聖書物語シリーズ

【聖書】”天地創造”の意味とは?この世界は6日間で造られた!?

天地創造

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

さて、今回は聖書の一番始めに書かれている天地創造についてご紹介します。

皆さんは、この世界はどうやってできたと思いますか?

えーっと、ビックバン。。?

最初から存在してたんだよ、この世界は!

恐らく一般の方はこのような回答をするのではないでしょうか。

 

しかし、クリスチャンに同じ質問をしたらこう即答することでしょう。

神がお造りになった!

と。(この人誰なんだろう。。?)

 

それは、まさにこの天地創造のお話が根拠(こんきょ)になっているのです

そこで、この記事では聖書に書かれている”天地創造”の意味について分かりやすくご紹介したいと思います!

この記事を読むことで、あなたは世界の真実を目にすることになるのです。。!

ふっふっふっふ。。(怪しげ)

“天地創造”とは?

“天地創造”は、旧約聖書の1番初め(創世記)に書かれているお話で、内容をざっくり言うと、

神様がこの世界を6日間で造られ、7日目に休まれたというもの。

 

以下の書き出しが、非常に有名ですね!

「1はじめに神は天と地とを創造された。」

(創世記1章1節)

もちろん、人間もこの過程の中で造られました。

 

ただし、この天地創造がいつ行われたのかに関しては諸説あり、

正確な年代に関しては分かっていません。

“天地創造”のあらすじ

天地創造は、7日間に分かれてお話が進むので、日にちごとに見ていきましょう。

◎天地創造の流れ

  • 1日目 光を造った。昼と夜を分けた。
  • 2日目 空(天)を造った。
  • 3日目 地上と海を造った。地上に植物を生やした。
  • 4日目 太陽と月と星を造った。
  • 5日目 海と空の生物(魚や鳥など)を造った。
  • 6日目 地上の生物(獣や人など)を造った
  • 7日目 自分の仕事に満足して、休んだ。

1日目”光の誕生”

1日目"光の誕生"

「3神は「光あれ」と言われた。すると光があった。 4神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。 5神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。」

(創世記1章3~5節)

これはまだ世界が誕生する前のお話。

神はあるとき、天地を創造されました。(いきなりか!というツッコミはなしで)

 

そして、言われました。

神様
神様
光あれ。

と。

 

すると闇で覆われていたこの世界にが生まれました。

そして、光と闇を分けて、それぞれを“、”と名付けました。

 

神様は光を見て、良しとされました。

2日目”空の誕生

2日目"空の誕生"

「6神はまた言われた、「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」。 7そのようになった。神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。 8神はそのおおぞらを天と名づけられた。夕となり、また朝となった。第二日である。」

(創世記1章6~8節)

次の日に、神は言われました。

神様
神様
水の中に大空あれ。水と水を分けよ。

と。

 

こうしてができ、神様はそれを天と呼ばれました。

3日目”地上と海、植物の誕生”

3日目"地上と海、植物の誕生"

「9神はまた言われた、「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」。そのようになった。 10神はそのかわいた地を陸と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。神は見て、良しとされた。 11神はまた言われた、「地は青草と、種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」。そのようになった。 12地は青草と、種類にしたがって種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ木とをはえさせた。神は見て、良しとされた。 13夕となり、また朝となった。第三日である。」

(創世記1章9~13節)

また次の日、神は言われました。

神様
神様
天の下の水は1つの所に集まれ。乾いた所が現れよ。

と。

 

神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼びました。

こうして地上と海ができました。

 

そして、神はまた言われました。

神様
神様
地は草を芽生えさせよ。

種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹(かじゅ)を、地上に芽生(めば)えさせよ。

と。(ちょっと何言ってるか分からない!というツッコミはなしで)

 

こうして、地上に植物が生えました。

神様はこれらを見て、良しとされました。

4日目”太陽、月、星の誕生”

4日目"太陽、月、星の誕生"

「14神はまた言われた、「天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、しるしのため、季節のため、日のため、年のためになり、 15天のおおぞらにあって地を照らす光となれ」。そのようになった。 16神は二つの大きな光を造り、大きい光に昼をつかさどらせ、小さい光に夜をつかさどらせ、また星を造られた。 17神はこれらを天のおおぞらに置いて地を照らさせ、 18昼と夜とをつかさどらせ、光とやみとを分けさせられた。神は見て、良しとされた。 19夕となり、また朝となった。第四日である。」

(創世記1章14~19節)

次の日、神は言われました。

神様
神様
天の大空に光る物があって、昼と夜を分け、季節のしるし、日や年のしるしとなれ。

天の大空に光る物があって、地を照らせ。

と。

 

こうして、太陽ができました。

そして、太陽には昼を月には夜を担当させ、それらを大空に配置して地上を照らさせました。

 

神様はこれらを見て、良しとされました。

5日目”魚や鳥の誕生”

5日目"魚や鳥の誕生"

「20神はまた言われた、「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ」。 21神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた。 22神はこれらを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」。 23夕となり、また朝となった。第五日である。」

(創世記1章20~23節)

次の日に、神は言われました。(神ってよく喋るなー!というツッコミはなしで)

神様
神様
生き物が水の中に群(むら)がれ。

鳥は地の上、天の大空の面(おもて)を飛べ。

と。

 

こうして、などが生まれました。

神様はさらにこれらのものを祝福して言われました。

神様
神様
産めよ、増えよ、海の水に満ちよ。

鳥は地の上に増えよ。

つまり、鳥や魚が増え広がるように言われたのです。

 

神様はこれらのものを見て、良しとされました。

6日目”獣や人間の誕生”

6日目"獣や人間の誕生"

「24神はまた言われた、「地は生き物を種類にしたがっていだせ。家畜と、這うものと、地の獣とを種類にしたがっていだせ」。そのようになった。(中略)26神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。」

(創世記1章24~26節)

次の日に、神は言われました。

神様
神様
地はそれぞれの生き物を産み出せ。

家畜、這(は)うもの、地の獣(けもの)をそれぞれに産み出せ。

と。

こうして、家畜が生まれました。

 

また、神は言われました。

神様
神様
人間だけは特別に、我々に似せて造ろう!

そして魚や鳥、家畜などあらゆる生物をすべてを支配させよう。

と。

 

こうして、人間が生まれました。

そう、この人間というのが初の人類であるアダムとエバです。

 

そして、神様の宣言通り、これ以降人間があらゆる生物を支配するようになります。

神様はご自分がお造りになった全てのものをご覧になり、満足されました。

 

アダムとエバについては、【聖書物語】人間の始まり!?”アダムとエバ(イブ)”の生涯とは?をどうぞ

7日目”休憩”

「2神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終って第七日に休まれた。 3神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終って休まれたからである。 4これが天地創造の由来である。」

(創世記1章2~4節)

そして、次の日の7日目。

神は自分の仕事に満足して、休むことにしました。

 

こうして神による天地創造は完了しました。

この世界は、偶然できたわけじゃない!?

さて、上記が天地創造の主な内容ですが、このお話から分かることは何でしょうか。

それは、私たち人間も含めてこの世界は、神様の明確な意志によって造られたということです。

 

決して、自然に発生したわけでも、最初から存在していたわけでもありません。

この世界は、神様が愛を持って心を込めて造られた素晴らしい作品なのです。

 

だって、この世界にあるものを見渡してみてください。

  • 動物
  • 草木

など、どれも驚くほど精密に形作られて、デザインされているのが分かります。

 

そして、その中でも最高傑作と言われているのが、私たち人間です。

その証拠に、人間だけは神様に似せて造られ、他の生物を支配させる権利まで下さいました。

26神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。」

(創世記1章26節)

超VIP待遇。。!

 

また、新約聖書にもこう書かれています。

「10わたしたちは神の作品であって、良い行いをするように、キリスト・イエスにあって造られたのである。」

(エペソ人への手紙2章10節)

私は、父からこんな話を聞いたことがあります。

父は学生の頃、生物学を先行しており、人体解剖の実験を行っていたそう。

 

その時に、父は、

父
人間の体というのは、これほど精密にできているのか!

これは、神様の存在を信じざるを得ない。

と驚いたんだとか。

 

そう、自然に生まれるには、この世界はあまりにも美し過ぎるのです。

もっと周りのものをじっくり見てみると、そこには神様の大きな愛が込められているのが分かるでしょう。

神様、ありがとう。。
【反論禁止】人間への神の愛が半端じゃないことが分かる3つの真実ジーザス、エブリワン!キートンです。 あなたは、誰かに死ぬほど愛されたことはありますか? あるいは、誰かに死ぬほど愛...

天地創造は、”安息日”の由来!?

キリスト教では、イエスが復活されたと言われている日曜日のことを安息と呼びます。

そして、この日は仕事などはお休みし、教会に行って神に礼拝を捧げるのが一般的です。

キートン
キートン
まあ、聖書に従うと本当の安息日は土曜日なんですが。。!

 

ちなみに、キリスト教だけでなく、同じく一神教のユダヤ教とイスラム教も

  • ユダヤ教 ➡土曜日
  • イスラム教➡金曜日

とこちらにも安息日は存在します。

では、なぜこうした安息日があるのかというと、それがこの天地創造のお話と関係しています。

 

それは、7日目に神が休まれたということです。

「神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終って第七日に休まれた。神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終って休まれたからである。」

(創世記2章2、3節)

これにならって安息日が7日間に1回設(もう)けられています。

 

つまり、天地創造には、神様の、

神様
神様
私も7日目に休んだのだから、同じようにあなたたちも休みなさい。

というメッセージが込められているんですね。

 

いやー、もっと安息日増えないかなあ。。(ただの怠け者)

安息日については、【キリスト教用語】”安息日”とは?絶対に働いちゃいけない日!?をどうぞ

天地創造を描いた映画がある!?

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

大まかに天地創造の説明をしてきましたが、実はこの内容を映像化してくれている作品があります。

それが、映画“天地創造”です。(そのままやないかい)

 

ただし、タイトルは天地創造ですが、実際の天地創造のシーンは冒頭の少しの間だけです。

なぜなら、本作は天地創造だけでなく、

といった旧約聖書の”創世記”のダイジェストのような内容になっているから。

 

とはいえ、”天地創造”の大体の雰囲気は掴めると思うので、興味のある方はぜひ!

その他のキリスト教系映画は、【おすすめ】聖書が学べるキリスト教映画7選まとめ【動画あり】をどうぞ

“天地創造”を描いた絵画

では、最後に天地創造を描いた絵画をいくつかご紹介しますね!

【まとめ】有名な西洋の絵画12点から見るキリスト教【解説付き】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは絵画が好きですか? 僕はたまに美術館に行って鑑賞する程度には好きです。...

『アダムの創造』(ミケランジェロ)

システィーナ礼拝堂の天井画の一部で、ミケランジェロの代表作。

皆さんも、一度は見たことがあるのではないでしょうか!

超有名な作品だにゃ~。

 

これは、神様が最初の人間アダムに命を吹き込んでいるシーンですね。

いやー、すごい躍動感!

『天地創造と楽園からの追放』(ジョヴァンニ・ディ・パオロ)

これは、天地創造とアダムとエバの楽園追放をどちらも描いた作品ですね。

この2つのシーンが合わさっているのには、どのような意味があるのでしょうか。。?

『天地創造』(ウィリアム・ブレイク)

神様が天地を造られる最初のシーンです。

つまり、『光あれ』と言っているところですね。

 

手からビームみたいのが出ててカッコイイ。。(語彙力)

まとめ:天地創造は世界誕生のお話!

◎天地創造の流れ

  • 1日目 光を造った。昼と夜を分けた。
  • 2日目 空(天)を造った。
  • 3日目 地上と海を造った。地上に植物を生やした。
  • 4日目 太陽と月と星を造った。
  • 5日目 海と空の生物(魚や鳥など)を造った。
  • 6日目 地上の生物(獣や人など)を造った
  • 7日目 自分の仕事に満足して、休んだ。

お話に起伏(きふく)がなく、同じパターンが続くので退屈に感じたかもしれませんが、

“天地創造”はクリスチャンにとって、世界の始まりが書かれている大切な部分です。

 

全てはここから始まるんですね。

最初の数ページだけですから、機会があれば読んでみてください!

 

6日間あれば読み終わるはずです。(天地創造か)

キートンでした。

【完全版】聖書の主な物語をまとめてみた【有名な傑作ぞろい】聖書の主な物語をクリスチャンがざっくりまとめてみました!個別の記事リンクに飛べば、もっと詳しい物語のストーリーが見れますよ。...
創世記
【聖書】"創世記"とは?あらすじを分かりやすくまとめてみたジーザス、エブリワン!キートンです。 こういった疑問にお答えします。 キリスト教が使う旧約聖書の最初には、"...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です