聖書を学ぶ

聖書のここが面白い!その魅力7選【クリスチャンがご紹介】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

今回は、クリスチャン歴=年齢のわたくしキートンが、聖書の魅力についてお話したいと思います。

聖書と言えば、クリスチャンには欠かせないマストアイテムです。

 

ところが、聖書の一般的なイメージといえば、

分厚い、難しそう、説教くさそう

など、ネガティブなものばかり。

ごほん、ちょっとひとこと言わせてくださいね。

この無礼者どもがぁ!!!

永遠のベストセラーであり、史上最強の書物である聖書大先生に対して何という失礼な言い草だコラァ!!

。。。はい、すみません、ちょっと毒を吐きました。(完全にチンピラ)

 

まあ、とにかく、クリスチャン以外の人に聖書大先生の魅力が全然伝わってないということを私は嘆いているのです。

 

しかし、聖書にネガティブイメージを持っている人たちのほとんどは、恐らくちゃんと聖書を読んだことがないのではないかと思います。

いわゆる、“読まず嫌い”ですね。

 

そこで、今回はいつもお世話になっている聖書大先生の名誉を挽回すべく、わたくしがその魅力について語っていきます!

この記事を読めば、すぐに聖書を手に取りたくなるでしょう。

聖書とは?

聖書というのは、キリスト教の聖典のことで、毎年世界で数億冊以上が発行されている最強の書物のことです。

キリスト教にとっては教科書のような存在ですね。

 

別名、”永遠のベストセラー”と呼ばれることもありますね。

クリスチャンは基本的に、この聖書の教えを胸に生きています。

⬇詳しくは、こちらの記事をどうぞ

【最強の書物】キリスト教の"聖書"ってどんな本?未だに売れ続ける永遠のベストセラー!?ジーザス、エブリワン!キートンです。 さて、今回は、クリスチャンの代表的アイテム"聖書"についてお話したいと思います。 皆さんは...

聖書のここが面白い!その魅力7選

それでは、聖書の魅力を見ていきましょう!

◎聖書のここが面白い!その魅力7選

  1. 色んな作品のルーツが分かる
  2. 世界の様々なものの起源が書かれている
  3. 登場人物たちが魅力的
  4. 人生の生き方が学べる
  5. 絵本のような物語がある
  6. イエス・キリストについて学べる
  7. あの偉人たちも絶賛している

①色んな作品のルーツが分かる

文学や音楽、絵画や映画など、キリスト教を題材にした芸術作品には枚挙にいとまがありません。

絵画1つとっても、

 

など有名なものがたくさんあります。

 

聖書を読めば、それらのルーツを知ることができ、より芸術作品を楽しむことができるんですね。

特に、海外の芸術作品に触れる上で、キリスト教の知識は避けて通れない部分でしょう。

 

海外文学などを読んでみても、キリスト教の教養が前提になっていることがあって驚くことがあります。

それくらい、キリスト教は様々な分野に影響を与えているんですね。

 

常識として知っておいて損はないですよ!

"最後の晩餐(ばんさん)"の意味とは?ただのディナーじゃない!?【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は、聖書の中でも特に有名な場面、"最後の晩餐(ばんさん)"についてご紹介します。...

②世界の様々なものの起源が書かれている

聖書には、作品のルーツだけでなく、今この世界にあるもののルーツまでもが書かれています。

例えば、

 

などなど。

 

こういったお話を“原因譚(げんいんたん)”なんて呼んだりしますが、

物事の起源が分かると何かちょっとワクワクしませんか?

 

学んだ後は、周りの人に言いふらしたくてしょうがなくなるはずです!

俺たち人間に寿命があるのは、アダムとエバが禁断の果実に手を出したからなんだぜー?

マジでムカつくよなー、アダムとエバのせいで俺たちいつか死ななきゃいけないんだぜー?

俺なら、絶対にそんなヘマはしないね。絶対しない。

 

みたいな感じで。うん、ちょっとウザいですね。

ちなみに、上記にあげた物語はすべて旧約聖書の“創世記”に書かれているので、もし良かったらそこだけでも読んでみて下さい!

③登場人物たちが魅力的

聖書には、たくさんの魅力的な人物が登場します。

えー、聖書の人物なんてどうせ皆立派な人ばっかりでしょ?つまんないよー。

いえいえ、そうでもないんです。

 

聖書には偉人・聖人たちの失敗やダメなところも赤裸々に書かれています。

ですから、聖書には必ずしも完璧人間ではなく、人間臭い人物もたくさん登場するのです。

 

これが聖書の良いところですね。

変に取り繕われていないのです。

 

イエス・キリストの12弟子なんかまさにそうですし、他にも、

  • 人の妻を妊娠させて夫を殺した英雄ダビデ
  • 奥さんたちに別の神様を拝ませた頭脳派ソロモン
  • 女に弱かった怪力サムソン
  • 神様から逃げ出して、魚に飲み込まれた預言者ヨナ

 

など、挙げればキリがありません。

個性が強い。。!

 

でも、だからこそ彼らに親近感が湧くし、キャラクターとしてもすごく面白いのです。

彼らから学べる人生の教訓も多いはずですよ!

【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...

④人生の生き方が学べる

聖書というのは、巨大な自己啓発本でもあります。

人生に必要な生き方や考え方は、全て聖書から学ぶことができるといっていいでしょう。

 

どうせ説教臭い、キリストの教えばっかり書かれてるんでしょー?

いえいえ、そんなことはありません!

 

確かに、イエス・キリストの教えも書かれていますが、

他にも多くの名言・金言が散りばめられているし、たくさんの登場人物や物語からも、多くの学びが得られます。

 

というか、イエス・キリストの教えも、誰にでも通用する普遍的なものですしね!

名言だらけにゃ〜。

 

特に、聖書界のブレーン、ソロモンが書いたと言われる箴言は、自己啓発的要素が強くおすすめです。

正直、聖書があれば他の自己啓発本などいりません!

 

一家に一冊聖書がある。

そんな時代がくればいいですね。

え、でもその分、普通の自己啓発本より読むの大変じゃね?

とか言う人は、ちょっと静かにしましょうね。

【自己啓発】心に残る聖書の名言をまとめてみた【信仰歴28年のクリスチャンがご紹介】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書を読んだことがありますか? もしかしたら、多くの方が鼻くそでもほ...

⑤絵本のような物語がある

絵本のようなお話がたくさんあるのも、聖書の魅力。

どれも読み物として非常に面白いです。

 

例えば、

 

などなど。

 

もちろん、クリスチャンはこれらのお話が本当にあったと信じています!

一般の方には信じられないかもしれませんが、最初はそれでも構いません。

 

何よりもまずは、聖書のお話を楽しむことが大切です。

⑥”イエス・キリスト”について学べる

キリスト教といえば、やはりイエス・キリストです。

 

聖書の新約の部分には、イエス・キリストがこの地上に生まれて以降のお話が書かれています。

イエス・キリストと言えば、人類史上最も有名で最も多くの人々に影響を与えている人物と言っても過言ではありません。

まさに、カリスマ。。

 

そんな彼の生涯を知ることは、クリスチャンではなくても大切なことのように思います。

また、その教えもハッとさせられるものばかりですし、名言も数知れず。

 

例えば、イエスキリストが語られたこんな名言。

「だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。」

(‭‭マタイによる福音書‬ ‭6:34)‬

どうですか?すごく前向きな気持ちになりませんか??

 

ぜひ、他の部分は読まなくても、

このイエス・キリストの生涯が書かれている“福音書”(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ)だけでも読んでみてください!

イエス・キリストとはどんな人物?その短くも濃い人生をまとめてみた【5分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです! 皆さんは、人類史上最も有名な人物は誰だと思いますか? アインシュタイン?レオナルド...

⑦あの偉人たちも絶賛している

聖書は、誰もが知っている偉人たちからも高い評価をうけています。

例えば、

  • ナポレオン
  • ニュートン
  • ゲーテ
  • ガリレオ
  • エジソン
  • リンカーン

 

などなど。

そうそうたるメンバーだにゃ〜。

 

一例を挙げると、第16代アメリカ合衆国大統領リンカーンは聖書についてこう語っています。

「聖書は、神が人間に賜った最もすばらしい賜物である。人間にとって望ましいものはすべて含まれている。」

エイブラハム・リンカーン

絶賛ですよね。

 

また、驚くべきなのは、科学者の偉人でも聖書を信じる人が珍しくないということ。

科学者といえば、論理的に物事を考えることに長けていて、聖書で書かれている奇跡などの類は信じなさそうですよね。

 

しかし、それだけ聖書というのは、理屈を超えた魅力があるということでしょう。

これだけの偉人たちも絶賛する聖書。

 

皆さんも、読まないわけにはいきません!

【まとめ】聖書を絶賛する12人の偉人たちとは?ジーザス、エブリワン!キートンです。 聖書は、世界的に売れ続けている、史上最強かつ永遠のベストセラー。 そんな聖書な...

まとめ:とりあえず聖書を読んでみよう!

◎聖書のここが面白い!その魅力7選

  1. 色んな作品のルーツが分かる
  2. 世界の様々なものの起源が書かれている
  3. 登場人物たちが魅力的
  4. 人生の生き方が学べる
  5. 絵本のような物語がある
  6. イエス・キリストについて学べる
  7. あの偉人たちも絶賛している

 

さあ、もう皆さんウズウズしているのではないですか?

 

聖書が読みたくて読みたくて仕方ないのでしょう?

ねえねえ?そうなんでしょう?(ウザい)

 

この記事を通して僕が言いたいのは、聖書を批判するなら、読んでからにしましょう、ということ。

読まずにイメージだけで語ってはダメです!

 

とにもかくにも聖書を読んでみましょう!

 

キートン
キートン
僕がおすすめの聖書のご購入はこちらから!

ABOUT ME
キートン
月間4万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です