聖書名言集

“自分の才能を伸ばしたくなる”名言【クリスチャンがご紹介】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

音楽、スポーツ、絵、勉強。。

人間には、それぞれ様々な才能が与えられています。

 

しかし、中には、

自分にどんな才能があるのか分からない。。

あるいは、

才能ってどうすれば見つかるの?

と思っている方もいるでしょう。

 

確かに、いくら豊かな才能を持っていたとしても、それに気づいて活かすことができなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

そこで、今回は、そうならないための聖書の名言をご紹介したいと思います!

 

では、レッツバイブル!!

“自分の才能を伸ばしたくなる”名言

このように、わたしたちは与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っているので、もし、それが預言であれば、信仰の程度に応じて預言をし、 7奉仕であれば奉仕をし、また教える者であれば教え、 8勧めをする者であれば勧め、寄附する者は惜しみなく寄附し、指導する者は熱心に指導し、慈善をする者は快く慈善をすべきである。

‭‭(ローマの信徒への手紙‬ ‭12:6-8‭)

 

これは、偉大な伝道師、使徒パウロが語った御言葉です。

賜物というのは、一般的にはそこまで使われませんが、クリスチャンはよく使う言葉です。

 

これは、神様から与えられた才能のことを指し、クリスチャンは才能という言葉は基本的に使いません。

とは言え、一般の方には才能のほうがなじみがあると思うので、以下からは”才能”で統一します。

 

それでは、教訓を見ていきましょう!

聖"パウロ"ってどんな人?悪人から聖人に!?【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 今でこそ世界で最も信徒の多く、多大な影響力を持つキリスト教。 しかし、元から現...

今回の名言から学べる教訓

今回は、4つご紹介します。

自分の才能を見つけよう

私たち人間にはみんな、神様から何かしらの才能が与えられています。

 

中には、

えー、自分には何の才能も無いけどなあ。。

という人もいますが、そんなことはあり得ません。

 

確かに、才能の高さは平等ではありませんが、何の才能も無い人間などこの世にいないのです。

もし、自分に才能が無いと感じているのなら、それはただ単に自分の才能に気づいていないか、自信がないだけでしょう。

 

実際のところ、学生の間に自分の才能を見つけられた人は恵まれた人だと思います

必ずしも、自分の才能が、勉強や運動といった分かりやすいものであるとは限らないからです。

確かに。。

 

例えば、自分にロッククライミングやアーチェリーの才能があったとしたら、皆さんはそれに気づけるでしょうか?

恐らく、無理でしょう。

 

では、自分が持っている才能に気づくには、どうすればいいのでしょうか。

その方法は、とってもシンプルです。

 

自分の才能を見つける唯一の方法は、“色んなことに挑戦してみること”です。

ロッククライミングやアーチェリーの才能に気づけないのは、”それらをやったことがないから”に他なりません。

じっとしてても才能は見つからないのにゃ〜。

 

ですから、勉強など周りから強制されることだけでなく、好奇心を持って積極的に色んなことをしてみましょう!

そうすれば、何かしら他の人より得意な分野が見つかるはずです。

 

せっかく神様が下さった才能に気づかずに人生を終えるのは、あまりにももったいないし、神様も悲しみます。

ぜひ、神様からのステキなギフトを見つけてみてくださいね!

自分の才能を活かそう

さて、才能が見つかったら、今度はそれを活かしていく必要があります。

才能が見つかっても活かしていかなければ、結局持ち腐れになってしまいますからね。

 

では、才能を活かすにはどうすればいいのかというと、才能がある分野に専念しましょう。

パウロが、”奉仕に専念しなさい”と語っているからです。

 

人にはそれぞれ、得意なこと、不得意なことがありますが、才能がない分野に全力を注いでも、力を発揮できません。

ぜひ、自分が意なことに目を向けて、それを存分に活かしていきましょう!

適材適所だにゃ〜。

 

そして、自分が不得意な分野は、それが得意な人に任せてしまいましょう!

私たちに、苦手なことに費やしている時間はないのです。

 

そうすれば、才能を私たちにくださった神様も、大いに喜んでくださいます。

あ、才能を活かすといっても、悪いことに活かしちゃダメですよ?(ハッカーとか)

自分の才能を伸ばそう

自分の才能は活かすと同時に、伸ばしていく必要もあります。

 

ただでさえ得意な分野をさらに伸ばせたら、まさに鬼に金棒!

才能があるからといって、そこであぐらをかいていては、神様は悲しまれます。

 

ぜひ、あなたの豊かな才能に磨きをかけていきましょう。

自分の才能を感謝しよう

才能を活かしていくときのポイントは、“感謝を忘れない”ということです。

才能というのは、あくまでも神様から与えられたものです。

 

皆さんは、才能のことを英語で何というかご存知ですか?

“Gift”ですよね。

 

つまり、才能というのは、神様からの贈り物なのです。

しかし、才能が豊富な人ほど、

へっへっへ、俺様にはとんでもない才能があるんだぜ。凡人どもよ、ひれ伏すがいい!!

 

なんて傲慢(ごうまん)なことを考えてしまいます。

これでは、その人の人生が祝福されることはないでしょう。

 

皆さん、勘違いしてはいけません。

才能があるのは、自分がすごいからではありません。

 

その才能を下さった、神様がすごいのです。

才能がある人ほど、こんな素晴らしいものを与えてくださった神様に感謝していきましょうね!

まとめ

◎今日の教訓

  • 自分の才能を見つけよう
  • 自分の才能を活かそう
  • 自分の才能を伸ばそう
  • 自分の才能を感謝しよう

 

僕は、自分の得意な部分に気づくのが比較的早かったんじゃないかと思います。

幼い頃からずっと歌を歌っていて周りから褒められたり、小学生の頃作文で表彰されたり。

 

現在では、教会で歌を歌ったり曲を作ったりしていますし、フリーライターをしたりこうしてブログ記事を書いたりしています

こうして、神様からの才能を活かせているのは本当に感謝だし、恵まれているなと感じます。

全部現在に活きてる。。!

 

先程も言いましたが、僕は、短所を補うんじゃなくて、長所を伸ばしていくのが大事だと常日頃から思っています。

短所を補ってもようやく人並みだし、それならその分野が得意な人がやればいい。

 

長所を伸ばすことで、自分にしかできないことができるようになっていくのです。

ぜひ、皆さん、神様から頂いた才能を持ち腐れで終わらせずに、磨いて輝かせていってくださいね!

 

あ、そういえば、

骨折の才能に気づいたのも小学生のときだ。(明らかな短所)

 

ではまた!

https://keaton511.com/brain-episode/


ABOUT ME
キートン
月間4万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です