メンタルの悩み

幸せになるための方法が知りたい?それなら”感謝日記”を書こう!【ネガティブな人必見】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

皆さんは今幸せですか?

恐らく胸を張って、

私は今幸せです!!365日ハッピーです、先輩!!

と言える方はそこまで多くないのではないでしょうか。

 

どちらかというとネガティブで、いつも悪いことが目に付いてしまうという方もいるかもしれません

でも、誰しも少なからず幸せになりたいという思いを抱えているはずです。

 

そんな方に僕がオススメしたいのが、“感謝日記”です。

感謝日記とは、自分の周りに落ちている幸せに気づくことができる魔法の日記のこと。

 

僕はこの感謝日記をもう1年以上毎日書き続けていますが、

明らかに以前よりも物事のとらえ方がポジティブになり、幸せを感じられるようになりました。

 

やり方は拍子抜けするくらい簡単なので、ぜひ皆さんも実践してみてください!

聖人たちの失敗談まとめ12選!失敗が怖い人はこれを見よ!【イメージ崩壊注意】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、普段から失敗をしていますか? もしかしたら、 あるいは...

人はなぜ幸せになれないのか?

そもそも、人はなぜ幸せを求める割には中々幸せになれないんだと思いますか?

それは幸せに気づく力が弱いからです。

 

皆さんは、幸せというのはどこか遠くにあって、努力して何とかつかみ取るものだと思っていませんか?

いいえ、それは勘違いです。

 

幸せというのは実は、身の回りにゴロゴロと転がっているものなんです。

しかし、私たちはそれに気づかず、不平や不満ばかりを言ってしまっています。

耳が痛いにゃ~。

 

これではいつまでたっても幸せにはなれません。

僕の好きなお話に、“青い鳥”というメーテルリンクの作品があります。

 

大まかなストーリーは、兄妹のチルチルとミチルが幸せの青い鳥を探しに行くのですが、

結局は見つからず、自分たちのすぐ近くの鳥かごにいたというもの。

 

青い鳥を鳥かごの中に見つけた兄のチルチルは言いました。

なんだ、あれが僕たちの探している青い鳥なんだ。
僕達はずいぶん遠くまで探しに行ったけど、
ほんとうはいつもここにいたんだ。

そう、幸せというのはいつも私たちの身近にあるんです。

幸せになるのに必要なのは”感謝”

では、幸せに気づくようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、感謝をすることです。

 

感謝をするということはつまり、良いところに目を向けるということに他なりません。

そして、良いところに向けて”ありがとう”と言うのが感謝という行為なんです。

 

日頃から感謝をしていると、不平不満など出てこなくなり、心は安らぎと幸せに満ち溢れてきます。

ですから、感謝日記をつけることで日常の良いところに目を向ける訓練をしていきましょう!

 

それが幸せに繋がっていきます。

“感謝日記”とは?

感謝日記とは、その名の通り1日の感謝を書き連ねた日記のこと。

非常にシンプルなやり方ながら、その効果は絶大です!

 

長く続ければ、次第に物事のとらえ方がポジティブになり、幸せを感じられるようになっていきます。

普通の日記よりも続けやすいのがポイントですね。

 

※他にも感謝日記のやり方はあるかもしれませんが、今回は僕流の最もシンプルなやり方をご紹介します。

感謝日記のやり方

感謝の日記のウリは、そのシンプルさです。

具体的なやり方はというと。。

◎感謝日記のやり方

  1. ノートとペンを用意する
  2. その日1日に感じた感謝なことを書く

 

はい、これだけです。

どうですか?小学生でもできそうな作業ですよね?

本当にシンプルだにゃ~。

 

ただし、書く際にはいくつかポイントがあります!

これらのポイントを抑えないと、感謝日記の効果は充分に発揮されません。

感謝日記を書く際の3つのポイント

では、ポイントを押さえていきましょう。

  • ポイント①どんなにマイナスなことも感謝に置き換える
  • ポイント②箇条書きでもオッケー
  • ポイント③寝る前に書く

ポイント①どんなにマイナスなことも感謝に置き換える

このポイントがもっとも大切であり、この感謝日記の核の部分です。

感謝日記というのは、日頃の感謝なことだけをピックアップする日記ではありません。

 

マイナスに思えることすら感謝に置き換えて書くのが、感謝日記なのです。

ですから、その日の良くなかったこと、最悪だったことを無視してはいけません!

 

例えば、カレーライスを食べてお腹を壊したとしましょう。

もしこの出来事を、

カレーライスを食べたらお腹を壊してしまい、不幸な1日だった。

と書いてしまうとただの日記であり、後味も最悪です。

 

しかし、これを

カレーライスが原因でお腹を壊してしまった。

もしかしたら、自分は体質的にカレーライスが合わないのかもしれない。

そのことに気づけて感謝🎵

と書いたらどうでしょう?

 

起こった出来事は同じなのに、何やらハッピーな感じがしませんか?

このように、普通に考えたらマイナスの出来事から感謝の要素を見つけ出すのが感謝日記!

 

最後は必ず、“感謝”で締めましょう!

最初はぎこちないかもしれませんが、その内慣れてきますよ。

ポイント②箇条書きでもオッケー

これは強制ではないですが、感謝日記は箇条書きで書いていくことをオススメします。

なぜなら、このほうが書くのが楽だし、読み返した時の見栄えもいいからです。

 

具体的にはこんな感じです。

  • 彼女とケンカしたけど、自分の良くない部分に気づけて感謝
  • 今日1日天候に恵まれて感謝
  • 上司の山下さんに仕事をほめられて感謝

 

どうですか?

これなら書き続けられそうだし、統一感もあって見やすくないですか?

 

普通の日記を書くと分かりますが、しっかり文章を書くのって結構面倒くさいですよね。

やっぱり、日記は継続してナンボです。

 

なるべくシンプルで続けやすい書き方をしてみてください!

ポイント③寝る前に書く

これは言うまでもありませんが、感謝日記は寝る前に書きましょう。

その日1日の感謝を振り返って書くのが、感謝日記ですから。

 

まあ、普段から感謝だったことをメモしておくのはいいですけどね!

また、寝る前に書くことによる良い効果もあるのですが、これは後述します。

 

それと、寝る前に感謝日記を書くとルーティーン化しやすく継続しやすいいう面もあります。

習慣づけよう。。

感謝日記の4つのメリット

やり方は分かったけど、感謝日記を付けると具体的にどのようないいことがあるのでしょうか?

気になる感謝日記の4つのメリットを見てみましょう!

  • メリット①物事をプラスに見られるようになる
  • メリット②心に平安が与えられる
  • メリット③ノートが感謝のコレクションになる
  • メリット④睡眠の質が良くなる

メリット①物事をプラスに見られるようになる

感謝日記を書く1番のメリットはこれです。

毎日感謝日記を書いていると、次第にプラス思考になっていきます。

 

なぜなら、あらゆる物事から感謝を見つける癖がつくから。

これはもう“感謝メガネ”を通して世界を見ているようなものです

 

まさに、幸せへの片道切符!

気がつけば、ネガティブだった過去の自分とはおさらばしていることでしょう!

メリット②心に平安が与えられる

感謝にはすごい力があります。

感謝をすると、心に大きな平安が与えられるのです。

 

何かここだけ切り取ると、怪しい自己啓発セミナーみたいですが、本当なんですよ。

心に感謝があれば、イライラしたり、愚痴を言ったり、憂鬱になったりすることもありません。

感謝パワー。。

 

皆さんは、感謝をしながらブチ切れている人を見たことがあるでしょうか?

感謝をしながら、YouTubeのコメント欄に人の悪口をぶちまけてる人を見たことがあるでしょうか?

いやー、本当にいつもありがとね!ぶん殴るぞコラァ!!

みたいな。

 

恐らくないでしょう。

もしそんな人がいたら、かなりの危険人物なので今すぐに縁を切ることをオススメします。

 

冗談はさておき、感謝の気持ちを持ちながら負の感情に支配されるのは難しいです。

感謝というのはいわば、”副作用のない精神安定剤”なんですよ。

 

感謝しまくって、心を良い状態で保っていきましょう!

メリット③ノートが感謝のコレクションになる

感謝日記を書き始めてしばらく経ったら、ノートを見返してみましょう。

 

普通の日記ならネガティブなことも書かれているので、見返すと思い出したくないことも書かれていたりして、

うわああああ!!やめてくれえええ!!

という感じになるかもしれません。

ましてや、うっかりそれを他の人に見られようものなら、自殺ものでしょう。

 

しかし、感謝日記は違います。

感謝日記はいわば、自分の人生における“感謝のコレクション”。

 

見返すとむしろ、ほっこりと幸せな気分になれます。

あの時はこんな感謝なことがあったのか!

ああ、この時はこんな感謝なことが!

という感じで。

 

書いている時だけでなく、見返した時にも効果を発揮する。

そう、感謝日記は二度美味しいのです!!(やかましい)

 

皆さんも感謝のコレクション、してみませんか?(CM風に)

メリット④睡眠の質が良くなる

これは意外かもしれませんが、寝る前に感謝日記をつけることで睡眠の質も良くなった実感があります。

なぜなら、ポジティブな気持ちで寝ることができるから。

 

寝る前って結構ネガティブになったり、悩んだりしてしまいがちですよね。

そのせいで眠れなくなる人も結構いると思います。

不眠症あるある。。!

 

しかし、感謝日記を書けば、その日1日は感謝なことだらけですから良い気持ちのまま夢の中へ!

安心して眠ることができるのです。

 

ですから、感謝日記はなるべく寝る前に書きましょう!

まとめ:感謝日記を書くことが幸せへの近道!

ここまで語ってきてもまだ半信半疑かもしれませんが、

何はともあれ、とりあえず感謝日記を書いてみましょう!

 

幸せになるためのカギは、感謝にあります。

感謝のパワーって本当にすごいですからね。

 

日頃から感謝しまくって、近くに転がっている幸せをつかんでしまいましょう!

ああ、皆さんに感謝日記をオススメできて感謝!!(感謝病)

 

ではまた!

聖人たちの失敗談まとめ12選!失敗が怖い人はこれを見よ!【イメージ崩壊注意】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、普段から失敗をしていますか? もしかしたら、 あるいは...

ABOUT ME
キートン
月間5万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です