生活の悩み

【比較】自己啓発本は嫌い?意味ない?人生を変えたいなら聖書を読め!

ジーザス、エブリワン!キートンです。

自己啓発本って世の中にたくさんあるけど、嫌いな人もいるよね。

あれってなんでなんだろう?自己啓発本が意味ないなら、代わりにどんな本を読めばいいのかな?

こういった疑問にお答えします。

 

皆さんは、“自己啓発本”を読んだことがありますか?

つまり、自分の能力の高め方や、成功の仕方などについて書かれた本のことですね。

 

もっとざっくり言うなら、”生き方のハウツー本”といったところでしょうか。

例えば、

  • 成功するための5つの習慣
  • 人生が変わる!○○の法則
  • ○○な生き方

みたいな感じの本ですね。

 

確かに、自己啓発本は己を奮い立たせ、生きるモチベーションを高めてくれます。

しかし、自己啓発が嫌いな人がいるというのもまた事実です。

 

それは一体なぜでしょうか?

また、果たして自己啓発本で本当に人生が変わるのでしょうか?

 

そこで今回は、かつて自己啓発本マニアだった僕が、

  • 自己啓発本が嫌いな人の5つの理由
  • 結論:自己啓発本で人生は変わらない【読むべきは聖書】
  • 自己啓発本と聖書の4つの違い

という内容をお話したいと思います!

キートン
キートン
この記事を読めば、本当に人生で成功するためにはどの本を読めばいいのかが分かりますよ!

自己啓発本が嫌いな人の3つの理由

この世には、驚くくらいたくさんの自己啓発本が売られています。

しかし、中には自己啓発本が嫌いという人たちもいますね。

 

では、彼らはなぜ自己啓発本を嫌うのでしょうか?

かつて自己啓発本オタクだった僕から見て、主に以下の3つの理由があると思います。

  1. 成功の実現性が低いから
  2. 努力を強いられるから
  3. 似たような内容が多いから

それぞれ見ていきましょう!

①成功の実現性が低いから

①成功の実現性が低いから

自己啓発本には、様々な成功者たちによって成功するために必要なことなどが書かれています。

しかし、自己啓発本の成功実現性は決して高くはありません。

 

なぜなら、その成功法則はあくまでも著者の主観でしかないからです。

たまたま著者がそのやり方で成功しただけで、同じ方法が他の全ての人にハマるとは限りませんよね??

 

なにしろ、時代の流れや運の要素なども絡んできますし、持っている才能や性格も人によって違うのです。

実際、僕は自己啓発本を読んで成功したという人を周りで見たことがありません!

 

皆さんの中にも、

自己啓発本を今までたくさん読んできたけど、全く人生は変わらなかった!!

という方がいるのではないでしょうか?

はい、まあ過去の僕のことなんですけどね。(お前かい)

 

僕は昔かなりの自己啓発本オタクで、あらゆる自己啓発本を読み漁っていました。

しかし、結局お金と無駄な努力を浪費しただけで、人生には何の変化も起こりませんでした。

 

まあ、お前の努力が足りなかったんだと言われたらそうかもしれませんが。。

同じような経験をしたことがある方は、自己啓発本に嫌悪感を抱いているかもしれませんね!

②努力を強いられるから

②努力を強いられるから

自己啓発本を読むと、

  • 高い目標を立てて努力しろ!
  • 継続して頑張り続けろ!
  • 成功体験を積み重ねろ!

というように努力を強いてくる内容が多いことに気付きます。

もちろん、成功者というのは皆とてつもない努力をしているものですし、言っていることは正論なのでしょう。

 

しかし、自己啓発本読んでいると、自分の至らなさに気付いて落ち込んだり疲れたりしてしまうことも事実です。

つまり、

お前はまだまだ努力が足りん!

もっと頑張れ!!

とずっとお尻をムチで叩かれているような感覚でしょうか。

 

それで奮起して実際に頑張れる人もいるでしょうが、中にはそれで潰れてしまう人もいます。

ちなみに、僕が自己啓発本を読み漁っていた頃は、完全に目の色が変わってしまっていました。(やばい)

 

つまり、極度の努力信仰に陥っていたのです。

俺はもっと努力しなくてはならない!隙間時間も全て成功のために頑張るのだ!!

他の人を蹴落としてでも努力して成功するのだ!!

という考えを持った、非情な努力マシーンになってしまっていたんですね。

完全に人として大切な何かを失ってしまっていますよね。

 

きっと、周りから見たら余裕がないクレイジーな人に見えていたことでしょう。

しかも、これで成功していたらまだいいですが、最終的に僕は燃え尽きてボロボロになって終わりました。

 

まあ、僕の場合はかなり極端な例ですが、

自己啓発本を読むことで精神的に追い詰められてしまう人がいるのも事実でしょう。

③似たような内容が多いから

③似たような内容が多いから

自己啓発本を何冊も読んだことがある方は、ある事実に気付くと思います。

そうです、

あれ、似たような内容が多くね?

という事実です。

 

例えば、

  • 継続しよう!
  • 実際に行動に移してみよう!
  • 時間を有効に使おう!
  • 大きな目標を立てよう!
  • あらゆることに感謝しよう!

みたいな内容ですね。

しかも、これらって言われてみるとどれも当たり前の内容なんですよね。

 

まあその当たり前ができない人が多いから、成功者が少ないのかもしれませんが。。

ただ、画期的な成功法則を求めている人からすれば、そういう当たり前の内容がくり返し書かれているとガッカリしてしまいます。

おいおい、そんなこと言われなくても分かっているよ!

ふざけんな!金返せ!!

という感じになってしまうんですね。

 

僕も自己啓発本を読みまくっていた時は、段々本を読むスピードが上がっていました。

これってどういう意味か分かりますか?

 

同じような内容が別の本にも書かれているので、次の内容が予想ができるようになっていったんですよ。

なんですかね、このよく分からんスキルは。。

 

まあ、それくらい自己啓発本の内容は似通っているということです!

結論:自己啓発本で人生は変わらない【読むべきは聖書】

では、結局のところ自己啓発本で人生は変わるのでしょうか?

結論から言いましょう。

 

自己啓発本を読んでも、人生は変わりません。

先ほども言ったように、僕も昔は自己啓発本マニアで、狂ったように自己啓発本を読んでいた時期がありました。

 

なぜなら、人生が上手くいかないことに悩んでおり、自分を変えたいと思っていたからです。

それこそ、何百冊というレベルで自己啓発本を読んだと思います。

 

そして、色々と行動もしてみました。

しかし、結果的に僕の人生は変わりませんでした。

 

なぜなら、自己啓発本には、本当に大切な真理が書かれていないからです。

キートン
キートン
まあ、僕の読み方が悪かったというのもあるかもですが。。

 

ところが、その後、僕はたった1冊の本によって人生が大きく変わることなりました。

その本とは、聖書です。

 

僕は元々キリスト教の家庭で生まれたクリスチャンだったのですが、

恥ずかしながら、大人になるまでほとんど聖書を自分から読んだことはありませんでした。

 

しかし、聖書を読み始めてからは、今まで読んでいた自己啓発本がいかに無駄だったかを知ることとなりました。

そして、僕はあるとき、持っていた自己啓発本をほとんど処分することに決めたのです。

 

その数なんと、本棚3つ分!!

いや、どれだけ自己啓発本にお金費やしたんだって話ですよね。。

 

では、普通の自己啓発本と聖書は一体何が違うのでしょうか?

ここからはこの2つを比較していきたいと思います!

自己啓発本と聖書の4つの違い

では、自己啓発本と聖書の4つの違いを挙げてみましょう!

クリスチャンであり、自己啓発本オタクだった僕だからこそ書ける内容だと思います。

  1. 誰によって書かれたか
  2. 人生のあらゆる悩みを解決できるか
  3. 普遍的な成功法則が書かれているか
  4. 読み継がれてきた実績

①誰によって書かれたか

自己啓発本は、人の人による人のための本です。

つまり、人が人に向けて書いたものだと言えますね。

 

ところが、聖書は神様が人のために書かれた書物です。

聖書にはこう書かれています。

「16聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。」

(テモテへの第二の手紙3章16節)

つまり、より正確に言うと、聖書は神様が人を通して書かれた書物だということです。

 

皆さん、冷静に考えてみてください。

あなたなら、

人が書いた書物と神が書いた書物、どちらを信用するでしょうか?

どういう二択。。!?

 

。。。どう考えても後者ですよね??

実際、聖書は非常に完成された書物です。

 

そこには、人間にとって必要なあらゆる言葉が書き記されています。

聖書を読めば、神様からのメッセージを受け取ることができるのです!

 

聖書の書き手については、聖書の作者は?誰が書いたのかクリスチャンが回答【著者のまとめ表付き】をどうぞ

②人生のあらゆる悩みを解決できるか

自己啓発本には様々なテーマがあり、多くの人は自分の悩みに応じて本を選びます。

例えば、

  • しゃべりが上手くなりたい

➡話術の本

  • 落ち込みやすい     

➡メンタル強化系の本

  • 自分の強みが知りたい  

➡自己分析系の本

  • 職場の人と上手くいかない

➡対人関係の本

といった感じです。

ですから、人生の悩みを全て解決しようと思ったら、とんでもない数の自己啓発本を買わなくてはいけなくなるでしょう。

 

しかし、聖書はすごいですよ。

聖書はなんと、1冊だけで人生の全ての悩みを解決してくれます。

  • 生き方
  • 幸せになる方法
  • 人生の目的
  • お金の使い方
  • 人間関係

などなど、人生における全ての答えが聖書には記されているのです!

これは便利だにゃ~。

 

その代わり、確かに聖書は分厚いです。

並みの読書好きでも、裸足で逃げ出すくらいには分厚いです。

 

本嫌いなら、その場でぶっ倒れるくらいには分厚いです。(しつこい)

でも、何10冊も自己啓発本を買うくらいなら、聖書を1冊買うことを僕はおすすめします。

 

それくらい、聖書は人生のあらゆる場面で僕たちを助けてくれますよ!

言うなればあれですね、聖書は“書籍界のドラえもん”みたいな感じです。

のび太
のび太
助けてよ、聖書えもん~!!

とのび太風に助けを求めれば、そのときにピッタリの神様の言葉が僕たちを救ってくれるんですね。

 

いやー、一家に一冊は欲しいですな!

③普遍的な成功法則が書かれているか

自己啓発本は、色んな成功者によって書かれているものが多いですよね。

私はこういった方法で成功した。

だから、あなたもこのやり方をすれば成功できる!

という感じで。

 

しかし、ここに自己啓発本のワナがあります。

なぜなら、成功の仕方は十人十色であり、その人のやり方が必ずしも万人に当てはまるとは限らないからです。

 

これは、多くの人が自己啓発本で成功できない大きな原因の1つでしょう。

ところが、聖書に書かれているのは、いつの時代の誰にでも通用する普遍的な成功法則です。

「16わたしは福音を恥としない。それは、ユダヤ人をはじめ、ギリシヤ人にも、すべて信じる者に、救を得させる神の力である。

(ローマ人への手紙1章16節)

というよりも、そもそも成功の定義が違います。

 

自己啓発本にとっての成功は、

  • お金持ちになること
  • 夢を実現すること
  • 出世すること
  • 有名になること

などが挙げられることが多いでしょう。

しかし、これらは成功の本質ではありません。

 

一方で、聖書が語る成功とは、

などのことを指します。

そして、聖書に書かれている成功こそ本質であり、それは誰でも得られるのです。

 

なぜなら、神様は私たち人間を愛して下さっており、恵みを惜しみなく与えてくださるかただからですね。

ですから、人生で本当の意味で成功したいのなら、聖書を読むしかありません!

 

【生き方】”自己実現”の意味とは?目指すべきは”神実現”という話も参照

④読み継がれてきた実績

自己啓発本の中でも、長い間読まれ続けている”ベストセラー本”というものがあります。

例えば、

  • 7つの習慣
  • 嫌われる勇気
  • 道は開ける
  • ザ・シークレット

などなど。

どの本も長い間売れまくっており、皆さんも知っているタイトルばかりではないでしょうか。

 

ところがどっこい、“永遠のベストセラー”と呼ばれる聖書大先生は次元が違います。

聖書は長期間多くの人々に読まれ続けた結果、以下のようなとんでもない実績を残してしまいました。

◎聖書の実績

  • 1815年〜1998年までの間に合計3380億冊以上が買われている
  • 現在、少なくとも3200以上の言葉で翻訳されている
  • “世界一発行されている本“としてギネスブックにも載っている

うん、何かもう凄すぎてよく分からなくなってきますね。

聖書大先輩は、そこらの自己啓発本とはキャリアが違うんですよ、キャリアが!!(うるさい)

 

しかも、これだけではありません。

聖書は多くの偉人たちにも読まれ、大きな影響を与えているのです。

 

例えば、

  • アイザック・ニュートン
  • エイブラハム・リンカーン
  • ジョン・フレミング
  • ナポレオン・ボナパルト
  • チャールズ・ディケンズ
  • マハトマ・ガンジー
  • フランクリン・ルーズベルト
  • フォン・ゲーテ
  • マルティン・ルター
  • トーマス・エジソン
  • ジョージ・ワシントン
  • ヘレン・ケラー

などなど。

そうそうたるメンバー。。!

彼らは皆、聖書のことを絶賛しています。

 

こうした実績が何を表しているかというと、

聖書にはそれだけ多くの人を惹きつける何かがあるということです。

 

一時的に流行って、次の年には忘れ去られている自己啓発本がたくさんある中で、

これだけ多くの人に読まれ続けるというのは尋常なことではありません。

 

なぜ聖書がベストセラーであり続けるのかは、読んでみればきっと分かるはずです!

聖書を絶賛する偉人たちについては、【まとめ】聖書を絶賛する12人の偉人たちとは?でまとめています。

まとめ:自己啓発本ではなく聖書を読もう!

◎自己啓発本と聖書の違い

  1. 誰によって書かれたか
  2. 人生のあらゆる悩みを解決できるか
  3. 普遍的な成功法則が書かれているか
  4. 読み継がれてきた実績

いかがでしたか?

確かに、自己啓発本を読むのは面白いです。

 

一時的にモチベーションを高め、まるで自分が何かを成し遂げたかのような感覚にもなれます。

趣味で読む分にはいいでしょう。

 

しかし、人生で本当に成功したいのなら、自己啓発本を読んでいても意味がありません。

そこには、本当の成功法が書かれていないからです。

 

その代わりに、聖書を読むことをおすすめします。

きっと、人生が変わっていくのが分かるはずですよ!

 

最後にこれだけは言わせてください。

あなたは聖書を読めば必ず成功します。(自己啓発セミナー風に)

 

キートンでした。

読みやすいおすすめ聖書をクリスチャンがご紹介【聖書訳の比較も】あなたの目的に沿ったおすすめの聖書を、信仰歴28年のクリスチャンがご紹介します!各聖書の特徴や魅力などもお伝えしていきますよ~!...
聖書とはどのような書物か?簡単にまとめてみた【永遠のベストセラー】聖書がどういう書物かを知りたい方は必見!この記事では、クリスチャンの僕が、聖書がどのような書物でどんなことが書かれているのかなどについて具体的に解説しています。実は、聖書は世界一売れ続けている最強の書物なんです。この記事を読めば、聖書の凄さが分かりますよ。...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。