聖書名言集

“自己肯定感を高めてくれる”名言【クリスチャンがご紹介】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

ここ最近よく聞くようになった“自己肯定感”という言葉。

皆さんももしかしたら、

私なんて生きている価値がないよ。。!
自分をどうしても好きになれない。。

という具合に、自分の自己肯定感の低さに悩んでいるかもしれません。

 

確かに、自分を肯定できるかは人生においてめちゃくちゃ重要なこと。

自己肯定感が低いと、何かと生きづらさを感じることもあるでしょう。

 

そこで今回はそんな方のために、クリスチャンの僕が自己肯定感を高めてくれる聖書の名言ご紹介したいと思います!

一般的な自己肯定感の高め方とは違うアプローチになっているので、注目です!

【最強の書物】キリスト教の"聖書"ってどんな本?未だに売れ続ける永遠のベストセラー!?ジーザス、エブリワン!キートンです。 さて、今回は、クリスチャンの代表的アイテム"聖書"についてお話したいと思います。 皆さんは...

“自己肯定感を高めてくれる”名言

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。 わたしはあなたを愛している。 」

(イザヤ書43章4節)

 

これはクリスチャンの間では非常に有名な御言葉です。

どうですか、読んでいるだけで自己肯定感が高まってくるでしょう?(早い)

 

何とも美しい御言葉ですよね。

それではこの御言葉から得られる学びを見ていきましょう!

今回の名言から学べる教訓

今回の教訓は2つです!

あなたは神様にとてつもなく愛されている

今回ご紹介した御言葉だけを見ても、

え、これ誰が誰に向けて言ってるの??

と思うかもしれません。

 

これは、この世界を造られた神様が私たち人間に向かって語られた言葉です。

まあ正確には、ヤコブという人に向けられたものですが彼は人類代表のようなもの。

 

つまり何が言いたいかというと、神様は私たち人間をめちゃくちゃ愛されているということです!!

神様から見たら、私たち人間は”高価で尊い”のです。

 

いやいや、そんな大げさな!!

いきなりそんなこと言われても信じられるわけないじゃん!

そうですよね。

そもそも自分を肯定できなくて悩んでいるのに、神様に自分が愛されているという驚愕の事実をすんなり受け入れられるはずがありません。

 

そんなの、音楽を聴いたことがない人にモーツァルト並みの楽曲を作れと言うくらい無茶なことです。(言い過ぎ)

しかし、神様が私たち人間を愛されているという決定的な証拠があります。

 

それは、神様が地上にイエス・キリストを送られ人間を罪から解放してくださったという事実です。

聖書にはこう書かれています。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」

(ヨハネによる福音書3章16節)

 

そう、神様は自分の子を十字架で死なせてまでも人間を救いたかったのです。

とてつもない愛だにゃ~。

それほど神様に愛されている私たち自身が自分を愛せないでどうしましょうか。

 

“私たちは神様に愛されている”

そのことさえ分かれば自然と自己肯定感は高まっていくはずです!

イエス・キリストとはどんな人物?その短くも濃い人生をまとめてみた【5分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです! 皆さんは、人類史上最も有名な人物は誰だと思いますか? アインシュタイン?レオナルド...

あなたは神様にありのままで愛されている

私たちは神様に愛されていると言いましたが、もしかしたら

いやいや、自分は別に神様に愛されてるようなこと何もしていないんだけど。。

と感じたかもしれません。

 

しかし、それは神様の愛を誤解しています。

神様の愛は無条件の愛“アガペー”なのです。

 

私たちは何かに優れているから、何か結果を残したから、神様のために何かをしたから愛されているわけではありません。

私たちは存在そのものをありのままに愛されているのです。

 

いやいや、そんな都合のいい話があるわけ。。

いいえ、あるんです。(食い気味)

 

私たち人間は条件付きの愛にあまりにも慣れ親しみ過ぎているので、この神様の愛にピンとこないだけです。

考えてみてください。

 

皆さんは自分の子供ができたとして、その子を条件付きで愛しますか?

顔が自分のタイプじゃなかったら、能力が低かったら愛さないのでしょうか?

 

違いますよね。

ただそこにいるだけで愛おしくてたまらないはずです。

 

神様が私たちに注いでくださっている愛も同じです。

我が子を見守るようにありのままの私たちを愛してくださっています。

人は皆神の家族。。

 

自己肯定感というのは、自分をありのままに受け入れることができる感情のこと。

条件付きの愛は決して自己肯定感を高めてはくれません。

 

無条件の神様の愛を受け取って、自己肯定感を高めていきましょう!

"アガペー"とはどんな意味?キリストの愛は無償の愛!?【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は、キリスト教において大切なキーワード、"アガペー"についてお話ししたいと思いま...

まとめ:神の愛を知れば自己肯定感は高まる!

◎今回の教訓

  • あなたは神様にとてつもなく愛されている
  • あなたは神様にありのままで愛されている

 

一般的な自己肯定感の高め方は、自分1人で完結するものがほとんどです。

しかし、神様の愛を知ることは結果的に自己肯定感を大きく高めてくれます。

 

自己肯定感は幼少期の家庭環境で決まるなんて言われていますが、それは親の接し方が子どもの自己肯定感を左右するからです。

親に励まされたり愛されたりして育てられた子供は自己肯定感が高くなるし、けなされたり雑に扱われた子供は自己肯定感が低くなる。

 

しかし、自分の親に認められずに育ったとしても神様の愛は永遠であり不変です。

家庭環境が悪かったと諦めずに、神様の愛を感じましょう。

 

そうすれば少しずつ自己肯定感も高まっていくはずですよ!

ではまた!

【自己啓発】心に残る聖書の名言をまとめてみた【信仰歴28年のクリスチャンがご紹介】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書を読んだことがありますか? もしかしたら、多くの方が鼻くそでもほ...

ABOUT ME
キートン
月間4万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です