所がなくなった。

(ヨハネの黙示録12章7、8節)

天使を率いたミカエルがサタン(悪魔)軍に戦いを挑み見事にやっつける場面です。

ここでいう”龍”というのが、サタンのことですね。

 

ヨハネの黙示録は将来の予言が書かれている書物。

つまり、これはこの世界でいずれ実際に起こる出来事なのです!

 

ミカエルの甲冑をまとった戦士のようなイメージは、こういうところから来ているのでしょう。

キートン
キートン
カッコイイですね!

人間にはみんな”守護天使”がついている!?

カトリックや正教会などの宗派には、“守護天使”という概念があります。

これは、人間を守るために神様が人間1人1人に天使をつけているという考え方のことです。

 

また、守護天使には人間が悪を行わないように導くという役割もあります。

まさに”天使と悪魔”の天使サイドというイメージですね!

カトリックが守護天使という概念の根拠としているのは、以下の聖書箇所です。

災はあなたに臨まず、悩みはあなたの天幕に近づくことはない。 11これは主があなたのために天使たちに命じて、あなたの歩むすべての道であなたを守らせられるからである。

(詩編91編10、11節)

守護天使が本当にいたら安心。。

 

ちなみに、プロテスタントには守護天使という概念はありません。

天使には性別がない!?

皆さんは普段、どういう時に“天使”という言葉を使うでしょうか?

可愛い子供に対しても使いますが、多くの場合、

アイドルの〇〇ちゃん、まじ天使!!

とか

君は僕のエンジェルだよ❤

みたいな感じで、女性に対して使うことが多いのではないでしょうか?(2つ目のセリフを実際に使っている人は見たことがないですが)

 

しかし、実は天使には性別はありません。

聖書には、こう書かれています。

「復活の時には、彼らはめとったり、とついだりすることはない。彼らは天にいる御使のようなものである。」

(‭‭マタイによる福音書‬ ‭22:30)‬ ‭

では、なぜ天使に性別がないのかというと、人間のように繁殖する必要がないからです。

天使は死んで数が減ることもないですからね。

 

ちなみに、可愛い赤ちゃん姿の天使が絵画で描かれたりしますが、これはギリシャ神話のキューピットの影響を受けたせいなんだとか

実際は、そんな描写は聖書にはありません。

間違ったイメージが広がってるにゃ〜。

サタンは元々天使”ルシファー”だった!?

これはあくまでも伝承ですが、悪のボスであるサタンは元々は天使のルシファーだったという伝説があります。

しかも、かつては、天使の中でもとりわけ美しく、全天使をまとめる大天使長だったんだとか。

 

それなのに、突如神に反逆し戦いを挑んでしまったんですね。

それは神のようになろうとした傲慢さが原因でした。

 

聖書にも、その様子が書かれています。

「12黎明の子、明けの明星よ、あなたは天から落ちてしまった。もろもろの国を倒した者よ、あなたは切られて地に倒れてしまった。 13あなたはさきに心のうちに言った、『わたしは天にのぼり、わたしの王座を高く神の星の上におき、北の果なる集会の山に座し、 14雲のいただきにのぼり、いと高き者のようになろう』。 15しかしあなたは陰府に落され、穴の奥底に入れられる。」

(イザヤ書14章12~15節)

しかし、結局天使たちに負けてしまい、堕天使となってしまいました。

 

そして、サタンは悪のボスに、その他の堕天使たちは悪霊となってサタンに仕えることになったのです。

ちなみに、ルシファーはミカエルと双子だったのではないかという説もあります。

本当ならすごい話だ。。!

サタンについては、【悪魔】”サタン”って何者?キリスト教における悪の大ボス!?をどうぞ。

天使は人間が拝むべき存在!?【崇拝すべきは神様だけです】

天使というと、すごく神聖で人間よりもずっと偉大な存在に感じます。

天使が目の前にいたら、思わず拝んでしまいたくなりますよね。

 

しかし、天使は本来崇拝すべき対象ではありません。

なぜなら、天使自身が聖書の中でこう語っているからです。

「8これらのことを見聞きした者は、このヨハネである。わたしが見聞きした時、それらのことを示してくれた御使の足もとにひれ伏して拝そうとすると、 9彼は言った、「そのようなことをしてはいけない。わたしは、あなたや、あなたの兄弟である預言者たちや、この書の言葉を守る者たちと、同じ僕仲間である。ただ神だけを拝しなさい」。」

(ヨハネの黙示録22章8、9節)

ここでは自分を拝もうとするヨハネに対して、天使はストップをかけています。

 

そして、自分もあなたたち人間と同じく、神のしもべなんだと述べているのです。

そう、つまりは、崇拝すべきなのは神様ただ一人なんだということですね。

 

天使を拝んでしまったら、それは偶像崇拝になってしまうのです。

まとめ:天使は聖書の重要なシーンで登場する!

いかがでしたか?

天使と一言に言っても、宗派によっても様々な種類がいるんですね!

 

いやー、中々ややこしい。。

その意味で、プロテスタントは聖書の正典に書かれていることしか信じないので、シンプルで分かりやすいですね!

 

ああ、

プロテスタントで良かった。(このタイミングで)

 

キートンでした。

【完全版】主なキリスト教用語をクリスチャンがまとめてみた主なキリスト教用語を知りたい方は必見!この記事では、クリスチャンの僕が、主要なキリスト教用語を分かりやすくまとめています。実は、キリスト教の専門用語って結構たくさんあるんです。この記事を読めば、主なキリスト教用語は網羅できるはずですよ。...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です