聖書人物シリーズ

【聖書】預言者エリヤとはどんな人物?聖書の物語もご紹介します

ジーザス、エブリワン!キートンです。

旧約聖書に出てくるエリヤってどんな人?

その生涯について詳しく知りたいなあ。。

こういった疑問にお答えします。

 

今回は聖書に登場する、“エリヤ”という偉大な預言者をご紹介したいと思います

エリヤは聖書の中でもトップクラスに偉大な預言者で、数々の神の奇跡も起こしています。

 

特に、天に昇っていくという驚くべき奇跡は、彼がいかに神様に愛されていたかが分かりますね。

しかし、エリヤについてよく知らないという方もいるのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、クリスチャンの僕が、

  • エリヤとはどんな人物か
  • エリヤの生涯
  • エリヤが神様から愛された理由

などについてご紹介します!

預言者”エリヤ”とは?

エリヤは、旧約聖書の”列王記”に登場する人物で、聖書を代表する預言者です。

北イスラエルの歴史上でも最悪の王様”アハブ”の時代に現れ、偶像崇拝をする彼らに対して預言活動を行いました。

 

そして、真の神様だけを信じるようにと語っていったのです。

キートン
キートン
当時は、異国の神様を拝むことが横行していた時代だったんです。。!

 

また、

  • 様々な奇跡を起こす
  • この世を去る時に死なずに、天に昇る
  • イエス・キリストのお祈りの際に現れる(主イエスの変容)

など、特別に神様に愛されていた人物でもあります。

ちなみに、同じく偉大な預言者に“エリシャ”という人物がいますが、彼はエリヤの弟子にあたる存在です。

エリヤの生涯

では、その生涯をさらっと見ていきましょう!

エリヤの預言と奇跡

「ギレアデのテシベに住むテシベびとエリヤはアハブに言った、「わたしの仕えているイスラエルの神、主は生きておられます。わたしの言葉のないうちは、数年雨も露もないでしょう」。」

(列王記上17章1節)

昔々、北イスラエル王国に、アハブという名の王様がいました。

アハブは、首都のサマリアに”バアル”という神様の神殿を建てるなど、今までのイスラエル王たちと比べても大変不信仰な王様でした。

 

そんな悪い王様の元にやって来たのは、生き残りの預言者エリヤでした。

エリヤはアハブに言いました。

エリヤ
エリヤ
わたしの仕えているイスラエルの神、主は生きておられる!

イスラエルには数年の間、露も降りず、雨も降らないだろう。

そして、この預言は実現していくことになります。

アハブが真の神様を信じていなかったからです。

エリヤ、カラスに養われる

「エリヤは行って、主の言葉のとおりにした。すなわち行って、ヨルダンの東にあるケリテ川のほとりに住んだ。 6すると、からすが朝ごとに彼の所にパンと肉を運び、また夕ごとにパンと肉を運んできた。そして彼はその川の水を飲んだ。」

(列王記上17章5、6節)

エリヤがこの預言をした後、神様はエリヤに語られました。

神様
神様
ヨルダンの東にあるケリテ川のほとりに身を隠しなさい。

そしてその川の水を飲みなさい。わたしはカラスにあなたを養わせよう。

エリヤが言われたとおりにケリテ川に行くと、

なんと数羽のカラスが、エリヤのところに朝と晩にパンと肉を運んできました。

 

水も川の水を飲むことができたので、エリヤは飢えに苦しむことはありませんでした。

最初の奇跡ね〜!

エリヤ、やもめに養われる

「その時、主の言葉が彼に臨んで言った、 9「立ってシドンに属するザレパテへ行って、そこに住みなさい。わたしはそのところのやもめ女に命じてあなたを養わせよう」。」

(列王記上17章8、9節)

しかし、エリヤの預言通りに雨が降らなくなったことで、やがて川の水は涸(か)れてきてしまいました。

すると、神様は再びエリヤに語られました。

神様
神様
シドンのザレパテに行きなさい。

1人のやもめ(未亡人)があなたを養ってくれるだろう。

エリヤがサレプタに行くとやもめがいましたが、その家にはほとんど食べ物がありませんでした。

あったのは、かめに一握りの粉とびんに少しの油だけでした。

 

しかし、彼らには神様の祝福があったので、かめの粉もびんの油も尽きることはありませんでした。

こうして、エリヤたちは飢え死にせずに済んだのです。

エリヤ、やもめの息子を蘇らせる

「そして三度その子供の上に身を伸ばし、主に呼ばわって言った、「わが神、主よ、この子供の魂をもとに帰らせてください」。 22主はエリヤの声を聞きいれられたので、その子供の魂はもとに帰って、彼は生きかえった。」

(列王記上17章21、22節)

さて、そんなある日、やもめの息子が病気にかかり、亡くなってしまいました。

これを知ったエリヤは、その息子を部屋の寝台に寝かせると神様に祈りました。

エリヤ
エリヤ
主よ、この子の命をお返しください。

すると、どうでしょう。

なんと子供は息を吹き返しました。

 

やもめはこれを見て、エリヤの信じる神様の偉大さをほめたたえました。

イエス並の奇跡。。!

エリヤVSバアルの預言者

「そのとき主の火が下って燔祭と、たきぎと、石と、ちりとを焼きつくし、またみぞの水をなめつくした。 39民は皆見て、ひれ伏して言った、「主が神である。主が神である」。」

(列王記上18章38、39節)

さて、3年の月日が流れたころ、神様はエリヤに語られました。

神様
神様
アハブの前に姿を現しなさい。私はこの地に雨を降らせる。

エリヤはアハブのところにやって来ると言いました。

エリヤ
エリヤ
イスラエルの全ての人々を、450人のバアルの預言者、400人のアシェラの預言者と共にカルメル山に集めていただきたい。

バアル、アシェラというのは、当時イスラエルで信じられていた異国の神様のことです。

 

その後、集まったイスラエル人たちに、エリヤは語りかけました。

エリヤ
エリヤ
お前たちは、どちらの神を信じるのだ?

主が神だと思うなら主に従い、バアルが神だと思うならバアルに従うといい。

しかし、イスラエルの民たちは何も答えません。

 

エリヤは更に言いました。

エリヤ
エリヤ
2頭の雄牛(おうし)を用意しなさい。

そして、私とバアルの預言者たちの前にたきぎを1つ置いて、火をつけずに雄牛を乗せなさい。

これから順番に自分たちが信じる神の名前を呼ぶのだ。本当の神様なら、雄牛に火をつけてくださるはずだ。

つまり、牛に火を付けられたほうが本物の神様!というバトルですね。

 

イスラエル民もこれに同意したので、まずはバアルの預言者たちが、バアルに祈り始めました。

しかし、朝から昼まで祈っても何も起きません。

 

しまいには、バアルの預言者たちは、雄牛の周りを跳びまわったり、自分たちの身体を傷つけて血を流したりしました。

めちゃくちゃだにゃ〜。

それでもやっぱり、バアル神は何も答えてはくれません。

 

これを見たエリヤは、イスラエルの民を自分の周りに集めると、改めて祭壇を築き周囲にみぞを作りました。

そして、たきぎの上に牛を載せると、言いました。

エリヤ
エリヤ
4つのかめに水を満たして、それを祭壇とたきぎの上に注げ!

これだけでもとんでもないですが、エリヤはそれを3度も繰り返させ

祭壇もみぞもすっかり水浸しになってしまいました。

 

火を起こすには、大きすぎるハンディです。

そして、エリヤは神様に祈りました。

エリヤ
エリヤ
主よ、私にお答えください。

するとどうでしょう。

祭壇の上に火が降ると、雄牛もたきぎも全て焼き尽くし、水もすっかり干上がってしまいました。

 

エリヤが信じる神様は、本当の神様だったのです。

これを見たイスラエルの民たちはひれ伏し、主を信じました。

 

そして、エリヤはバアルの預言者たちを捕らえて殺しました。

エリシャ、弱気になる

「自分は一日の道のりほど荒野にはいって行って、れだまの木の下に座し、自分の死を求めて言った、「主よ、もはや、じゅうぶんです。今わたしの命を取ってください。わたしは先祖にまさる者ではありません」。」

(列王記上19章4節)

しかし、勝利の余韻を楽しむ暇は、エリヤにはありませんでした。

この知らせを聞いたアハブ王の妻である、王妃イゼベルがエリヤを殺そうとしていたのです。

 

イゼベルはとんでもない悪女で、イスラエルに異国の神を持ち込んだのも彼女でした。

これを恐れたエリヤはそこから逃げ出すと、弱気になって神様に言いました。

エリヤ
エリヤ
主よ、もうじゅうぶんです。わたしの命を取ってください。

先ほどまでの堂々としたエリヤとはまるで別人です。

 

しかし、神様は天の使いを送ってエリヤを励まし、食事を与えました。

そして、その後神様はエリヤに以下の3つのことを示されました。

  1. ハザエルに油を注いで、アラムの王とすること
  2. エヒウに油を注いで、イスラエルの王とすること
  3. エリシャに油を注いで、エリヤの後継者とすること

こうして、エリヤは再び立ち上がり、神様のための働きを始めるのでした。

エリヤ、アハズヤに死の預言をする

「そこでエリヤは立って、彼と共に下り、王のもとへ行って、 16王に言った、「主はこう仰せられます、『あなたはエクロンの神バアル・ゼブブに尋ねようと使者をつかわしたが、それはイスラエルに、その言葉を求むべき神がないためであるか。それゆえあなたは、登った寝台から降りることなく、必ず死ぬであろう』」。」

(列王記上1章15、16節)

さて、やがて最悪の王様アハブが死ぬと、その息子のアハズヤが王様になりました。

そして、アハズヤはあるとき、屋上の手すりから落下し病気になってしまいます。

 

しかし、アハズヤもやはりアハブの息子。

父と同じく、真の神様ではなく、バアル神に病気が治るかどうかを尋ねようとしたのです。

 

結果的に、この行為がアハズヤの生死を分けることとなりました。

その後、エリヤは神様からの言葉をアハズヤの使者に伝えました。

エリヤ
エリヤ
あなたは登った寝台から降りることなく、必ず死ぬだろう。

と。

こうして、預言は実現し、アハズヤは死んでしまいました。

そして、アハズヤの兄弟ヨラムが新しい王様となっていきますが、ここからは後継者のエリシャが活躍していくことになります。

エリヤは死なずに天に昇った!?

エリヤはエリシャを後継者に任命した後、この世を去っていくのですが、実はエリヤは死を経験していません。

なぜなら、エリヤは竜巻に乗って天に引き上げられていったからです。

 

これはエリヤの最大の奇蹟といってもいいかもしれません。

聖書にはその描写がしっかりと記されています。

「彼らが進みながら語っていた時、火の車と火の馬があらわれて、ふたりを隔てた。そしてエリヤはつむじ風に乗って天にのぼった。

(第二列王記2章11節)

何とド派手な昇天。。

この姿は後継者のエリシャもバッチリ目の当たりにしていますが、きっとその顔はポカーンという感じだったでしょうね。(無理もない)

 

イエスが天に昇られる遥か前に、エリヤは昇天をしていたんです!

ちなみに、昇天を経験した聖書の人物は、

  • エノク
  • エリヤ
  • イエスキリスト

の3名のみ。

ここからも、エリヤが非常に特別な存在だということが分かりますね!

エリヤは”キリストの変容”時に天から現れた!?

イエス・キリストが弟子たちと山に登った時に、その姿が光り輝いた出来事を“キリストの変容”と言います。

この奇跡によって、イエスはご自分が神のご性質を持っていることを示されて、弟子たちを励まされました。

 

そして、その際にイエスキリストはとある人物とお話をしていたと聖書には書かれています。

「ところが、彼らの目の前でイエスの姿が変り、その顔は日のように輝き、その衣は光のように白くなった。 3すると、見よ、モーセとエリヤが彼らに現れて、イエスと語り合っていた。

(マタイによる福音書17章2、3節)

その人物というのが、モーセとエリヤでした。

 

モーセも聖書を代表する偉大な預言者ですが、エリヤはそれに並ぶ存在ということなのでしょう。

この2人の間に入ることができるなんて。。やはり只者ではありません。

 

イエス・キリストが起こした奇跡については、イエス・キリストが起こした奇跡まとめ15選【ジャンル別にご紹介】をどうぞ

エリヤは様々な奇跡を起こした!?

エリヤの奇跡は、昇天だけに留まりません。

エリヤは、その生涯の中で他にも様々な奇跡を神様の力で起こしています。

 

エリヤが起こした主な奇跡は、以下の通りです。

◎エリヤの奇跡一覧

  • カラスがパンと肉を運んでくる
  • やもめの家の小麦粉と油を無限に増やす
  • やもめの息子を生き返らせる
  • 水浸しの祭壇に乗せられた雄牛を焼き尽くす
  • アハズヤ王の使者を焼き尽くす
  • 上着でヨルダン川の水を割る
  • 嵐に乗って天に上げられる

数もそうですが、どれもインパクトのあるものばかりですね。

でも、聖書の人たちってみんな奇跡起こせるんでしょー?

これはよくある誤解なんですが、実は、聖書で奇跡を起こした人物はそれほど多くありません。

モーセやエリヤの後継者エリシャ、イエスやその弟子たちなど結構限られてくるんです。

 

ただ、彼らの起こす奇跡のインパクトが強いため、聖書の人物=奇跡起こせるみたいなイメージが定着してしまったんでしょうね。

だから、奇跡をこれだけ起こせるエリヤはやっぱり偉大なのです。

なぜ、エリヤはこれほど神に愛された!?

さて、このように、神様に特別扱いを受けるほど愛されていたエリヤですが、

そもそもなぜこれほど神に愛されたのでしょうか?

 

それを知るには、エリヤが生まれた土地や当時の時代背景について知る必要があります。

エリヤを取り巻く環境が、どのようなものだったかというと、

◎エリヤが生まれた当時の状況

  • エリヤが生まれた土地”ギルアデ”の先祖は、神の約束よりも自分たちの利益を優先した不信仰者たちだった
  • アハブ王の妻イゼベルは、”バアル”と”アシェラ”という偶像をイスラエルに持ち込む
  • アハブ王は、バアルの宮を建て祭壇を築くなど積極的にバアルを崇拝
  • 結果的にバアルの預言者が450人、 アシェラの預言者が400人にも達する
  • 正しい神を信じる預言者たちが、イゼベルによってほとんど殺される

など、言わば、“信仰の超暗黒時代”というような状況だったのです。

これはヒドイ。。!

 

しかし、そんな中エリヤはただ真実の神様だけを見上げる正しい人物だったのです。

これこそ、エリヤが神様に愛された最大の理由だったのではないでしょうか。

 

そして、エリヤは、堂々とアハブ王の前に出てきてこう宣言するのです。

エリヤ
エリヤ
わたしの仕えているイスラエルの神、主は生きておられる。(Ⅰ列王記17:1)

めちゃくちゃかっこいいですよね!

神様から愛されるのも納得です。

まとめ:エリヤは神様に愛されまくりの預言者!

知れば知るほどエリヤという人物は神様に特別愛されていたということが分かりますね。

VIP待遇という他ないです。

 

それにしても、雄牛を焼き尽くしたり、使者を焼き尽くしたり、火の戦車が迎えに来たりしてますけど、

エリヤって炎属性なんですか?(発想が小学生)

 

キートンでした。

【完全版】聖書の主な登場人物をクリスチャンがまとめてみたジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。