Q&A

【Q&A】ご冥福をお祈りいたしますの意味とは?キリスト教ではNG!?

まとめ:"ご冥福をお祈りいたします"の言葉は、適切に使おう!

ジーザス、エブリワン!キートンです。

葬儀などで使う、”ご冥福をお祈りいたします”ってどういう意味があるの?

適切な使い方や注意点などについても知りたいなあー!

こういった疑問にお答えします。

 

人が亡くなったときなどに使われる、“ご冥福(めいふく)をお祈りいたします”という言葉。

皆さんも、しばしば耳にすることがあるのではないでしょうか。

 

実際に使ったことがある方も、多いことでしょう。

しかし、この言葉は状況に応じて使わないと、相手に不快な思いをさせてしまう可能性があります。

 

なぜなら、宗教によってはこの言葉がふさわしくない場合があるからです。

そこで今回は、クリスチャンの僕が、

  • ご冥福をお祈りいたしますの意味とは?
  • ご冥福をキリスト教徒に使ってもいいの?【NGです】
  • キリスト教の葬儀で使えるフレーズは?

などについて解説します!

キートン
キートン
この記事を読めば、”ご冥福をお祈りいたします”の正しい意味や使い方が分かりますよ~!

ご冥福をお祈りいたしますの意味とは?

ご冥福をお祈りいたしますの意味とは?

“ご冥福をお祈りいたします”とは、

  • 冥➡冥土(死後の世界)
  • 福➡幸福

つまり、死後の幸福をお祈りいたしますという意味の言葉です。

 

本来、故人に向けて使われる言葉であり、棺(ひつぎ)の前で言うのが正しい使い方になります。

ただし、遺族の方に向けて、

○○(故人の名前)様のご冥福をお祈りいたします。

という感じで使われることも多いですね。

ご冥福をキリスト教徒に使ってもいいの?【NGです】

ご冥福をキリスト教徒に使ってもいいの?【NGです】

このように、ご冥福をお祈りいたしますというフレーズは、一般的にもよく使われますが、注意点もあります。

それは、ご冥福という言葉は、キリスト教徒には使ってはいけないということです。

 

その理由としては、主に以下の2つが考えられます。

  1. 冥福というのは仏教の用語だから
  2. 死をネガティブにとらえているから

それぞれ、見ていきましょう!

理由①冥福というのは仏教の用語だから

 

これは、そのまんまですね。

冥福というのは、そもそも仏教用語です。

 

ですから、キリスト教徒に使うのはふさわしくないんですね。

逆の立場で例えるなら、仏教の葬式でキリスト教用語の“アーメン”を使ってしまうようなものです。

 

絶対、妙な空気になりますよね??

確かに、それは気まずいにゃ~。

同じく、

  • 成仏(じょうぶつ)
  • 往生(おうじょう)
  • 供養(くよう)

などの仏教用語を使うのもNGですね。

 

また、同じ仏教でも、浄土真宗だけは”ご冥福をお祈りいたします”という言葉は使いません。

なぜなら、浄土真宗では、亡くなると極楽浄土(ごくらくじょうど)へ成仏できると考えられているから。

 

彼らにとっては、冥土(めいど)という概念がそもそも存在しないんですね。

代わりの言葉としては、“お悔やみ申し上げます”を使うといいでしょう。

他にも、”故人は家の守り神になる”と考えられてる神道(しんとう)でも、

ご冥福をお祈りいたしますという言葉は使わないのでご注意を!

代わりの言葉としては、”御霊(みたま)のご平安をお祈りします”を使うといいでしょう。

理由②死をネガティブにとらえているから

 

そもそもですが、冥福の冥、つまり、冥土(めいど)というのは、決していい意味の言葉ではありません。

なぜなら、冥土は死者がさまよう場所であり、地獄道に通じる世界だからです。

 

アニメなどでも、悪役が、

ふっふっふ、冥土の土産(みやげ)に教えてやろう。。!

とか言っているのを聞いたことがないですか?

あれも、明らかに、冥土=地獄というニュアンスで使われていますよね。

 

つまり、ご冥福をお祈りいたしますというのは、

地獄でのわずかばかりの幸せを願っていますよ。

ふふふふふ。。!

という中々失礼な言い方なんです。

ですから、そもそもこの言葉自体を使うべきではないという人もいますね。。

 

一方で、キリスト教徒にとって、死は決してネガティブなものではありません。

なぜなら、キリスト教徒は死後、神様のいる天国に行き、永遠の命を得られると考えるからです。

 

聖書には、こう書かれています。

「20しかし、わたしたちの国籍は天にある。そこから、救主、主イエス・キリストのこられるのを、わたしたちは待ち望んでいる。」

(ピリピ人への手紙3章20節)

そう、キリスト教徒の国籍は天にあるのです。

 

ですから、そもそもキリスト教には、

冥土という死をネガティブにとらえる言葉はふさわしくないんですね。

 

キリスト教における天国については、【Q&A】”天国”とはどんな場所?本当にあるの?【クリスチャンが答える】をどうぞ

キリスト教の葬儀で使えるフレーズは?

キリスト教の葬儀で使えるフレーズは?

では、キリスト教の葬儀では、”ご冥福をお祈りいたします”の代わりにどのような言葉を使えばいいのでしょうか。

一般的には、

  • ご愁傷様(しゅうしょうさま)でございます
  • お悔やみ申し上げます

といった言葉を使いますが、キリスト教の葬儀にはこうしたお悔やみの言葉はふさわしくありません。

 

なぜなら、先ほども言った通り、キリスト教にとって死は悲しむべきものではないからです。

ただし、だからといって、

いやー、〇〇さんが天国に行けて良かったですね!おめでとうございます!!

なんて無神経なことは言ってはいけませんよ!!(当たり前)

 

天国に行けるとは言え、家族との別れはやはり寂しいもの。

ですので、代わりに以下のような言葉を使うといいでしょう。

  • 神様の平安がありますように
  • ○○様の安らかな眠りをお祈りいたします
  • 天に召された○○様の平安をお祈りいたします

このように、お悔やみではなく、慰めの言葉を使うのがポイントですね!

 

くれぐれも、ネガティブな表現は避けましょう!

まとめ:”ご冥福をお祈りいたします”の言葉は、適切に使おう!

まとめ:"ご冥福をお祈りいたします"の言葉は、適切に使おう!

“ご冥福をお祈りいたします”という言葉は、一般的にもよく使われますが、状況に応じて適切に使うことが大切です。

少なくとも、キリスト教の葬儀で使うと、白い目で見られる可能性が高いので気を付けましょう!

 

まあ、キリスト教でなくとも、あまりいい意味の言葉ではないので、あえて使う必要もないのかなと思ったりもしますが。。

キートンでした。

【Q&A】キリスト教の死後の考え方って?クリスチャンがお答えします!"人は死んだらどうなるのか?"。その人類の永遠の疑問に、クリスチャンが聖書をもとにお答えします!死後のルートも具体的に解説しますね。...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です