聖書人物シリーズ

【男性必見】聖書に登場する美女たちを5人まとめてみた

まとめ:聖書には意外と美女が多い!

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

以前、聖書に登場するイケメンの特集をしましたが(【女性必見】聖書界のイケメンたちよ集まれ!5人をまとめてみた参照)、

となると、やはりこちらの特集もしなくてはならないでしょう。

 

そうです、聖書に登場する美女特集です!!

いやー、男性の皆さん、お待たせしました!まあまあ、そう興奮しないでください!!

 

そもそもの話、聖書に登場する女性は、男性ほど多くはありません。

しかーし!意外といるんですよ、隠れた美女たちが!

 

というわけで今回は、エピソードなどを交えながら、ビューティフォーな聖書の女性たちをご紹介していきますね!

キートン
キートン
それぞれの顔の画像は、あくまでもイメージですが。。!

【男性必見】聖書に登場する美女たちを5人まとめてみた

では、総勢5人の美女たちに登場していただきましょう!

イッツショータイム!!

  1. サラ
  2. リベカ
  3. ラケル
  4. バト・シェバ
  5. エステル

①サラ

①サラ

トップバッターを飾る美女は、アブラハムの妻であるサラです。

サラはとても美しい女性であり、その美しさはエジプトに行った際に、そこにいる人々が、

エジプト人たち
エジプト人たち
うお、マジ超美人!!うほうほ!!

と見とれてしまうほど。

「アブラムがエジプトにはいった時エジプトびとはこの女を見て、たいそう美しい人であるとし、 15またパロの高官たちも彼女を見てパロの前でほめたので、女はパロの家に召し入れられた。」

(創世記12章14、15節)

しかし、サラがあまりに美しいがゆえに、罪を犯してしまった人物がいました。

 

その人物とは、夫のアブラハムです。

アブラハムは、飢饉(食糧不足で飢えに苦しむこと)を逃れてエジプトに行った際に、サラにこう言いました。

アブラハム
アブラハム
お前はあまりにも美しすぎるから、夫の私はエジプト人たちに命を狙われてしまうかもしれん。

だから、どうかお前は私の妹だということにしておくれ!

そうすれば、私の命は助かるだろう!!

当時、妻は夫の所有物と考えられており、夫を殺して妻を奪うなんてことも充分あり得ました。

そのため、アブラハムは妻のサラの美しさゆえに、自分の命が危険になることを恐れたのです。

 

妻が美しすぎてって、贅沢な話に聞こえなくもないですが。。

しかし、恐れにとらわれたこの行為は、神様を信頼できていないということであり、アブラハムの失敗でした。

 

実際、エジプトの王様に気に入られたサラは、危うく王様の妻にさせられるところでしたが、神様に助けられます。

「ところで主はアブラムの妻サライのゆえに、激しい疫病をパロとその家に下された。」

(創世記12章17節)

もし、そのまま王様の妻になっていたら、アブラハムはサラに姦淫(≒不倫)の罪を犯させるところでした。

信仰の強いアブラハムに罪を犯させるとは、サラの美しさ恐るべしだにゃ~。

アブラハムについては、【信仰の父】”アブラハム”とは?その生涯を分かりやすくご紹介!をどうぞ

②リベカ

②リベカ

2人目の美女は、イサクの妻であるリベカです。

リベカは、イサクの奥さん探しの際に、神様のお導きによって巡り合った美女ですね。

「彼がまだ言い終らないうちに、アブラハムの兄弟ナホルの妻ミルカの子ベトエルの娘リベカが、水がめを肩に載せて出てきた。 16その娘は非常に美しく、男を知らぬ処女であった。」

(創世記24章15、16節)

リベカについても、外見が非常に美しかったと書かれています。

 

しかし、リベカが美しかったのは、外見だけではありません!

イサクの嫁探しに来ていたしもべのエリエゼルは、嫁を探す前に、神様にこうお祈りしていました。

しもべ
しもべ
神様、私は今からこの町の娘たちが水をくみに来たとき、その1人に、「どうか水がめを傾けて、水を飲ませてください」と頼みます。

もしその娘が、「どうぞお飲みください。ラクダにも飲ませてあげましょう。」と言ったなら、その娘こそイサク様の妻になる方でありますように。

いやいや、そんな素晴らしい女性が都合よくいるわけ。。

いたーー!!リベカー!!( ゚Д゚)

という感じで、この条件を完全に満たしたのがリベカだったのです。

 

つまり、リベカは、

  • めちゃ美しいルックス
  • 見ず知らずの人に水を分けてくれる優しさを持つ
  • 一緒にいるラクダにも水を飲ませてくれるなど気配りも完璧

と、外見・内面どちらも隙のない、嫁にしたくてたまらない系ステキ美女なのです!!!

うーん、イサク、うらやましいぜチキショー。。

 

ちなみに、イサクとリベカの間には、エサウとヤコブという大きな兄弟ゲンカをする双子が生まれます。

イサクについては、【アブラハムの息子】イサクとは?父親にいけにえにされかけた!?をどうぞ

③ラケル

③ラケル

3人目の美女は、今回ご紹介する中ではあまり有名ではないですが、ヤコブの妻であるラケルです。

ヤコブは、先ほども登場したイサクとリベカの息子ですね。

 

ヤコブには、リベカの兄にあたるラバンというおじがおり、ラバンには、

  • レア(姉)
  • ラケル(妹)

という2人の娘がいました。

そして、ヤコブは妹のラケルの美しさに惚れてしまったのです。

「さてラバンにはふたりの娘があった。姉の名はレアといい、妹の名はラケルといった。 17レアは目が弱かったが、ラケルは美しくて愛らしかった。」

(創世記29章16、17節)

キートン
キートン
ただ、この描写はヤコブの主観の可能性もあり、本当にラケルが美しかったのかという疑問は残りますが。。!

 

こうして、ヤコブはラケルを嫁にすることを条件に、7年間ラバンのもとで働くことになります。

ところが、7年後にラケルとの祝宴が行われて、朝を迎えたときにいた相手はラケルではなく、姉のレアでした。

 

ヤコブは、ラバンに騙されてしまったのです。

しかし、ヤコブはよっぽどラケルのことを愛していたのでしょう。

 

レアを妻に迎えた後も、ヤコブはさらにもう7年間ラバンのもとで働くこととなりました。(すごい根性)

「ヤコブはまたラケルの所にはいった。彼はレアよりもラケルを愛して、更に七年ラバンに仕えた。」

(創世記29章30節)

これぞ美女、いえ、愛のパワーです!!

 

こうして、ヤコブは愛しのラケルも妻にし、やがて2人の間には、

という2人の子供が生まれることになります。

 

ヤコブについては、【聖書】”エサウとヤコブ”のお話とは?壮絶な兄弟ゲンカ開始!?をどうぞ

④バト・シェバ

4人目の美女は、バト・シェバです。

バト・シェバは、男をとりこにする相当な魅力を備えた美女だったのではないかと思われます。

 

なぜなら、あのイスラエルの英雄ダビデに大罪を犯させたからです。

あるとき、ダビデが王宮の屋上を散歩していると、バト・シェバが水浴びをしているのが目に入ります。

「さて、ある日の夕暮、ダビデは床から起き出て、王の家の屋上を歩いていたが、屋上から、ひとりの女がからだを洗っているのを見た。その女は非常に美しかった。 3ダビデは人をつかわしてその女のことを探らせたが、ある人は言った、「これはエリアムの娘で、ヘテびとウリヤの妻バテシバではありませんか」。」

(サムエル記下11章2、3節)

すると、ダビデはその美しさに一目惚れ。

 

そして、ダビデは人妻のバト・シェバを妊娠させたばかりか、夫のウリアを戦場に送り出して殺してしまったのです。

つまり、ダビデは、姦淫(≒不倫)+殺人というとんでもない凶悪犯罪を犯してしまったということですね。

大スキャンダル。。

 

現代だったら、炎上どころの騒ぎではないですよね!

これは、ダビデの生涯における最大の失敗でした。

 

結果的に、ダビデはバト・シェバを妻に迎えますが、神様に背いた罰として、2人の間に生まれた最初の子供は生まれてすぐに死亡。

その後、やがてダビデの後を継いでイスラエルの王様になるソロモンが生まれます。

「ダビデは妻バテシバを慰め、彼女の所にはいって、彼女と共に寝たので、彼女は男の子を産んだ。ダビデはその名をソロモンと名づけた。主はこれを愛された。」

(サムエル記下12章24節)

それにしても、ダビデにこれほどの大罪を犯させるとは、バト・シェバとはどれほどの美女だったのでしょうか。。

 

ダビデについては、【聖書人物】ダビデ王とは?巨人を倒したイスラエルの英雄!?をどうぞ

【恐怖】聖書の歴史から”三大悪女”を選んでまとめてみた【閲覧注意】でも、バト・シェバについて書いています

⑤エステル

さて、最後にご紹介する美女は、僕もイチ押しの美女エステルです。

エステルについて描かれた”エステル記”は、女性の名前が書名になっている聖書でも珍しい書物ですね。(他は”ルツ記“のみ)

 

エステルは、今回ご紹介する中でもトップクラスの美貌の持ち主と言っていいでしょう。

なぜなら、エステルは王宮に集められた美女たちの中から王妃に選ばれた、真の美女だからです。

「彼はそのおじの娘ハダッサすなわちエステルを養い育てた。彼女には父も母もなかったからである。このおとめは美しく、かわいらしかったが、その父母の死後、モルデカイは彼女を引きとって自分の娘としたのである。(中略)17王はすべての婦人にまさってエステルを愛したので、彼女はすべての処女にまさって王の前に恵みといつくしみとを得た。王はついに王妃の冠を彼女の頭にいただかせ、ワシテに代って王妃とした。」

(エステル記2章7~17節)

そうです、エステルはいわば、公式に選ばれたトップ・オブ・美女なのです!

 

今で言うと、”全日本国民的美少女コンテスト”でグランプリを取ったみたいな感じでしょうか。

それに、エステルもルックスだけの女性ではありません!

 

エステルは、養父のモルデカイと共に、ユダヤ人を救うために勇気と覚悟を持って奮闘するのです。

事の発端は、モルデカイが大臣ハマンへの敬礼を拒否するという事件が起こったこと。

 

これにぶち切れたハマンが、モルデカイを含めたユダヤ人を全て殺すことを決めてしまいます。

「ハマンはモルデカイのひざまずかず、また自分に敬礼しないのを見て怒りに満たされたが、 6ただモルデカイだけを殺すことを潔しとしなかった。彼らがモルデカイの属する民をハマンに知らせたので、ハマンはアハシュエロスの国のうちにいるすべてのユダヤ人、すなわちモルデカイの属する民をことごとく滅ぼそうと図った。」

(エステル記3章5、6節)

このことを知ったモルデカイは、同じくユダヤ人で養子のエステルにヘルプを出し、エステルは覚悟を決めるのです。

 

そして、エステルは死ぬリスクを犯して王様に自分がユダヤ人であることを告白し、ハマンの陰謀を暴露。

無事にユダヤ人たちを救うことに成功したのでした。

 

ユダヤ人のために覚悟を決める芯の強い美女。

それが僕の嫁。。じゃなかった、エステルなのです!

心の声が漏れてるぞ、おい。。!

 

詳しくは、【聖書物語】”エステル記”ってどんなお話?美女がユダヤ人を救う!?をどうぞ

まとめ:聖書には意外と美女が多い!

まとめ:聖書には意外と美女が多い!

◎聖書に登場する美女たち

  1. サラ
  2. リベカ
  3. ラケル
  4. バト・シェバ
  5. エステル

いかかでしたか?

皆さんのお好みの美女は見つかりましたでしょうか??

 

意外と聖書には、隠れた美女たちがいてびっくりですよね!

もし他にも、聖書で見落としている美女がいたら教えてください。

 

というわけで次回は、

僕の嫁にふさわしい美女ランキングをご紹介しますね!(興味ねえよ)

 

キートンでした。

まとめ:聖書の世界にもイケメンたちがいる!
【女性必見】聖書界のイケメンたちよ集まれ!5人をまとめてみたイケメン好きは必見!この記事では、聖書に登場するイケメン・美男子たちをエピソードなどを交えてご紹介しています。実は、聖書にもルックスの良いイケメンたちは存在するのです。この記事を読めば、聖書のイケメンたちはおおよそ網羅できますよ!...

ABOUT ME
キートン
月間12万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です