聖書人物シリーズ

【聖書人物】使徒”パウロ”ってどんな人?悪人から聖人になった!?

ジーザス、エブリワン!キートンです。

聖書に出てくる”パウロ”ってどんな人?

何をした人なのか、生涯などについても知りたいなあ。。

こういった疑問にお答えします。

 

今でこそ世界で最も信徒の多く、多大な影響力を持つキリスト教。

しかし、元から現在ほどの地位を獲得していたわけではありません。

 

そして、聖書の中にはキリスト教を世界的な宗教に押し上げるのに多大な貢献をした人物がいます。

その人物こそ、今回ご紹介する“使徒ウロ”です!

 

パウロは偉大な伝道者であるばかりか、新約聖書の多くの手紙を書くなどキリスト教に大きな影響を与えたすんごい人物。

しかし、実はパウロ、元はクリスチャンを迫害していたかなりのワルでした。

では、そんな彼が一体なぜ神様を信じるようになったのでしょうか?

そこでこの記事では、クリスチャンの僕が、

  • パウロはどのような人物か
  • パウロの生涯
  • パウロのキリスト教における功績

などにについて見ていきたいと思います!

“パウロ”とは?

パウロは、新約聖書の”使徒言行録”に登場するキリスト教史上最も偉大な使徒の1人で、

キリスト教の布教に大きく貢献した伝道者です。

 

“異邦人の使徒”とも呼ばれます。

その貢献度は、パウロがいなかったらキリスト教はここまでの世界宗教にはなっていなかったかもしれないと言われるほど。

超重要人物ね〜!

 

しかし、元はバリバリのユダヤ教徒で、律法に従わないキリスト教徒を敵視し迫害していました。

そんな時にイエスの声を聞いたことがキッカケで、熱心な伝道者へと変えられたのです。

 

ただし、イエスが亡くなってから信者になったためいわゆる12弟子には含まれていません。

12弟子については、【完全版】イエスの12使徒(弟子)って誰がいるの?超個性派集団!?をどうぞ

パウロの生涯

では、そのドラマチックな生涯を見ていきましょう!

ユダヤ教徒時代

「3ところが、サウロは家々に押し入って、男や女を引きずり出し、次々に獄に渡して、教会を荒し回った。」

(使徒行伝8章3節)

パウロは裕福な家庭で生まれ、ユダヤ人でありながらローマの市民権を持っていました。

大変恵まれた環境で育ったわけですね。

 

また、パウロは熱心なユダヤ教徒で、律法を軽んじるキリスト教徒を嫌い、捕らえては牢屋にぶち込んでいました。

ですから、キリスト教徒からは恐れられる存在だったのです。

 

職業は、テント職人だったと言われています。

パウロの回心

「3ところが、道を急いでダマスコの近くにきたとき、突然、天から光がさして、彼をめぐり照した。 4彼は地に倒れたが、その時「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか」と呼びかける声を聞いた。 5そこで彼は「主よ、あなたは、どなたですか」と尋ねた。すると答があった、「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。 6さあ立って、町にはいって行きなさい。そうすれば、そこであなたのなすべき事が告げられるであろう」。」

(使徒行伝9章3~6節)

パウロはある日、イエスの弟子たちを捕らえるためダマスコへと向かっていました。

 

しかし、目的地に近づいた頃に突然天からの光がパウロの周りを照らしました。

そして、倒れたパウロの耳に声が聞こえてきたのです。

イエス
イエス
パウロ、パウロ、なぜ私を迫害するのか。

パウロは答えました。

パウロ
パウロ
あ、あなたは誰ですか?

その声は答えました。

イエス
イエス
私は、あなたが迫害しているイエスだ。

立ち上がって町に入りなさい。そうすれば、あなたのするべきことが知らされるだろう。

これを聞いてパウロは立ち上がって目を開きましたが、なんとパウロの目は見えなくなっていました。

 

パウロは周りに助けてもらいながらダマスコに入りますが、その後3日間目が見えず、何も飲食せずに過ごしました。

イエスついては、【完全版】イエス・キリストとはどんな人物?その生涯をまとめてみた【5分で分かる】をどうぞ

アナニア登場

「10さて、ダマスコにアナニヤというひとりの弟子がいた。この人に主が幻の中に現れて、「アナニヤよ」とお呼びになった。彼は「主よ、わたしでございます」と答えた。 11そこで主が彼に言われた、「立って、『真すぐ』という名の路地に行き、ユダの家でサウロというタルソ人を尋ねなさい。彼はいま祈っている。」

(使徒行伝9章10、11節)

さて、ダマスコにはアナニアというクリスチャンが住んでおり、イエスは彼に語られました。

イエス
イエス
アナニヤよ、立って”直線通り”という通りへ行き、パウロという男と会いなさい。

これを聞いて、アナニヤは驚きます。

アナニア
アナニア
え、パウロって、あのパウロですか!?

あの男は、エルサレムのクリスチャンたちをひどい目にあわせている奴ですよ!?

このダマスコにいるクリスチャンも、1人残らず捕まえるつもりなんです!

しかし、イエスは言われました。

イエス
イエス
いいから行くのだ。

パウロこそ、私の名前を世界中に伝えてくれる人なのだから。

アナニヤはあまり乗り気ではありませんでしたが、渋々出て行ってパウロを見つけました。

 

そして、パウロに手を置いて言いました。

アナニア
アナニア
パウロさん、あなたはここに来る途中にイエスとお会いしましたね?

そのイエスが、あなたの目が見えるようになって聖霊で満たされるために私を遣(つか)わしたのです。

その瞬間、パウロの目からは鱗(うろこ)のようなものが落ちて、目が見えるようになりました。

 

その後、パウロは身を起こして洗礼を受け、以前のように食事をとるようになりました。

パウロ、クリスチャンになる

「22しかし、サウロはますます力が加わり、このイエスがキリストであることを論証して、ダマスコに住むユダヤ人たちを言い伏せた。」

(使徒行伝9章22節)

パウロはそれからというもの、ダマスコのクリスチャンたちと過ごすようになり、

あちこちの会堂でイエスが神の子であるということを語り始めました。

 

これを聞いて驚いたのは、周りの人々です。

周りの人々
周りの人々
おい、あれって、エルサレムでクリスチャンを迫害していたパウロだよな?どうなってるんだ??

ここへ来たのも、クリスチャンたちを捕まえるためだと聞いていたんだがなあ。。

しかし、パウロはますます熱心にイエスのことを語り続けました。

 

パウロはすっかり生まれ変わったのです。

パウロ、イエスの弟子たちと出会う

「28それ以来、彼は使徒たちの仲間に加わり、エルサレムに出入りし、主の名によって大胆に語り、 29ギリシヤ語を使うユダヤ人たちとしばしば語り合い、また論じ合った。」

(使徒行伝9章28、29節)

しばらく経ったのち、ユダヤ人指導者たちはパウロの寝返りを聞き、パウロを殺すことに決めました。

この情報はパウロの耳にも入り、パウロは町を出るとエルサレムへと向かいました。

 

そこでパウロは、エルサレムにいるイエスの弟子たちの仲間になろうとしました。

しかし、今までのこともあり、周りの人間は誰もパウロのことを信用せず、会わせてくれません。

そりゃそうだ。。

 

そんなときに現れたのは、バルナバという人物。

彼が弟子たちにこれまでの事情を説明してくれたおかげで、弟子たちはパウロのことを受け入れることにしました。

 

こうして、パウロは弟子たちと行動を共にし、イエスのことをたくさんの人々に伝えるようになっていったのです。

パウロは、新約聖書の手紙を書きまくった!?

新約聖書には“パウロ書簡”と呼ばれる書物があり、ここには13通もの手紙が残されています。

それは以下の通りです。

  1. ローマの信徒への手紙
  2. コリントの信徒への手紙一
  3. コリントの信徒への手紙二
  4. ガラテヤの信徒への手紙
  5. エフェソの信徒への手紙
  6. フィリピの信徒への手紙
  7. コロサイの信徒への手紙
  8. テサロニケの信徒への手紙一
  9. テサロニケの信徒への手紙二
  10. テモテへの手紙一
  11. テモテへの手紙二
  12. テトスへの手紙
  13. フィレモンへの手紙
すごい数。。!

これらの手紙は、様々な教会や個人に向けて書かれたものでした。

 

では、なぜこの名前が付いたかというと、これらの手紙は使徒パウロが書いたと言われているから。

まあ、近年では、本当にパウロが書いたのか疑われている手紙もいくつかあるようですが。。

 

ここからも、パウロのキリスト教への貢献度の高さが分かりますよね!

そして、これらの手紙に書かれている内容が、後のキリスト教神学にも大きな影響を与えていきます。

 

聖書の作者については、聖書の作者って誰なの?【書物ごとの書き手のまとめ付き】をどうぞ

聖書に書かれているパウロの名言

それでは、パウロが書いた手紙の中から特に有名な言葉や名言をご紹介していきましょう!

あまりにも名言が多いので、厳選してお届けします。

 

聖書の名言については、【完全版】聖書の名言をクリスチャンが13個まとめてみた【ジャンル別】をどうぞ

律法は実行する者が正しい

 

「なぜなら、律法を聞く者が、神の前に義なるものではなく、律法を行う者が、義とされるからである。」

(ローマの信徒への手紙2章13節)

これは、元ファリサイ派のパウロが言うからこそめちゃくちゃ説得力のある言葉です。

なぜなら、ファリサイ派の人たちはまさに律法を聞くだけで実行しない人たちだったからです。

 

彼らは表面的にしか律法を守っていませんでした。

しかし、ここでパウロは律法は聞くだけなく実行してこそ神様に良しと認められるのだ、と語っています。

キートン
キートン
パウロが、クリスチャンに完全に生まれ変わっていることが分かる箇所ですね!

神様によって全てが益になる

 

「神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。」

(ローマの信徒への手紙8章28節)

神様は全てを益、つまりプラスに変えてくださるお方です。

どんな苦しみも悲しみも辛かったことも全て例外ではありません。

 

何か壁にぶつかった時に励ましを与えてくれる名言ですね!

誰もキリストの愛から引き離せない

 

「だれが、キリストの愛からわたしたちを離れさせるのか。患難か、苦悩か、迫害か、飢えか、裸か、危難か、剣か。」

(ローマの信徒への手紙8章35節)

これは、めちゃくちゃかっこよく力強い言葉です。

イエスキリストの私たちへの大きく力強い愛が語られています。

 

この世の何ものも、イエスキリストの愛から私たちを引き離すことはできないのです!

愛は人を造り上げる

 

「偶像への供え物について答えると、「わたしたちはみな知識を持っている」ことは、わかっている。しかし、知識は人を誇らせ、愛は人の徳を高める。」

(コリントの信徒への手紙一 8章1節)

パウロは元ファリサイ派だけあって、知識も豊富で教養のある人でした。

しかし、知識も持ちすぎると人は傲慢(ごうまん)になってしまう。

 

その一方で、愛は人を造り上げることができます。

例えば、人を励ましたり慰めたり癒したり平安や喜びを与えたり。

パウロ自身の過去の反省が、この御言葉には込められているのかも。。

愛は忍耐強い

 

「愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、」

(コリントの信徒への手紙一 13章4節)

こちらは愛の素晴らしさが語られている箇所。

私たちは愛さえあれば、寛容で、情け深く、謙虚な人間になれるのです。

キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者

 

「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。 」

(コリントの信徒への手紙二 5章17節)

これは、洗礼式で読まれることもある有名な箇所ですね。

 

洗礼というのは、キリスト教徒になるための正式な儀式のこと。

洗礼を受けた者は過去の古い自分を脱ぎ捨て、キリストと共に歩む者へと新しく生まれ変わることができるのです。

 

洗礼式については、【解説】”洗礼式”の意味とは?クリスチャンが分かりやすくご紹介をどうぞ

9つの御霊(みたま)の実

 

「しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、 23柔和、自制であって、これらを否定する律法はない。

(ガラテヤの信徒への手紙5章22節、23節)

ここでは、“御霊(みたま)の実”と呼ばれている9つの性質が書かれています。

クリスチャンは、その信仰生活の中で少しずつこれらの性質を身に着けていくようにと教えられているのです。

キートン
キートン
どれも身に付けるのは簡単じゃないですが。。!

神様がいるからすべてが可能

 

「わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる。 」

(フィリピの信徒への手紙4章13節)

希望が内側から湧き上がってくるような超ポジティブな名言です。

私たち人間は弱い存在で、できることなどたかが知れています。

 

しかし、神様によって強められたとき、私たちに不可能なことなどないのです!

励まされる言葉だにゃ~。

いつも喜んでいなさい

 

「いつも喜んでいなさい。 17絶えず祈りなさい。 18すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。

(テサロニケの信徒への手紙5章16節〜18節)

これまた超有名な御言葉。

  • 喜ぶこと
  • 祈ること
  • 感謝すること

というクリスチャンの大切な行いが書かれています。

 

当たり前なようで実践するのは結構難しいんですよね。。

パウロの伝道旅行は、超ハードだった!?

パウロはその生涯で3度宣教旅行をしています。

しかし、特筆すべきは回数ではなくその距離です。

 

パウロの宣教旅行の合計距離はなんと2万キロ(!)で、これは地球のおよそ半周分の距離にあたります。

うん、控えめに言っても頭おかしいですよね。

 

また、パウロはこう語っています。

「彼らはキリストの僕なのか。わたしは気が狂ったようになって言う、わたしは彼ら以上にそうである。苦労したことはもっと多く、投獄されたことももっと多く、むち打たれたことは、はるかにおびただしく、死に面したこともしばしばあった。 24ユダヤ人から四十に一つ足りないむちを受けたことが五度、 25ローマ人にむちで打たれたことが三度、石で打たれたことが一度、難船したことが三度、そして、一昼夜、海の上を漂ったこともある。 26幾たびも旅をし、川の難、盗賊の難、同国民の難、異邦人の難、都会の難、荒野の難、海上の難、にせ兄弟の難に会い、 27労し苦しみ、たびたび眠られぬ夜を過ごし、飢えかわき、しばしば食物がなく、寒さに凍え、裸でいたこともあった。

(‭‭コリント人への手紙Ⅱ‬ ‭11:23-27)‬ ‭

パウロの宣教旅行は距離だけでなく、内容も超ハード。

  • 投獄される
  • ムチに打たれる
  • 石で打たれる

など、命を落としてもおかしくないような目に何度もあっています。

これはきつすぎる。。!

 

しかし、これだけの苦難に遭いながらも、パウロは決してくじけず神様のことを伝え続けました。

この不屈の精神があったからこそ、パウロはこれだけの偉業を成し遂げることができたのでしょう。

 

ちなみに、3度の宣教旅行を終えた後、パウロはローマにて殉死(じゅんし)したと言われています。

パウロは恵まれた環境で育った!?

キリスト教において多大な功績を残したパウロですが、彼はかなり恵まれた環境で育ちました。

その結果、

  • ユダヤ教の学者のもとで培った高い教養や強い信仰を持つ
  • ヘブル語とギリシャ語をどちらも話せるバイリンガル
  • ユダヤ人でありながらローマの市民権を保持

という普通の人が持っていない能力や権利を持っていたのです。

 

そして、だからこそ、パウロはこれだけの実績を残すことができたとも言えます。

「37パウロが兵営の中に連れて行かれようとした時、千卒長に、「ひと言あなたにお話してもよろしいですか」と尋ねると、千卒長が言った、「おまえはギリシヤ語が話せるのか。」

(使徒行伝21章37節)

例えば、高い教養は新約聖書の手紙で活かされていますし、

当時世界の国際語であったギリシャ語を話せることが、世界宣教の役に立ったのは間違いありません。

キートン
キートン
当時のギリシャ語は、今でいう英語のようなものですね!

 

また、ローマ市民権を持っていたことで、ローマに行った際にパウロはローマの保護を受けることができました。

「27そこで、千卒長がパウロのところにきて言った、「わたしに言ってくれ。あなたはローマの市民なのか」。パウロは「そうです」と言った。 28これに対して千卒長が言った、「わたしはこの市民権を、多額の金で買い取ったのだ」。するとパウロは言った、「わたしは生れながらの市民です」。」

(使徒行伝22章27、28節)

このように、パウロが持っていた強みを神様は全て用いられたということが分かります。

 

いやー、こんな人物が元々は敵だったと考えると、恐ろしいですね。。

パウロは元々、”サウロ”という名前だった!?

上記のお話では最初からパウロと書きましたが、実は元々パウロは“サウロ”という名前でした。

しかし、クリスチャンへと生まれ変わってからは、パウロという名で呼ばれるようになったのです。

「サウロ、またの名はパウロ、は聖霊に満たされ、彼をにらみつけて 10言った、」

(使徒行伝13章9、10節)

迫害者から使徒へと生まれ変わった感があっていいですよね!

 

ちなみに、聖書で名前が変わった例は他にもあり、

などが同じく名前を変えられています。

パウロのお話が、”目から鱗”の由来!?

皆さんは普段、何か新たな発見をした時などに、

へー、目から鱗が落ちるなあ!!

なんていう表現を使ったことがありませんか?

 

テレビ番組なんかでも、”目から鱗の驚きレシピ””目から鱗の新常識!”みたいな使われ方をすることがあります。

でも実はこの”目から鱗が落ちる”という表現、パウロのエピソードが由来だって知ってましたか??

 

そう、パウロの目から鱗のようなものが落ちて目が見えるようになるシーンです!

「するとたちどころに、サウロの目から、うろこのようなものが落ちて、元どおり見えるようになった。」

(使徒行伝9章18節)

いやー、意外なところに身近な言葉の由来が隠れているものですね。

 

この事実こそまさに目から鱗!!(やかましい)

その他の聖書由来の言葉については、【雑学】聖書に由来する言葉は何がある?クリスチャンが11個まとめてみたをどうぞ

パウロを描いた映画【パウロ 愛と赦しの物語】

実は、パウロの生涯を描いた映画が近年制作されています。

その作品の名前は『パウロ 愛と赦しの物語』。

 

これは、2018年にアメリカで上映された作品で、これを観ればパウロがどのような人物なのかがおおよそ分かります。

パウロが迫害者だった過去に苦しむシーンなども描かれており、胸に迫りますよ。

キートン
キートン
“悔い改め”とはどういうことなのか考えされられます。。!

 

興味のある方は、ご覧あれ!

その他のキリスト教系映画については、【おすすめ】聖書が学べるキリスト教映画7選まとめ【動画あり】をどうぞ

まとめ:パウロはキリスト教界の超重要人物!

いかがでしたか?

 

パウロの偉大さが伝わりましたでしょうか?

パウロがいなければ、キリスト教の歴史は大きく変わっていたでしょう。

 

それに、クリスチャン迫害者から神様と出会って熱心なクリスチャンになるというドラマチックな体験をしているのがいいですよね。

生まれたときからクリスチャンだった僕からしたら、少しうらやましい部分もあります。

 

よし、今からクリスチャン迫害しようかな。(逆パターン)

キートンでした。

【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...
【キリスト教用語】"伝道"の意味とは?キリスト教徒最大の使命!?ジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は、こんな疑問にお答えします。 皆さんは、"伝道"という言葉を知っ...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です