人間関係の悩み

【悩み】いじめにやり返すのはNG?クリスチャンが考える対処法5選

ジーザス、エブリワン!キートンです。

今イジメにあっているんだけど、やり返しちゃだめなの?

対処法が分からない。。

こういった疑問にお答えします。

 

近年、ますます大きな問題になりつつある“イジメ”の問題。

もしかしたら、皆さんの中にも、

今、学校でイジメにあっています。。!
職場で意地悪な人がいて、イジメてくるんです!!

という方もおられるかもしれません。

 

イジメは本当に辛いですよね。

僕も短期間ですが、学生時代にクラス単位でイジメられた経験があり、非常に苦しかったのを覚えています。

 

しかし、いじめに対してやり返したり復讐したりすると、事態はますます悪化することも少なくありません。

そこで今回は、クリスチャンの僕がイジメの対処法を5つ考えてみました。

 

ぜひ参考にしてみてください!

キートン
キートン
聖書の御言葉をもとにしています。。!

【悩み】いじめにやり返すのはNG?クリスチャンが考える対処法5選

では、全部で5つご紹介していきたいと思います。

  1. 怒って仕返しをしない
  2. 愛を持って接する
  3. 神様にお祈りする
  4. 聖書を読んでみる
  5. 逃げる

①怒って仕返しをしない

自分がイジメられているときに、強く湧いてくる感情の1つに“怒り”というものがあります。

なんで自分がこんな目にあわなきゃいけないんだ。。!

イジメている奴らは絶対にゆるさない。。!仕返ししてやる!!

といった感じですね。

 

一方的にひどい目にあわされているのですから、こういった感情を抱くのは無理もないことです。

むしろ、なんの怒りも感じない方が不自然なくらいでしょう。

 

しかし、イジメにあっているからといって、怒りに身を任せて仕返しをしてはいけません。

聖書にはこうあります。

「愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、「主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と書いてあるからである。」

(ローマ人への手紙12章19節)

私たち人間と神様には、それぞれの役割があります。

 

そして、復讐というのは、私たち人間ではなく神様のお仕事なのです。

つまり、私たちが何か復讐をしなくとも、神様が代わりにイジメている人たちに報いを与えてくださるということですね。

 

ですから、イジメられても、自分の手で報復をしようと思う必要はありません。

それに、仕返しをしようと怒りや憎しみを持つことで、

  • イジメている側を喜ばせ、ますますイジメがエスカレートする
  • 自分自身のことを傷つけて苦しめてしまう

といったさらなる苦しみに繋がってしまう可能性があります。

 

確かに、仕返しをすることでイジメがなくなる可能性もゼロではないですが、それで解決したとしても

あなたの心には大きなしこりが残り続けるでしょう。

 

復讐は決してあなたを幸せにはしてくれません。

理不尽なイジメに腹が立つかもしれませんが、自分のためにもぐっとこらえて神様におゆだねしましょう!

 

ゆるしについては、【キリスト教用語】”赦(ゆる)し”の意味とは?なぜ人を赦す必要があるの?でまとめています。

復讐については、復讐の方法をクリスチャンが教えます【神様におゆだねしましょう】をどうぞ

②愛を持って接する

では、仕返しをしないとして、どうイジメっ子たちに接すればいいのでしょうか。

それは、イジメに対して愛を持って対応することです。

いやいや、仕返ししないだけでも精一杯なのに、愛を持って対応なんてできるわけないじゃないか!!

という声が聞こえてきそうですね。

 

はい、確かにこれはそう簡単にできることではありません。

しかし、聖書にはこう書かれています。

「しかし、聞いているあなたがたに言う。敵を愛し、憎む者に親切にせよ。 28のろう者を祝福し、はずかしめる者のために祈れ。 29あなたの頬を打つ者にはほかの頬をも向けてやり、あなたの上着を奪い取る者には下着をも拒むな。 」

(ルカによる福音書6章27~29節)

キートン
キートン
有名な箇所ですね!

 

このように、イエスキリストは、悪に対して善を持って応えるように語られました。

そして、これはイジメにおいても適用できることだと思います。

 

実際、僕のクリスチャンの友人(以下Aくん)でこんなエピソードがあります。

Aくんは、あるときから、クラスの人たちに無視され続けるというイジメにあっていました。

 

非常に悲しみ落ち込んでいたAくんでしたが、ある日思い立ちました。

Aくん
Aくん
よし、もう無視されてもいいから、クラスの人たちに元気よく明るくあいさつをしよう!!

と。

 

その日からというもの、Aくんはクラスの人たちになるべく明るくあいさつをし続けました。

もちろん、最初は今まで通りずっと無視が続きます。

 

しかし、それを毎日続けていく内に、クラス内に変化が起こりました。

クラスメイトたちが罪悪感を覚え始めたのか、ある日を境に無視がピタッと収まったのです。

すごい。。

 

もちろん、全てのイジメがこんなに簡単に収まるとは言えませんが、

もしAくんも対抗してクラスメイトを無視していたら、こうはならなかったでしょう。

 

愛は悪にさえ打ち勝つ力があります。

悪に悪で対抗するのではなく、悪には愛を持って対抗していきましょう!

③神様にお祈りする

イジメられている人によくある心理で、

恥ずかしくて誰にも相談できない。。

というものがあります。

確かに、イジメられているという事実は、自分のプライドを大きく傷つけます。

 

身近な人にほど、イジメの事実を打ち明けられないということもあるでしょう。

しかし、その結果1人で抱え込んでしまい、自ら命を絶ってしまうなんてケースも少なくありません。

 

そこでそんな方に、1つの提案をします。

ぜひ神様にお祈りをしてみてください。

いやいや、自分は神様なんて信じてないんだけど。。

と思うかもしれませんが、神様はいつでもあなたのすぐそばにおられます。

 

そして、あなたが助けを呼ぶ声を待っておられます。

聖書にはこうあります。

「悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう」。」

(詩編50編15節)

どんなにつたない言葉でも、汚い言葉でも構いません。

神様、助けてください。

私は今イジメられていて苦しいです。助けてください。。

と自分の抱えている想いを全て吐き出してみてください。

 

きっと、心がすっと軽くなるはずです。

そして、そのお祈りは、必ず神様が全て聞いてくださっています。

 

1人で抱え込むくらいなら、神様に助けを求めてみてはいかがでしょうか!

お祈りの仕方については、【祈り方】お祈りの方法って?クリスチャンが具体的な3ステップで教えます!をどうぞ

④聖書を読んでみる

イジメにどう対処すればいいのか、そういったことは学校では教わりません。

イジメっ子にどう接すればいいのか、そういったことも学校では教わりません。

 

しかし、そういった人生の悩みに対する答えが全て書かれた書物があります。

それが聖書です。

 

聖書にはこうあります。

「聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。」

(テモテへの第二の手紙3章16節)

実際、僕が今回ご紹介しているイジメの対処法も、全ては聖書の記述をもとにしたものです。

聖書はただの宗教本ではないんだにゃ~。

 

ですから、イジメられて苦しくなっているときも、ぜひ聖書を開いてみてください。

すると、聖書を通して神様があなたに大切なメッセージを語りかけてくださいます。

 

今の時代、紙の本だけでなく、携帯のアプリでも無料で聖書を読むことが可能です。

聖書から苦難を乗り越えるための知恵を与えていただきましょう!

 

聖書については、【最強の書物】キリスト教の”聖書”とは?永遠のベストセラー!?をどうぞ

⑤逃げる

さて、ここまでいくつかのイジメ対処法を述べてきましたが、

本当にもう耐え切れないと思ったら、“逃げる”というのも1つの選択肢です。

 

つまり、そのイジメの環境から離れるということですね。

おいおい、ここまできて逃げるって。。!

と思うかもしれませんが、逃げるというのはとても重要な行為です。

 

なぜなら、人は”逃げる”という選択肢がないと簡単に追い込まれてしまうからです。

ブラック企業の社員なんかはいい例ですよね。

 

会社を休んだり辞めたりといった逃げ道がふさがれて、どんどん精神を病んでいく。

その結果、自ら命を絶ってしまう。。なんてこともあります。

 

聖書には、こう書かれています。

「一つの町で迫害されたなら、他の町へ逃げなさい。」

(マタイによる福音書10章23節)

これは、イエスキリストが宣教(せんきょう)前の弟子たちに語られた御言葉です。

 

このように、イエスも1つの町で耐え続けろとは言わず、”逃げる”という選択肢を用意されました。

さらに言うと、立派に思える聖書の人物たちも実は結構逃げているんです。

 

☟例えば、こんな感じ。

もちろん、何でもかんでもすぐに逃げればいいというわけではありません。

どんな環境でも、ある程度の忍耐は必要でしょう。

 

しかし、逃げるという選択肢があるとないとでは心の余裕が全く違います。

今いる環境が全てではないし、逃げても神様は新たな道をひらいてくださるお方です。

 

どうか逃げ道を自らふさいで、追い込まれ過ぎないようにしてください!

逃げるのは恥じゃない。。

まとめ:イジメへの対処法を身に付けておこう!

◎イジメの対処法

  1. 怒って仕返しをしない
  2. 愛を持って接する
  3. 神様にお祈りする
  4. 聖書を読んでみる
  5. 逃げる

イジメというのは、学生の頃だけでなく、大人になってからも起きうる問題です。

それほど、イジメは大きな社会問題だということですね。

 

だからこそ、イジメへの対処法は身に付けておいて損はありません。

ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

 

キートンでした。

【神の愛】生きる意味なんてない!と思うあなたに伝えたい5つのこと生きる意味なんてない!と思っている方は必見!この記事では、クリスチャンの僕が聖書をもとにあなたが生きる意味を全力で教えます。実は、あなたは神様からめちゃくちゃ愛されているんです。この記事を読めば、生きる意味が見つかり希望を持って生きられるようになるはずですよ。...
まとめ:汚い言葉を使わないように心がけよう!
悪口や暴言は言わない方がいい理由と解決法3選【クリスチャンが語る】口の悪い方は必見!この記事では、汚い言葉を使ってはいけない理由やその解決法などについてクリスチャンの僕が聖書をもとに解説しています。実は、言葉は人を壊し殺すこともできる恐ろしいものなのです。この記事を読めば、言葉づかいに気を付けることができるようになりますよ。...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。