考え方

僕が毎週教会に行く5つの理由【クリスチャンが語る】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

僕は母のお腹の中にいる頃から教会に通っていて、僕の教会歴は年齢とイコール(あるいはそれ以上)です。

だから、正直、大人になるまで自分が教会に通う理由なんて、考えたこともありませんでした。

 

それが、あまりにも自分にとって当たり前のことだったから。

しかし、これってやっぱり当たり前じゃないんですよね。

 

クリスチャンが1パーセントにも満たないこの国で、神様を信じて教会に通い続けているということがどれほど特別なことなのか。

僕はそれが分かっていなかったんです。

 

そこで、今回は、“僕がなぜ教会に行き続けるのか”についてお話ししたいと思います。

キリスト教の"教会"ってどんな場所?誰でも行っていいの?ジーザス、エブリワン!キートンです。 僕は毎週日曜日に教会に通うクリスチャンなんですが、皆さんは、教会にどんなイメージを持...

僕が毎週教会に行く5つの理由

それでは、1つずつ見てみましょう。

◎僕が毎週教会に行く5つの理由

  1. かけがえのない神の家族と会えるから
  2. 皆で神様を見上げることができるから
  3. 牧師さんのメッセージを聞けるから
  4. お互いに祈り合えるから
  5. 日常の一部と化しているから

①かけがえのない神の家族と会えるから

教会のクリスチャンたちの繋がりは、とても深いです。

 

その関係は、知り合いでも友人でも仲間でもありません。

同じ神さまを父に持つ、神の家族なのです。

ジーザスファミリー。。

 

ですから、教会に行って、そんな神の家族と交われることは、大きな喜びなんですね!

その意味で、神の家族が集まる教会は、“第2の家”とも言えます

 

下手したら、自分の家よりも教会のほうが好き!という人も何人かいるかもしれません!

。。。うん、これはこれで問題ですね。ご家族泣きますよ、ほんと。

 

だから、教会に入るときはいつも、

お邪魔します。。

というより、

ただいま〜!

という感覚に近いですね。

 

そのせいか、クリスチャンが教会に行くと、いつも牧師さんが玄関まで出迎えてくれて、

賛美にする?お祈りにする?それとも。。僕と聖書を読む?

なんて聞いてくれたり。。するわけないですね。すみません。悔い改めます。

"牧師"とは?仕事内容やなり方まで詳しくご紹介!【3分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、牧師という役職を知っていますか? 神父と比べたら知名度は低いかもしれ...

②共に神様を見上げることができるから

教会では毎週礼拝が行われますが、その中で賛美をしたりお祈りをしたりする時間があります。

その時に、教会の皆さんと一緒に、神様を見上げることができます。

 

もちろん、1人の時も神様を見上げることはできますが、大勢で心を1つにすると、より心を神様に向けることができます。

心にすごい平安がやって来るんですね。

1人じゃ寂しい。。

 

え?そもそもなんで神様を見上げるのかって?

だって、それがクリスチャンだもの。(相田みつを風に)

 

⬇僕の教会の礼拝に関しては、こちらの記事をどうぞ!

【完全公開】クリスチャンの僕が教会での生活をご紹介しますジーザス、エブリワン!キートンです。 今回は、クリスチャンの僕が、日曜日の教会での1日をご紹介したいと思います。 教...

③牧師さんのメッセージを聴けるから

礼拝の中には、牧師さんによるメッセージの時間があります。

いわゆる、”説教”ですね。

 

これは、教会でのメインプログラムであり、核の部分です。

牧師さんを通して、神様が生きるために必要なメッセージを与えて下さいます!

 

メッセージなくして、1週間を乗り切るのは難しいですね、もはや。

え、でも、メッセージって音源でも聴けるんじゃないの?

 

はい、確かに家で音源を聴くことも可能ですが、やはり、教会で生で聴くメッセージは格別です。

音楽も、CD音源で聴くより、ライブに行って生で聴くほうが何倍も良くないですか?

 

あれと、同じ感覚です。

ただ、メッセージは聴くだけでは意味がなく、それを日常に活かしていく必要があります。

 

メッセージを聴くだけで満足するのは、塾に通っているだけで勉強した気になっている学生と同じなのです

何の話だ。!
【完全公開】僕の教会でよく歌われる賛美歌たちをご紹介します※動画ありジーザス、エブリワン!キートンです。 僕の教会のメンバーは、みんなワーシップが大好き。 礼拝のときのみならず、教会が...

④お互いに祈り合えるから

教会では、お互いのために祈り合う時間があります。

クリスチャンと言っても、やはり人間。

 

それぞれ悩みもあるし、弱さも抱えています。

そういったものを皆で分かち合いお互いのためにお祈りしていくのです。

美しい家族愛ね〜!

 

普通に生きていたらため込んでしまうような胸のモヤモヤを、毎週吐き出せる場所があるというのは幸せなことですね!

実際に、みんなでお祈りをすると、驚くぐらいすぐに問題が解決されたりします。

 

お祈りの力、神様の力は本当にすごい!

真面目な話、日本には1人で悩んだ挙句、自ら命を絶ってしまう人が多いですが、

悩んで自殺するくらいなら、その前に1度教会に来て!

なんて思ったりもします。

神に祈る意味って何?その理由を5つご紹介します!【クリスチャンが答える】ジーザス、エブリワン!キートンです。 キリスト教において欠かせないことといえば、"お祈り"。 教会においても日常にお...

⑤日常の一部と化しているから

これだけちょっと形式的ですが、

僕はクリスチャンホームに生まれたので、教会に行くことがもはや日常です。

 

ですから、日曜日に教会に行かないと気持ち悪いし、1週間のサイクルがうまく回りません。

僕にとって教会に行くことは、お風呂に入ったり、歯磨きしたりすることくらい身近なことなんですね。

そこまでか。。!

 

でも、だからこそ、惰性で何となく教会に行かないように気をつけています。

教会に行けることは決して当たり前なことではなく、感謝なこと。

 

ましてや、

俺は、クリスチャンホームに生まれた選ばれし人間なのだ!ぐはははは!!

とか考えるようになったら終わりです。

クリスチャンというか、人として。

まとめ:教会に行くのはただの義務感だけじゃない

 

◎僕が毎週教会に行く5つの理由

  1. かけがえのない神の家族と会えるから
  2. 皆で神様を見上げることができるから
  3. 牧師さんのメッセージを聞けるから
  4. お互いに祈り合えるから
  5. 日常の一部と化しているから

 

僕が教会に通い続ける理由をご紹介しましたが、正直これらは後付けに過ぎません。

僕が教会に行き続けているのは、単純に心から教会が好きだからです。

 

これは、理屈うんぬんの話ではありません。

本能的で感覚的なものです。

 

例えば、皆さんの好きな食べ物がカツカレーだったとして、いつもなぜカツカレーが好きなのかを考えながら食べないですよね?

なぜなら、理由があるから好きになるわけではなく、食べて感覚的に気に入った結果、好きになるのが普通だからです。

 

結論を言うと、つまりは、

教会はカツカレーのようなものだということです。(意味不明)

 

ではまた!

キリスト教の"教会"ってどんな場所?誰でも行っていいの?ジーザス、エブリワン!キートンです。 僕は毎週日曜日に教会に通うクリスチャンなんですが、皆さんは、教会にどんなイメージを持...

ABOUT ME
キートン
月間4万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です