聖書物語シリーズ

【聖書物語】”ダビデとゴリアテ”のお話を分かりやすくまとめてみた

ダビデVSゴリアテ

ジーザス、エブリワン!キートンです。

聖書に書かれている”ダビデとゴリアテ”ってどんなお話?

詳しい内容を知りたい!

聖書を代表するエピソードである“ダビデとゴリアテ”のお話。

聖書を読んだことがない人でも知っている、有名なお話ですよね。

 

しかし、ダビデが巨人のゴリアテを倒した!!という大雑把な内容しか知らない方も多いのでは?

まあ、実際まとめるとその通りの内容なんですけどね。。(苦笑)

 

そこで今回は、クリスチャンの僕が、

  • ダビデとゴリアテとは
  • ダビデとゴリアテの登場人物
  • ダビデとゴリアテのストーリー
  • ダビデとゴリアテのお話が”ジャイアント・キリング”の由来!?
  • ダビデとゴリアテを描いた絵画

などについて分かりやすくご紹介したいと思います!

 

この記事を読めば、ダビデとゴリアテ関連の知識はばっちり頭に入りますよ!

ダビデとゴリアテとは?

ダビデとゴリアテとは、旧約聖書の”サムエル記・上”に書かれているエピソードです。

そのあらすじは、まだ少年であったダビデが、巨人ゴリアテを石投げだけで倒してしまうというもの。

キートン
キートン
思いっきりネタバレしていますが。。!

 

インパクトがあり、王道少年漫画的なキャッチ―な内容のためか、聖書の中でも非常に人気の高いエピソードですね。

この戦いがきっかけとなり、ダビデはメキメキと頭角を表し、後にイスラエルの王様になっていきます。

“ダビデとゴリアテ”の主な登場人物

では、まずは登場人物たちからざっと見ていきましょう!

ダビデ

このお話の主人公であり、後にイスラエルの王様となる人物。

羊飼いで8人兄弟の末っ子という身分の低い立場でしたが、巨人ゴリアテとの戦いに挑みます。

ゴリアテ

身の丈が3m近い大男。(でかすぎ)

ペリシテ軍の1人で、イスラエル軍を何度も挑発します。

サウル王

イスラエルの初代王様。

ゴリアテと戦おうとするダビデを止めようとしますが。。

 

サウル王については、“サウル王”ってどんな人?イスラエルの初代王様!?【3分で分かる】をどうぞ

“ダビデとゴリアテ”のストーリー

ダビデとゴリアテ

それでは、ストーリーに入っていきましょう!

ゴリアテの挑発

 

「8ゴリアテは立ってイスラエルの戦列に向かって叫んだ、「なにゆえ戦列をつくって出てきたのか。わたしはペリシテびと、おまえたちはサウルの家来ではないか。おまえたちから、ひとりを選んで、わたしのところへ下ってこさせよ。 9もしその人が戦ってわたしを殺すことができたら、われわれはおまえたちの家来となる。しかしわたしが勝ってその人を殺したら、おまえたちは、われわれの家来になって仕えなければならない」。」

(サムエル記上17章8、9節)

これは、イスラエルという国が、ペリシテ人という宿敵と戦うことになったときのお話。

ペリシテ人の中には、ゴリアテというとてつもない巨人がいました。

 

ゴリアテは身長が3m近くもあるうえに、

  • 青銅のかぶと
  • 57キロのよろい
  • 青銅のすね当て
  • 7キロの鉄がついた青銅の投げ槍

を装備しているという、とんでもない化け物。

そんな強敵が、イスラエル軍の前に立ちはだかったのです。

チート過ぎる。。!

 

ゴリアテは、仁王立ちでイスラエル軍に叫びました。

ゴリアテ
ゴリアテ
お前たちから1人を選んで、俺と一騎打ちをしろ!

もしそいつが勝って俺を殺せたなら、俺たちペリシテ軍はイスラエル軍の奴隷となろう。

ただし、俺が勝った場合は、お前らイスラエル軍が俺たちの奴隷になれ!

さあ、俺と戦う勇気のある奴は出てこい!

ところが、これを聞いたイスラエル軍はすっかり、恐れをなしてしまいました。

ダビデの登場

 

「32ダビデはサウルに言った、「だれも彼のゆえに気を落してはなりません。しもべが行ってあのペリシテびとと戦いましょう」。」

(サムエル記上17章32節)

さて、そんなゴリアテの挑発が続いている頃、ダビデがこの戦場にやって来ました。

それは、イスラエル軍にいる兄たちに食べ物を届けるためでした。

 

そして、ダビデが兄たちと話をしていると、いつものごとくゴリアテがイスラエル軍を挑発してきます。

すると、これを聞いたダビデはぶち切れて言いました。

ダビデ
ダビデ
なんと不届きな!!

生ける神様の軍に挑もうとする、あのペリシテ人は何者ですか!?

そして、その後にやって来たサウル王にこう言い放ちました。

ダビデ
ダビデ
彼のことでこれ以上悩む必要はありません。

私があのペリシテ人を倒して見せましょう!!

しかし、当然ながら、サウル王はこれに反対して言いました。

サウル王
サウル王
バカを言うな!あいつは、若い頃から鍛え抜かれた軍人だぞ!

ところが、ダビデは言いました。

ダビデ
ダビデ
私は、羊飼いをしているときに、ライオンやクマを倒したこともあります。

あのペリシテ人も、今にこれらの獣と同じ運命をたどるでしょう。

なぜなら、ライオンやクマのときのように、神様が私を救い出してくださるからです!

ダビデの強い決意を見たサウルは、ついに折れて言いました。

サウル王
サウル王
行きなさい。神様があなたと共におられるように。

そして、サウルは、よろいやかぶとなど様々な装備をダビデにさせようとしました。

 

しかし、ダビデはそれらの装備に慣れていなかったため、それらを全て脱ぎ捨て、

なんと1つの杖と、石が5つ入った石投げだけを持ってゴリアテのところへ向かったのです。(んな無茶な)

ダビデVSゴリアテ

 

「49ダビデは手を袋に入れて、その中から一つの石を取り、石投げで投げて、ペリシテびとの額を撃ったので、石はその額に突き入り、うつむきに地に倒れた。 50こうしてダビデは石投げと石をもってペリシテびとに勝ち、ペリシテびとを撃って、これを殺した。」

(サムエル記上17章49、50節)

ゴリアテは、まだ若いダビデの姿を見るとバカにして言いました。

ゴリアテ
ゴリアテ
おいおい、杖なんか持ってきちゃって、俺は犬か何かかい??

そして、神の名によってダビデを呪うと、また言いました。

ゴリアテ
ゴリアテ
さあ来い!お前の肉を鳥や獣のえさにしてやろう!

すると、ダビデも負けじと言い返しました。

ダビデ
ダビデ
私は、イスラエル軍の神の名によってお前に立ち向かう。

今日、神様はお前を私の手に渡されるだろう。

鳥や獣のえさになるのは、お前の方だ!!

こうしてダビデとゴリアテの戦いは幕を開けました。

お互いに相手に走り寄る2人。

 

すると、ダビデは袋の中から石を取り出して、それを石投げにセットしました。

そして、その石をゴリアテに向かって投げつけました。

 

するとどうでしょう。

なんとその石はゴリアテの額に当たり、ゴリアテはうつ向けに倒れてしまったのです。

 

そして、ダビデはゴリアテの剣を奪うと、それでゴリアテの首をはねました。

周囲の予想を裏切る、あっと言う間の決着でした。

まさに瞬殺だにゃ~。

 

その後、ゴリアテがやられたのを見たペリシテ人たちは、一目散に逃げていきました。

こうして、ダビデは神様の力によってゴリアテに完全勝利をしたのです!

ダビデのその後

ダビデとゴリアテのお話はここまでですが、その後ダビデがどうなったのか気になる方もいるでしょう。

そこで、ダビデのその後を簡単にまとめると、以下のような流れになります。

  1. ゴリアテ戦後、ダビデは軍の指揮官に任命される
  2. しかし、サウル王がダビデに嫉妬をし出し、命を狙い始める
  3. ダビデはサウル王の前から逃げ出し、逃亡生活が始まる
  4. サウルの死後、ダビデはイスラエルの王様に

こうして見ると、ゴリアテを倒して、後は順調かと思いきやそうでもないんですよね。

 

何しろ、仕えていた王様に命を狙われ始めるのですから。

こんなに辛いことはありません。

 

イスラエルの王様になるまでにも、ダビデが苦労しているのが分かりますね。

「サウルはその子ヨナタンおよびすべての家来たちにダビデを殺すようにと言った。」

(サムエル記上19章1節)

キートン
キートン
まあ、王様になった後も、ダビデは色々と苦労するんですけどね。。

 

とはいえ、羊飼いかつ末っ子という最低の身分から、

王様にまで上り詰めるそのサクセスストーリーは、ダビデ人気の要因の1つなのは間違いないですね!

 

ダビデの生涯については、【聖書人物】ダビデ王とは?巨人ゴリアテを倒したイスラエルの英雄!?をどうぞ

“ジャイアント・キリング”は、ダビデとゴリアテのお話が由来!?

ジャイアント・キリング

皆さんは、“ジャイアント・キリング”という言葉を知っていますか?

主にスポーツなどで使われ、明らかに格上の相手を予想に反して倒してしまうことを指します。

 

実はこれ、ダビデがゴリアテを倒したエピソードがモチーフだと言われているんです!

意外な由来。。

圧倒的な力を持つゴリアテという巨人を、明らかに格下のダビデが倒してしまったからです。

 

日本語では、”大番狂わせ”なんて言ったりもしますね。

聖書には他にも様々な言葉の起源がありますが、

詳しくは【雑学】聖書に由来する言葉は何がある?クリスチャンが11個まとめてみたをどうぞ

“ダビデとゴリアテ”を描いた絵画

最後に、ダビデとゴリアテを描いた絵画をいくつか見てみましょう!

【まとめ】有名な西洋の絵画12点から見るキリスト教【解説付き】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは絵画が好きですか? 僕はたまに美術館に行って鑑賞する程度には好きです。...

「ゴリアテの首を持つダビデ」 (ヴァランタン・ド・ブーローニュ)

ダビデがゴリアテに勝利し、首を切り落とした後のワンシーン。

何というか、めちゃくちゃ生々しい絵画ですね。。

 

ダビデの顔が凛々しくて、思わず見とれてしまいます!

ゴリアテの顔がでかい。。!

「ゴリアテの首を持つダビデ」(グイド・カニャッチ)

こちらも、ダビデがゴリアテの首を持っているシーン。

先ほどの絵画とは、ダビデの服装も顔つきもだいぶ違いますね。

 

でも、やっぱりゴリアテの顔はでかい。。

まとめ:ダビデとゴリアテは聖書を代表するエピソード!

ダビデVSゴリアテ

少年ダビデが巨人ゴリアテを石投げだけでぶっ倒す。

ダビデとゴリアテのお話って、分かりやすいしワクワクしますよね!

 

人気が出るのも分かります。

とても短いお話なので、ぜひ実際に聖書を手に取って読んでみてくださいね!

 

キートンでした。

【聖書人物】ダビデ王とは?巨人を倒したイスラエルの英雄!? ジーザス、エブリワン!キートンです。 こういった疑問にお答えします。 皆さんは、聖書で最も人気の...
【完全版】聖書の主な物語をまとめてみた【有名な傑作ぞろい】聖書の主な物語をクリスチャンがざっくりまとめてみました!個別の記事リンクに飛べば、もっと詳しい物語のストーリーが見れますよ。...

 

 


ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です