聖書物語シリーズ

【聖書】”エサウとヤコブ”のお話とは?壮絶な兄弟ゲンカ開始!?

ジーザス、エブリワン!キートンです。

旧約聖書のエサウとヤコブの話って?

あらすじを分かりやすく教えて!

こういった疑問にお答えします。

 

今回は旧約聖書に登場する、“エサウとヤコブ”という双子の兄弟のお話をご紹介したいと思います。

双子の兄弟というと、何やら仲良さげな響きがしますか?

 

いえいえ、とんでもない!

なんと、エサウとヤコブはある出来事がきっかけで、10年以上にも及ぶ大ゲンカをしてしまうんです。

 

いやー、これはトムとジェリーもびっくりですね!

では、彼らは一体なぜケンカになってしまったのでしょうか?

 

そこでこの記事では、聖書大好きクリスチャンの僕が、

  • エサウとヤコブとは?
  • エサウとヤコブのあらすじ

などについてご紹介したいと思います!

“エサウとヤコブ”とは?

“エサウとヤコブ”とは、旧約聖書の創世記に登場する人類初の双子のことです。

父にイサク、母にリベカを持ち、エサウが兄で、ヤコブが弟にあたります。

 

ただし、双子と言っても2人の見た目も性格も正反対ですが。。

エサウとヤコブは、ヤコブがエサウから長子の権利を奪い取ったことから、大ゲンカに発展。

 

しかし、最終的には神様のお導きにより、感動の再会を果たし和解します。

人騒がせな。。

“エサウとヤコブ”の登場人物

兄弟ゲンカに巻き込まれる登場人物たちはこちらです。(言い方)

イサク

アブラハムの息子で、エサウとヤコブの

ヤコブよりエサウを愛します。

 

詳しくは、【アブラハムの息子】イサクとは?父親にいけにえにされかけた!?をどうぞ

リベカ

エサウとヤコブの

エサウよりヤコブを愛します。

エサウ

イサクとリベカの間に産まれた長男で、ヤコブの兄。

ワイルドで、狩りをするのが仕事です。(この画像、完全に原○人)

ヤコブ

イサクとリベカの間に産まれた次男で、エサウの弟。

兄と違い、控えめで大人しい性格。

 

天幕(テント)の周りで働くのが仕事です。

ラバン

リベカの兄で、エサウとヤコブからすると叔父(おじ)にあたります。

善人に見えるが、何度かヤコブをだまそうとする結構抜け目のない人物。

神様

天地を造られた創造主。

不思議な夢を通して、ヤコブにいくつかの約束をされます。

 

天地創造については、【聖書】”天地創造”の意味とは?この世界は6日間で造られた!?をどうぞ

“エサウとヤコブ”のあらすじ

では、あらすじに参りましょう!

エサウ、長子の権利を売る

「31ヤコブは言った、「まずあなたの長子の特権をわたしに売りなさい」。 32エサウは言った、「わたしは死にそうだ。長子の特権などわたしに何になろう」。 33ヤコブはまた言った、「まずわたしに誓いなさい」。彼は誓って長子の特権をヤコブに売った。」

(創世記25章31~33節)

ある日、イサクとリベカの間には双子の赤ちゃんが生まれました。

兄のエサウと弟のヤコブです。

 

2人はすくすくと成長し、エサウはたくましい狩人(かりうど)に、ヤコブは天幕の周りで働く人となりました。

父イサクは兄エサウのことを愛し、母リベカは弟ヤコブのことを愛していました。(なぜ片方ずつ)

 

ある日、ヤコブが煮物を煮ているときのこと。

エサウが疲れ切った顔で野原から帰ってくると、ヤコブに言いました。

エサウ
エサウ
弟よ、お願いがあるんだ!

その煮物を俺に分けてくれないか?もうヘトヘトなんだ。

ヤコブは答えました。

ヤコブ
ヤコブ
いいでしょう、ただし条件があります。

お兄さんの長子の権利を、私に譲ってください。

エサウは答えました。

あー、分かった分かった!

飢え死にするくらいなら、長子の権利なんてどうでもいいさ。

こうして、エサウはたった1つの煮物のために長子の権利を譲ってしまいました。

 

ヤコブがエサウにパンとレンズ豆の煮物をあげると、エサウはそれをペロリと平らげ去っていきました。

これが大ゲンカの引き金に。。

ヤコブ、イサクの祝福をだまし取る

「23ヤコブの手が兄エサウの手のように毛深かったため、イサクはヤコブを見わけることができなかったので、彼を祝福した。」

(創世記27章23節)

さて、父イサクは高齢のせいか、段々と目が見えなくなってきていました。(ここ大事)

そこで、息子のエサウを呼び寄せて言いました。

イサク
イサク
私はもう先が長くない。今すぐ狩りに行って獲物(えもの)を料理して持ってきておくれ。

死ぬ前にそれを食べて、お前に私の祝福を授(さず)けたいのだ。

父イサクは自分の死が近いことを悟っていたのです。

さて、この会話をこっそり聞いている人物がいました。

 

母のリベカです。

リベカは、エサウが獲物を取りに行っている間にヤコブにこれらのことを話すと、言いました。

リベカ
リベカ
今から、よく肥えた家畜の子ヤギを2匹取ってきなさい。私がそれでお父さんが好きな料理を作ります。

そうすれば、お父さんはお前を祝福してくださるでしょう。

リベカはヤコブを強く愛していたため、ヤコブに祝福を受けさせようとしたのです。

 

ヤコブはリベカに言いました。

ヤコブ
ヤコブ
しかし、私は兄さんほど毛深くはありません!

お父さんが私に触れれば、だましていることがバレてしまうでしょう。

リベカは答えました。

リベカ
リベカ
その時は、私がすべての責任を引き受けます。

だから、今は私の言う通りにしなさい。

その後、ヤコブが子ヤギを持ってくると、リベカはそれを料理しました。

そして、エサウの服をヤコブに着せ、子ヤギの毛皮を彼の腕や首に巻きつけると料理とパンを手渡しました。

 

ヤコブは、父イサクのところへ行くと言いました。

ヤコブ
ヤコブ
私は長男のエサウです。お父さんの言う通り、料理をお持ちしました。

イサクは答えました。

イサク
イサク
やけに早かったなあ。

どれ、こっちへ来なさい。お前が本当に私の息子エサウなのかを確かめたい。

そして、イサクはヤコブの腕に触りましたが、子ヤギの毛で覆われていたため、エサウ本人だと勘違いしてしまいました。

 

こうして、イサクは料理を食べると、ヤコブに祝福を与えてしまったのです。

これは大変だぞ。。!

エサウ、怒り狂う

「41こうしてエサウは父がヤコブに与えた祝福のゆえにヤコブを憎んだ。エサウは心の内で言った、「父の喪の日も遠くはないであろう。その時、弟ヤコブを殺そう」。」

(創世記27章41節)

さて、ヤコブが祝福を受けて父の元を去ると、兄のエサウが狩りから帰ってきました。

エサウ料理を持ってきて、父イサクに祝福を欲しいと言うと、イサクは驚いて言いました。

イサク
イサク
なに!?お前が本物のエサウだと!

では、さっき私が祝福を与えたのは誰だったのだ。

エサウはこれを聞くと大声を上げて泣き、父イサクに言いました。

エサウ
エサウ
お父さん!どうか私も祝福してください!

しかし、もうヤコブに祝福を与えてしまったイサクにできることはありませんでした。

 

エサウはこれを機に、弟ヤコブのことを激しく憎み、怒りを燃え上がらせるようになりました。

そして、つぶやきました。

エサウ
エサウ
ヤコブめ、今に見てろ。

父の死はそう遠くない。その時になったら、絶対にお前を殺してやる!

さて、これをこっそり聞いていた人物がいました。

そう、母のリベカです。(盗み聞きのプロ)

 

リベカは、ヤコブを呼び寄せると言いました。

リベカ
リベカ
兄のエサウがお前を殺そうとしています。急いで私の兄ラバンのところに逃げなさい。

そして、エサウの怒りが収まるまで泊めてもらうのです。

こうして、ヤコブはラバンの元へ旅立つことになりました。

ヤコブ、夢を見る

「10さてヤコブはベエルシバを立って、ハランへ向かったが、 11一つの所に着いた時、日が暮れたので、そこに一夜を過ごし、その所の石を取ってまくらとし、そこに伏して寝た。 12時に彼は夢をみた。一つのはしごが地の上に立っていて、その頂は天に達し、神の使たちがそれを上り下りしているのを見た。」

(創世記28章10~12節)

ヤコブは旅の途中、ある場所で一夜を過ごすことにしました。

ヤコブが近くにあった石を枕にして横になると、不思議な夢を見ました。

 

地上から天まで届くような階段を、神の御使いたちが上ったり下ったりしているのです。

すると、神様が側に現れて言われました。

神様
神様
私はあなたの神である。あなたが今横になっている土地を、あなたとあなたの子孫に与えよう。

あなたの子孫は、大地の砂つぶのように多くなり、世界中に広がっていくだろう。

私はいつでもあなたと共にいて、どこに行っても守り、この土地に連れ帰る。

私はあなたを決して見捨てないだろう。

これは、神様からヤコブへの祝福の約束でした。

ヤコブは目を覚ますと、その場所を“べテル”と名付け、そこを神の家とすることを神様に誓いました。

 

そして、後にこの神様の言葉は実現し、ヤコブからたくさんの子孫が生まれていくことになります。

ヤコブ、結婚する

「28ヤコブはそのとおりにして、その一週間が終ったので、ラバンは娘ラケルをも妻として彼に与えた。」

(創世記29章28節)

やがて、ヤコブがラバンの家に着くと、ラバンとその娘のラケルはヤコブを温かく迎えました。

さて、ヤコブが来てから1ヶ月ほどが経ったある日、ラバンはヤコブに言いました。

ラバン
ラバン
ヤコブや、お前は家族の一員だが、タダ働きは良くない。

どんな報酬が欲しいのか言ってみなさい。

ヤコブは答えました。

ヤコブ
ヤコブ
娘のラケルさんをくださるなら、私は7年間あなたの元で働きます。

こうして、ヤコブは愛するラケルのために7年間働きました。

 

しかし、約束を果たしたヤコブのところに送られてきたのは、ラケルではなく姉のレアのほうでした。

ヤコブはラバンに騙されたのです。

 

これに抗議したヤコブにラバンは言いました。

ラバン
ラバン
ここでは、姉より妹を先に嫁にいかせるわけにはいかんのだ。

先に姉のレアと結婚してくれ。そうすれば妹のラケルも嫁にやろう。

ただし、もう7年間働いてもらうがな。

こうして、ヤコブはラケルを妻にし、その後も7年間ラバンの元で働きました。

 

そして、ヨセフと、

  • レア
  • ラケルの女奴隷(ビルハ)
  • レアの女奴隷(ジルパ)
  • ラケル

との間に、最終的に12人の息子と1人の娘が生まれることとなります。

 

まとめると、以下の通りです。

  • レア         

➡ルベン、シメオン、レビ、ユダ、イサカル、ゼブルン、ディナ(女)

  • ラケルの女奴隷(ビルハ)

➡ダン、ナフタリ

  • レアの女奴隷(ジルパ)

➡ガド、アシェル

  • ラケル        

ヨセフ、ベニヤミン

レア、子供産みすぎ。。

ヤコブとエサウの再会

「さてヤコブは目をあげ、エサウが四百人を率いて来るのを見た。そこで彼は子供たちを分けてレアとラケルとふたりのつかえめとにわたし、 2つかえめとその子供たちをまっ先に置き、レアとその子供たちを次に置き、ラケルとヨセフを最後に置いて、 3みずから彼らの前に進み、七たび身を地にかがめて、兄に近づいた。 4するとエサウは走ってきて迎え、彼を抱き、そのくびをかかえて口づけし、共に泣いた。」

(創世記33章1~4節)

ヤコブがついにラバンの元を去り、旅を続けている途中、ヤコブは兄のエサウに使いの者をつかわしました。

自分が故郷に帰ることを報告したのです。

 

すると、兄のエサウが、ヤコブを迎えるために400人のお供を連れてこちらへ向かっていることが知らされます。

ついに、兄のエサウと再会するときがやってきたのです。

 

しかし、これを聞いたヤコブは恐くなり、神様に祈りました。

ヤコブ
ヤコブ
神様、私を兄エサウの手から救ってください!

兄は、私も妻子も皆殺しにしてしまうかもしれません。

その夜、ヤコブはエサウへの贈り物としてたくさんの家畜を用意し、召使いたちに手渡すと言いました。

ヤコブ
ヤコブ
先に、エサウ兄さんの元に向かってくれ。

そして、これらの家畜が兄への贈り物であることと、私が後から来ることを伝えるんだ。

これで、兄の怒りを先に鎮(しず)めようと思ったのです。

こうして、贈り物を先に行かせて、ヤコブは一晩野宿をすることにしました。

 

朝になりヤコブが目をあげると、エサウが400人のお供を連れている姿が目に入りました。

そこで、ヤコブは先頭に出て、7度地面にひれ伏すとエサウに近づいて行きました。

 

すると、エサウは走ってヤコブを抱きしめ、エサウとヤコブはお互いに大粒の涙を流しました。

ヤコブ
ヤコブ
エサウ兄さん、ごめんなさい!僕、僕。。。
いいんだ、愛する弟よ。何も言うな。会えて嬉しいぞ!

こうして2人は、感動の再会を果たしたのでした。

“長子の権利”ってそんなにすごいの!?

さて、この兄弟げんかの発端となった”長子の権利”。

現代の皆さんにはあまりピンとこないかもしれませんが、当時の長子というのはかなり優遇された立場にありました。

 

例えば、

◎長子の特権

  • 兄弟たちの主人的な立ち位置にいられる
  • 遺産の相続を2人分もらえる
  • 家族を祝福できる権利がある   

など長子ならではの特権がいくつかあったのです。

 

長子の権利を持つということは、長男が父の身分を継いで種族の代表となるということ。

ヤコブはこれを知っていたから、エサウから長子の権利を奪ったんですね。

「エサウは言った、「わたしは死にそうだ。長子の特権などわたしに何になろう」。 33ヤコブはまた言った、「まずわたしに誓いなさい」。彼は誓って長子の特権をヤコブに売った。」

(創世記25章32、33節)

逆に、兄弟の末っ子のほうになればなるほど軽んじられました。

 

今の時代では考えにくいですが、当時は兄弟の上下関係が明確に存在したんですね。

そして、ヤコブは長子の権利を得たことで、イエスキリストの系図に繋がる存在となることができました。(後述)

 

イエスキリストについては、【完全版】イエス・キリストとはどんな人物?その生涯をまとめてみた【5分で分かる】をどうぞ

なぜエサウはあんなに悔しがった!?

このお話を読んで、祝福を受けられなかっただけで怒り狂って泣き叫んだエサウを見て、

いやいや、祝福が受けられなかっただけで、何もそこまで怒らなくても。。

と思うかもしれません。

 

しかし、当時、神様からの祝福というのは、父から子へ受け継がれる大切なものでした。

そして、この祝福を受けられるのが長子の特権だったのです。

 

ヤコブはそのことを知っていて、煮物との交換条件を出しました。

一方で、エサウはこの長子の特権を軽くみていたのでしょう。

 

その大切な権利を、たった一杯の煮物と交換してしまったのです。

「そこでヤコブはパンとレンズ豆のあつものとをエサウに与えたので、彼は飲み食いして、立ち去った。このようにしてエサウは長子の特権を軽んじた。」

(創世記25章34節)

自業自得の面もあるにゃ〜。

 

祝福を受けることがどれだけ大きなことかは、イサクがエサウには祝福を与えることができなかったことからも分かります。

神様の祝福のバトンを受け取るという大切な役目を失ったエサウが、あれだけ悔しがったのも無理はないのです。

 

ちなみに、ヤコブが長子の権利を得ることは、エサウとヤコブが生まれる前から神様が予告しておられました。

「主は彼女に言われた、「二つの国民があなたの胎内にあり、二つの民があなたの腹から別れて出る。一つの民は他の民よりも強く、兄は弟に仕えるであろう」。」

(創世記25章23節)

ヤコブからイスラエル12部族が生まれた!?

さて、このお話だけ見ると、ヤコブは兄から祝福を奪い取ったズルい奴というイメージしか残らないかもしれません。

しかし、実はヤコブは聖書の歴史上外すことのできない超重要人物なんです。

 

なぜなら、ヤコブからイスラエル12部族が誕生していくからです。

イスラエル12部族とは、後に預言者モーセに連れられて神様から“十戒”を与えられる民族のこと。

 

しかも、後に出てくる

などの偉大な人物たちは、全てこのイスラエル12部族の子孫なのです!

ほんとに重要だ。。!

 

こうして、神様が夢の中でヤコブに語られていたことが、実現していくわけですね。

「そして主は彼のそばに立って言われた、「わたしはあなたの父アブラハムの神、イサクの神、主である。あなたが伏している地を、あなたと子孫とに与えよう。 14あなたの子孫は地のちりのように多くなって、西、東、北、南にひろがり、地の諸族はあなたと子孫とによって祝福をうけるであろう。」

(創世記28章13、14節)

まあこれも、兄のエサウの代わりに祝福を受けたおかげなんですが。。

 

イスラエル12部族は以下の通り。

◎イスラエル12部族

  1. ルベン族
  2. シメオン族
  3. レビ族
  4. ユダ族
  5. ダン族
  6. ナフタリ族
  7. ガド族
  8. アシェル族
  9. イッサカル族
  10. ゼブルン族
  11. ヨセフ族
  12. ベニヤミン族

彼らを軸にして、この後の聖書の歴史は進んでいきます。

 

ちなみに、“イスラエル”というのは兄エサウと再会する前に、

ヤコブが神の御使いと格闘して勝ったことから与えられた名前のことです。

「その人は言った、「あなたはもはや名をヤコブと言わず、イスラエルと言いなさい。あなたが神と人とに、力を争って勝ったからです」。」

(創世記32章28節)

聖書の人物たちの系図については、【完全版】聖書の人物系図をまとめてみた【各人物の紹介付き】をどうぞ

まとめ:”エサウとヤコブ”のケンカはどっちもどっち

結果的にはハッピーエンドで良かったですが、このケンカってどっちもどっちなところありますよね。

兄の祝福をだまし取ったヤコブはもちろんですが、安易に長子の権利をあげてしまうエサウにも問題はあります。

 

それにしても、彼らは双子なのにルックスも性格も真逆なのが面白いですよね。

兄エサウは、ワイルドで体毛が濃い。

弟ヤコブは、大人しくて肌がツルツル。

 

こうして見ると。。

絵に描いたような肉食系と草食系の兄弟ですね。(現代人思考)

 

キートンでした。

【完全版】聖書の主な物語をまとめてみた【有名な傑作ぞろい】聖書の主な物語をクリスチャンがざっくりまとめてみました!個別の記事リンクに飛べば、もっと詳しい物語のストーリーが見れますよ。...
創世記
【聖書】"創世記"とは?あらすじを分かりやすくまとめてみたジーザス、エブリワン!キートンです。 こういった疑問にお答えします。 キリスト教が使う旧約聖書の最初には、"...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

POSTED COMMENT

  1. よしちゃん より:

    なかなか良かったです。
    楽しく語られているので解りやすいし、興味持てます。

キートン へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です