聖書を学ぶ

【要約】”出エジプト記”とは?あらすじを簡単にまとめてみた

まとめ:出エジプト記は、モーセがイスラエル人たちをエジプトから連れ出すお話!

ジーザス、エブリワン!キートンです。

旧約聖書の”出エジプト記”ってどんなお話なの?

モーセが海を割るシーンしか知らないから、あらすじを教えて!

こういった疑問にお答えします。

 

主にイスラエル人の歴史が書かれた旧約聖書の中には、“出エジプト記”という書物があります。

この書物のお話をモチーフにした映画もいくつかありますが、皆さんはどんなお話なのか知っていますか?

 

え、知らないって??

それはもったいない!!

 

出エジプト記は、ドラマチックで壮大なお話なので単純な読み物としても面白いですよ!

そこで今回は、クリスチャンの僕が、出エジプト記のあらすじを分かりやすくご紹介したいと思います!

キートン
キートン
気になった方は、ぜひ聖書も読んでみてね!

出エジプト記とは?

出エジプト記とは?

出エジプト記とは、旧約聖書の2番目に収められている書物のことです。

主に、預言者モーセが奴隷だったイスラエル人を引き連れて、エジプトを脱出する様子を描いています。

 

また、出エジプト記には他にも、

  • モーセが海を割るシーン
  • モーセが十戒を受け取るシーン

などの有名シーンが書かれていますね。

ちなみに、出エジプト記という名前は、”出発”を意味するギリシャ語の“エクソダス”から来ています。

 

モーセについては、“モーセ”とはどんな人?海を割っただけじゃない!?【5分で分かる】をどうぞ

“出エジプト記”のあらすじ

"出エジプト記"のあらすじ

出エジプト記の大まかな流れは、こんな感じです。

  1. 預言者モーセの誕生
  2. モーセ、神様から出エジプトの使命を受ける
  3. モーセがエジプトに10の災いを下し、出エジプト達成
  4. モーセが海を割り、カナンの地を目指す
  5. イスラエル人たちがモーセに文句を言いまくる
  6. モーセが十戒を受け取る
  7. イスラエル人たち、いきなり十戒を破る
  8. 幕屋の建設

では、詳しく見てみましょう!

預言者モーセの誕生

 

「10その子が成長したので、彼女はこれをパロの娘のところに連れて行った。そして彼はその子となった。彼女はその名をモーセと名づけて言った、「水の中からわたしが引き出したからです」。」

(出エジプト記2章10節)

出エジプト記の主人公は、預言者のモーセです。

モーセが生まれた時代は、イスラエル人がエジプト人の奴隷となっていた時代でした。

 

それは、エジプトの王様ファラオが、エジプト内にイスラエル人が増えすぎたのを恐れ、重労働を課していじめたからです。

しかし、それでも増え続けるイスラエル人にイラついたファラオは、

ファラオ
ファラオ
イスラエル人の男が生まれたら、全員殺せ!!

と乳母(うば)たちに命じました。

 

ところが、乳母たちはファラオの命令に従わず、男の子たちを救っていました。

このことに気付いたファラオは、ついに全ての国民にこんな命令を下します。

ファラオ
ファラオ
イスラエル人に男が生まれたら、そいつら全員ナイル川に投げこんでしまえ!!

さて、そんなやばい状況の中で生まれたのが、預言者モーセでした。(いきなりのピンチ)

 

モーセもイスラエル人ですから、親は必死にモーセを隠そうとしましたが、隠しきれず、

ついにモーセをナイル川の岸に置き去りにすることにしました。

 

すると、なんと置き去りにされたモーセを、たまたまエジプトの王女が発見。

モーセは、エジプトの王子として育てられることとなったのでした。

すごい導き。。!

 

ところが、あるときモーセは、イスラエル人がエジプト人にひどい仕打ちをするところを発見。

怒ったモーセは、なんとそのエジプト人を殺してしまいます。

 

次の日、ファラオにバレて殺されそうになったモーセは、ミディアンという地に逃げ出しました。

そして、モーセはこの地でチッポラという娘と結婚し、羊飼いとして暮らすことになります。

モーセ、神様から出エジプトの使命を受ける

 

「9いまイスラエルの人々の叫びがわたしに届いた。わたしはまたエジプトびとが彼らをしえたげる、そのしえたげを見た。 10さあ、わたしは、あなたをパロにつかわして、わたしの民、イスラエルの人々をエジプトから導き出させよう」。」

(出エジプト記3章9、10節)

そんなある日、モーセが神の山ホレブに来ると、燃え尽きない柴(しば)を発見します。

 

すると、神様の声が聞こえ、こんな使命を受けることになります。

神様
神様
イスラエル人たちを率いてエジプトを脱出し、カナンの地を目指しなさい。

あまりの大役に、モーセは最初、素直に神様の言葉を受け入れることができませんでしたが、

神様による何度かの説得により、最終的にこの使命を受け入れました。

 

ちなみに、モーセは口下手だったので、話上手の兄アロンもサポート役としてお供することになります。

モーセがエジプトに10の災いを下し、出エジプト達成

 

「17主はこう仰せられます、「これによってわたしが主であることを、あなたは知るでしょう。見よ、わたしが手にあるつえでナイル川の水を打つと、それは血に変るであろう。 18そして川の魚は死に、川は臭くなり、エジプトびとは川の水を飲むことをいとうであろう」』と」。」

(出エジプト記7章17、18節)

こうして、モーセは兄のアロンと共に、再びエジプトに帰ってきました。

そして、王フォラオにイスラエル人解放を訴えますが、当然ファラオはこれを拒否。

ファラオ
ファラオ
いや、それはマジ無理。

ってか、神って何者?

ここから、モーセはファラオを説得するために、エジプトに以下のような10の災いを下します。

  1. ナイル川の水が血に変わる
  2. カエルを放つ
  3. ブヨを放つ
  4. アブを放つ
  5. 家畜に疫病(えきびょう)を流行らせる
  6. 腫(は)れ物を生じさせる
  7. ヒョウを降らせる
  8. イナゴを放つ
  9. 暗闇でエジプトを覆(おお)う
  10. 初子(ういご)を皆殺しにする
どれも嫌だな。。

 

頑固なファラオは、こうした災いに対しても、中々イスラエル人の解放を認めようとはしませんでした。

しかし、最後の災いで、自分の子を失ったファラオはついに降参。

 

イスラエル人の解放を認めたのでした。

こうして、イスラエル人たちは、自分たちの全財産などを持ってエジプトを出発したのです。

モーセが海を割り、カナンの地を目指す

 

「21モーセが手を海の上にさし伸べたので、主は夜もすがら強い東風をもって海を退かせ、海を陸地とされ、水は分かれた。 22イスラエルの人々は海の中のかわいた地を行ったが、水は彼らの右と左に、かきとなった。」

(出エジプト記14章21、22節)

ところが、モーセ率いるイスラエル人たちがカナンの地を目指して歩いていると、急に惜しくなったのかファラオは心変わりをします。

ファラオ
ファラオ
やっぱ、イスラエル人たちを解放したのミスったわ。

そして、なんとエジプト大軍を率いて、モーセたちを追って来たのです。

 

しかも、モーセたちの前には、大きな海。

イスラエル人たちも出エジプトを後悔し始め、これは絶体絶命のピンチ!

 

。。とそのとき、モーセが海に向かって手を差し伸べると、とんでもないことが起こりました。

なんと、海が左右に壁となって分かれたのです。

キートン
キートン
有名な海割りのシーンですね!

 

モーセたちが海を渡り終えると、再びモーセは手を海に差し伸べました。

すると、分かれていた海は元に戻り、エジプト軍は海に飲み込まれてしまいました。

 

こうして、モーセたちは再びカナンの地を目指し始めたのです。

イスラエル人たちがモーセに文句を言いまくる

 

「3イスラエルの人々は彼らに言った、「われわれはエジプトの地で、肉のなべのかたわらに座し、飽きるほどパンを食べていた時に、主の手にかかって死んでいたら良かった。あなたがたは、われわれをこの荒野に導き出して、全会衆を餓死させようとしている」。」

(出エジプト記16章3節)

さて、これでカナンの地にたどり着いてめでたしめでたし。。かと思いきや、そう甘くはありませんでした。

 

その道のりは厳しく、途中で、

空腹に苦しむイスラエル人たちが、モーセたちにブーブーと文句を言い始めたのです。

イスラエル人
イスラエル人
こんなことなら、エジプトにいた頃のほうが全然ましだった。

お肉もパンもたくさん食べられたし。

あなたたちは、我々を餓死させたいのか!

いやー、何という罪深い身勝手な人々でしょうか。(呆れ)

 

しかし、神様は彼らのために、

  • 夕方➡大量のウズラの肉
  • 朝 ➡マナという不思議な甘いパン

をそれぞれ用意してくださいました。

こうして、イスラエル人たちは、このマナというパンをカナンの地に着くまでの40年間食べ続けることになります。

 

また、イスラエル人たちがのどの渇きでモーセたちに文句を言い始めたときは、

モーセが岩を打つことで水が湧きました。

モーセが十戒を受け取る

 

「18主はシナイ山でモーセに語り終えられたとき、あかしの板二枚、すなわち神が指をもって書かれた石の板をモーセに授けられた。」

(出エジプト記31章18節)

さて、エジプトを出てから3ヵ月経った頃、モーセたちはシナイ山のふもとに着きました。

すると、モーセは神の言葉を聞くために、1人で山に登ることになりました。

 

その山で、モーセは神様から10の戒め、“十戒”を受け取ります。

その内容は、以下の通りです。

  1. あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない。
  2. あなたはいかなる像も造ってはならない。
  3. あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。
  4. 安息日を心に留め、これを聖別せよ。
  5. あなたの父母を敬(うやま)え。
  6. 殺してはならない。
  7. 姦淫(かんいん)してはならない。
  8. 盗んではならない。
  9. 隣人に関して偽証(ぎしょう)してはならない。
  10. 隣人の家を欲してはならない。

モーセが山から降りてきて、これらの言葉をイスラエル人たちに伝えると、彼らは、

イスラエル人
イスラエル人
我々は神様の語られたことを全て行います。

と誓い、こうして神様とイスラエル人の間に契約が結ばれました。

 

つまり、

神様
神様
私の律法を守れば、お前たち(イスラエル人)は神の民として祝福されるぞよ。

という契約ですね。

旧約聖書の、旧約(古い契約)というのは、この契約から来ているんですね!

 

十戒に関しては、【解説】”十戒(じっかい)”の意味とは?神からの優しい教え!?をどうぞ

イスラエル人たち、いきなり十戒を破る

 

「7主はモーセに言われた、「急いで下りなさい。あなたがエジプトの国から導きのぼったあなたの民は悪いことをした。 8彼らは早くもわたしが命じた道を離れ、自分のために鋳物の子牛を造り、これを拝み、これに犠牲をささげて、『イスラエルよ、これはあなたをエジプトの国から導きのぼったあなたの神である』と言っている」。」

(出エジプト記32章7、8節)

ところが、モーセが神様から十戒が刻まれた2枚の石板を受け取りに、再び山に登っている間に、ある事件が起こりました。

 

なんと

モーセが中々帰ってこないことに不安を覚えたイスラエル人たちが、金の雄牛の像を作り、それを拝み始めたのです。

おいおい。。!

 

もちろん、これは、神の律法を破るとんでもない行為でした。

さて、山から降りてきて、この様子を見たモーセはぶち切れ。

 

持っていた十戒が刻まれた石板を、その場で投げて砕いてしまいます。

そして、神に背いた3千人のイスラエル人たちが神に裁かれ、命を落としました。

 

ちなみに、この後、モーセの訴えによってなんとか神様ともう1度契約を結び、改めて十戒を受け取ることができました。

幕屋の建設

 

「20イスラエルの人々の全会衆はモーセの前を去り、 21すべて心に感じた者、すべて心から喜んでする者は、会見の幕屋の作業と、そのもろもろの奉仕と、聖なる服とのために、主にささげる物を携えてきた。」

(出エジプト記35章20、21節)

しかし、イスラエル人たちはようやく心を入れ替えたのか、ここで初めて神様のために進んで行動し始めます。

つまり、幕屋の建設です。

 

幕屋とは、簡単に言うと、神様を礼拝するための聖なる場所となるテントのこと。

また、イスラエル人たちは、幕屋で神に仕える祭司のために、特別な着物などを作ったりもしました。

 

こうして、幕屋は完成すると、モーセはイスラエル人たちを祝福し、神様の栄光が幕屋に満ちました。

キートン
キートン
お疲れさまでした!

まとめ:出エジプト記は、モーセがイスラエル人たちをエジプトから連れ出すお話!

まとめ:出エジプト記は、モーセがイスラエル人たちをエジプトから連れ出すお話!
  1. 預言者モーセの誕生
  2. モーセ、神様から出エジプトの使命を受ける
  3. モーセがエジプトに10の災いを下し、出エジプト達成
  4. モーセが海を割り、カナンの地を目指す
  5. イスラエル人たちがモーセに文句を言いまくる
  6. モーセが十戒を受け取る
  7. イスラエル人たち、いきなり十戒を破る
  8. 幕屋の建設

出エジプト記、いかがでしたか?

結構長めのお話でしたが、印象的なシーンが多く、面白かったですね!

 

それにしても、このイスラエル人たちを見ていると、何とも人間の罪深さがよく分かりますね。

奴隷から救ってもらっておいて、文句ばかり言うわ、神様との約束もすぐに破るわ。

 

でも、これって、現代の人間を見ていると、大して変わっていないのかも。。

キートンでした。

【聖書人物】"モーセ"とはどんな人?海を割った偉大な預言者!?海を割ったことで知られる"モーセ"という人物について、クリスチャンの僕が分かりやすくご紹介します。この記事を読めば、モーセの生涯などが丸わかりです!...
【解説】モーセの"十戒(じっかい)"の意味とは?簡単にまとめてみたモーセの十戒の意味を知りたい方は必見!この記事では、クリスチャンの僕が、聖書に書かれているモーセの十戒の意味やその内容について分かりやすく解説しています。実は、モーセの十戒は現代でも通用する大切な教えなんです。この記事を読めば、モーセの十戒について理解できるようになりますよ。...

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です