Q&A

【聖書】”地獄”とはどんな場所?本当にあるの?【クリスチャンが答える】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

以前、天国に関する記事を書きましたが、今回は“地獄”に関する記事を書きたいと思います。

あまり気持ちの良い内容ではないですが、天国の話をして地獄の話をしないわけにはいかないでしょう。

 

天国は確かに存在しますが、残念ながら、地獄も存在します。

ただし、キリスト教における地獄というのは、エンマ大王が、

舌を引っこ抜いてやるぞ~!ぐっはっはっは!!

というイメージのやつではありません。

 

そこで、この記事では、

  • キリスト教における”地獄”とはどういう場所なのか
  • 聖書にはどう書かれているのか
  • どうすれば地獄に行かなくて済むのか

 

などについて解説していきます。

☟天国についてはこちら

"天国"とはどんなところ?本当にあるの?【クリスチャンが答えます】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、"天国"というものを信じていますか? そう、ヘブンってやつです。 ...

“地獄”とは?

地獄とは、死後に刑罰をうける場所のことです。

イエスキリストのことを信じなかった人々が行く場所ですね。

 

聖書の中では、地獄以外に、

  • “火の池”
  • “ハデス”
  • “ゲヘナ”

といった表現がされています。

 

地獄がどれほど恐ろしい場所なのかは、聖書にもいくつかの箇所で書かれていますね。

地獄には行きたくない。。
【最強の書物】キリスト教の"聖書"とは?永遠のベストセラー!?ジーザス、エブリワン!キートンです。 さて、今回は、クリスチャンの代表的アイテム"聖書"についてお話したいと思います。 皆さんは...

地獄の種類

地獄と一言に言っても、聖書には2種類の地獄が登場します。

それが、“ハデス”“ゲヘナ”です。

 

では、果たしてこれらに違いはあるのでしょうか?

中にはどちらも同じ地獄のことだと解釈する宗派もありますが、今回は区別する場合を見てみましょう!

【解説】キリスト教の主な宗派は?3つをわかりやすくまとめてみたジーザス、エブリワン!キートンです。 こういった疑問にお答えします。 数ある宗教の中でも、世界で最も信仰され...

“ハデス”とは?

ハデスは”陰府(よみ)”と訳されることもあり、キリストを信じない死者の魂が一時的に留まる場所のことです。

「27あなたは、わたしの魂を黄泉に捨ておくことをせず、あなたの聖者が朽ち果てるのを、お許しにならないであろう。」

(使徒行伝2章27節)

旧約聖書では、”シェオル”という呼び名で登場します。

 

つまり、今未信者の人が亡くなると、このハデスに行くということになりますね。

ここは言わば、犯罪者が判決を待つ“留置所”のような場所です。

キートン
キートン
天国とハデスの中間のようなイメージですね!

 

そして、未信者たちはここで神様の裁き、つまり”最後の審判”を待つのです。

“最後の審判”というのは、この世の終わりに神様の裁きが行われ、救われる者とそうでないものが分けられること。

 

そして、救いを受けられなかったハデスの人間たちは、

いよいよ本当の地獄、”ゲヘナ”に落とされていくのです。

 

聖書には、こう書かれています。

「それから、死も黄泉も火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である。」

(‭‭ヨハネの黙示録‬ ‭20:14‬ ‭)

 

ここでいう火の池というのが、次で紹介するゲヘナ”のことですね。

そして、最後の審判以降は、ハデスは空っぽになり、ゲヘナに投げ込まれて無くなります。

【完全版】イエス・キリストとは?その生涯を簡単にまとめてみたキリスト教を代表する人物である"イエス"の全てを、信仰歴28年のクリスチャンがご紹介します!わずか33年ほどの人生でしたが、あまりにも濃いです。生涯についても、聖書の記述に沿って分かりやすく辿っていきますね。...

“ゲヘナ”とは?

“ゲヘナ”は、キリストを信じなかった者が最終的に行くところです。

聖書では、”火の池”という表現でも出てきます。

 

一般的なイメージの”地獄”はこちらのほうですね。

ハデスにいた人たちは、神による”最後の審判”の際に1度復活します。

 

そして、神による裁きを受け、有罪判決を食らった人々は、

サタン(悪魔)と共にこのゲヘナに落とされていくのです。

「海はその中にいる死人を出し、死も黄泉もその中にいる死人を出し、そして、おのおのそのしわざに応じて、さばきを受けた。それから、死も黄泉も火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である。このいのちの書に名がしるされていない者はみな、火の池に投げ込まれた。」

(ヨハネの黙示録20章13~15節)

そして、一度ゲヘナに行くともう2度と天国に行くチャンスはなく、永遠の炎で焼かれ続けます。

 

だからこそ、今この世でどのように生きるのかがとても重要なんですね。

ハデスは序の口。。

地獄について書かれている聖書の箇所

続いては、地獄について書かれている箇所を見てみましょう。

地獄の恐ろしさが伝わる箇所

「もし、あなたの片手が罪を犯させるなら、それを切り捨てなさい。両手がそろったままで地獄の消えない火の中に落ち込むよりは、かたわになって命に入る方がよい。

(‭マルコによる福音書‬ ‭9章43節‬)

これは、イエス・キリストが語られた御言葉です。

地獄の恐ろしさが伝わる箇所ですね。

 

これと似たような内容が、この後も繰り返し語られており、それだけ強調されていることが分かります。

どんだけ恐ろしい場所なんだ。。!
【完全版】イエス・キリストとは?その生涯を簡単にまとめてみたキリスト教を代表する人物である"イエス"の全てを、信仰歴28年のクリスチャンがご紹介します!わずか33年ほどの人生でしたが、あまりにも濃いです。生涯についても、聖書の記述に沿って分かりやすく辿っていきますね。...

兄弟に”愚か者”と言うと地獄の火に投げ込まれる

「21昔の人々に『殺すな。殺す者は裁判を受けねばならない』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。兄弟に対して怒る者は、だれでも裁判を受けねばならない。兄弟にむかって愚か者と言う者は、議会に引きわたされるであろう。また、ばか者と言う者は、地獄の火に投げ込まれるであろう。 

‭‭(マタイによる福音書‬ ‭5:22‬ ‭)

イエスが山上の垂訓(説教)で語られた御言葉。

兄弟に対して”ばか者”言うと地獄の火に投げ込まれると語られています。

 

なぜなら、殺人の罪は、相手に対して憎しみを抱いている段階で始まっているからです。

いやー、普通に言ってしまいそうな言葉なので、ドキッとしますね。。

かなり過激な表現がされてる。。!
【解説】"山上の垂訓(説教)"とは?イエス・キリストの名言集!?世界一有名な説教として知られる"山上の垂訓(説教)"ですが、その内容を知っていますか?イエスキリストの名言集とも言えるその内容を、詳しく解説していきます!...

地獄に通じる門は広い

「狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいって行く者が多い。」

‭‭(マタイによる福音書‬ ‭7:13‬ ‭)

また、イエス・キリストの御言葉が続きます。

“狭き門”という言葉の由来となった箇所ですが、滅びにいたる門というのが、地獄のことを指していますね。

 

となると、狭い門は当然、天国のこと。

つまり、地獄に行く人は多いけど、天国に入れる人は少ないよ、ということですね。

救いの道は、キリストへの信仰のみ。。

 

天国に入ることの難しさは、イエスは何度も語っておられます。

【雑学】聖書に由来する言葉は何がある?クリスチャンが11個まとめてみたジーザス、エブリワン!キートンです。 さて、今回は私たちが普段何気なく使っている"聖書由来の言葉"たちをご紹介したいと思い...

“舌”は滅びをもたらす

「舌は火である。不義の世界である。舌は、わたしたちの器官の一つとしてそなえられたものであるが、全身を汚し、生存の車輪を燃やし、自らは地獄の火で焼かれる。」

‭‭(ヤコブの手紙‬ ‭3章6節)‬ ‬

 

舌、つまり、自分の口から出る言葉について語られています。

私たちは‬同じ舌で、神様を賛美することもできますが、呪うこともできる。

 

言葉を制御することの大切さが語られている箇所ですね。

舌の使い方を間違えると、人は滅びに繋がってしまうのです。

https://keaton511.com/christ-remark/

地獄とはどんな場所?

では、聖書のみことばをもとに、地獄がどのような場所なのかをまとめてみましょう。

ここでいう地獄は”ハデス”ではなく、”ゲヘナ”のほうです。

地獄は、”サタンと悪霊が行く”場所

地獄といえば、悪魔がいるというイメージがあるかもしれませんが、これは正しいです。

 

なぜなら、今のところ地獄には誰もいませんが、最後の審判以降は、

サタンとその手下である悪霊が地獄に行くことになっているからです。

 

未来のことが書かれた”ヨハネの黙示録”には、こう書かれています。

「9彼らは地上の広々とした大平原に攻め上り、クリスチャンと都エルサレムとを取り囲みます。すると、天から敵軍めがけて火が下り、彼らを焼き滅ぼします。 10その後、人々を惑わしていた悪魔は、獣や偽預言者と同じく、硫黄の燃える火の池へ投げ込まれます。そこで、昼も夜も、永遠に苦しむのです。」

(ヨハネの黙示録20章9、10節)

そう、最終的にサタンたちは神様によって滅ぼされて、地獄に落ちる運命なのです。

サタンは神様には絶対勝てないんだにゃ~。

 

また、聖書にはこうも書かれています。

「それから、左にいる人々にも言うであろう、『のろわれた者どもよ、わたしを離れて、悪魔とその使たちとのために用意されている永遠の火にはいってしまえ。」

‭‭(マタイによる福音書‬ ‭25:41‬ )‭

元々地獄というのは、悪魔とその使(悪霊)のために造られた場所。

ですから、地獄が恐ろしい場所なのは当然のことなんですね。

 

それなのに、人間たちの多くは、その地獄に自ら飛び込んでしまうのです。

ああ、なんという悲劇。。

【悪魔】"サタン"って何者?キリスト教における悪の大ボス!?サタン(悪魔)について知りたい方は必見!この記事では、聖書に登場する悪の親玉、サタンがどういう存在なのかについてクリスチャンが解説しています。実は、サタンは実際に存在して、この世界のあらゆるところで働いているんです。この記事を読めば、サタンについての概要が分かりますよ。...

地獄は、”神様がいない”場所

地獄の何が恐ろしいかって、神様がおられないこと。

なぜなら、先ほども言ったように、地獄はサタンと悪霊のために用意された場所だからです。

 

神様がおられるのは、天国ですからね。

しかし、神様がおられないということは、あらゆる恵みや祝福、喜びもないということに他なりません。

 

なぜなら、あらゆる良いものは神様から与えられるものだからです。

聖書にはこうあります。

「あらゆる良い贈り物、あらゆる完全な賜物は、上から、光の父から下って来る。父には、変化とか回転の影とかいうものはない。」

(ヤコブの手紙1章17節)

 

神様からの贈り物、賜物が一切ない世界。

それは、まさしく地獄という他ありません。。

地獄は、”永遠の火で焼かれる”場所

これは、一般的なイメージにも近いかもしれませんが、地獄では永遠の火が燃え盛っています。

聖書にはこうあります。

「そして、彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄との池に投げ込まれた。そこには、獣もにせ預言者もいて、彼らは世々限りなく日夜、苦しめられるのである。 」

‭(‭ヨハネの黙示録‬ ‭20:10‬ ‭)

 

火で焼かれるだけでも嫌ですが、その火に”昼も夜も世々限りなく”焼かれ続けるのです。

一体どれほどの苦しみでしょうか。

 

地獄には、終わりのない苦しみが待っているのです。

拷問なんてもんじゃないにゃ〜。

地獄は、”泣きわめき歯ぎしりする”場所

これだけの苦しみがある地獄という場所。

その地獄にいる人々の苦しみを表現した、イエス様の御言葉があります

人の子はその使たちをつかわし、つまずきとなるものと不法を行う者とを、ことごとく御国からとり集めて、炉の火に投げ入れさせるであろう。そこでは泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。

‭‭(マタイによる福音書‬ ‭13章41節、42節‬ ‭)

地獄の火に焼かれた人々の泣き叫ぶ声が、響き渡る場所。

それこそが、地獄という場所なんですね。

 

これぞまさに阿鼻叫喚(あびきょうかん)の地獄絵図です。

さあ、皆さん、そろそろ気が滅入ってきたんじゃないですか?

 

大丈夫です、この記事を書いている僕が一番メンタルやばいですから。。(白目)

【聖書】"天使"の意味とは?その種類から役割までわかりやすく解説天使がどういう存在かを知りたい方は必見!この記事では、聖書に登場する天使にはどのような種類がいて役割があるのか、性別はあるのかなどについてクリスチャンの僕が分かりやすく解説しています。実は、天使は聖書でも重要な役割を果たしているんです。この記事を読めば、天使については丸わかりですよ。...

地獄は、蛆(うじ)が尽きない場所

さあ、次でとどめです。

気持ち悪い話ですが、地獄では”蛆(うじ)”も絶えません。

 

イエス様は、こう語られました。

「地獄では、うじがつきず、火も消えることがない。」

‭‭(マルコによる福音書‬ ‭9:48‬)

蛆といえば、ハエの幼虫で、死体の肉などを食べることで知られています。

つまり、地獄の炎で焼かれている人たちの肉を、蛆が食べ続けるということでしょう。

 

いやー、想像したくないですね。。

気持ち悪くなってきた。。!

地獄に行かない方法は?【イエスキリストを信じましょう】

では、私たちはどうすればこの恐ろしい地獄行かなくて済むのでしょうか。

答えは、至ってシンプルです。

 

自分の罪を悔い改めて、イエス・キリストのことを信じましょう。

聖書には、こう書いてあります。

「16神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。 17神が御子を世につかわされたのは、世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるためである。 18彼を信じる者は、さばかれない。信じない者は、すでにさばかれている。神のひとり子の名を信じることをしないからである。」

(ヨハネによる福音書3章16~18節)

神様は罪深い私たちのために、独り子であるイエスキリストを地上に送られました。

 

そして、イエスは十字架に架かることで私たちの罪を背負い、その3日後に復活されたのです。

もし、この救いを受け入れるならあなたは地獄ではなく、天国に行くことができます。

 

なぜなら、キリストを受け入れると、あなたの名前が天国の”いのちの書”に記されるからです。

聖書にも、こう書かれています。

「このいのちの書に名がしるされていない者はみな、火の池に投げ込まれた。」

(ヨハネの黙示録20章15節)

逆に、キリストを信じず、天国の”いのちの書”に名前がない者は、地獄に落ちてしまいます。

 

これは、たとえこの世でどんなに性格の良い人でも、良い行いをした人でもそうです。

地獄行きを避けるには、キリストを信じる以外に道はありません。

キートン
キートン
裏を返せばどんなに罪深い人も、キリストを信じれば救われます!

 

さて、あなたはどちらの道を選びますか?

“地獄”を描いた絵画

では、最後に地獄をテーマに描かれた恐ろしい絵画たちをご紹介していきましょう。。

ひっひっひ。。

【まとめ】有名な西洋の絵画12点から見るキリスト教【解説付き】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは絵画が好きですか? 僕はたまに美術館に行って鑑賞する程度には好きです。...

「キリストの地獄への降下」(ヒエロニムス・ボス)

少し見づらいですが、地獄の様子がリアルに描かれています。

特に、もくもくと火が上がっているのが印象的ですね。

 

このように、地獄はまさに永遠の火が燃え盛る火の池なのです。

「最後の審判」(ヤコブ・デ・バッカー)

最後の審判のときが来て、人々が天国と地獄に分けられている場面。

天国側の雲の上におられるのがイエスキリストで、その周りにはマリアモーセといった聖人たちが見えます。

 

一方で、地獄に落とされる人々は、謎の化け物に連れていこうとされていますね。

いやー、何ともゾッとする絵画ですね。。

地獄行きは勘弁だにゃ~。

まとめ:イエスキリストの救いを受け入れよう!

いかがでしたか?

地獄というのは、私たちが想像するよりもよっぽど恐ろしい場所なんですね。

 

しかも、聖書に書かれていないだけで、実際はもっとやばい場所かもしれません。

自分でも記事を書いてて気分が悪くなってきました。。

 

でも、イエスキリストを信じてその救いを受け入れれば、私たちは天国に行くことができます。

そして、全ての人が救われることが神様の願いです。

 

ぜひ、イエス・キリストに心を開いて、救いを受け取っていきましょう!

キートンでした。

"天国"とはどんなところ?本当にあるの?【クリスチャンが答えます】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、"天国"というものを信じていますか? そう、ヘブンってやつです。 ...
【Q&A】キリスト教の死後の考え方って?クリスチャンがお答えします!"人は死んだらどうなるのか?"。その人類の永遠の疑問に、クリスチャンが聖書をもとにお答えします!死後のルートも具体的に解説しますね。...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です