聖書人物シリーズ

【聖書人物】ダビデ王とは?巨人を倒したイスラエルの英雄!?

ジーザス、エブリワン!キートンです。

聖書に登場する”ダビデ王”ってどんな人?

その人柄や生涯について知りたいなあ。。

こういった疑問にお答えします。

 

皆さんは、聖書で最も人気のある人物は誰だと思いますか??

ノア?アブラハム?モーセ?マリア?

 

今回ご紹介する人物は、多くの人が聖書で好きな人物に挙げるであろうスーパースター“ダビデ王”です!

そう、セックシーでビューティーなダビデ像でもおなじみのあのダビデです。

 

彼は能力の高さはもちろん、その人柄から多くの人々から愛され続けているアイドル的存在。

そこでこの記事では、

  • ダビデはどのような人物だったのか
  • ダビデの生涯
  • その他のダビデの雑学

などについて見ていきたいと思います!

キートン
キートン
波乱万丈の人生です。。!

“ダビデ”とは?

ダビデは、旧約聖書の”サムエル記”と”列王記”に登場する人物で、古代イスラエル王国で最も偉大な王と言われていました。

40年ほど王を務めていたと言われています。

 

ダビデは元々、当時最も地位が低いと言われていた羊飼いであり、なおかつ兄弟で1番どうでもいい存在とされていた末っ子。

そこから王にまで上り詰めたサクセスストーリーもあり、現在でも非常に人気の高い人物です。

まさに物語の主人公タイプだにゃ〜。

 

ゴリアテという巨人と戦い、勝利したエピソードも有名ですね。

ダビデの生涯

それでは、イスラエルの英雄の生涯を見ていきましょう!

ダビデ、サウル王に気に入られる

「21ダビデはサウルのもとにきて、彼に仕えた。サウルはひじょうにこれを愛して、その武器を執る者とした。」

(サムエル記上16章21節)

当時、イスラエルは初代の王であるサウルによって収められていました。

 

しかし、初めこそ神様に愛され立派に活躍をしていたサウルでしたが、

次第に傲慢(ごうまん)になり、神様からも愛想を尽かされてしまいました。

 

神様は言われました。

神様
神様
私はこの男を王にしたことを悔やむ

そこで、神様が新たに目を止めた人物がダビデでした。

ダビデは美しい容姿を持った羊飼いの少年で、熊やライオンを倒して羊を助けるほどの勇敢さも持っていました。

 

そんなあるとき、サウルは神様から離れたことで悪霊に悩まされるようになりました。

その話を聞いて王の元に呼び出されたのは、竪琴(たてごと)の上手なダビデでした。

 

ダビデが試しに竪琴を弾くと、あーら不思議!

悪霊が離れ、サウルの心が穏やかになりました。

 

それからというもの、サウルはダビデを気に入り、悪霊が来るたびにダビデを呼び出すようになったのです。

サウル王については、“サウル王”ってどんな人?イスラエルの初代王様!?【3分で分かる】をどうぞ

ダビデVSゴリアテ

「49ダビデは手を袋に入れて、その中から一つの石を取り、石投げで投げて、ペリシテびとの額を撃ったので、石はその額に突き入り、うつむきに地に倒れた。」

(サムエル記上17章49節)

この頃、イスラエルは宿敵ペリシテ人たちと争いを繰り返していました。

中でも、ペリシテ最強の戦士であるゴリアテは身長が3mほどもある巨人で、イスラエルの兵はすっかり恐れをなしていたのです。

デカすぎる。。!

 

ゴリアテは、そんなイスラエルの兵に対し、挑発を繰り返していました。

ゴリアテ
ゴリアテ
やーい、この腰抜けヘッポコ兵ども!

悔しかったこの俺様を倒してみな!!ま、貴様らみたいな虫けらじゃあこの肌にキズ一つ付けられねえがな!

ガハハハハ!!

そして、さらに言いました。

ゴリアテ
ゴリアテ
集団じゃなく、タイマンで勝負しようや!

1人を選んで俺様と戦え!そして、負けたほうの軍は相手の奴隷(どれい)となるのだ!

この言葉にイスラエルの兵たちはますます震え上がります。

まさに、絶体絶命のピンチです。

 

さて、その頃、ダビデが兄たちに食料を届けるために戦場にやって来ました。

そして、ダビデはゴリアテのこの挑発を耳にするとぶち切れます。(急に)

ダビデ
ダビデ
神の軍に挑もうとするとは、何様じゃいワレ!!

お前みたいなデカイだけで脳みそ空っぽのデカブツは俺が倒してやらあ!!

(※セリフはイメージです。)

また、ダビデはサウル王に言いました。

ダビデ
ダビデ
僕があいつを倒してみせます!羊飼いやってるときに熊もライオンも倒してるんで大丈夫です。

今回も神様が守ってくださるでしょう!

そして、ダビデは鎧(よろい)やら武器を与えられますがそれを拒否し、

何と羊飼いの杖と石投げだけを持ってゴリアテの前に向かったのです。(んな無茶な)

 

ダビデの姿を見たゴリアテは、ダビデを散々バカにしました。(無理もない)

ゴリアテ
ゴリアテ
おいおい、何の冗談だ??

お前みたいなヘナチョコ、空の鳥や地上の動物たちのエサにしてやろう!

ダビデは言いました。

ダビデ
ダビデ
今日、お前は神によって私の手に渡されるだろう。

空の鳥や地上の動物たちのエサになるのは、お前たちペリシテ人のほうだ!覚悟しろ!!

戦いが始まると、ダビデは石を取り出し石投げ紐に付け、それを思い切りゴリアテのほうに飛ばしました。

するとどうでしょう。

 

その石はゴリアテの額に命中したかと思うと、その場でうつぶせに倒れてしまいました。

まさに瞬殺だにゃ〜。

ダビデがゴリアテの首をとると、ペリシテ人たちはあっという間に総崩れとなりイスラエル軍は勝利を収めました。

ダビデの武勇伝の始まりです!

 

ダビデとゴリアテについては、【聖書物語】”ダビデとゴリアテ”のお話を分かりやすくまとめてみたをどうぞ

サウルの妬(ねた)みとダビデの逃亡

「28しかしサウルは見て、主がダビデと共におられること、またイスラエルのすべての人がダビデを愛するのを知った時、 29サウルは、ますますダビデを恐れた。こうしてサウルは絶えずダビデに敵した。」

(サムエル記上18章28、29節)

このゴリアテの戦いの後、ダビデは戦士の長を任され、どの戦いでも勝利を収めて人々から人気を集めました。

神様がダビデと共におられたからです。

 

しかし、これをよく思わない男がいました。

そう、サウル王です。

 

サウルにとっては、自分より人気のあるダビデが妬ましくてたまりません。

やがて、サウルは自分の王位さえ奪われるのではないかと恐れ始めました。

 

なぜなら、町の人々のこんな歌が聞こえてきたからです。

町の人々
町の人々
サウルは千を討(う)ち、ダビデは万を討った。

サウルの憎しみは少しずつ大きくなり、ついにダビデを殺そうとするようになりました。

このことを知ったサウル王の息子ヨナタンは、ダビデを逃し、ここからダビデの逃亡生活が始まっていきます。

ダビデ、サウルを生かす①

「7ダビデはこれらの言葉をもって従者たちを差し止め、サウルを撃つことを許さなかった。サウルは立って、ほら穴を去り、道を進んだ。」

(サムエル記上24章7節)

さて、これはサウルが兵とともにダビデを殺そうと追っている途中のこと。

サウルは、用を足すためにとある洞窟に立ち寄りました。

 

しかし、実はその洞窟の奥にはダビデ達が座っていました。

もちろん、これはダビデが意図的に待ち伏せしていたわけではありません。

 

神の導きか、ダビデにとってはサウルを討ち取るまたとないチャンス。

ところが、ダビデは、

ダビデ
ダビデ
神様が選ばれた王様を、私の意志で勝手に殺しちゃダメだ!

サウルを決して殺そうとはしませんでした。

 

そして、サウルの上着の端を切り取ると、それをサウルに見せて言いました。

ダビデ
ダビデ
私はあなたを殺そうと思えば、殺せました。

しかし、私はそれをしませんでした。

それにも関わらず、あなたは私の命を狙うのですか?

これを聞いたサウルは泣きながら自分の非を認め、帰っていきました。

ダビデ、サウルを生かす②

「9しかしダビデはアビシャイに言った、「彼を殺してはならない。主が油を注がれた者に向かって、手をのべ、罪を得ない者があろうか」。」

(サムエル記上26章9節)

ところが、しばらく時間が経つとサウルは再び兵を率いてダビデを殺しにやってきました。(懲りない)

ダビデは、サウルが陣を敷いている場所が分かったので、サウル達が寝ている間に陣の中に忍び込みました。

 

見ると、寝ているサウルのそばには槍(やり)が置いてあります。

またしても、サウルを討ち取る絶好のチャンスです。

 

しかし、やはりダビデはサウルを殺さず、槍と水差しを持って出てきました。

そして、サウルたちを起こしてその事実を告げると、サウルは反省し、もう2度とダビデを襲わないことを誓うのでした。

ダビデの器の大きさが分かるエピソードね〜!

イスラエルの王になる

「3このようにイスラエルの長老たちが皆、ヘブロンにいる王のもとにきたので、ダビデ王はヘブロンで主の前に彼らと契約を結んだ。そして彼らはダビデに油を注いでイスラエルの王とした。 4ダビデは王となったとき三十歳で、四十年の間、世を治めた。」

(サムエル記下5章3、4節)

サウルが戦死した後、ダビデは7年半の間、ユダ族の王となりました。

しかし、その後にサウルの息子イシュ・ボシェト率いるサウル家との戦いが始まりました。

 

その後、イシュボシェトが死に、サウル家に勝利したダビデはついに

全イスラエルの王となり、エルサレムを新しい都としました。

 

こうして、ダビデは、全イスラエルの王として33年間、ユダ族の王としての期間も含めると計40年間王位につくことになります。

そして、ダビデは周辺諸国を次々と征服していくのです。

エルサレムを首都にしたのは、ダビデだったのかにゃ〜。

ダビデ、人生最大の罪を犯す

「4そこでダビデは使者をつかわして、その女を連れてきた。女は彼の所にきて、彼はその女と寝た。(女は身の汚れを清めていたのである。)こうして女はその家に帰った。 5女は妊娠したので、人をつかわしてダビデに告げて言った、「わたしは子をはらみました」。」

(サムエル記下11章4、5節)

ここまで見るとまさに典型的ヒーローのダビデですが、彼もやはり人間。

ここにきてとんでもない罪を犯してしまいます。

 

多くの優秀な部下たちと軍を得たダビデは、次第に戦場に出なくなり王宮で過ごすことが多くなっていきました。

しかし、ダビデにとってこれがよくありませんでした。

 

ダビデはある日、水浴びをしている女性バト・シェバに一目惚れしてしまったのです。

それだけなら別に問題はなかったでしょう。

 

しかし、バト・シェバはダビデの忠実な部下ウリヤの妻でした。

そして、ウリヤが戦場に行っているのをいいことに、ダビデはバト・シェバと関係を結んでしまったのです。

やっちまったな。。

 

しかも、ダビデの罪はこれだけにとどまりません。

ダビデは、その後、妊娠したバト・シェバとの関係がバレないように何とかごまかそうとします。

 

しかし、それが上手くいかないことが分かったダビデは、何とウリヤを危険な戦場に送り出して殺してしまったのです。

実質、殺人ですね。

 

不倫と殺人をどちらもしてしまったのですから、その罪の重さはかなりのもの。

その後、自分がした罪の重さに気づいて悔やむダビデでしたが、時すでに遅し。

 

神様から、バト・シェバとの間にできた最初の子供の命を奪われるという罰を受けます。

ちなみに、その後にバト・シェバが産む子供が次の王様ソロモンです。

息子アブサロムの反乱

「33王はひじょうに悲しみ、門の上のへやに上って泣いた。彼は行きながらこのように言った、「わが子アブサロムよ。わが子、わが子アブサロムよ。ああ、わたしが代って死ねばよかったのに。アブサロム、わが子よ、わが子よ」。」

(サムエル記下18章33節)

この大スキャンダルを機に、ダビデの悲劇は続いていきます。

ダビデ最愛の息子アブサロムが突然王を名乗り、ダビデを蹴落とすためにエルサレムを攻撃し始めたのです。

 

息子に裏切られた悲しみに涙しながら、ダビデはエルサレムを離れます。

やがて、ダビデは何とかこの反乱を収めますが、自分の部下たちによって息子アブサロムは殺されてしまいます。

 

ダビデはこれを大いに嘆き悲しみました。

後に、ソロモンが生まれ、ダビデはソロモンに言葉を遺(のこ)してこの世を去ります。

晩年はあんまり良いことが無かったにゃ〜。

ダビデは聖書を代表する人気者!?

恐らくですが、ダビデは聖書に登場する人物たちの中でもずば抜けた人気を誇る人物だと思います。

“聖書の人物人気ランキング”なるものがあれば、上位に入るのは間違いないですね。

 

聖書にも、このように書かれています。

「16イスラエルとユダのすべての人はダビデを愛した。」

(サムエル記上18章16節)

では、ダビデは一体なぜ、時代を超えてこれほど愛されるのでしょうか?

 

その理由を挙げてみると、以下の通りです。

◎ダビデの人気者要素

  • 身分の低い羊飼いからイスラエル王になるというサクセスストーリーを持つ
  • 美少年
  • 竪琴や詩の才能がある
  • 巨人ゴリアテと名勝負を繰り広げる
  • 巨人ゴリアテに1人で立ち向かう勇敢さがある
  • 自分を殺そうとしたサウル王をゆるす寛大さがある
  • 自分の犯した罪をすぐに悔い改める素直さや謙虚さがある
  • 生涯を通して神様を愛し続けた
多才すぎる。。!

何というか、物語の主人公感がすごいですよね!

功績だけでなく、人間的魅力も兼ね備えています。

 

もちろん、大きな罪も犯していますが、人気があるのも納得ではないでしょうか。

ってか、神様ダビデに賜物与えすぎでは。。?(嫉妬)

 

ダビデから人気者の秘訣を学びたい方は、“ダビデ”に学ぶ人気者の特徴7選!これであなたも愛され上手【今すぐできる】をどうぞ

ダビデは罪を犯しても、なぜ神様に愛され続けた!?

ダビデは、様々な苦難にぶち当たりながらも、その生涯を通して神様に愛され続けました。

しかし、上記で見たように、ダビデは生涯で何度かとてつもなく大きな罪も犯しています。

 

それにも関わらず、なぜダビデは神様に愛され続けることができたのでしょうか?

それは、ダビデがすぐに自分の罪を悔い改める素直さを持っていたからです。

 

ダビデは、バト・シェバとの件で、ナタンという人物にその罪を責められたときに、すぐにこう返しました。

ダビデ
ダビデ
わたしは主に罪をおかしました(サムエル記下12章13節)

また、神様のことを信頼せず、民の人口調査を行ってしまった時もすぐに反省し、

ダビデ
ダビデ
わたしはこれをおこなって大きな罪を犯しました。しかし主よ、今どうぞしもべの罪を取り去ってください。わたしはひじょうに愚かなことをいたしました(サムエル記下24章10節)

と述べています。

 

ここが、神様から見放されたサウル王との大きな違いです。

犯した罪の大きさで言えば、むしろダビデのほうが大きかったかもしれません。

 

しかし、ダビデは自分の罪をすぐに認め、悔い改める素直な心を持っていたのです。

その人間性があったからこそ、神様はダビデを見放さず、人々からも愛され続けました。

ダビデが旧約聖書の”詩篇(しへん)”を書いた?

旧約聖書には”詩篇(しへん)”という書物があります。

ここには数々の詩が書かれていますが、この多くはダビデによって書かれたと言われています。

 

ダビデには、詩を書く才能もあったんですね。

実際、全部で150篇ある詩篇のうち、73篇の表題にダビデの名前が付いています。

 

例えば、神様のことを羊飼いにたとえた、

 主はわたしの牧者であって、わたしには乏しいことがない。 2主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。 3主はわたしの魂をいきかえらせ、み名のためにわたしを正しい道に導かれる。 4たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。

(詩篇23:1〜4)

神様への感謝を込めた、

わがたましいよ、主をほめよ。わがうちなるすべてのものよ、その聖なるみ名をほめよ。 2わがたましいよ、主をほめよ。そのすべてのめぐみを心にとめよ。

(詩編103編1、2節)

バトシェバ事件を起こして悔い改めた際に書かれた、

わたしは自分のとがを知っています。わたしの罪はいつもわたしの前にあります。 4わたしはあなたにむかい、ただあなたに罪を犯し、あなたの前に悪い事を行いました。それゆえ、あなたが宣告をお与えになるときは正しく、あなたが人をさばかれるときは誤りがありません。

(詩編51編3、4節)

などが有名です。

キートン
キートン
詩編の詩をもとに、様々な賛美歌が生まれていますね!

 

聖書については、【最強の書物】キリスト教の”聖書”とは?未だに売れ続ける永遠のベストセラー!?をどうぞ

スペードの”キング”の絵柄は、ダビデがモデル!?

最後にちょっとした豆知識を。

 

私たちとなじみの深いトランプですが、カードには絵柄が付いているものがありますよね。

その代表的なものがキングですが、実はその中のスペードのキングはダビデがモデルだって知っていますか?

 

見分け方は簡単で、唯一右を向いているキングがダビデです。(上のイラストは、ミスでしょう)

手に持っているのは、自分が倒したゴリアテの剣だと言われています。

 

ちなみに、他のキングの絵柄もそれぞれにモデルがいて、

◎トランプのキングのモデル一覧

  • スペード➡ダビデ王
  • ダイヤ ➡ユリウス・カエサル
  • ハート ➡カール大帝
  • クラブ ➡アレキサンダー大王

という感じになっています。

すごいメンバー。。!

 

こういう知識があると、トランプがより楽しくなるかもしれませんね!

キリスト教系の豆知識については、【豆知識】”へえ~”ってなるキリスト教の面白雑学を14つまとめてみたをどうぞ

まとめ:ダビデ王はイスラエルの英雄!

ダビデ王についてお分かりいただけましたか?

意外と人間臭いなあと感じたかもしれません。

 

そう、ダビデに限らず、立派な聖人だと思われている人物も案外欠点があって人間臭かったりするんです。

聖書にはそういう人物がたくさん出てきて、それが魅力的なんですよね。

 

大きなスキャンダルがあったとは言え、ダビデが未だに人気が高く尊敬され続けている人物であることは間違いありません。

ぜひ、ダビデの生涯を通して人気者の秘訣を学んでいきましょう!

 

キートンでした。

【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...
"ダビデ"に学ぶ人気者の特徴7選!これであなたも愛され上手【今すぐできる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 学校や職場など、周りを見渡せば必ず1人はいる人気者タイプ。 彼らの周りには絶え...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です