聖書人物シリーズ

【聖書人物】”エリシャ”とは?奇跡を起こしまくった預言者!?

ジーザス、エブリワン!キートンです。

旧約聖書に出てくる”エリシャ”ってどんな人?

生涯なども含めて詳しく教えて~!

こういった疑問にお答えします。

 

今回は、預言者“エリシャ”をご紹介したいと思います。

エリシャは、その生涯でたくさんの預言と奇跡を行った偉大な預言者です。

 

特に、奇跡を起こした数で言えば、聖書でもトップクラスですね!

この記事では、

  • エリシャはどのような人物なのか
  • どのような生涯を送ったのか

などについて見ていきたいと思います。

“エリシャ”とは?

エリシャは、旧約聖書の”列王記”に登場するイスラエルの預言者です。

アハズヤ王から始まりヨアシュ王まで、計5代の王様の期間活躍しました。

 

同じく預言者のエリヤの弟子としても有名ですね。

エリシャはその生涯で様々な奇跡を起こし、イスラエルの人々に神の言葉を伝え続けました。

 

また、師のエリヤと同じく、真の神様に従わず、偶像崇拝を行った王様たちとも戦い続けました。

キートン
キートン
正教会では、”エリセイ”と呼ばれ聖人として扱われています!

師匠のエリヤについては、預言者”エリヤ”とはどんな人物?神様からの超お気に入り!?【3分で分かる】をどうぞ

エリシャの生涯

ではでは~、ミラクル預言者の生涯を見ていきましょう!

エリシャ、エリヤの霊を受け継ぐ

「9彼らが渡ったとき、エリヤはエリシャに言った、「わたしが取られて、あなたを離れる前に、あなたのしてほしい事を求めなさい」。エリシャは言った、「どうぞ、あなたの霊の二つの分をわたしに継がせてください」。」

(列王記下2章9節)

あるところに、牛飼いの仕事をしているエリシャという人物がいました。

ところが、あるときに預言者エリヤと出会い、自身も預言者へと変えられていきました。

 

そして、エリヤにおよそ8年間もの間、仕えることとなったのです。

しかし、ある日師匠のエリヤがこの世を去り、天に上げられるときがやってきました。

 

エリヤが天に上げられる時に、エリシャは1つのお願いをしました

エリシャ
エリシャ
あなたの霊の2つ分を、私に受け継がせてください!

と。

 

これはつまり、エリヤの後継者になることをエリシャは望んだということです。

なぜ2つ分かというと、当時父親が財産を渡す際には、長子は他の子供の2倍もらうことができたからです。

 

こうして霊の力を受け継いだエリシャは、エリヤの後を継いで預言者として活躍していきます。

奇跡①初めての奇跡

「14そしてエリヤの身から落ちたその外套を取って水を打ち、「エリヤの神、主はどこにおられますか」と言い、彼が水を打つと、水は左右に分れたので、エリシャは渡った。」

(列王記下2章14節)

エリシャの記念すべき最初の奇跡は、師エリヤが残していった毛皮の衣を使って起こりました。

なんとエリシャが衣でヨルダン川を打つと、川が真っ二つに分かれたのです。

 

これはかつて、イスラエルの指導者ヨシュアが行った奇跡と同じでした。

そして、この奇跡によって、他の預言者たちからもエリシャは正式なエリヤの後継者だということを認められたのです。

奇跡②エリコの水を清める

「21エリシャは水の源へ出て行って、塩をそこに投げ入れて言った、「主はこう仰せられる、『わたしはこの水を良い水にした。もはやここには死も流産も起らないであろう』」。 22こうしてその水はエリシャの言ったとおりに良い水になって今日に至っている。」

(列王記下2章21、22節)

続いての奇跡は、エリコの町で起こされます。

エリコの町の人々は、エリシャにこう言いました。

エリコの人々
エリコの人々
ここは住みやすい町ですが、水が汚いのです。

どうにかならないでしょうか?

すると、エリシャは答えました。

エリシャ
エリシャ
新しい器を持って来て、それに塩を入れなさい。

エリコの人々が言われた通り持ってくると、エリシャは塩を水の源に投げ込みました。

 

すると、どうでしょう。

水は清められ、きれいになってしまいました。

奇跡③油を増やす

「7そこで彼女は神の人のところにきて告げたので、彼は言った、「行って、その油を売って負債を払いなさい。あなたと、あなたの子供たちはその残りで暮すことができます」。」

(列王記下4章7節)

まだまだ、エリシャの奇跡は続きます。

ある日、エリシャの預言者仲間の妻がエリシャに助けを求めて来て言いました。

預言者の妻
預言者の妻
私の夫が死にました。

しかも、お金を借りている相手もやってきて、私の2人の子供を連れ去り、奴隷にしようとしているのです。

私の家にはもう、油のツボが1つあるだけです。

エリシャは答えました。

エリシャ
エリシャ
近所から空の器をたくさん借りてきなさい。

そして、家に帰ったら戸を閉めて子供たちと閉じこもり、その器の全てに残っている油を注ぐのです。

また、いっぱいになった器は脇に置きなさい。

家に帰り、妻が言われた通りにすると、器はどれも油でいっぱいになりました。

 

こうして、妻たちは油を売ることで借金を返し、残りのお金で生活していくことができるようになったのです。

奇跡④将軍ナアマンの皮膚病を癒す

「14そこでナアマンは下って行って、神の人の言葉のように七たびヨルダンに身を浸すと、その肉がもとにかえって幼な子の肉のようになり、清くなった。」

(列王記下5章14節)

エリシャの奇跡の中でも特に有名なのがこれです。

アラム王の将軍であるナアマンは、王様から気に入られていました。

 

なぜなら、かつて神様の力を受けたナアマンの活躍によって、アラムは勝利を勝ち取ることができたからです。

しかし、そんな勇士ナアマンにも悩みがありました。

 

それは、彼が重い皮膚病を患(わずら)っていたことです。

ある日、預言者エリシャの噂を耳にしたナアマンは、この皮膚病を癒してもらおうと、エリシャのところにやって来ました。

 

すると、エリシャは使いの者を通して、ナアマンに言いました。

エリシャ
エリシャ
ヨルダン川に行って、7回体を洗いなさい。

そうすればあなたの皮膚病は癒やされ、体もきれいになるでしょう。

ナアマンは、これを聞いて腹を立てました。

エリシャが直接現れて、皮膚病を癒してくれると思っていたからです。

 

しかし、彼の家来たちが説得したので、ナアマンは渋々ヨルダン川に行き、体を7回洗うことにしました。

すると、どうでしょう。

 

彼の体はあっという間にきれいになり、すっかり皮膚病が癒されてしまったのです。

ナアマンはこれに感激し、エリシャに強く感謝をしました。

 

このように、エリシャは他にも様々な奇跡を起こして、人々を驚かせました。

奇跡の数、半端じゃない。。

エリシャ、アラム軍をもてなす

「22エリシャは答えた、「撃ち殺してはならない。あなたはつるぎと弓をもって、捕虜にした者どもを撃ち殺すでしょうか。パンと水を彼らの前に供えて食い飲みさせ、その主君のもとへ行かせなさい」。」

(列王記下6章22節)

時が流れ、これはアラム国とイスラエル国が争っているときのこと。

イスラエルはエリシャの預言のおかげで、何度もアラム軍の攻撃を避けることに成功していました。

 

これにイラついたアラム王は、エリシャを仕留めようと、多くの軍隊を送り込みます。

町を囲まれてしまうイスラエルでしたが、エリシャは神様にお祈りしました。

エリシャ
エリシャ
このアラム軍の目をくらませてください。

すると、アラム軍の目はくらみ、その間にエリシャは彼らをイスラエルの首都であるサマリアに連れていきました。

 

そして、エリシャがもう一度祈り、アラム軍の目が開かれると、彼らは自分たちが敵地のド真ん中にいることに気がつきました。

ああ、これで自分たちはイスラエルにやられてしまう。。!

 

アラム軍がそう思ったとき、エリシャはここで驚くべき提案をしました。

エリシャ
エリシャ
彼らを殺してはならない。

彼らにパンと水を与えて、王のもとに帰らせるのだ。

何と、エリシャは敵であるアラム軍をもてなした上に、無傷で送り返そうと言うのです。

これはまさに、敵に愛を持って接し、善で悪を制する考え方でした。

 

後のイエス・キリストを彷彿とさせますね。

そして、イスラエル王はエリシャの言葉を受け入れ、アラム軍のために大宴会を催して主君のところへ帰らせました。

 

その結果、アラムの部隊は2度とイスラエルの地にはやってこなかったのです。

斬新なやり方。。

エリシャ、イスラエルの未来を預言する

「1エリシャは言った、「主の言葉を聞きなさい。主はこう仰せられる、『あすの今ごろサマリヤの門で、麦粉一セアを一シケルで売り、大麦二セアを一シケルで売るようになるであろう』」。」

(列王記下7章1節)

しかし、アラムの部隊は来なくとも、アラムの王様は別でした。

その後、アラム王は全軍を集めてサマリアを包囲してしまったのです。

 

しかも、その頃のサマリアは大規模な食糧不足にも襲われており、まさに絶体絶命の大ピンチ。

ところが、エリシャは言いました。

エリシャ
エリシャ
明日の今頃には、上等の小麦粉1セアと大麦2セアが、それぞれ1シェケルで売られるようになるだろう。

これはつまり、この飢えは明日にはおさまり、食べ物が余るようになるという預言でした。

イスラエル王の侍従はこれを馬鹿にしますが、その後不思議なことが起こりました。

 

夕暮れになる頃、4人の民がアラムの陣営に行くと、そこには敵が誰もいなくなっていたのです。

これは神様が、

  • 戦車の音
  • 軍馬の音
  • 大軍の音

をアラムの陣営に響き渡らせておどかし、アラム軍を逃げ出させたためでした。

 

まさに、神様による奇想天外の奇跡でした。

しかも、アラム軍は持ち物も全て置いて逃げてしまったので、食料なども手に入れることができたのです。

 

こうして、エリシャの預言は実現し、イスラエルはまたしても危機を脱することができました。

最期の預言

「彼が射ると、エリシャは言った、「主の救の矢、スリヤに対する救の矢。あなたはアペクでスリヤびとを撃ち破り、彼らを滅ぼしつくすであろう」。」

(列王記下13章17節)

さて、時は流れ、エリシャが死の病に伏せっていた頃。

イスラエルの王様であるヨアシュが、エリシャに預言を求めて泣きついて来ました。

 

なぜならイスラエルがまたしてもアラム国の脅威にさらされていたからでした。

これは、相も変わらずイスラエルが神様に対して罪を犯していたためです。

 

すると、エリシャは言いました。

エリシャ
エリシャ
弓と矢を取りなさい。

そして、東側の窓を開けて、矢を射(い)るのだ。

ここでの矢というのは、“神様の勝利の矢”を意味していました。

この矢を射ることで、敵を完全に打ち滅ぼすことができるという意味合いがあるんですね。

 

ヨアシュが言う通りにすると、さらにエリシャは言いました。

エリシャ
エリシャ
これは、アラムに対する主の勝利の矢だ。

今度は地面に射なさい。

すると、ヨアシュは3回矢を地面に射ると、そこでやめてしまいました。

これを見たエリシャは怒って言いました。

エリシャ
エリシャ
なぜ、5回、6回と続けて矢を射らないのか。

そうすれば、あなたはアラムを滅ぼすことができただろうに。

しかし、あなたは3回しか射らなかったので、アラムを3回までしか打ち破れないだろう。

そう、ヨアシュには神様への信頼が足りず、徹底的に矢を射ることができなかったのです。

 

最期の預言を終えると、エリシャは亡くなりました。

そして、この預言は実現していくことになります。

エリシャは、旧約聖書の預言者で最も奇跡を起こした人物?

エリシャの師匠エリヤは、その生涯でたくさんの奇跡を行いましたが、エリシャも奇跡では負けていません。

いや、それどころか、エリシャ以上に奇跡を起こした人物は、旧約聖書の預言者にはいないと言えるでしょう。

 

例えば、その主なものを挙げてみると。。

◎エリシャが起こした主な奇跡一覧

  • エリヤの衣でヨルダン川を2つに割る
  • エリコの町の水を塩できれいにする
  • 子供42人をクマに襲わせる
  • 預言者の妻の家の油を増やす
  • シュエムの婦人に子供を授ける
  • その婦人の息子を生き返らせる
  • 毒のウリが入った煮物を麦粉を使って清める
  • パン20個と1袋の穀物で、100人のお腹を満たし余らせる
  • アラムの将軍ナアマンの皮膚病をヨルダン川の水で癒す
  • 水に沈んだ斧を浮き上がらせる
  • エリシャの遺骨に触れた死人が生き返る など。
奇跡起こしすぎぃ!!

どうですか?

とてつもない数ですよね。。

 

どれも驚くべき奇跡ですが、中でもぶっ飛んでいるのが最後の“エリシャの遺骨に触れた死人が生き返る奇跡”。

「時に、ひとりの人を葬ろうとする者があったが、略奪隊を見たので、その人をエリシャの墓に投げ入れて去った。その人はエリシャの骨に触れるとすぐ生きかえって立ちあがった。 」

(列王記下13章21節)

どういうことかというと、エリシャが死んでからおよそ1年後のこと。

ある人物の遺体がエリシャの骨に触れたところ、その人物が蘇ったのです。

 

なんとエリシャは、死んでなお奇跡を起こしてしまったのです!!

いや、もう何でもありかいな。。

 

エリシャと奇跡は切っても切り離せない関係にあると言えるでしょう。

エリシャはハゲを馬鹿にされてブチ切れた!?

たくさんの奇跡を起こした偉大な預言者エリシャ。

しかし、彼には少しユニークなエピソードがあります。

 

それは、“自分のハゲ頭を馬鹿にした子供たちを呪い殺した”というもの。

うん、なんですかねこの間抜けな文章は。

「彼はそこからベテルへ上ったが、上って行く途中、小さい子供らが町から出てきて彼をあざけり、彼にむかって「はげ頭よ、のぼれ。はげ頭よ、のぼれ」と言ったので、 24彼はふり返って彼らを見、主の名をもって彼らをのろった。すると林の中から二頭の雌ぐまが出てきて、その子供らのうち四十二人を裂いた。 」

(列王記下2章23、24節)

経緯を説明しますと、エリシャがベテルという地に上って行こうとする途中、町の子供たちがエリシャを見てこう言いました。

町の子供たち
町の子供たち
ハゲ頭、上って行け。ハゲ頭、上って行け。

頭のことを気にしていたのでしょうか、エリシャはこれに対してブチ切れ。

 

エリシャは子供たちをにらみつけ彼らを呪うと、

森から2頭のクマが現れて子供たち42人を引き裂いて殺してしまいました。

 

何と言うかかなりぶっ飛んだエピソードですね。。

ただ、これは、後に下る神様の裁きを暗示しているのではないかとも言われています。

 

まあ、いずれにせよ、人のコンプレックスをからかうのは絶対にやめましょう。(真顔)

まとめ:エリシャは奇跡を起こすのが得意な預言者!

エリシャがイスラエルで活躍した期間は、60年間。

その間、奇跡と預言を行い続けたエリシャは、偉大な預言者という他ないですね。

 

でも、あれですね。

神はいつもエリシャと共にいましたが、

髪のほうは違ったみたいですね。(くだらない)

 

キートンでした。

【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...
預言者"エリヤ"とはどんな人物?神様からの超お気に入り!?【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は聖書に登場する、"エリヤ"という偉大な預言者をご紹介したいと思います。 ...

 


ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です