聖書人物シリーズ

マグダラのマリアとは?イエスと結婚していた女性!?【3分で分かる】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

聖書に出てくる”マグダラのマリア”ってどんな人?

聖母のマリアのことならよく知ってるんだけど。。

生涯などについて詳しく教えて!

こういった疑問にお答えします。

 

今回は、マグダラのマリアという人物をご紹介したいと思います。

マグダラのマリアは、聖母マリアほどではありませんが、有名なマリアの1人です。

 

とはいえ、どんな人かと聞かれたら困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クリスチャンの僕が、

  • マグダラのマリアとは?
  • マグダラのマリアの生涯

などについてご紹介していきたいと思います!

マグダラのマリアとは?

マグダラのマリアは、新約聖書に登場するイエスに仕えた女性の1人です。

イエスには女性の弟子たちも何人かおり、仕えた女性の中でも特に有名な人物だといえます。

 

また、

  • イエスの十字架刑を見守る
  • 復活されたイエスと最初に会話をする

など非常にうらやまし。。ごほんごほん、重要な場面に登場します。

本音が漏れてるにゃ~。

 

一方で、カトリックでは聖書に登場する“罪深い女”と同一視され、娼婦(売春婦)だったとされます。(後述)

また、カトリックや正教会などでは、聖人として扱われていますね。

マグダラのマリアの生涯

登場回数は多くないですが、聖書をもとにマグダラのマリアの生涯を追ってみましょう!

イエスとの出会い

マグダラのマリアの最初の登場シーンは、イエスに7つの悪霊を追い出していただくところから始まります。

「また悪霊を追い出され病気をいやされた数名の婦人たち、すなわち、七つの悪霊を追い出してもらったマグダラと呼ばれるマリヤ、」

(ルカによる福音書8章2節)

そして、これがきっかけでマグダラのマリアは、イエスにお仕えするようになるのです。

出会いについては、さらっとしか書かれていないにゃ~。

イエスの十字架を見守る

続いて、マグダラのマリアが登場するのは、イエスが十字架に架けられるという重要なシーン。

マグダラのマリアは、他の女性たちとイエスの十字架刑を見守っていたのでした。

「同時に、ふたりの強盗がイエスと一緒に、ひとりは右に、ひとりは左に、十字架につけられた。(中略)また、そこには遠くの方から見ている女たちも多くいた。彼らはイエスに仕えて、ガリラヤから従ってきた人たちであった。その中には、マグダラのマリヤ、ヤコブとヨセフとの母マリヤ、またゼベダイの子たちの母がいた。」

(マタイによる福音書27章38節、55・56節)

そして、イエスが亡くなって埋葬されるところもしっかりと見届けました。

「マグダラのマリヤとヨセの母マリヤとは、イエスが納められた場所を見とどけた。」

(マタイによる福音書27章61節)

キートン
キートン
マグダラのマリアが、イエスに最後までお仕えしていたのがよく分かりますね!

 

イエスの十字架刑については、【閲覧注意】十字架刑がいかに残酷で苦痛な刑なのかまとめてみた【キリストの愛を知れ】をどうぞ

イエスの復活に立ち会う

さて、イエスが亡くなってから3日目の早朝、マグダラのマリアはイエスのお墓を訪れました。

それは、イエスの遺体に香油を塗って、埋葬の準備をするためでした。

当時のユダヤ社会では、死者を埋葬する際に遺体に香油を塗る習慣がありました。

 

すると、なんとお墓の入り口にあった石が取り除けてあるのが見えます。

「さて、一週の初めの日に、朝早くまだ暗いうちに、マグダラのマリヤが墓に行くと、墓から石がとりのけてあるのを見た。」

(ヨハネによる福音書20章1節)

マグダラのマリアは、このことを12弟子のヨハネに知らせましたが、自分はお墓の外に立って泣き始めました。

なぜなら、イエスの遺体を何者かがお墓から盗み出したと思ったからです。

 

マグダラのマリアが泣きながらお墓をのぞくと、そこに白い衣を着た2人の天使が見えます。

天使たちは、マグダラのマリアに尋ねました。

天使たち
天使たち
なぜ泣いているのか?

マグダラのマリアは答えました。

マグダラのマリア
マグダラのマリア
誰かが私の主を取り去りました。

どこに持って行ったのかも分からないのです。

マグダラのマリアが振り向くと、なんとそこには亡くなられたはずのイエスが立っておられました。

しかし、マグダラのマリアはその人物がイエスだとは気づいていません。(嘘やん)

 

イエスはマグダラのマリアにお尋ねになりました。

イエス
イエス
なぜ泣いているのか。

誰をさがしているのか。

マグダラのマリアは答えました。

マグダラのマリア
マグダラのマリア
もしあなたがあの方を運んだのなら、どうか場所を教えてください!

私が引き取ります。

すると、イエスはマグダラのマリアに呼びかけられました。

イエス
イエス
マリアよ。

そこで初めてマグダラのマリアは、その人物がイエスだと気づき、

マグダラのマリア
マグダラのマリア
ラボ二(ヘブライ語で”先生”の意味)

と言いました。

イエスは、マグダラのマリアに言われました。

イエス
イエス
私にすがりついてはいけない。

私はまだ、父のもとに昇っていないのだから。

ただ、あなたにして欲しいことがある。

私の兄弟たちのところへ行って、私が父である神のもとへ昇っていくということを伝えなさい。

その後、マグダラのマリアは、すぐにイエスの弟子たちのところに行き、

イエスにお会いしたこと、イエスが言われたことを話しました。

 

※福音書(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ)によって内容が異なりますが、今回は“ヨハネによる福音書”をもとにしています。

マグダラのマリアは、罪深い女!?

前述しましたが、マグダラのマリアはカトリックにおいては“罪深い女”だと言われることがあります。

これは、”ルカによる福音書”に登場する”罪深い女”という人物が、マグダラのマリアと同一視されているからです。

 

罪深い女はあるとき、パリサイ人シモンの家におられるイエスのところにやって来て、

泣きながらイエスの足に涙を流し、髪の毛でぬぐった後、その足に口づけをして香油を塗りました。

「するとそのとき、その町で罪の女であったものが、パリサイ人の家で食卓に着いておられることを聞いて、香油が入れてある石膏のつぼを持ってきて、泣きながら、イエスのうしろでその足もとに寄り、まず涙でイエスの足をぬらし、自分の髪の毛でぬぐい、そして、その足に接吻して、香油を塗った。」

(ルカによる福音書7章37、38節)

普通の人ならばドン引きするような奇妙な行為に見えますが、イエスはこの女性を褒められました。

 

そして、罪深い女にイエスが、

イエス
イエス
あなたの罪はゆるされた。

あなたの信仰があなたを救ったのです。

と語られたというお話です。

つまり、この女性のイエスに対する愛の行為が、彼女の罪がゆるされている証拠だということですね。

 

ちなみに、この女性の罪は性的なものだとされており、

そのため、伝統的にマグダラのマリアは娼婦(売春婦)だと説明されます。

 

実際、キリスト系の映画では、マグダラのマリアは娼婦として登場することが多いです。

つまり、マグダラのマリアは罪深い女性だったが、イエスと出会い改心して、聖女になったということですね。

 

だからこそ、現在では聖人として扱われているのです!

キートン
キートン
ただし、これはあくまでもカトリックなどの解釈なので、歴史的な根拠はありません。。!

マグダラのマリアはイエスと結婚していた!?

イエスにお仕えしていたマグダラのマリアですが、実はイエスと結婚していたのではないかという説があります。

特に有名なのが、1982年にイギリスで出版されたノンフィクション『レンヌ=ル=シャトーの謎』の内容です。

 

この本には、イエスとマグダラのマリアは結婚し、子供までもうけたという仮説が書かれており、

後の作品たちにも大きな影響を与えました。

 

いやー、何という大胆な仮説でしょうか!

これはショッキングな内容だ。。!

 

その作品の1つが、2003年の小説『ダ・ヴィンチ・コード』であり、

イエスとマグダラのマリアが結婚していたという仮説をストーリーに盛り込み、世界で大ヒットを記録しました。

ただし、これもあくまで仮説であり、真相は明らかになっていません。

“マドレーヌ”はマグダラのマリアが由来!?

フランス語の女性名として知られる、”マドレーヌ”という名前。

実はこれ、マグダラのマリアを意味する言葉なんです。

 

フランスの寺院に”マドレーヌ寺院”という建造物がありますが、これもマグダラのマリアが由来の名称なんですね!

☟こんなやつ

実際、寺院の内部にはマグダラのマリアの像が飾られているんだとか。

 

ちなみに、フランス発祥の焼き菓子として有名な“マドレーヌ”というお菓子もありますね。

美味しそうだにゃ~。

 

マグダラのマリアの名前は、意外なところに影響を与えていたんですね!

聖書の人物が由来の名前に付いては、【まとめ】世界のポピュラーな名前の由来となっている聖人20人を紹介しますをどうぞ

マグダラのマリアを描いた絵画

マグダラのマリアは、多くの画家によって絵画のモチーフになっていますので、

それらの作品を一部見てみましょう!

【まとめ】有名な西洋の絵画12点から見るキリスト教【解説付き】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは絵画が好きですか? 僕はたまに美術館に行って鑑賞する程度には好きです。...

『我に触れるな』(レンブラント・ファン・レイン )

オランダの巨匠レンブラントによる作品。

 

これは、イエスが復活し、マグダラのマリアの前に現れる印象的なシーンです。

マリアが驚いている様子が見て取れます。

 

右側には、天使もいますね。

なんとなくイエスが、田舎にいるおっちゃんに見えなくもないですが。。

失礼な。。!

 

それにしても、タイトルに少し悪意を感じるのは僕だけでしょうか。。?

『ゆれる炎のあるマグダラのマリア』(ジョルジュ・ド・ラ・トゥール)

作者のジョルジュは、カトリック教会の要望で何点もマグダラのマリアの作品を描いていますが、これはその中の1つです。

 

シンプルに、マグダラのマリアの人物画を描いたもののようです。

とはいえ、ドクロを持っているのもあり、非常におどろおどろしい雰囲気の作品ですね。

何か怖い。。

“マグダラのマリア”を描いた映画もある?

また、マグダラのマリアをメインに描いた映画も近年制作されたので、ご紹介しておきますね。

その名も、『マグダラのマリア』。

そのまんま。。!

 

これは、2018年に上映されたアメリカとイギリスによる作品です。

マグダラのマリアを主人公とした長編映画は本作が初のようですね。

 

主なあらすじは、以下の通りです。

男性原理に支配された社会で、家族に結婚を強要され、苦しい想いをして生きるマリア。イエス・キリストに出会い、家族から離れ、使徒らと共にイエスに仕え、教えを伝えるため旅をする。死者を蘇らせたイエス・キリストは、やがて救世主として民衆から崇められるも…。(Amazonより)

マグダラのマリアをもっと知りたいという方は、ご覧あれ!

 

おすすめのキリスト教系映画については、【おすすめ】聖書が学べるキリスト教映画7選まとめ【動画あり】をどうぞ

まとめ:マグダラのマリアは謎の多い人物!

今回の説明でも分かる通り、マグダラのマリアは知名度のわりには謎の多い人物です。

娼婦という情報も、イエスと結婚していたという情報も仮説の域を出ないですからね。

 

ただまあ、もしイエスと結婚していることが判明したら、色々と大騒ぎになりそうですよね。。

もしかすると、

イエスの女性人気が落ちちゃうかも。(アイドルか)

 

キートンでした。

聖書に登場する"マリア"まとめ!全部で何人いるの?【それぞれ解説】聖書に登場するマリアについて知りたい方は必見!この記事では、聖書に登場するマリアがどれくらいいるのか、またそれぞれの人物についてクリスチャンが解説しています。実は、聖書に登場するマリアは複数人いるんです。この記事を読めば、聖書のマリアを区別できるようになりますよ。...
【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です