教会生活

【完全公開】僕の教会でよく歌われる賛美歌をご紹介します※動画あり

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

僕の教会のメンバーは、みんなワーシップが大好き。

礼拝のときのみならず、教会が閉められるギリギリの時間までみんな賛美を演奏しています

 

そこで今回は、僕の教会でよく歌われる賛美の一部をご紹介していきたいと思います!

皆さんの中のお堅い賛美イメージが壊れていくはずですよー!

 

☟僕の教会生活についてはこちらをどうぞ

【完全公開】クリスチャンの僕が教会の生活(礼拝)を全て暴露しますジーザス、エブリワン!キートンです。 そんな疑問にお答えします。 皆さんは、教会にどのようなイメージを持って...

“賛美歌”とは?

“賛美歌”というのは、礼拝などで歌われる、神様をたたえる歌のことです。

カトリック正教会では、“聖歌”と呼ぶことが多いですね。

 

プロテスタントでも、伝統的な歌を”聖歌”と呼んで歌うことがあります。

かつては、伝統的・形式的な賛美がほとんどでしたが、宗教改革でプロテスタント教会が生まれて以降は、より自由な形式の賛美歌が多く生まれました。

【解説】"プロテスタント教会"とは?その意味と特徴を信徒がご紹介ジーザスエブリワン!キートンです。 今回は、キリスト教の3大宗派の1つ、"プロテスタント教会"についてご紹介したいと思いま...

オリジナル賛美部門

まずは、僕たちひばりが丘バイブルチャーチのオリジナル賛美をご紹介します。

みんな音楽の賜物が素晴らしいので、これからも曲がもっと増えていくことでしょう!

Best Friend Jesus

⬆2019年夏キャンプにて。前で踊っている大和田香菜姉妹が、振り付けまで付けてくれました。

記念すべき、ひばりが丘バイブルチャーチ初のオリジナル賛美で、通称”ベスフレ”。

.ちなみに、曲を作ったのは。。わたくしキートンです!!(ドヤ顔)

 

普段のJ-POPバンドでの曲作り経験がこういう形で生かされることになりました。。ハレルヤ!

2017年の春キャンプのテーマソングとして主から与えられ、その後も何度も礼拝でも歌われています。

すごい用いられてるにゃ〜。

 

また、クリスチャンなら誰もが知っている「Jworship」という、韓国チームによるカバー賛美を集めたCDにも収録されました。

光栄すぎますね。

 

こんな自分をこれほど用いてくださった神様には、感謝しかありません。

もっと賛美作っていきたいなあ。

「Jworship」版”Best Friend Jesus”。韓国語でも歌われています。

教会の賛美歌とJ-POPの4つの大きな違いとは?【クリスチャンが回答】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、"賛美"にどういうイメージを持っていますか? はい、...

STAND! ~立ち上がれ~

⬆キャンプの参加者全員で歌っています。

2019年のティーンズ春キャンプテーマソングです。作詞は西脇瞳ちゃん作曲は西脇京兵くんという実兄妹によるタッグですね。

バリバリアップテンポの”Best Friend Jesus”とは違って、しっとり系のバラードナンバー。

 

キャンプらしくて、ジーンとくる素晴らしい曲ですね!

兄妹での曲作りっていうのが、またいいなあ。。

心砕き

⬆初披露の時。スリョンさんは途中で感極まっています。

こちらは、韓国チームのスリョンさんがひばりが丘バイブルチャーチのために提供してくださった賛美です。

韓国からはるばるひばりに来てくださるだけでもありがたいんですが、曲まで頂けるとは。。

 

スリョンさんの大きな愛を感じますね。

感謝です!

Jesus is my rock

⬆2019年7月の朝礼拝にて。フィリピンママたちのワーシップはとってもパワフルです。

フィリピン人の栗田ミンダさんが作られた賛美。

ミンダさんは、フィリピンママたちの中でもとりわけ力強い賛美を歌われる方なんですが、この曲にもエネルギーが溢れています。

 

この独特のリズム、癖になりますね!

なんて国際的な教会。。!

聖歌部門

恐らく一般的な賛美のイメージは、伝統的な歴史を持つ、この聖歌によるものでしょう。

僕の教会では若者が多いのもあり、歌われる頻度は低いですが、1曲だけご紹介します。

力ある主イエスの血

⬆2019年7月の朝礼拝にて。

聖歌と言っても、アレンジは結構ポップな感じになっています。

少し世代が上がってくると、若者向けの賛美よりも聖歌のほうが歌いやすいという方も増えてくるようですね。

聖歌には聖歌の良さがあるわね〜!

アップテンポ部門

それでは、ここからはひばりが丘バイブルチャーチでよく歌われる賛美をご紹介します。

さあ、一般的な堅い賛美のイメージをぶち壊していきますよー!

 

まずは、テンションアゲアゲのアップテンポから!

これぞひばりの真骨頂です。

全地の王イエス

⬆2019年6月の朝の礼拝にて。後ろでギターを弾いているのがキートン。

イントロが印象的な力強い賛美です。

サビの部分で合いの手が入るなど、盛り上がること間違い無し!

 

歌詞も励まされますね。

死を打ち破り

⬆韓国からの賛美チームも参加した特別礼拝にて。

クリスチャン界の名賛美メーカーの1人、長沢崇文(ながさわたかふみ)先生が作られた賛美です。

若者たちがよく歌う超定番の賛美の1つですね。

 

イエス様が、十字架の死から蘇られたことがテーマになっています。

【完全版】イエス・キリストとはどんな人物?その生涯をまとめてみた【5分で分かる】キリスト教を代表する人物である"イエス"の全てを、信仰歴28年のクリスチャンがご紹介します!わずか33年ほどの人生でしたが、あまりにも濃いです。生涯についても、聖書の記述に沿って分かりやすく辿っていきますね。...

Dancing Generation

⬆みんな踊りまくっています。ひばりヶ丘バイブルチャーチの明るい雰囲気がよく出ていますね!

その名の通り、踊って踊って踊り狂う賛美です。

振り付けが決まっていて、みんなほぼマスターしていますね。

 

んーー、みんな楽しそうです!

ただ踊りたたえたい

⬆ユースの賛美チームによる演奏。若さっていいなあ(遠い目)

長沢崇文先生と並んで、名賛美メーカーの1人、中山有太(なかやまゆうた)先生による賛美。

こちらも踊りがタイトルに入っていますが、ひばりヶ丘バイブルチャーチはとにかく踊るのが好きですね!

 

でも、人に踊りの無茶振りをするのはやめようね。

ソロのダンスさせようとしたりね。ハラスメントだよ、ハラスメント。

変えられたソング

⬆2019年9月の朝の礼拝にて。演奏者は、ひばりヶ丘バイブルチャーチのオリジナルTシャツ、通称”ひばT”を着ています。

こちらも、非常によく歌われるアップテンポ。

“私は変えられた”という力強いメッセージから始まる入りの部分から、がっちり心を掴まれます。

ワンウェイ

⬆午後のプログラム前の賛美にて。この動画だけでも、ひばりの年齢層の幅広さが分かります。

原曲は英語の賛美で、僕も大好きな賛美です!

オーストラリアに、“ヒルソング教会”という世界的に有名な教会があるのですが、この楽曲は彼らによるオリジナル賛美の1つ。

 

ヒルソングは、特に若者たちに絶大な人気がありますね。

あのジャスティン・ビーバーも、通っていることで有名だにゃ〜。

詩篇100編

⬆ユースたちによる特別賛美。この若さでこの演奏力と歌唱力。末恐ろしいですね。

みんながこぞって弾きたがる、印象的なイントロを持つアップテンポ。

ギターで弾くときは、ドヤ顔にならないように気をつけています。

 

タイトルの通り、旧約聖書の詩篇100編を元に歌詞が書かれていますね。

聖書の箇所から歌詞がまるまる取られることも、賛美では珍しくありません!

【最強の書物】キリスト教の"聖書"とは?未だに売れ続ける永遠のベストセラー!?ジーザス、エブリワン!キートンです。 さて、今回は、クリスチャンの代表的アイテム"聖書"についてお話したいと思います。 皆さんは...

You Are Good

⬆野田牧師先生による撮影。僕のギターを弾く手が忙しすぎて、わけわからなくなっています。落ち着け。

原曲は英語の賛美です。

アコギのサウンドが前面に出ていますね!

 

いやー、このコード進行好きだなあ。

演奏者視点。。

ミドルテンポ部門

正直、ここらへんの線引きは曖昧ですが、アップテンポともバラードの中間くらいの賛美をこちらに分類したいと思います。

ミドルテンポはゆったりしていて、心が落ち着きますね。

誰も見たことのないことが

⬆特別ゲストを招いて礼拝を行うプログラム”ブレプレ”の賛美にて。この後に、ゲストによるメッセージがあります。

長沢崇史先生の楽曲。

サビ終わりにある、“今この地に起こる”の”この地”部分の歌詞を”日本”や”ひばり”に置き換えて歌うのが定番です。

 

こういうアレンジって素敵だと思うの。

勝利の御名

⬆2019年3月の朝礼拝にて。

朝にピッタリの爽やかなナンバー。

アップテンポに入れようか迷いましたが、僕の独断と偏見でミドルに分類しました。

 

春の小道をサイクリングでもしながら聴きたい賛美ですね!

バラード部門

続いては、胸に染み渡るバラード!

ひばりヶ丘バイブルチャーチにだって静かなときはあるんですよ?

Mighty to Save

⬆2019年11月のブレプレにて。

こちらも、代表的なヒルソング。

サビがとてもキャッチーで、一度耳にしたら離れない印象的なメロディです。

 

ヒルソングは大勢での合唱がよく映(は)えますね!

あなたがすべて

⬆韓国チームとの賛美。ギターの難易度が異常でした。

盛り上がること間違いなしの名バラード!

音域が高めなので、歌うのがちょっと大変です。

 

しかも、最後のほう転調しますからね。

喉をつぶしにきてますね、ええ。

花も

⬆2019年9月のブレプレにて。かなりの人数です。

こちらも人気のバラード。

メロディがとても美しく、心が洗われます。

 

この賛美を聴くと、大自然の情景がありありと浮かびますね!

土の器

⬆2019年3月の朝礼拝にて。

近くで寄り添ってくれるような優しいバラード。

自分の弱さを素直に認めて歌います。

 

サビ終わりの「私にしかできないことが必ずあるから」という歌詞が、そっと背中を押してくれますね。

イエスが愛したように

⬆韓国チームとの合同による賛美。

こちらも、長沢崇史先生による楽曲。

みんなで肩を組んだり、手を繋いで歌うこともある、愛に溢れた賛美です。

 

アットホームな雰囲気のひばりが丘バイブルチャーチによく合う賛美ですね!

主イエスは私の光

⬆2019年3月の朝礼拝にて。

神聖な空気感のある心洗われる賛美。

心の暗闇に希望の光が差し込んでくるかのような、静かな力強さを感じる楽曲です。

主の教会よ

⬆上記と同じく、2019年3月の朝礼拝にて。

サビの「立ち上がれ主の教会よ」という歌詞が印象的な賛美。

ひばりが丘バイブルチャーチメンバーとしての自覚を呼び覚ましてくれる1曲です。

まとめ:教会の皆は賛美が大好き!

⬆有名なクリスチャンバンド「ナイトdeライト」の平野翔一兄弟との賛美。その歌声は圧巻でした。

いかがでしたか?

普通にいい曲多いでしょう?

 

賛美のイメージが少しでも変わったのなら幸いです!

皆さんも試しに日曜日、ひばりヶ丘バイブルチャーチの前を通ってみてください。

 

外まで賛美が響き渡ってますから。

ではまた!

【完全公開】クリスチャンの僕が教会の生活(礼拝)を全て暴露しますジーザス、エブリワン!キートンです。 そんな疑問にお答えします。 皆さんは、教会にどのようなイメージを持って...

 

☟僕の教会のホームページはこちら

https://www.hibari-bible.org/


ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です