聖書名言集

“もっと出世できるようになる”名言【クリスチャンがご紹介】

ジーザス、エブリワン!キートンです。

 

今回は、“もっと出世できるようになる”聖書の名言をご紹介します。

皆さんの中で、

もっと出世したいな〜。

とか

リーダーを任せられるようになりたい!

と考えている人はいませんか?

 

安心してください。

聖書には、それらを実現するためのエッセンスがバッチリ書かれています。

 

では、その箇所を見ていきましょう!

レッツバイブル!!

【最強の書物】キリスト教の"聖書"ってどんな本?未だに売れ続ける永遠のベストセラー!?ジーザス、エブリワン!キートンです。 さて、今回は、クリスチャンの代表的アイテム"聖書"についてお話したいと思います。 皆さんは...

“もっと出世できるようになる”名言

あなたがたの間ではそうであってはならない。かえって、あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、仕える人となり、 27あなたがたの間でかしらになりたいと思う者は、僕とならねばならない。

(マタイによる福音書20章26、27節)

 

これは、イエス・キリスト12弟子たちに対して語られた名言ですね。

一見逆説的にも見えるこの御言葉ですが、その中に大いなる真理が隠れています。

 

では、ここから学び取れる、人の上に立つための教訓を見てみましょう!

イエス・キリストとはどんな人物?その短くも濃い人生をまとめてみた【5分で分かる】ジーザス、エブリワン!キートンです! 皆さんは、人類史上最も有名な人物は誰だと思いますか? アインシュタイン?レオナルド...

今回の名言から学べる教訓

今回は、2つご紹介します。

謙虚になれ

皆さんは、立場が上の人というと、ふんぞり返って偉そうにしている人というイメージはありませんか?

そのせいか、周りを制圧して、蹴落とすことが偉くなる1番の近道だと勘違いしてしまうかもしれません。

 

しかし、聖書には真逆のことが書かれています。

偉くなりたい人ほど皆に仕えて、一番上になりたい人ほど皆の僕になれ、と。

 

一瞬、

え、逆じゃないの?

と思ってしまいそうな御言葉ですが、考えてみれば当然です。

 

皆さんは、いつも偉そうにしている人と、謙虚さを忘れない人のどちらについて行きたいと思うでしょうか。

断然、後者ですよね。

そう考えると、謙虚な人が周りから信頼され、どんどん上に上がっていくのは自然なことなんです。

 

また、神様も傲慢(ごうまん)な人ではなく、謙虚にへりくだる人間を大きく祝福されます。

自分を上げる人が下げられ、自分を下げる人が逆に上に上げられるというのは、何とも皮肉な話ですね。

パラドックス。。

 

ただ、自分が下っ端のうちは、この教えを守ることはそれほど難しくないかもしれません。

問題は、自分がある程度出世してきて、偉い立場に付いてからです。

 

なぜなら、上の立場になればなるほど、人は傲慢になりがちだからですね。

ですから、自分が出世し始めてからが本当の勝負!

 

いくら上の立場に昇進しても、偉そうな態度ばかり取っていたら、すぐに部下は離れていってしまいます。

むしろ、上の立場になればなるほど、意識的に謙虚になるように心がけましょう!

他の人のために尽くせ

誰かに仕えること、僕になることは、言い換えれば、誰かのために徹底的に尽くす”ということです。

これは、別に誰かの言いなりになったり、媚(こび)を売れと言っているわけではありません。

 

謙虚に誰かのために、ギブし続けようということです。

そうすると、どうなるでしょうか。

 

相手もこの人のために何かをしてあげたい、という気持ちになってくるのです。

この人間の心理を、”返報性(へんぽうせい)の原理”といいます。

突然の心理学。。!

 

他の人のために、自分が持っているものを与え続けていると、神様もあなたにもっと素晴らしいものを与えてくださいます!

とは言え、自分が一方的に与え続けていると、何か自分だけ損をしているような気分になるかもしれません。

 

しかし、それは勘違いです。

むしろ、与えれば与えるほど、周りの人からも神様からも、その何倍も素晴らしいものが逆に与えられていくのです。

 

また、ここでのポイントは、相手を選ばないこと。

自分が好意を持っている相手だけにギブするのは、難しくありません。

 

ぜひ、人を選ばずギブする精神を身につけていきましょう!

あ、でも、高価なプレゼントを贈りまくるとかのギブだと、不審がられるので注意です。

物で釣るのはNG。。

まとめ

◎今回の教訓

  • 謙虚になれ
  • 他の人のために尽くせ

 

僕が大好きなことわざに、実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな”というものがあります。

これは、“知識や経験などが豊富な人ほどかえって謙虚である”ということを意味しています。

 

先程も言いましたが、偉くなる前も謙虚さが大切ですが、偉くなってからは尚更気をつける必要があります。

なぜなら、人は、偉くなればなるほど傲慢(ごうまん)になってしまうからです。

 

でも、そんなときに謙虚さを忘れなければ、ますます周りの人から慕われて、上にいくことができるでしょう。

今よりも、もっと良い地位につきたいと思っておられる皆さん!

 

謙虚さとギブの精神を、いつも忘れないでいましょう!

ではまた!


ABOUT ME
キートン
月間4万PVを達成! 信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です