聖書人物シリーズ

“サムソン”とは?聖書1の怪力の持ち主!?【3分で分かる】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

旧約聖書に登場するサムソンってどんな人?

生涯などについて教えて!

こういった疑問にお答えします。

 

皆さんは、聖書で最も力持ちの人は誰だか知っていますか??

正解は、士師“サムソン”です。

サムソン。。?ああ、あのGalaxy(ギャラクシー)のスマホで有名な!!

はい、それは韓国の大手メーカー“サムスン”ですね。(くだらない)

 

サムソンというのは、イスラエルの危機を救うために遣わされた英雄のこと!

うっかりこんな間違いをしないために、この記事では

  • サムソンはどのような人物なのか
  • サムソンの生涯

などについてご紹介していきましょう!

“サムソン”とは?

サムソンは民を正しい方向に導くために神様によって送られた士師の1人で、イスラエルの英雄的存在です。

旧約聖書の”士師記”にはサムソンを含めて12人の士師が登場しますが、サムソンはその中でも最も有名な人物と言えます!

 

圧倒的な怪力を持ちながら女に弱いという大変個性豊かなキャラクターですからね。

有名になるのも分かります。

キートン
キートン
サムソンは様々な芸術作品の題材にもなっています!

士師については、“士師”とはどんな人?イスラエルを救った英雄たち!?【3分で分かる】
をどうぞ

サムソンの生涯

さてさて、稀代の力持ちの生涯を見てきますよ〜!

神の使いによるお告げ

「3主の使がその女に現れて言った、「あなたはうまずめで、子を産んだことがありません。しかし、あなたは身ごもって男の子を産むでしょう。 4それであなたは気をつけて、ぶどう酒または濃い酒を飲んではなりません。またすべて汚れたものを食べてはなりません。 5あなたは身ごもって男の子を産むでしょう。その頭にかみそりをあててはなりません。その子は生れた時から神にささげられたナジルびとです。彼はペリシテびとの手からイスラエルを救い始めるでしょう」。」

(士師記13章3~5節)

時は、イスラエル人が他民族であるペリシテ人の支配に苦しんでいた頃。

ダン族の夫を持つマノアいう女性のもとに主の使いが現れます。

 

主の使いはマノアに言いました。

神の使い
神の使い
あなたは男の子を生むでしょう。

ただし、次の3つのルールを守りなさい。

それは、妊娠中にぶどう酒や強いお酒を飲まないこと、汚れたものを食べないこと、そして、生まれた子の頭にカミソリを当てないことです。

マノアはこれを受け入れ、サムソンという男の子が生まれました。

ここは大事な伏線だからよく覚えとくんだにゃ〜。

サムソンの謎かけ

「12サムソンは彼らに言った、「わたしはあなたがたに一つのなぞを出しましょう。あなたがたがもし七日のふるまいのうちにそれを解いて、わたしに告げることができたなら、わたしはあなたがたに亜麻の着物三十と、晴れ着三十をさしあげましょう。 13しかしあなたがたが、それをわたしに告げることができなければ、亜麻の着物三十と晴れ着三十をわたしにくれなければなりません」。」

(士師記14章12、13節)

立派に成長したサムソンは親に反対されつつも、

とあるペリシテ人の女性(以降“妻候補”)を好きになり妻にしようと考えました。

 

そして、サムソンは親と妻候補を連れて、彼女が住んでいるティムナに向かいました。

すると、その途中で現れたのは凶暴なライオン。

 

しかし、神の力を受けていたサムソンはこのライオンを引き裂きあっという間に倒してしまいました。

北斗の〇みたいな倒し方。。

 

その後、サムソンたちはペリシテ人たちと宴会(えんかい)をすることになりました。

そこでサムソンは彼らに1つの謎かけをし、答えられたら麻の衣と着替えの衣をプレゼントしようと言い出します。

 

しかし、いくら考えてもペリシテ人たちには答えが分かりません。

悩んだペリシテ人たちは、サムソンの妻候補に言いました。

ペリシテ人
ペリシテ人
サムソンから謎掛けの答えを聞き出せ!

さもないと、火を放ってお前もお前の家族も殺すぞ。

妻候補はサムソンに泣きすがり謎の答えを聞きましたが、サムソンはその答えを教えようとしません。

 

しかし、妻候補の泣きすがりは、なんと宴会から7日間も続きました。(長い)

すると、彼女を愛していたサムソンは、7日目についに謎解きの答えを話してしまいました。

 

期限の日になりペリシテ人たちがサムソンに答えを言うと、サムソンは約束の報酬のために、

アシュケロンという地で30人のペリシテ人を殺し、彼らの衣をはぎ取ってからペリシテ人たちに渡しました。

さらっと書いているけど恐ろしい。。!

 

ところが、この1件がキッカケで妻候補の父親はなんと娘を別の男のものにしてしまいました。

なぜなら、この1件でサムソンは妻候補を嫌いになったのではないかと父親が思い込んでしまったからです。

サムソンとペリシテ人のブチ切れバトル

「7サムソンは彼らに言った、「あなたがたがそんなことをするならば、わたしはあなたがたに仕返しせずにはおかない」。 8そしてサムソンは彼らを、さんざんに撃って大ぜい殺した。」

(士師記15章7、8節)

さあ、これを聞いたサムソンは当然のごとくブチ切れます。

ここから血で血を洗うブチ切れバトルの開始です!

 

かーん!!(ゴングの音)

まず、ブチ切れサムソンは、ジャッカルを300匹捕まえてそのシッポとシッポの間に松明を結びつけるとそれを麦畑に放り込みました。

 

こうして、麦畑だけでなくブドウ畑やオリーブの木まで全てを燃やし尽くしてしまったのです

いきなり激しい。。

 

さあ、次にブチギレるのはペリシテ人たちの番です。

なんとペリシテ人たちは、サムソンの妻候補とその父親を火で焼き殺してしまいました。(とんでもないとばっちり)

 

さあさあ、これに対してまたまたブチギレるサムソンさん。

サムソン
サムソン
これがお前らのやり方か。。

復讐(ふくしゅう)してやる!!

そして、サムソンはペリシテ人たちを完膚なきまでにけちょんけちょんにしてしまいました。

“1000人狩り伝説”誕生

「15彼はろばの新しいあご骨一つを見つけたので、手を伸べて取り、それをもって一千人を打ち殺した。 16そしてサムソンは言った、「ろばのあご骨をもって山また山を築き、ろばのあご骨をもって一千人を打ち殺した」。」

(士師記15章15、16節)

サムソンにボコボコにされてしまったペリシテ人たちでしたが、まだバトルは終わりません。

 

サムソンへの復讐に燃えるペリシテ人たちは、ユダヤ人の協力を得てついにサムソンを縛り上げることに成功します。

縛られたサムソンを前に大喜びするペリシテ人たちでしたが、そこは怪力のサムソン。

 

縄をあっという間にぶちぎったかと思うと、

落ちていたロバのあご骨を拾いそれでペリシテ人1000人を打ち殺してしまいました。

化け物だ。。!

 

こうして、サムソンは20年間も士師として活躍しイスラエルに裁きを下していきました。

サムソンとデリラ

「6そこでデリラはサムソンに言った、「あなたの大力はどこにあるのか、またどうすればあなたを縛って苦しめることができるか、どうぞわたしに聞かせてください」。」

(士師記16章6節)

このように、無敵のように思えるサムソンでしたが彼には1つ大きな問題がありました。

それは“女に弱い”ということです。

 

サムソンはある時、ソレクという谷にいるデリラという女が好きになってしまいました

これを知ったペリシテ人たちは、デリラに言いました。

ペリシテ人
ペリシテ人
サムソンの怪力の秘密をうまく聞き出してくれ!

そうすれば、我々1人ずつ銀1100枚を与えよう。

お金に目がくらんだデリラはサムソンに怪力の秘密を聞き出そうとしますが、

サムソンはデタラメを言ってなかなか真実を教えようとしません。

 

サムソンの言う通り、

  • 弓弦で縛っても
  • 綱(つな)で縛っても
  • 髪を織り込んでクギで留めても

全く効き目はないのです。

3度も嘘をついてごまかしたサムソンでしたが、デリラは何度もしつこく聞いてきます。

 

そして、ある日それに耐えきれなくなったサムソンは、ついに自分の力の秘密を話してしまいました。

サムソン
サムソン
私は生まれてから一度も頭にカミソリを当てたことがない。

もし髪を剃(そ)られたら私の力は弱まり、普通の人間のようになってしまうだろう。

これを聞いたデリラはサムソンをひざ枕で眠らせ、サムソンの髪の毛を全て剃ってしまいます。

こうして、力が抜けたサムソンはペリシテ人に捕らえられ、目をえぐり出された後牢屋にぶち込まれてしまいました。

復活と最期

「28サムソンは主に呼ばわって言った、「ああ、主なる神よ、どうぞ、わたしを覚えてください。ああ、神よ、どうぞもう一度、わたしを強くして、わたしの二つの目の一つのためにでもペリシテびとにあだを報いさせてください」。」

(士師記16章28節)

ペリシテ人たちは宿敵サムソンを捕らえたことで大喜びし、盛大な宴会をしていました。

そして、彼らは上機嫌のまま笑い者にしようとサムソンを呼び出したのです。

 

すると、この時点でサムソンの髪の毛は伸び始めていました。

ペリシテ人たちに笑われながら、サムソンは神様にお祈りしました。

サムソン
サムソン
神よ、もう一度だけ私に力を下さい。

ペリシテ人たちに復讐を果たさせて下さい。

すると、どうでしょう。

再びサムソンに神の力が宿りました。

 

そして、サムソンは建物を支えている2本の柱を探し当てると、思い切りそれらを手で押しながら言いました。

サムソン
サムソン
私とともに滅びるのだ、ペリシテ人たちよ!

すると、建物は全てのペリシテ人たちの上に崩れ落ち、サムソンの命とともに道連れになりました。

ちなみに、その時死んだペリシテ人の数はそれまでサムソンが殺してきたペリシテ人の数より多かったそうな。。

終わり方がホラーっぼいにゃ〜。

 

サムソンとデリラについては、【聖書】サムソンとデリラのあらすじをクリスチャンがまとめてみたでも詳しくご紹介しています。

サムソンが戦ったペリシテ人はイスラエルの宿敵!?

このサムソンのお話では、終始ペリシテ人が敵として登場します。

それもそのはず、当時のイスラエルはペリシテ人たちによって支配されていたのです。

 

それは、イスラエル人たちが神様に従わず、悪を行っていたために神の裁きがくだったからでした。

「1イスラエルの人々がまた主の前に悪を行ったので、主は彼らを四十年の間ペリシテびとの手にわたされた。」

(士師記13章1節)

そして、そのペリシテ人を打倒するために神様に立てられたのがサムソンだったわけですね。

 

ただ、サムソンはその生涯で多くのペリシテ人たちを殺しましたが、イスラエルとペリシテ人の戦いは終わりませんでした。

実際、イスラエルの英雄ダビデの時代にも、まだイスラエルはペリシテ人と争いを繰り広げていました。

 

何を隠そう少年時代のダビデが倒した巨人ゴリアテもペリシテ軍の1人だったんです。

「時に、ペリシテびとの陣から、ガテのゴリアテという名の、戦いをいどむ者が出てきた。」

(サムエル記上17章4節)

このように、常に様々な敵対民族との戦いが士師の時代には起こっていたのでした。

 

ダビデとゴリアテのお話については、【聖書物語】”ダビデとゴリアテ”のお話を分かりやすくまとめてみたをどうぞ

サムソンはなぜ髪を剃られて力を失った!?

サムソンはデリラの誘惑に負けた結果、髪を剃られて自慢の怪力を失ってしまいました。

では、サムソンはなぜ髪を剃られただけで力を失ってしまったのでしょうか?

そりゃあ、髪が力の源だったからだろ!

確かに髪が彼の力の象徴だったのは間違いありませんが、その力はそもそもどこから来たものでしょうか?

そう、神様からです。

 

しかし、サムソンは、神様から言われていたルールを破ってしまいました。

つまり、主の使いが言っていた、

  1. ぶどう酒や強い酒を飲まないこと
  2. 汚れたとされる食べ物を食べないこと
  3. かみそりを頭にあてないこと

という3つのルールの3つ目ですね。

「4それであなたは気をつけて、ぶどう酒または濃い酒を飲んではなりません。またすべて汚れたものを食べてはなりません。 5あなたは身ごもって男の子を産むでしょう。その頭にかみそりをあててはなりません。その子は生れた時から神にささげられたナジルびとです。彼はペリシテびとの手からイスラエルを救い始めるでしょう」。」

(士師記13章4、5節)

つまり、サムソンの失敗は髪を剃られたこと自体ではなく、神様からの約束を破ってしまったことにあったということです。

 

だからこそ、サムソンは神様から力をいただくことができなくなってしまったんですね。

しかし、サムソンがもう一度神様の前にお祈りしたときに再び力が与えられました。

「29そしてサムソンは、その家をささえている二つの中柱の一つを右の手に、一つを左の手にかかえて、身をそれに寄せ、 30「わたしはペリシテびとと共に死のう」と言って、力をこめて身をかがめると、家はその中にいた君たちと、すべての民の上に倒れた。」

(士師記16章29、30節)

つまり、髪はあくまでもサムソンの神様への信仰を試すためのものに過ぎなかったのですね。

 

聖書の人物たちの失敗エピソードについては、聖人たちの大失敗エピソード12選!失敗が怖い人はこれを見よ!【イメージ崩壊注意】をどうぞ

サムソンは女に弱すぎ!?

サムソンは圧倒的な怪力の持ち主でしたが、それはあくまでも肉体的パワーの話。

サムソンの生涯を見てみると、彼がとことん女に弱いことが分かります。

 

サムソンの失敗といえばデリラのイメージが強いと思いますが、彼はその前に全く同じような失敗を妻候補ともしています。

「17彼女は七日のふるまいの間、彼の前に泣いていたが、七日目になって、サムソンはついに彼女に解き明かした。ひどく彼に迫ったからである。そこで彼女はなぞを自分の国の人々にあかした。」

(士師記14章17節)

どちらも流れは同じで、以下のような感じです。

◎サムソンの失敗パターン

  1. 女がペリシテ人にサムソンから情報を聞き出すように言われる
  2. 女がサムソンに誘惑
  3. サムソンが秘密をバラしてしまい失敗へ
いや、1回目の失敗で学べよ!!

という感じは否めないですね、ええ。

 

一見強そうに見えるサムソンの心の弱さがよく分かるエピソードです。

まあ、この人間臭さも含めてサムソンの魅力なんでしょうが。。!

まとめ:サムソンは力持ちで女に弱いユニークな人物!

これは聖書の多くの人物に言えることですが、

結局男って女に弱いですよね。(どストレート)

 

ただし、英雄的資質を持ちながらもそうした人間的な弱さもしっかり描かれているのが聖書の面白いところ。

皆さんも、女遊びと火遊びはほどほどに!

 

キートンでした。

まとめ:サムソンとデリラを読んでみよう!
【聖書】"サムソンとデリラ"のあらすじを簡単にまとめてみた聖書の有名エピソード、サムソンとデリラのあらすじをクリスチャンが分かりやすくご紹介します!この記事を読めば、聖書を読んだことがない方でも、ばっちり理解できるはずです。...
【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です