聖書人物シリーズ

【聖書人物】”ザアカイ”ってどんな人?徴税人からイエスの弟子に!?

ジーザス、エブリワン!キートンです。

新約聖書に登場するザアカイってどんな人?

木に登った人だっけ?詳しく教えて!

こういった疑問にお答えします。

 

今回は聖書に登場する、“ザアカイ”という人物をご紹介したいと思います。

え、そんな人、聞いたことないって?

 

まあ、無理もありません。

聖書の1箇所だけ、それも1章分にしか出てこない人物ですから。

登場シーン、少なっ!!

 

でも、その割に、クリスチャンの間では結構知られている人物だったりします。

そこでこの記事では、クリスチャンの僕が、

  • ザアカイとはどのような人物か
  • ザアカイの生涯

などをご紹介しましょう!

“ザアカイ”とは?

ザアカイは、新約聖書の”ルカによる福音書”に登場する人物で、元々は人々から税を取り立てる徴税人でした。

ヘブライ語で言うと、”清い者”。

 

その仕事柄、ユダヤの人々からは嫌われていましたが、イエスキリストに出会って改心。

その後、弟子になりました。

キートン
キートン
ちなみに、ザアカイは、正教会では聖人として扱われています!

 

イエスキリストについては、【完全版】イエス・キリストとはどんな人物?その生涯をまとめてみた【5分で分かる】をどうぞ

“ザアカイ”の生涯

「5イエスは、その場所にこられたとき、上を見あげて言われた、「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。きょう、あなたの家に泊まることにしているから」。 6そこでザアカイは急いでおりてきて、よろこんでイエスを迎え入れた。」

(ルカによる福音書19章5、6節)

イエスがエリコという町に入られた時のこと。

そこに、“ザアカイ”という人物がいました。

 

ザアカイは、人々からお金を取り立てる徴税人の頭(かしら)であり、お金持ちでした。

さて、そんなザアカイの耳に、イエスの噂が入ってきました。

 

人々の病気を癒し、罪人に対しても差別をしないと言われている、イエスがこの町に来られたという噂を。

ザアカイは、そんなイエスの姿がひと目見たくて仕方ありません。

ザアカイ
ザアカイ
自分もイエスに会えば、何か変わるかもしれない。。!

そう思っていたからです。

 

しかし、あいにくザアカイは背が低く、人々の後ろからは見ることができませんでした。

そこで、ザアカイは考えました。

ザアカイ
ザアカイ
そうだ!木の上に登ればいいんだ!

ザアカイは、イエスが行く道を先回りし、いちじくの木に登りました。

 

すると、どうでしょう。

道を歩いていたイエスが、ザアカイのところへやって来るではありませんか。

 

ザアカイのところまで来られると、イエスはザアカイを見上げて、言われました。

イエス
イエス
ザアカイ、すぐに降りてきなさい。

今日は、あなたの家に泊まることにしているから。

これを聞いたザアカイは大喜び。

急いで降りてきて、イエスを家に迎えました。

 

これを見た、周りの人々は次々につぶやきました。

周りの人々
周りの人々
おい、あの人は、罪深い男のところに泊まろうとしているぞ。

しかし、ザアカイはそんなことは何のその。

ふと立ち上がると、イエスに言いました。

ザアカイ
ザアカイ
イエス、私はこれから財産の半分を貧しい人々に分け与えます。

また、誰かからだまし取った分のお金は、4倍にして返します。

イエスは言われました。

イエス
イエス
今日、救いがこの家に訪れた。

人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。

徴税人は、ユダヤ人の嫌われ者だった!?

最初に、徴税人であるザアカイはユダヤの人々に嫌われていた、と述べました。

 

では、なぜ嫌われていたかというと、

徴税人というのは、ユダヤを支配しているローマ帝国のために、税金を徴収する人たちだからです。

「2ところが、そこにザアカイという名の人がいた。この人は取税人のかしらで、金持であった。」

(ルカによる福音書19章2節)

つまり、同じユダヤ人からすれば、裏切り者でしかないわけですね。

 

しかも、それだけではありません。

徴税人は、自分たちが儲(もう)けるために、本来の税金よりかなり多くの税を人々から取っていました。

だから、ザアカイはお金持ちだったんだにゃ〜。

これは、嫌われないほうがおかしいですね。

 

また、彼らは聖書に書かれている律法を守らないというのもあり、“罪人”とされていました。

イエスがザアカイの家に泊まろうとした時に、周りの人々が騒いだのはこういう理由なんですね。

「6そこでザアカイは急いでおりてきて、よろこんでイエスを迎え入れた。 7人々はみな、これを見てつぶやき、「彼は罪人の家にはいって客となった」と言った。」

(ルカによる福音書19章6、7節)

イエスは、なぜザアカイのところへ来た!?

では、そんな罪深いザアカイのところに、なぜイエスはやって来られたのでしょうか?

それは、イエスの発言の中に答えがあります。

「人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである。」

(ルカによる福音書19章10節)

“人の子”とは、イエスのこと。

 

そして、”失われたもの”というのは、罪人であり、神様から離れていたザアカイのことです。

つまり、イエスには最初から、ザアカイのところに行くというご計画があったということですね。

 

その証拠に、イエスは、ザアカイの名前を最初から知っておられました。

「5イエスは、その場所にこられたとき、上を見あげて言われた、「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。きょう、あなたの家に泊まることにしているから」。」

(ルカによる福音書19章5節)

ザアカイは、お金こそ持っていましたが、税を取り立てる罪人であり、人々からも嫌われていました。

 

また、背が低いことへのコンプレックスもあったかもしれません。

ザアカイはいつも孤独で、誰かから認められたいと思っていたのでしょう。

 

頼れるものは、お金だけでした。

悲しい。。

 

だからこそ、イエスに名前を呼んでもらい、家に泊めて欲しいとまで言われた時は、一体どれほどの喜びだったのでしょうか。

僕なら、踊り狂いますね。(知らんがな)

 

ザアカイが自分の地位もお金も投げ捨ててイエスに従ったのは、もうこれらにすがりつく必要が無くなったからに他なりません。

「8ザアカイは立って主に言った、「主よ、わたしは誓って自分の財産の半分を貧民に施します。また、もしだれかから不正な取立てをしていましたら、それを四倍にして返します」。」

(ルカによる福音書19章8節)

イエスによって救われ、心が満たされたからです。

 

このように、イエスは、どんな罪人でも大きな愛で迎えて、救ってくださるお方なんですね!

なんて素晴らしい方。。!

キリスト教における”罪”の意味については、キリスト教の”罪”とは何?本質は1つだけです【クリスチャンが答える】をどうぞ

ザアカイは12弟子のマタイと経歴がそっくり!?

皆さんは、このザアカイの生涯を見て、とある人物と経歴が似ているなと感じませんでしたか?

そう、それはイエスキリスト12弟子の1人であるマタイです。

 

何が似ているかって、イエスの弟子になるまでのプロセスがそっくりなんです。

マタイも元々は嫌われ者の徴税人でしたが、イエスに声をかけられて弟子になりました。

「さてイエスはそこから進んで行かれ、マタイという人が収税所にすわっているのを見て、「わたしに従ってきなさい」と言われた。すると彼は立ちあがって、イエスに従った。」

(マタイによる福音書9章9節)

ね、そっくりでしょう?

キートン
キートン
まあ、マタイはザアカイのように木には登っていませんが。。

 

マタイも、取税人で嫌われ者だった自分に声をかけてくれたイエスに、全てを捨てて付いていったのです!

マタイについての詳細は、【12弟子】”マタイ”ってどんな人?元嫌われ者の取税人!?【3分で分かる】をどうぞ

ザアカイの木がジェリコの町にある!?

(写真はイメージです)

ザアカイのお話といえば、やはりザアカイが登った木が印象的ですよね。

「彼は、イエスがどんな人か見たいと思っていたが、背が低かったので、群衆にさえぎられて見ることができなかった。 4それでイエスを見るために、前の方に走って行って、いちじく桑の木に登った。そこを通られるところだったからである。」

(ルカによる福音書19章3、4節)

実は、“ジェリコ”という町には、ザアカイが登ったとされる木が残されています。

 

ザアカイが登ったのは、”イチジク桑の木”で、

これなら背が低いザアカイでもイエスのことが見えただろうなあ、と思える大きな木です。

キートン
キートン
いやー、1度見てみたいですね!

まとめ:ザアカイは印象的な人物!

とても短いお話ですが、ザアカイはとても印象的な人物でしたね!

実際、僕が子供の頃に教会でザアカイの話を聞いたのを、未だに覚えています。

 

木に登るというエピソードが、結構インパクトありますからね。

私たちも、同じくらい必死にイエスを求めていきたいものですね!

 

キートンでした。

【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です