聖書人物シリーズ

サムエル記の”サムエル”ってどんな人?イスラエル最後の士師!?【3分で分かる】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

今回は、イスラエル最後の士師であり預言書でもある“サムエル”をご紹介します。

サムエルは、イスラエルの歴史に大きな影響を及ぼした重要人物です。

 

この記事では、

  • サムエルとはどのような人物か
  • サムエルの生涯

などの情報をお送りしましょう!

【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...

“サムエル”とは?

サムエルは、旧約聖書の”サムエル記”に登場するイスラエル最後の士師であり預言者です。

父エルカナ、母ハンナの間に神様の意志によって生まれました。

 

サムエルは、外敵であるペリシテ人を神の力によって追い払い、イスラエルの危機を救います。

また、イスラエル初めての王様サウルや、次の王様ダビデを王に任命するなど、イスラエルに初の王制を取り入れました。

 

ちなみに、”サムエル記”を書いたのもサムエルだと言われています。

"士師"ってどんな人?イスラエルを救った英雄たち!?【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は、聖書にしばしば登場する"士師"と呼ばれる人たちについてご紹介します。 ...
"預言者"とは?神の言葉を伝える人たち!?【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、"預言者"という人たちのことを知っていますか? これは、 ...

サムエルの生涯

では、サムエルの生涯を見ていきましょう!

サムエルの誕生

エルカナには、ペニナとハンナという2人の妻がいました。

しかし、ペニナには子供がいましたが、ハンナには子供がいませんでした。

 

このことでハンナはペニナからもいじめられ、非常に悩み苦しんでいました。

そこで、ハンナはある日、神様に泣きながら祈りました。

ハンナ
ハンナ
主よ、どうか私に男の子をお与えください。

そうすれば、私はその子を一生あなたにおささげします!

 

すると、神様はこのハンナの祈りに応えられ、ハンナは身ごもり、男の子を生みました。

“サムエル”の誕生です。

 

その後、ハンナは約束通りサムエルを神様におささげし、サムエルは祭司のエリに引き取られることになりました。

そして、サムエルはすくすくと成長し、神様にも人々にも喜ばれる者となっていったのです。

サムエル、神の声を聞く

ある日のこと。

神殿でサムエルが寝ていると、神様がサムエルの名前を呼ばれました。

神様
神様
サムエルよ。

サムエルは祭司のエリに呼ばれたのだと思い、走っていきましたがエリは呼んでいないと言います。

 

サムエルが戻って寝始めると、再び神様がサムエルを呼ばれました。

神様
神様
サムエルよ。

 

サムエルはまたエリのところへ急いで向かいましたが、やはりエリは呼んでいないと言います。

首をかしげながら再び寝始めるサムエルでしたが、神様はまたしてもサムエルの名前を呼ばれました。

神様
神様
サムエルよ。

サムエルがまたエリのところにやってきた時、エリは気づきました。

 

サムエルを呼ばれたのは、神様に違いないと。

そこで、エリはサムエルに言いました。

祭司エリ
祭司エリ
戻って寝なさい。

もしまた呼びかけられたら、「主よお話ください。しもべは聞いております。」と答えるのだ。

 

サムエルが戻って寝始めると、また声が聞こえました。

神様
神様
サムエルよ。

 

サムエルは、エリに言われた通りに答えました。

少年サムエル
少年サムエル
主よお話ください。しもべは聞いております。

 

すると、神様は言われました。

神様
神様
私は、エリの息子たちが神を汚す行為をしているのを知りながら、エリがそれを注意しないでいるのを知っている。

そのため、私はエリの家を永遠に裁こうと思う。エリの家の罪は、永遠にゆるされることはないだろう。

 

そう、エリの息子たちは、神様のささげものを奪い取って食べるという大きな罪を犯していたのです。

しかし、父親のエリはそのことを知りながら、注意をしませんでした。

 

次の日、サムエルは神様から語られたことを全てエリに話しました。

これこそが、サムエルの預言者デビュー。

 

その後もサムエルは成長し、イスラエルの全ての人々から主の預言者として認められるほどになっていきました。

サムエル、ペリシテ人たちを打ち倒す

その後、イスラエルは敵である、ペリシテ人に打ち負かされてボロボロになっていました。

しかも、この戦いでエリの2人の息子も死に、その報告を聞いたエリもショックで倒れて死んでしまったのです。

 

サムエルがエリに伝えた預言が、こうして実現したのでした。

そこで、サムエルはイスラエルの人々に言いました。

サムエル
サムエル
心を神様に向け、神様のもとに立ち帰りなさい。

そうすれば、神様はあなたたちをペリシテ人から救ってくださるだろう。

 

これを聞いたイスラエルの人々は、それまで拝んでいた異教の神様を取り除けて、真の神様だけを拝むことにしました。

そして、全員で罪を悔い改め、神様に祈りを捧げたのです。

 

また、サムエルも小羊を1匹全焼のいけにえとして神様にささげ、イスラエルの助けを求めました。

するとどうでしょう。

 

神様はペリシテ人たちの上に、激しい雷鳴をとどろかせられました。

これに、驚いたペリシテ人たちは大混乱。

 

その隙に、イスラエルはペリシテ人たちを打ち倒し、勝利することができました。

不思議なやり方にゃ〜。

こうして、サムエルの指導者としての地位は、確立されていったのです。

イスラエルの人々、王を求める

さて、時は流れ、サムエルも年老いてきました。

そこで、サムエルは自分の息子たちを、自分の代わりに裁きを行うものとして任命しました。

 

ところが、サムエルの息子たちは父の道を歩まず、利益だけを求め、きちんとした裁きを行いません。

これを見かねたイスラエルの長老たちは、集まってサムエルに言いました。

イスラエルの人々
イスラエルの人々
あなたはもう年老いていますし、あなたの息子たちもあんな状態。

今こそ、他の国のように裁きを行う王を立てるべきです!

 

しかし、サムエルには王を立てることが、どうしても正しいこととは思えませんでした。

そこでサムエルが神様に祈ると、神様はサムエルに言われました。

神様
神様
彼らは、今までも私が王であることを認めず、他の神を拝んできた。

だが、今は彼らの言う通りにしなさい。

 

サムエルは、イスラエルの人々に言いました。

サムエル
サムエル
王を立てると、あなたたちは税金も取られるし、奴隷になることもあるだろう。

あなたたちの息子や娘が、兵として使われたり、働かされることもあるかもしれない。

それでも、王を立てたいと申すか?

 

しかし、イスラエルの人々の気持ちは変わらなかったので、サムエルは渋々王を立てることを受け入れました。

こうして、イスラエルに初めて王制が取り入れられたのです。

イスラエル初の王様の誕生

こうして、ある1人の美しく背の高い若者が王に選ばれることになりました。

神に選ばれたその人物の名は、“サウル”。

 

サムエルはサウルの頭に※油を注ぎ、ここにイスラエル初の王様、“サウル王”が誕生したのです。

イスラエルの人々は念願の王の誕生に、両手を挙げて喜びました。

※当時の王様は、祭司や預言者から“油注ぎの儀式”を受ける必要がありました。

サウルの失敗

サウル王率いるイスラエルが、敵であるペリシテ人と戦っているときのこと。

イスラエルは窮地に陥り、洞窟などに隠れてやり過ごしていました。

 

しかし、ここで、サウル王は致命的な失敗を犯してしまいます。

サウル王は、サムエルが来るまで待つように言われていたにも関わらず、待ちきれずに勝手に神様にささげ物をささげてしまったのです。

 

その直後にやって来たサムエルは、サウルに言いました。

サムエル
サムエル
あなたは愚かなことをした。

あなたは神の命令を守らなかったので、いずれ別の人物が王様として立てられるだろう。

 

なんとサウルは、サムエルに”王様クビ宣言”をされてしまったのです。

その後、サウル王はたくさんの戦において勝利を収めていきますが、このサムエルの言葉は実現していくことになります。

サウル、神様からも見離される

ある日、ついに神様はサムエルに言われました。

神様
神様
私は、サウルを王にしたことを悔やむ。

彼は私に背を向け、私に従わないからだ。

 

そう、サウルは敵を滅ぼし尽くせと言われたにも関わらず、値打ちのある物は滅ぼさず、それらを自分たちのものにしていました。

こうして、サウルは罪を重ねたので、ついに神様からも愛想を尽かされてしまったのです。

 

このことをサムエルがサウルに告げると、サウルは言いました。

サウル王
サウル王
ああ、私は神とあなたに罪を犯しました。。

どうか、私の罪をゆるしてください!

 

しかし、時すでに遅し。

サムエルは、サウルが王位を失うことを再び告げるのでした。

 

そして、それ以来、サムエルは死ぬまで2度とサウルと会おうとしませんでした。

サムエル、新しい王様を任命する

さて、サウルの次に神様が選ばれたのは、なんと当時最も身分が低いとされていた羊飼いの少年でした。

しかも、兄弟の中でもっと軽んじられていた末っ子です。

 

しかし、その人物こそ後のイスラエルの英雄“ダビデ”でした。

こうして、サムエルはダビデの頭に油を注いだ後、しばらくしてその生涯を終えます。

"ダビデ王"ってどんな人?イスラエルの英雄!?【3分で分かる】 ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書で好きな人物は誰でしょうか? ノア?アブラハム?モー...

なぜサムエルは、王様を立てるのに反対した!?

サムエルは、イスラエルの人々が王様を立ててくれと言った時に、最初それに反対していました。

「しかし彼らが、「われわれをさばく王を、われわれに与えよ」と言うのを聞いて、サムエルは喜ばなかった。」

(サムエル記上8章6節)

一体なぜでしょうか?

 

それは、サムエルが”神様こそ唯一の王様である”と考えていたかです。

それまでのイスラエルでは、常に神様がイスラエルの人々を導き、危機から守って来ました。

 

ですから、王様を立てる必要などなかったのです。

実際、それまでもモーセやヨシュアといった偉大な指導者はいましたが、王様は立てていませんでした。

god is king。。

 

しかし、それでもイスラエルの人々は人間の王様を求めてしまいました。

これはつまり、人々が神様に頼るのをやめて、人間を頼ることにしたということを意味します。

 

当然、こんなことは神様の御心ではなく、それをサムエルも知っていたのです。

ですから、サムエルが王を立てるのに反対したのは、彼の信仰によるもので正しい姿勢でした。

 

しかし、サムエルと神様の願いも虚しく、人々は王を求め続け2人は折れることになったのです。

"モーセ"とはどんな人?海を割っただけじゃない!?【5分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は、聖書の重要人物"モーセ"についてご紹介します! え、そんな人知らないっ...
ヨシュア記の"ヨシュア"ってどんな人?敗け無しの天才指導者!?【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は、イスラエル人の天才的指導者だった"ヨシュア"をご紹介します。 ヨシュア...

サムエルは死んだ後も登場する!?

実は、サムエルは亡くなってからも、もう1度聖書に登場します。

「サウルはその人がサムエルであるのを知り、地にひれ伏して拝した。 15サムエルはサウルに言った、「なぜ、わたしを呼び起して、わたしを煩わすのか」。サウルは言った、「わたしは、ひじょうに悩んでいます。ペリシテびとがわたしに向かっていくさを起し、神はわたしを離れて、預言者によっても、夢によっても、もはやわたしに答えられないのです。それで、わたしのすべきことを知るために、あなたを呼びました」。」

(サムエル記上28章14、15節)

これは、イスラエルがペリシテ人と戦っている時のこと。

 

サウルは、ペリシテ人の軍に怯え切っていましたが、神様から既に見限られていたサウルは、頼る相手がおらず困り果てていました。

そこで、サウルがサムエルを呼び寄せるように口寄せの女に頼むと、サムエルが現れたのです。

 

すると、サウルはサムエルに泣きついて言いました。

サウル王
サウル王
ペリシテ人が戦いを仕掛けてくるのに、神様が私に答えてくださらず困っています!

どうか、私がこれからどうすればいいのか教えてください!

 

しかし、サムエルはサウルに言いました。

サムエル
サムエル
主はもうあなたから離れてしまった。

主はじきに、イスラエル王国をあなたから奪い去るだろう。

そして、その後はダビデが王となる。

 

最後の最後まで、サムエルはサウルに手厳しいですね。。

それにしても、死んでもなお登場するとは、やはりサムエルの影響力は凄まじいですね!

サムエルはイスラエル最後の士師!?

士師というのは、イスラエルを他民族の危機から救った英雄たちのことですが、サムエルは最後の士師だと言われています。

なぜなら、サムエル以降は士師の代わりに、王様が国を支配するようになるからです。

 

当時のイスラエルでは、神様から選ばれた士師が人々を政治的・軍事的に支配していました。

しかし、王制が始まったことで、その役割が王様に移ったのです。

 

その意味で、サムエルというのはイスラエルの歴史の大きな転換期に立つ人物と言えますね。

"士師"ってどんな人?イスラエルを救った英雄たち!?【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は、聖書にしばしば登場する"士師"と呼ばれる人たちについてご紹介します。 ...

まとめ:サムエルは偉大な預言者であり偉大な士師!

サムエルは、最初から最後まで神様に忠実に従い続けた立派な人物でした。

何と言っても、”サムエル書”という書物の名前になってますからね!

 

彼の偉大さがよく分かります。

それにしても、サムエルとサウルは性格が真逆だからか、とことんそりが合わなかったようですね。

 

サムエルは厳格、サウルはルーズ。

さあ、上司にするならどっち?(なんの二択だ)

 

ではまた!

【完全版】聖書の主な登場人物まとめ!【大物だらけ】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? 。。。え、イエ...

 


ABOUT ME
キートン
月間4万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です