聖書人物シリーズ

【恐怖】聖書の”三大悪女”をクリスチャンがまとめてみた【閲覧注意】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

男の心を弄び、自分の欲望の赴(おもむ)くがままに支配する。

そんないわゆる“悪女”と呼ばれる人々は、どこの世界にもいるものです。

 

そして、それは聖書の世界でも同じこと。

聖書に登場する女性はそれほど多くありませんが、その中にも男を利用し、とんでもない事件を起こす悪女の存在があります。

 

というわけで今回は、クリスチャンの僕が独断と偏見で聖書の”三大悪女”を選んでまとめてみました!

あくまでも僕の個人的なチョイスなので、ご了承ください。

 

さあ、女の怖さに打ち震えるがいい!!

キートン
キートン
良い子は見ないでね!
【最強の書物】キリスト教の"聖書"ってどんな本?未だに売れ続ける永遠のベストセラー!?ジーザス、エブリワン!キートンです。 さて、今回は、クリスチャンの代表的アイテム"聖書"についてお話したいと思います。 皆さんは...

悪女とは?

悪女の定義付けは難しいですが、この記事では、

  • 冷酷無比である
  • 自分の目的のためには手段を選ばない
  • 女性の魅力を使って男をもてあそぶ
  • 平気で非道徳的なことをする

などの特徴がある悪い女性を総称して”悪女”としています。

 

世界的に有名な悪女としては、エジプト最後の女王“クレオパトラ”

清時代の権力者“西太后(せいたいごう)”などが挙げられます。

日本では”北条政子”なんかが悪女として有名だにゃ~。

聖書の三大悪女をクリスチャンがまとめてみた

さて、皆さま心の準備はよろしいですか?

悪女の魔力にやられないようにご注意くださいね!

◎聖書の三大悪女

  1. デリラ
  2. サッピラ
  3. イゼベル

①デリラ

キートン
キートン
デリラさん、あなたの悪女エピソードを教えてください。
私は、士師サムソンの弱点を女の魅力を使って聞き出したわ。

だって、そうすればペリシテの人たちがお金をくれるって言うから。

まあ、中々教えてくれなくて大変だったけど♥

デリラ
デリラ

「そこでデリラはサムソンに言った、「あなたの大力はどこにあるのか、またどうすればあなたを縛って苦しめることができるか、どうぞわたしに聞かせてください」。」

(士師記16章6節)

さて、トップバッターを飾るのは、聖書を代表する悪女のデリラ。

恐らく、今回ご紹介する悪女の中では最も有名な人物でしょう。

 

デリラは、士師のサムソンを誘惑し、その弱点を聞き出したことで知られています。

サムソンは聖書1の怪力で知られ、宿敵であるペリシテ人はそのパワーに手を焼いていました。

 

そこでペリシテ人のリーダーたちは、サムソンが惚れている女性デリラに交渉を持ちかけることにしたのです。

ペリシテ人
ペリシテ人
サムソンの弱点を聞き出してくれないか?

そうすれば、何千枚もの銀をあなたに与えよう。

 

こうして、デリラはこの交渉に応じ、サムソンに弱点を聞き始めました。

ねえねえ、サムソンさん。

あなたの怪力はどこから来ているの??

私に教えてちょーだい♥

デリラ
デリラ

しかし、さすがにサムソンもそんなに簡単に自分の弱点を話しません。

 

サムソンは3度デリラに嘘を付き、自分の弱点をうまくごまかしました。

ところが、デリラの泣き落としは日々威力を増していきます。

サムソンさん、酷いわ。。

怪力の秘密も教えてくれないのに、よく私のことを愛してるなんて言えるわね!

デリラ
デリラ

 

こんなことを毎日言われ続けたサムソンは、さすがに精神的に参り、辛くなってきました。

そして、サムソンはついにデリラに自分の弱点をばらしてしまったのです。

サムソン
サムソン
実は俺、生まれてから一度も頭にカミソリを当てたことがないんだ。。

髪を剃(そ)られたら力を失ってしまうからね。

 

これを聞いたデリラは、膝の上でサムソンを眠らせると、髪を全て剃ってしまいました。

こうして、力をすべて失ってしまったサムソンは、ペリシテ人たちに捕まり両目をえぐられてしまったのでした。

 

その後、サムソンは神様に祈って力を取り戻しますが、結局はペリシテ人たちを道連れにして死んでしまいます。

つまり、デリラは、サムソンを死にまで追いやったとんでもない悪女なのです。

 

お金のためとはいえ、ここまでしますかね。。

"サムソン"とは?聖書1の怪力の持ち主!?【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書で最も力持ちの人は誰だか知っていますか?? 正解は、士師"サムソ...

②サッピラ

キートン
キートン
サッピラさん、あなたの悪女エピソードはなんでしょうか?
私は夫のアナニアと共に自分たちの資産を売ってそのお金を教会に寄付したのだけれど、全額を寄付したと嘘をついてしまいましたわ。

本当は一部のお金を自分たちのものにしていたんです。

まあ、そのせいで私たち2人とも倒れて死んでしまいましたけど。

サッピラ
サッピラ

「ところが、アナニヤという人とその妻サッピラとは共に資産を売ったが、共謀して、その代金をごまかし、一部だけを持ってきて、使徒たちの足もとに置いた。」

(使徒行伝5章1、2章)

サッピラは、単独というよりも夫のアナニアとセットでの悪ですね。

あまり有名な人物ではなく登場箇所も少ないですが、そのエピソードはかなりのインパクトがあります。

 

あるとき、サッピラと夫のアナニアは自分たちの資産を売り、そのお金を教会に寄付しました。

ここだけ見たら、ただの素晴らしい人たちですよね。

 

しかし、そこには大きな問題がありました。

サッピラたちは、本当は資産を売ったお金の一部を自分たちのものにしていたにも関わらず、全額寄付したと嘘を付いたのです。

あちゃー。。!

 

そして、これは神様をだます行為であり、大きな罪。

このことを使徒のペテロに気付かれ、

ペテロ
ペテロ
アナニアよ、あなたはなぜお金をごまかしたのか。

あなたは人を欺(あざむ)いたのではなくて、神を欺いたのだ!!

と強く叱られた夫のアナニアは、なんと突然倒れて息絶えてしまいます。

 

さて、夫の死後、何も知らないサッピラがやって来ると、またしても使徒のペテロが言いました。

ペテロ
ペテロ
あなたがたは2人で協力して神様を試みるとは何事だ!

あなたの夫のアナニアはもう葬られたが、あなたもすぐに運び出されるだろう。

すると、なんとサッピラまでもがその場で倒れて息絶えてしまいました。

「ペテロは言った、「あなたがたふたりが、心を合わせて主の御霊を試みるとは、何事であるか。見よ、あなたの夫を葬った人たちの足が、そこの門口にきている。あなたも運び出されるであろう」。すると女は、たちまち彼の足もとに倒れて、息が絶えた。」

(使徒行伝5章9、10節)

サッピラたちがいけなかったのは、全額を寄付しなかったこと自体というよりも、全額を寄付したと”嘘を付いた”こと。

もしかしたら、全額を寄付したということで皆から称賛されたかったのかもしれません。

 

しかし、その悪い心が結果的に死という最悪な結果を招いてしまいました。

自らも死へと追いやるほどの悪女エピソードは、かなりのインパクトがありますね。。

【12弟子】"聖ペテロ"とは?おっちょこちょいな12弟子リーダー!?ジーザス、エブリワン!キートンです。 イエス・キリスト12弟子のリーダーと言えばー?? そうですね、ペテロですね。(...

③イゼベル

キートン
キートン
イゼベルさん、あなたの悪女エピソードは何でしょうか??
私は夫のアハブを利用して、バアルという神様を国中に広めたわ。

その影響で国はどんどん堕落していったわね。

それと、私たちに歯向かってきた預言者エリヤを殺そうとしたこともあったわねえ。

他にも悪いことをした気がするけど、もう忘れたわ★

でも、全部夫のためにしたことなのよ?フフッ

イゼベル
イゼベル

「イゼベルはナボテが石で撃ち殺されたのを聞くとすぐ、アハブに言った、「立って、あのエズレルびとナボテが、あなたに金で譲ることを拒んだぶどう畑を取りなさい。ナボテは生きていません。死んだのです」。」

(列王記上21章15節)

イゼベルは、今回ご紹介する中でもずば抜けたキングオブ悪女と言っていいでしょう。

前述したデリラもバトシェバも実は悪女じゃない説がある一方で、このイゼベルは救いようのない正真正銘の悪女なのです!

 

その悪女っぷりは一言では言えないので、まとめると以下の通りです。

◎イゼベルの悪女エピソード

  • 異教の神であるバアル神をイスラエルに導入し、堕落させる
  • バアル神を信仰しないユダヤの預言者たちを殺しまくる
  • 自分たちに敵対する預言者エリヤを殺そうとする
  • ナボトという人物のブドウ畑を奪い殺害する

うん、もう悪女じゃなくて悪魔ですね。

当り前のように人を殺してるし、悪女のレベルを超えてますよこれ。。

 

当時の状況を詳しく説明すると、かつてイスラエルという国は真の神様を信じない悪い王様が続いていました。

そして、それが最悪となったのがアハブ王の頃です。

 

全ての悪夢は、アハブ王が悪女イゼベルと政略結婚したことから始まりました。

まず、イゼベルはイスラエルに”バアル”という異教の神様を持ち込んだのです。

なんてことを。。

 

そして、夫のアハブ王にバアル神の神殿を造らせ、真の神様を信じる預言者たちを次々と殺害していきました。

しかし、そこに現れたのが偉大な預言者エリヤ。

 

イスラエルを正すために使わされたエリヤは、イゼベルたちと対立します。

そして、バアルの預言者たちとどちらが本物の神様なのか対決をし、けちょんけちょんにやっつけてしまいました。

「エリヤは彼らに言った、「バアルの預言者を捕えよ。そのひとりも逃がしてはならない」。そこで彼らを捕えたので、エリヤは彼らをキション川に連れくだって、そこで彼らを殺した。」

(列王記上18章40節)

ところが、それにぶち切れたのがイゼベル。

イゼベルは使者を送ってエリヤを殺そうとしましたが、エリヤは何とか遠くに逃げることができました。

怖すぎるにゃ~。

 

また、夫のアハブ王が宮殿近くのブドウ畑を買おうとしたときのこと。

結局断られてしまい、落ち込むアハブ王を見たイゼベルは、人を使ってブドウ畑の持ち主ナボトを石で打ち殺させました

 

そして、イゼベルは夫のために持ち主のいなくなったブドウ畑を奪い取ったのです。

酷すぎますね。。

 

さて、このような残虐な悪女っぷりを発揮してきたイゼベルですが、皆さん安心してください!

イゼベルは、ちゃんとこうした悪行の報いを受けることになります。

「すなわち『エズレルの地で犬がイゼベルの肉を食うであろう。 37イゼベルの死体はエズレルの地で、糞土のように野のおもてに捨てられて、だれも、これはイゼベルだ、と言うことができないであろう』」。」

(列王記下9章36、37節)

イゼベルの最期は、それはそれはむごく悪女にふさわしいものでした。

夫アハブの死後も国の実権を握り続けていたイぜベルですが、イエフという人物の反乱に遭い、当時の王様ヨラムが殺害されます。

 

そして、その後イゼベルも仲間に見捨てられ、

城門から突き落とされて馬に踏まれた上に犬に食いちぎられるというとんでもない死を遂げたのでした。

死に方まで悪役だ。。!

 

その遺体はもはや人の形をしていなかったとか。。

"エリヤ"とはどんな人物?神様からの超お気に入り!?【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は聖書に登場する、"エリヤ"という偉大な預言者をご紹介したいと思います。 ...

おまけ:バトシェバ(ある意味悪女?)

さて、以上で三大悪女の紹介は終わりですが、最後にもう1人の女性を紹介させてください。

その女性の名は“バト・シェバ”。

 

バトシェバは、あのイスラエルの英雄ダビデが、痛恨の大罪を犯してしまったきっかけとなった女性です。

どういうことかというと、ある日の夕方、ダビデが宮殿の屋上を歩いていると、体を洗っている美しい女性を発見します。

「さて、ある日の夕暮、ダビデは床から起き出て、王の家の屋上を歩いていたが、屋上から、ひとりの女がからだを洗っているのを見た。その女は非常に美しかった。」

(サムエル記下11章2節)

その女性こそバトシェバであり、なんとダビデは彼女の美しさに一目惚れ。

そして、こともあろうにダビデは人妻であるバトシェバと関係を持ち、妊娠させてしまったのです。

これはやばい。。

 

しかも、それだけではありません。

この不倫がバレるのを恐れたダビデは、夫のウリヤを戦場に送り出して殺してしまいました。

「彼はその手紙に、「あなたがたはウリヤを激しい戦いの最前線に出し、彼の後から退いて、彼を討死させよ」と書いた。」

(サムエル記下11章15節)

これって、普通に凶悪犯罪レベルですよね。。

きっとバトシェバは、あの英雄ダビデが不倫と殺人という大罪を犯してしまうほど、魅力的な女性だったのでしょう。

 

本人の自覚はなくとも、男を魅了するバトシェバはある意味で罪深い悪女なのかもしれませんね。。

"ダビデ王"ってどんな人?イスラエルの英雄!?【3分で分かる】 ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書で好きな人物は誰でしょうか? ノア?アブラハム?モー...

まとめ:聖書にはまだまだ悪女が潜んでいる。。?

◎聖書の三大悪女

  1. デリラ
  2. サッピラ
  3. イゼベル

いやー、背筋も凍るとんでもない悪女たちでしたね。。

皆さんも、女性にはくれぐれも気を付けてくださいね!

 

今回は3人に絞りましたが、聖書にはまだ隠れた悪女が眠っています。

それは皆さん自身が見つけてみてください。

 

。。。あれ、体の震えがまだ止まらないぞ??(女性恐怖症)

ではまた!

【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...

ABOUT ME
キートン
月間4万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

POSTED COMMENT

  1. プロピオン酸エステル より:

    「※バトシェバはダビデを誘惑していない説もありますが、本記事では誘惑したという解釈で進めています。」とありますが、誘惑してない解釈のほうが明らかに自然ではないでしょうか。

    わかりやすいエピソードにしたい気持ちはわかりますが、仮にも「聖書講座」を標榜するブログでここまでアクロバティックな解釈をして簡素な注釈のみというのはいかがなものかと思います。

    この件の提案は以下です

    ①該当エピソードの聖書箇所を引用しておく。(デザインが冗長になるのでアコーディオンにしまうとかしたらよいと思います)

    ②サッピラとか、もっとわかりやすい人物を出す

    ③バト・シェバのエピソードは末尾にして「悪女かもしれないこんな人物もいますよ」枠で紹介する

    応援したいので、修正をご一考くだされば幸いです。

    • キートン より:

      プロピオン酸エステルさん、コメントありがとうございます!

      書籍の中には”バト・シェバ悪女説”が唱えられているものもあるのですが、確かに一般的な解釈ではなかったかもしれません。

      どうしても悪女枠に加えたくてこちらの解釈を採用してしまいました。大変失礼いたしました。

      バト・シェバの代わりにサッピラに修正いたしました。

      貴重なご指摘ありがとうございます。今後も当ブログをよろしくお願いいたします。

      • プロピオン酸エステル より:

        さっそくの対応ありがとうございました。修正版拝見いたしました。ライティングが素早くて脱帽です。バト・シェバは意図的な悪女~というより「自覚はしてなかったかもしれないけど罪な女」という表現、しっくりきます。

        私は、罪の結果から生まれた家系のイエスが我らの救い主であるということ、聖書の「単純な勧善懲悪とは言い難いその多角的な要素」に惹かれてクリスチャンになった者です。バテ・シェバやダビデの「弱さと揺らぎの中で犯してしまった罪」それをも福音に変える父子聖霊なる神の織り成す物語の壮大さが好きなので、少し熱くなってしまいました。

        バト・シェバ悪女説は書籍の元ネタがあったのですね。もし可能であれば出典を教えていただけると嬉しいのですが、お忙しい事と思いますので無理にとは申しません。

        貴重なお働き感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です